沙門 さん プロフィール

  •  
沙門さん: 沙門のブログ
ハンドル名沙門 さん
ブログタイトル沙門のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/fs10533/
サイト紹介文ほとんどひとりごとです。
自由文ほとんどひとりごとです。
日々の記録、気がついたことなど書いておきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2013/10/31 13:44

沙門 さんのブログ記事

  • 猫神社
  • 寒くなったせいか、久しぶりに猫が布団に入ってきた。つい最近まで、涼しそうなところを選んでのびていたのに。布団の中でゴロゴロ喉を鳴らした。ゴロゴロ言わなくなったと思ったら小さないびきをかき始めた。いびきをしなくなったと思ったら、顔面と手足の神経がぶるぶるひきつってきた。爆睡状態か。起こさないようにじっとしていた。 土曜日には娘と猫神社へ行った。いなくなった猫を返してくれるというご利益がある神社。砂川 [続きを読む]
  • 宝仙寺 金乗院 南谷寺 深川不動堂
  • ちょっと記憶があいまいになっているくらいしばらく前の週末。関東三十六不動を巡る。当初は出来るだけ徒歩か自転車で回るつもりだった三十六不動だが、すっかりだらけて車で回まわってしまった。この日は都内4カ所をお参りする。 まず向かったのは中野の宝仙寺。行ってみたら大きなお寺で幼稚園から大学まで付属していた。門の横から車を境内に入れる。通っていた高校はここからそう遠くないが、このお寺のことも付属高校のことも [続きを読む]
  • ジャグリングの練習 三日坊主
  • 本当に三日で終わった。ジャグリングの練習だ。まさに三日坊主。昨日なんてジャグリングの練習はじめたことさえ忘れてた。 でも再開することにする。いつかは出来るようになるさ、とちんたらやるか、一定期間に集中的にやるか。たいてい後者を選ぶ俺だが、ジャグリングについてはちんたらやりそう。なんたって練習時間は飲酒時間に重なっているので。いつかはやりたい、3ボールのカスケード。 涼しくなってきたで、娘の布団に入れ [続きを読む]
  • ジャグリングの練習3日目
  • ジャグリングの練習3日目。まるで進歩無し。ジャグリングと居合ってちょっと似たところがある。思い通りに体が動かせないというところだ。ジャグリングは2つのお手玉で練習仲だが、長年使ってきたこの両腕でこんな単純なこともできないのかと思う。居合は手に気をつけると足がおろそかになる。その逆もあるし、もっと細かいパーツにいても言うと不自由な動きにきりはない。パントマイマーが居合やったらあっという間に覚えるだろう [続きを読む]
  • ジャグリングの練習開始
  • 娘がジャグリングを見るのが好きだ。だったら自分でやってみるかという気になった。目標はボール3個のジャグリングだ。ボール2つと3つでは見た目の派手さがまるで違う。 派手さがまるで違うが、難易度はそれ以上に違うかもしれない。昨日から練習開始。まず、お手玉2個を使って2個から始める。 両手に一つずつお手玉を持つ。そして、①右手のお手玉を投げ上げる。②左手のお手玉を投げ上げる。③右手で投げたお手玉を左手で受け取 [続きを読む]
  • ファックス複合機
  • ファックスの飛び込みセールスが来た。ファックス複合機は古いが、問題なく動いている。買った当初はそれなりに活躍の場があったが、今ではよそ様にもれず、かなりの仕事をパソコンに奪われてしまっている。買取だったので、うんともすんとも言わなくなるまで使い倒す気でいる。そう説明した。それでも見積だけでも作らせてくれ、というので好きににさせておいたら見積を持ってきた。 メーカーの決算期という事もあり、定価60何万 [続きを読む]
  • こみあげてくる笑い
  • 先週末、上野公園でSOBUKIさんというパフォーマーのジャグリングを見た。息子と娘と一緒だった。ジャグリングの合間に、彼は長い風船を使って何やら犬のようなものを作り出した。だんだん形ができてきて、名前なんだっけなと思いつつ、ディズニーの黄色い犬のキャラクターだと分かった。ところがそのパフォーマーは、皆さんもうお判りでしょうけれど、といってある短い歌を流した。 「♪ペットフードはドギーマン♪」なんだ急に。 [続きを読む]
  • 後悔
  • 居合を始めて一つだけ後悔したことがある。それは段審査があるという事だ。居合は武道なんだし、段位もあるのだから審査があるのは当たり前だ。始める前からそれは知っていたが、自分がそれを受けることなんかまるで考えていなかった。 なぜ後悔か、というとそれは緊張するからだ。始めたころはそんな調子で、段がほしいと思って始めたわけではないので、緊張感と段を撮りたいという気持ちのバランスが取れなかった。しかし、今回 [続きを読む]
