gtp538 さん プロフィール

  •  
gtp538さん: Lotus(禁酒中)のブログ
ハンドル名gtp538 さん
ブログタイトルLotus(禁酒中)のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/gtp538/
サイト紹介文禁酒します。 そのストレスをブログで吐き出します。
自由文45歳になり、ふらっと禁酒開始。
γ-GTPとの戦いの記録。
気分転換にまったく関係ないこともだらだらと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2013/10/31 13:15

gtp538 さんのブログ記事

  • 髪を刈る
  • スキンヘッドを放置して10日。鏡で見ると大して伸びていないがなんだか鬱陶しくて、昨日やっと刈った。これくらい伸びると一人前に寝ぐせもつくし、頭皮がかゆくなったりする。刈るのにもいつもより時間がかかった。一度やったらやめられません。本当に楽だし清潔だ。ただ、これからのシーズン、結構寒い。もろに寒風にさらされてるという実感がある。まあ、帽子をかぶれば済む話だ。帰って飲もう。 [続きを読む]
  • 食の冒険家
  • メキシコ料理が大好きだ。アメリカのメキシコ料理チェーンのタコベルが日本に再上陸したと聞いたが、まだ行けていない。それでもタコサラダくらいなら作れる。 特製のシーズニングで炒めたひき肉、チーズ、アボカド、コーンチップスなどを乗せて、サルサソースとお好みのドレッシングをかける。そう家内に教えて、時々作ってもらっていた。それがだんだん手に抜きになり、まずアボカドが消え(安くないから仕方がないか)、肉が消 [続きを読む]
  • ワンタイムパスワード
  • もうずいぶん前に銀行からワンタイムパスワードの設定を、という郵便物が届いた。銀行のインターネットの設定だ。開封して、中身を見て面倒くさいなと思い、設定最終期限がまだ先だったので放置しておいた。放置しておいたのだが、いつまでもその白い封筒が、机の端っこにあるのが目障りになってきた。潔癖症ではないが、普段は机の上には電話とパソコンとペン立てくらいしか置いていない。 セキュリティ強化の為か。こういうのは [続きを読む]
  • ライン、フェイスブック、インスタグラム
  • ライン、フェイスブック、インスタグラムはやっていない。 ラインは手を出したことはある。その時使っていたiPhoneを息子にあげてから、どうも息子がそのアカウントを使っているようだ。新たにアカウントを作ろうとして設定しようとしたら、登録しようとした電話番号はすでに使われていて、続けると今残っているデータなどが消えるという警告が出た(記憶がある)。本当にそうなのかどうかわからないが、そう理解した。息子が使っ [続きを読む]
  • 酒を買って帰る
  • 一昨日の夜、酒が切れそうになったことに気が付く。20度、4リットルのペットボトルだ。一時は一週間で一本のペースで飲んでいたが、最近は焼酎の前にビールとワインを飲むようになったので、焼酎だけとしての消費量は減った。大型車から軽自動車に乗り換えてスタンドに行く頻度が減ったような感じか。スーパーに寄ることが減った。ワインは家内が買ってくる。 昨日、徒歩帰宅の途中のスーパーに寄った。4リットルのペットが入るリ [続きを読む]
  • 山登り
  • 久しぶりに山登りをした。郊外の低山だが。うっかり気が向いてしまったのだ。車を停めて歩き出す。運動不足の割には体が軽かった。歩き出してすぐ下山する人とすれ違った。「こんにちは」と声をかけてくる。そういえば山ではすれ違うたびに挨拶するんだったな。 登り始めた時間が遅かったせいか、実に頻繁にすれ違う。「こんにちは」と声をかけるのが億劫になってきた。何しろこちらは一人、相手は大勢だ。たまに団体などとすれ違 [続きを読む]
  • 東京駅
  • 久しぶりに東京駅に行った。打ち合わせの場所の最寄り駅が東京駅だった。新幹線を見たら乗りたくなってしまった。お弁当を買って新幹線の改札をくぐる人がたくさんいた。どこでもいいから遠くに行きたくなった。北でも南でもいい。終点まで乗れば着く頃は夜になっているだろう。知らない夜の町をぶらぶらしたい。八重洲口を出たら成田空港行きのバスがたくさん並んでいた。成田から飛行機に乗ってどこかへ行きたくなった。どこか暑 [続きを読む]
  • 封印
