ワーカーズふろむさやま さん プロフィール

  •  
ワーカーズふろむさやまさん: ともに歩む、ワーカーズふろむさやま
ハンドル名ワーカーズふろむさやま さん
ブログタイトルともに歩む、ワーカーズふろむさやま
ブログURLhttp://furomusayama.blog.fc2.com/
サイト紹介文住み続けたい街は私たちの手でを信条に高齢者の介護相談や介護への社会的理解を促す活動を進めるNPO
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/10/31 13:36

ワーカーズふろむさやま さんのブログ記事

  • コミセン体験祭り終了
  • コミセン体験祭り、無事終了椅子カキラは、盛況昼一番の椅子カキラACKOさんの椅子カキラただ、残念ながらお子様向けの姿育体操、もひとつ参加者が少なくって。(;д;)2部あってどちらも参加者は少なかった残念でした。コミセン回りを見てみても、ほとんど子供らしい姿も見受けられず。やっぱり高齢化していることを変に実感しました。高齢者が元気な街それはそれでいいのですがやっぱり若者や子どもたちがのびのび街なかを闊歩し [続きを読む]
  • 自立支援・重度化防止
  • 自立支援・重度化防止介護保険重点テーマとなっています。確かに、もっともな話です。悪くならないことはもちろんいいに決まっています。だれもできれば人の手を借りたくなんかありません。ただ、この行き先に何が待ち受けているのだろうか、案じられます。超高齢化社会、人生100年時代、とは、元気でない、虚弱である、病気がちである、介護が必要である、ことが、次第に悪者扱いされてくる時代になってくるのでしょうか。こんなこ [続きを読む]
  • Stage、そしてStory
  • 前に立って何かをする、それが演説、歌うこと、カキラの指導であれ、舞台に立つことに変わりありません。カキラメソッドの奥儀の一つStage自分を表現する場所であり、そして本当のStageは、メンバー、参加者、お客様一人ひとりの足元にある。何故私が老齢年金をもらうような年になってカキラリスト(カキラのインストラクター)になったのかしかも椅子カキラのインストラクターに…解せぬ友はたくさんいるはずです。人が歩む道は自分 [続きを読む]
  • 数値化されること
  • あらゆるデータが今ベース化されていっています。金融、税金、保険年金、医療、介護等々介護の世界では例えば、30年4月からの介護保険制度改正で全国市町村の要介護認定データの国への提出が義務付けられました。あらゆる情報が匿名化されながら、数値化され、統計だてられ、応用されていきます。数値とは計算や、計量・計測をして得られた数のこと。また文字式の中の文字に当てはまる具体的な数のことです。数値化するとはコンピ [続きを読む]
  • AI人工知能・推論や学習
  • AI 人工知能Artificial Inteligence私はこの分野にほぼ無知ですが、人間の知能に似た機械、あるいは機械的な頭脳を作ること、と理解しています。問題解決に対する知能の研究は、理解できないほど奥深く研究されているようですが、一番わかりやすい分野として「推論」と「学習」があるようです。推論知識をもとに、結論を得ること学習たくさんの情報の中から使えそうな知識を見つけること私のような素人考えでは、推論、などは「カ [続きを読む]
  • あしたのジョーに思う
  • 私の育った青春時代は、劇画、巨人の星やあしたのジョーが学生の間でよく読まれていました。私は、巨人の星も毎週テレビで見ていましたが、どちらかと言うとあしたのジョー派でした。ジョーが、泪(なみだ)橋の上で燃え尽きて燃え尽きてまっ白な灰になりたい…と両手を差し出すシーン何とも言えず感動。以降の私の人生にかなり影響した場面でした。私は女ですが、きっと魂は男性なのでしょう。(*’U`*)いつも坂道をのぼり続けドブの [続きを読む]
  • AIによるケアプラン作成のこと