  • 小さい字
  • ぺんてるのオレンズというシャーペンがすごいと聞いたので買ってみた。何がすごいって、芯が折れにくく、一回ノックしただけであとは勝手に芯が出てくるという。芯の径は0.2mmと0.3mmがあったがせっかくなら極限に細い0.2mmを採用。しかし本当のすごさは小さい字が書けることだった。 まず、あいうえお、と書いてみる。10mmに余裕でおさまる。 もっと小さく書けそうだ。 次は漢字で、観自在菩薩。 もっと小さく書ける。10mm [続きを読む]
  • アルチンボルド展
  • 久しぶりに美術館というところへ行ってきた。言い出しは小学一年の娘で、アルチンボルドという画家の絵に興味があるという。どこかでパンフレットでも見たのだろう。動物や植物を組み合わせて人の顔に仕上げるという、ちょっと変わった絵が多いようだ。 西洋美術館のある上野は駐車場に困った記憶があるので、高1の息子も一緒に電車で行く。新宿で山手線に乗り換えて上野。ついこの間居合の審査でこの辺まで来た。実は上野にはもう [続きを読む]
  • 寿不動院 橋場不動院 飛不動
  • 居合の審査の後、昼食を摂り、馬喰町の薬研堀不動をお参りした。せっかくなので近場の不動さんも参ろうと思う。 薬研堀不動から20分くらい歩いたか、寿不動にたどり着いた。すぐ先は浅草だ。インターホンを押すと女性が出てきて、不動様は建物の2階だと教えてくれた。お参りして階下に降りてきたら差し込み納経が用意されていた。これにちゃんと日付を入れてくれてあった。関東三十六不動ではほとんどのお寺では前もって用意された [続きを読む]
  • 皿うどんにソース
  • 週末は水を汲みに家内と山へ出かけた。久しぶりだ。人気の水場で、車で並んでしばらく順番を待つ。皆さんたっぷり汲んでいく。タイミングが悪かったのか、我々の後には汲む人が来なかった。 ペットボトルを洗っては汲んでいく。しっかり洗わないと焼酎のにおいが残る。4リットルの焼酎のペットボトルが山ほどあるので、それに汲む。よくもこんなに焼酎を飲んだものだと思う。なんとなく二人でだんだん手際よくなって、どんどん天然 [続きを読む]
  • 弱冷房車
  • 電車に乗ることはあまりないのだが、ここのところ何度か乗る機会があった。それが乗る車両がことごとく弱冷房車だ。超暑がりなので、冷房はばっちり効いていないと困る。弱冷房車に気が付くのが乗車直前か、乗車した直後だ。あー座れる座れる、と座席について目を上げた瞬間弱冷房車の表示に気が付く。長い距離乗るのではないので立ち上がって車両を移動する気にはならないが、なんとなく損した気がする。 こんな提案しても通るわ [続きを読む]
  • 薬研堀不動院
  • 綾瀬での居合の初段審査を終え、午後は久しぶりに関東三十六不動巡りをする。そう決めてはいたのだが、審査を終えて緊張感が解けて完全に脱力し、肉体的にも精神的にもヘロヘロになってしまった。不動巡りはまた今度にするか、と思いつつ上野に出る。緊張が解けたら途端に腹が減った。歩いていこうと思ったがあまりに疲れていたので電車で上野に出る。以前から行ってみたかった御徒町の天丼屋、天正を目指す。天丼を中盛で頼む。15 [続きを読む]
  • 居合道初段審査
  • 6月の居合道一級審査から三か月。あっという間に初段審査の日がやってきた。一級審査の後、この日に合わせて制定居合6本目から12本目まで先生に教えていただいて稽古してきた。動作は覚えたものの、まだ身についたとはいいがたい。審査では10本目までのうち5本が当日指定されるのを演武することになる。 8月は海外と大阪出張や夏休みがあったりして稽古が極端に少なかった。そのせいもあり審査二日前の稽古で頑張りすぎて、変な筋 [続きを読む]
  • 600万円の男
  • 娘を自転車の前に乗せて市営プールへ行く。信号待ちした所が派出所の前だった。そこに指名手配犯のポスターが貼ってある。 ある指名手配犯には600万円の懸賞金が、別の犯人には300万円がかけられている。この金額の違いが娘には気になったようだ。 より重大な犯罪を犯した方が懸賞金が高いのか。それとも捕まえにくそうな方が高いのか。見ると確かに600万円がかけられた男のほうが屈強そうだ。そもそも懸賞金とは捕まえないともら [続きを読む]
  • 徒歩通勤再開