  • 封印することにした。「どっこいしょ」と言うことを封印する。 数日前に、何かと自分が「どっこいしょ」と声を出していることに気が付いた。布団から起きるとき、椅子から立つとき、家を出るとき。「どっこいしょ」。どうも年よりくさくてよくない。口にする本人は、動作に勢いをつける意味もあるし、便利なんだが、周りは聞いていて気持ちよくないだろう。 「どっこいしょ」の変形も封印する。「よっこらしょ」「えいこらしょ」「 [続きを読む]
  • 思いがけない危機
  • 昨日は久しぶりに徒歩で帰宅。そして今朝も徒歩通勤。ほぼ2週間ぶりだ。 今朝は歩いている途中でトイレに行きたくなった。あと職場まで3kmくらいの所。何とかなると思って、最後のトイレのある公園は素通りしてやや歩みを早める。内臓には別の頭脳があるようだ。職場が近づいてくるともう出せると思うのか一気に切羽詰まってきた。まだだまだだ、とお腹に言い聞かせる。お腹はグーとか返事する。 職場に着いて鍵を開けるのももどか [続きを読む]
  • ひどい週末
  • ひどい週末だった。前から分かっていたことだが、土曜日は結婚披露宴でスピーチ。日曜日は稽古ごとの発表会。普通の人にはなんてことない出来事だろうが、自覚的対人恐怖症の自分にとってはどちらも極度の緊張感に襲われた。 スピーチは数年前に一件引き受けて、もう一生引き受けまいと誓ったのだった。が、今回、なんと招待状の封筒の中にスピーチ依頼の紙の小片が入っているのに気が付いたのが式の数日前。見つけた瞬間「ヒエエ [続きを読む]
  • 聞かなければよかった
  • 同業者と電話。最近取引はない方だけれど、近況報告し、情報交換。相変わらずどこも不景気だ。話題になったのがお互いに付き合いのある会社。簡単に言うとお客様だ。あの担当、帰ってきましたよ。という。えー。ああ、知りたくなかった。 いかにも聞きたくなかったでしょう、と言わんばかりに、もてあそぶようにいう。我々の間では嫌がられ者として有名だ。ものすごくつっけんどん。木で鼻。上から。さらに横からも目線を感じる。 [続きを読む]
  • 服装について
  • この季節、着るものがなくて困る。四季豊かなこの国に過ごしながら、体質的に暑がりかつ寒がりなので、実質季節は2つしかないといえる。そのうえ服装にまるで興味がないので、持ち合わせは夏用か冬用しかない。上着となるといきなりダウンジャケットになってしまう。今日あたりまだダウンじゃないだろう。着るものがない。 こういう時重宝するのが、マレーシアで買ったフード付きの上着(なんという名前なんだかわからない)だ。派 [続きを読む]
  • 神隠し
  • 時々海外出張する。超心配症なので、準備に怠りはない。それでも出発間際になって、あれはたしかにカバンに入れたか、あれはどうか、と心配になる。最後は開き直って、パスポートと現金とクレジットカードさえあれば何とかなると己に言い聞かせて家を出るのだ。心配性ではなく心配症だ、それも超がつく。立派な病気だと思っている。 結構旅慣れてきたし、緊張し続けているわけではないが油断はしない。空港などベンチから立つとき [続きを読む]
  • ちょっとエッチな話
  • 高校時代、授業中に教師がこう言ったことを鮮明に覚えている。「男は15分に1回、すけべなことを考える」しばらく顧みて、それは正しいと確信し、何の疑いもなくこの言葉を信じた。他の奴もそうなのかと。ちなみに男子校であったからできた話ではあろう。だったら女子は?という思考回路は働かなかった。 この言葉は今でも時々思い出す。そして多分、年齢を条件としてそれは正しいと今でも思う。青臭い高校時代の自分は案外うぶだっ [続きを読む]
  • にっこり笑って考える
  • 今もあるピンチに陥っているのだが、そうなると思い出す言葉がある。若いころ、ある事業家の方のお世話になる時期があって、その方に言われた言葉だ。 何か問題があって神妙な顔をしていると、「どうした?何かいいことあったか?」と笑いながら聞かれる。まあ、ちょっと困ったことがありまして、なんて答える。すると彼は言うのだ。 「そんな顔して考えたって、いいアイデア出てこないぞ」そして次に出てくるのが、「にっこり笑っ [続きを読む]
  • 健康診断がやってくる
  • 今年も健康診断の時期が近づいてきた。健康診断→血液検査→前夜は禁酒、ということで健康診断は大嫌いだ。禁酒国へ出張するとき以外は、風邪をひこうが下痢をしようが酒は抜かない。たった一日酒を抜くのが健康診断の前の日なのだ。 健康診断を手配するのは家内なので、今年はいつ頃かなー、と軽く時期に当たりをつけるべく聞いてみた。病院が結構混んでいて12月に入ってからになりそう、とのこと。ちょっとほっとする。まだ2か月 [続きを読む]
  • ビールが切れる