  • 昨年11月ベンチャー企業シーディーアイと愛知県豊橋市が、日本初となる人工知能AIによるケアプラン作成の実証プロジェクトを進めたとの発表がありました。以下主な出典はシーディーアイHPです。シーディーアイ社は、AI人工知能を活用してケアプランを提供する新会社として、官民ファンド産業革新機構を中心に、昨年4月設立された会社です。介護大手のセントケアホールディングス(全国展開で急成長)や日揮(元はプラント建設だが、中国で [続きを読む]
  • 身近にケアマネジャー職の未来を考えてみました。
  • 数年前にオックスフォード大学准教授によって10~20年後になくなる仕事と言う論文が発表された後、野村総研が2015年、現在働いている人の半数近くの職業は、機械(ロボット)やAIで代替できるとの分析結果を発表しています。気になったので、その報告を見てみました。(出典 野村総研NEWS RELEASE 2015.12.2)なくなる可能性の高い職業人工知能AIやロボット等による代替可能性が高い、徐々に減少しつつ完全になくなる可能性が高い、と [続きを読む]
  • 情報公開請求のその後のその後
  • 先週末、待ちかねていた千早赤阪村からの情報が到着。例えば平成29年度半期分だけで79ページに上る資料。届いた日に早速ザッとページをめくる…想像以上に細かな分析データが掲載されています(*≧∪≦)今日朝、千早赤阪村役場介護保険担当の方にお電話。書類が届いたお礼とともに、とても貴重なデータを頂戴できたことへの感謝をお伝えさせて頂きました。そこで再度念押し。「このデータは国から送信されたものですか。何か加工な [続きを読む]
  • 4月22日はぜひコミセンへ
  • 4月7日午前の椅子カキラ定員15名満席(*^_^*)とっても寒い日でしたが、帰るころにはみなさんポッカポカp(*^-^*)qお待ちかね!!!!4月22日日曜午後楽しんでみよう健康体操@カキラ4月5日号のさやま金剛コミュニティ9ページに掲載されています。22日、日曜の午後はコミセンでお待ちしています。 [続きを読む]
  • 年度末に思う
  • 一年過ぎゆく速さは、年々加速。また今年も法人決算の時期を迎え、ため息の毎日です。こんな弱小な集団であっても、法人としての決まった手続きがあります。2003年の法人格取得前、任意団体「ワーカーズコレクティブさやま」が誕生したのは1998年。個人的なことですが、住民経営を掲げ雄々しく前に進みかけたその年11月。心臓の大手術で2か月近い入院、療養を余儀なくされた、その間の忸怩たる思いは、深く今も胸に刻み込まれてい [続きを読む]
  • ちはやぶる…
  • 知りたいこと、学びたいことが、いまさらながらいっぱい出てきています。これまでのウン十年の不勉強が恥ずかしいのですが、気づいた今がスタート地点。今日は、富田林市役所と千早赤阪村役場に行ってきました。ぽかぽか陽気で桜満開昨日のブログに書いた、まず富田林市役所で資料をいただきました。費用は120円。H24,25年度資料は廃棄となっているため、枚数も12枚と少なくなっています。そこから千早赤阪村役場に直行。ローカル [続きを読む]
  • 公文書情報公開請求のその後進み具合・続き
  • すっかり春です。これで6分くらいでしょうか。もうすぐ、満開。少し坂道のここもきれいな桜並木になるでしょうね、楽しみです。(*^_^*)情報公開請求、3月19日ブログ記事のその後です。3月20日 太子町職員から連絡。連休明けに資料。3月22日 太子町から必要な書類が到着。大阪狭山市、河内長野市と同内容の資料。費用も同じ、市民以外なので請求にかかる手数料200円と両面コピー10枚、コピー代片面ずつ計算で200円。3月23日 太子 [続きを読む]
  • 未来投資会議にたどりつく
  • 3-21の記事、未来投資会議、アベノミクス、が出てきて、この成り行きに????ここで話の成り行きを一度整理してみます。ある利用者さんの介護度が、「要支援2」から「非該当」になったことが直接の発端でした。がそれまでも、介護保険が始まって以降、様々な利用者さんの介護度についての疑問はありました。認定調査の答え方で思わぬ介護度になったり利用者さんの状況が悪くなってきているにもかかわらず介護度が軽度化したり時折見 [続きを読む]