  • 8月は出張があったり夏休みがあったりして、徒歩通勤していなかった。記録を見ると7月28日を最後に歩いていない。やっと月曜日(8月28日)に徒歩通勤した。丸一か月空いたか。こんなに空いたことはなかった。 久しぶりに歩くと気持ちいいものだ。惰性が抜けているので歩くのが楽しい。一か月も違うと季節も変わる。7月の酷暑のころより歩きやすい。秋の気配と配はないが、夏の盛りは確実に過ぎたと思う。 そして昨日も歩いて出社。 [続きを読む]
  • メッカの大巡礼で青くなる
  • サウジ最後の日、ジェッダという町から出国した。その町に行く前に、地元の人にジェッダは入出国制限してるらしいよ、と英語とアラビア語のウェブサイトを見せられた。なんでもジェッダから近いメッカへの大巡礼の為だという。大巡礼は9月と聞いていたが、もうそれに合わせて世界から百万人単位でメッカに人が集まりつつあるという。それはそうか。9月になって一斉にやってこられてはサウジとしても受け切れられないだろう。そんな [続きを読む]
  • ビリヤニ大好き
  • 東京は暑かったが、ドバイはもっと暑かった。昨日はドバイの高層マンションで火事があったようだ。暑さに負けず、まずビリヤニ1食目。リヤドはもっと暑いかと思ったが、こんなものだった。湿度6%というのに助かる。体感的にはドバイよりましという感じ。しかし、灼熱というのはこういうことかと実感する。酒がないので腹が減って仕方ない。ビリヤニ2食目。中に肉とグレイビーが埋まっているタイプ。よく混ぜて食べる。この店が入っ [続きを読む]
  • 正対する
  • 居合でよく指導されることで、敵に正対しているか、ということがある。複数の敵を想定した技の場合、必ず切る相手に正対することになる。そこでよくやってしまうのが、正対するのではなく、正対しているつもりになっていることだ。 具体的に言うと、まず正面の敵を切った後、右の敵を切ろうと振り向いて正対する。この時正対したつもりだが、顔しか相手に向いていないとか、上半身だけ向いていたとか言う事が多い。正対というから [続きを読む]
  • 川崎大師の風鈴市
  • 今年始めた関東三十六不動巡り。暑くなる前に回っておかないと、と思いつつ、6カ所回って停滞していた。そして本当に暑くなってしまった。不動巡りは出来るだけ徒歩か自転車で、と決めていた。それがかえって怠け者の足かせとなり、遠ざかってしまった。さらに川崎大師へは一度歩いていってみたかったので、温存していたわけだが、いつまでたってもその気にならない。道のりにして約35km。何とか片道なら歩ける距離だ。しかし、ち [続きを読む]
  • 高校野球
  • 大変なことになったぞ。わが母校と息子の在籍する高校が甲子園大会の予選で会いまみえることになった。当然母校を応援するのだが、負けてもまたそれもうれしい試合となりそうだ。球場まで観戦に行くつもり。 父親が昔の話をするのを聞くと、セピア色のとんでもない昔の話に聞こえたものだが、自分の昔の話というのはつい最近のことに思える。息子にとってはセピア色の高校時代の俺が時空を飛び越えて球場の応援スタンドに舞い降り [続きを読む]
  • 古代蓮の里
  • 月曜日祝日。埼玉県行田市の古代蓮の里へ行く。部活の試合に行く息子を朝早く送り出す。そしてすぐに家内と娘と一緒車で出発。古代蓮の里にはいろいろな種類の蓮と、主に古代蓮が植えられた大きな池がある。ひと夏に2度は来る。 約2時間。古代蓮の里に着いた。有料駐車場の前を通過して臨時無料駐車場へ向かう。池を見る。終わっとるやないかい。なぜか関西弁になる。咲いている蓮が少ない。これは大ごとだ。車を停めて池に急ぐ。 [続きを読む]
  • がんばれ、碧山
  • 碧山という力士がいる。今、前頭の何枚目か忘れた。外国人という事は知っているが、どの国から来たのかは知らない。四股名からして、青きドナウのほうかなと思う。 熱心な相撲ファンではないので、結果を夜のニュースで見るくらいだが、長いこと前頭の中を浮き沈みしている感じだ。碧山の姿がニュースで映ることはまずない。はっきり言って地味である。番付が上がってくると、上位陣に叩かれ前頭の下の方に落ちていく。下に行くと [続きを読む]
  • 初めの一歩
  • 昨日、居合の稽古に行ったら先生からこれをいただいた。 一級をとるともらえるという。一応、居合やってます、と言えるか。ページを開いてみる。早ければ小学6年生で一級になれるのか。俺より40くらい若い同級者がいるという事だ。しかしどんなにうまくても一級がなくては初段になれないし、初段になれなければ二段も三段もない。初めの一歩の一級だ。先生は、七段まで用意されてますから、と言ってお笑いになった。 昨 [続きを読む]