  • 昨日の夜、ビールの在庫を確認。3缶しかない。1日1缶きっちり飲むので、木曜日で切れる。いつもドンキで24缶入りを買う。もちろん車で行く。土曜にならないとドンキに行く時間はないので、金曜までの間に一日ビール無しの日を作らないといけない。別にビールなくてもいいかとも思った。ずいぶん涼しくなったし。もともとは焼酎一筋だったのだ。それにビール飲むと腹がふくれる。夏の盛りに比べれば初めの一口も、コンチキショーと [続きを読む]
  • 月に吠える
  • 十五夜だなんて寝る直前に思い出した。もうすっかり酔っぱらっていた。子供たちが雲の隙間から月が見えたといっていた。まあ、見なくていいか。見に行けば花火は楽しいし、満月は美しい。分かってはいても、飲んでいれば泥のように怠惰になり、家から出るのが億劫になる。近所の花火でさえ、自宅で音を聞いておしまいだ。 子供のころ、うさぎの絵が月に浮かんでると聞いたが、どうやって見たらうさぎが見えるのか、理解できなかっ [続きを読む]
  • 怒りの矛先
  • 昨日会社のトイレにて。トイレットペーパーが切れていた。もちろん、用を足した後で知った。あわてた。いつも片隅に置いてある予備もない。トイレの個室を出た横の戸棚に予備のペーパーがたくさんある。誰もいないことを確認して、ズボン等を膝まで下りした態勢で素早く、いや、よちよちと戸棚に向かい、ペーパー一巻をもぎ取って個室に帰る。事なきを得たと安心すると同時に怒りがこみあげてた。誰だ、最後に使ったやつは。しかも [続きを読む]
  • 食欲なし
  • 食欲がわかない。したがって元気も出ない。酒だけは飲める。昨日は、何なら食べられるかな、と酒を飲みながら考えていた。子供たちはとっくに食べ終えていた。おかずになるものは何かないか。気分を変えてそばを食べてみようかと思いつく。そばといえばたいていざるそばで食べるが、涼しくなったこともありかけそばにする。かけそばのままでは淋しいので、ちょっとした具を探す。長ネギは必須。カットわかめがあったか。卵はやめて [続きを読む]
  • 夢遊
  • 昨日は年に一度の大宴会だった。酔いつぶれるのが分かっているので、かつては前もって会社に翌日は休むとい伝えていた。正午から会をかさねて終電がなくなるまで飲むのが普通だった。それが、参加者も歳を取ったせいか、いつからか二次会までとなり、昨日はとうとう一次会でお開きとなった。 それでも正午から3時半ころまで会は続いた。ビールに始まり、腰を据えて紹興酒を飲むようになるとかなり酔っぱらった。会場を出たあたりか [続きを読む]
  • ペヤング
  • 週に1,2回通う、稽古事がある。夕方、職場からまっすぐ会場へ向かう。稽古を終えて帰宅してから夕食だとかなり遅くなるので、仕事のあと職場で軽食を摂ってから稽古へ向かう。この軽食だが、最近はカップ焼きそばを好んで食べている。初めはカップラーメンだったが、暑くていけない。汁のないものという事でカップ焼きそばにした。 カップ焼きそばは家内が買いだめしておいてくれる。家内のことだから安売りの時にまとめて買って [続きを読む]
  • ジャグリング
  • 娘が大道芸が好きで、出かけた先などで見かけると立ち止まって見てしまう。段々嵩じてきて、どこで大道芸をやっているか探すようになった。 大道芸の中でも娘の好きなものはジャグリングだ。芸が始まりそうになると、娘は中央最前列に場所をとる。下手すると開演前の練習からかぶりつきでチェックだ。かつては遠くから途中まで見て、けちなもので投げ銭もせずに立ち去ったものだが、今は違う。大した額ではないが、芸の後には娘に [続きを読む]
  • かすかな望み
  • かすかな望みが見える。昨日まではほとんど暗黒状態だった。ちょっとでも光があると、かすかにでも何かは見える。暗黒では全く何も見えない。昨日帰宅前の電話一本で見えてきた望み。 期待してはいけない。細い釣り糸にかかった魚を手繰り寄せるように慎重に慎重に引き寄せる。慌ててはいけない。貴重な時間だが、それを多少無駄にしてもいい価値はある。謙虚に、しかししぶとく。絶対に逃がしてはいけない。近づいたら、丁寧に、 [続きを読む]
  • インデアンのふんどし
  • 昨日、結構気合い入れて作った見積を3件、海外のお客様にメールで送ったんだが、今朝来たら誰からも返事がないわ。こんなもんだろ。 ふと思いついたんだが、自分は10を数える時、心の中で「インデアンのふんどし」と言って数えている。「インデアンのふんどし」が10文字なのだ。例えば34個の豆粒を勘定するとすると、「インデアンのふんどし」と唱えながら、10個の豆粒をとってまとめる。それを3回繰り返して、残りが4個で34個。 [続きを読む]