  • 人生百歳時代の設計図
  • 今日市役所の前を車で通り過ぎたとき、交差点の角っこに1本だけ満開の桜の木がありました。一瞬に通過したのですが、狭山池の北堤の方は、結構桜の開花が進んでいるようですね。フラワー(狭山池横)が満席で、久しぶりにくりや(市役所からすぐ)で、友人とお茶のひと時を過ごしました。友人からその時お借りした本に、人が衰えを感じるのは? 面白いことを五木寛之さんが書かれています。先日も映画館で、こんなことがありました。入 [続きを読む]
  • 公文書情報公開請求のその後進み具合
  • 2月13日に大阪狭山市情報公開担当の方にお話をし、公開請求内容担当課の方と面談、それから3週間。ようやく3月2日(金) 大阪狭山市に公開請求申請書を提出。その後3月6日(火) 河内長野市(電子申請)3月7日(水) 富田林市・河南町・太子町・千早赤阪村上記日程で申請。3月8日(木) 河内長野市担当課から電話連絡、詳細を説明。3月9日(金) 河南町情報公開担当から電話連絡。申請書類がここは町民と町民以外の請求用紙が違い、私が提出 [続きを読む]
  • 介護認定審査会の簡素化・その①
  • 平成30年4月からの介護保険制度改革で、介護認定について次の2点が実施されます。3月6日実施の全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料に詳しく示されています。1 認定有効期間が最長3年間に延長されます。更新申請の有効期間が、これまでの最長24か月から36か月になります。高齢化に伴い、介護認定事務作業もどんどん増えている、その解消策の一つです。後で触れる「認定審査会の簡素化」の一つです。自分(要介護を申請、 [続きを読む]
  • Nさん、もうすぐ95歳です。
  • Nさんは、この春95歳。昨年12月初めにお家で転倒、左股関節を骨折。入院、リハビリ転院と、つい最近ご自宅に復帰されました。一昨年も何度かの転倒骨折で入院、退院を繰り返され(つД`)ノ。認知症状の進行とともに、近くに住む娘さんが引き取り数年前同居。娘さんのご主人も病弱で、2人の介護を娘さんが一手に引き受けてきました。大正生まれの方のたくましさには本当に驚きます。病院ではほとんど歩けなかったのが、ご自宅に帰るや、 [続きを読む]
  • 3.11
  • 早いものです。あれからもう7年。テレビの画面から流れていた場面は現実のこととはとても思えませんでした。人間の無力さ過酷な自然の驚異言葉も空しく響きますね。目の前にいる人にお届けする「元気」名前も知らない多くの方々にお届けできているでしょうかいつも私はこころに感じているでしょうか。バカな私が忘れていても私の魂はいつも感じているに違いない「ともに歩む」ことゆっくりと今日は感じたい [続きを読む]
  • 3市2町1村の情報公開請求書
  • 6日のブログで触れましたが、今回の情報公開請求は、南河内3市2町1村に申請しています。それぞれ若干の請求申請書の記載内容が違っています。大阪狭山市の場合タイトル名「大阪狭山市公文書公開請求書」河内長野市の場合タイトル名「河内長野市行政文書開示請求書」河内長野市では簡易な電子申請もできます。私は、電子申請し、即受理の返信が来ています。富田林市の場合タイトル名「富田林市情報開示請求書」太子町の場合タイト [続きを読む]
  • ご縁に感謝
  • 昨年夏前から、月1回、実家があった寝屋川市香里園駅前のふれあいプラザ香里園で、椅子カキラのボランティアレッスンを続けてきました。せめて月2回くらいしてほしい、との声もありましたが、車で高速使って片道1時間。椅子カキラの普及とはいえ交通費もばかにはならず…(;_;)とか何とか言っても、参加者みなさまと親しくなり、お名前もしっかりと憶えれるようになってきて…(o‘∀‘o)*:?♪どうにかならないかなあ(ou(工)u)ノ [続きを読む]