沙門 さん プロフィール

  •  
沙門さん: 沙門のブログ
ハンドル名沙門 さん
ブログタイトル沙門のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/fs10533/
サイト紹介文ほとんどひとりごとです。
自由文ほとんどひとりごとです。
日々の記録、気がついたことなど書いておきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2013/10/31 13:44

沙門 さんのブログ記事

  • 大きく、ゆっくり
  • 居合の稽古。一つ一つの動きを確認しようと、スローモーションで一本目を抜く。丹田に気を集め、拝み取り、鞘引き、鞘離れ、抜きつけ、、、、。先生に、随分よくなったじゃないか、と声をかけていただいた。スローモーションでやってみました、と言うと、それくらいのペースでいいんだよ、とおっしゃった。 入会したその日から毎回のように、大きくゆっくり、と指導され、自分でもそうやっているつもりだったが、ゆっくりってそん [続きを読む]
  • プリンターの紙送り不良解決
  • パソコンを使っていて、いちいち腹が立つことが2つある。まず、文字変換だ。英語を使う業務が多いので、キーボードで入力する際に頻繁に英数字とひらがなを切り替える。気をつけてはいるのだが、切替忘れて、仮名で打っているつもりが長大なローマ字の羅列になっていることがある。例えば、choudainaroumajinoraretsuninatteirukotogaaru(長大なローマ字の羅列になっていることがある)ハイやり直し、となるがちょっとした徒労にう [続きを読む]
  • モバイルバッテリー・クエスト
  • 中国の通販サイトでモバイルバッテリーを注文した。売り文句が間違いなければ、日本で売られている同等品の半額程度と思われる。1月の海外出張に持っていく。ケータイの充電に使う。ある程度の充電容量は必要だ。あと、これは余計だったかなと思ったのだが、ソーラーでも充電できるものにした。 ところが注文してから1週間がたつのに、いまだに発送さえされていない。発送してからも相当時間がかかることが多い中国通販。出張まで [続きを読む]
  • 電源問題
  • 土曜日。息子も娘も出かける。自分も自転車で出かけることにした。先週土曜日に栃木の佐野へ、日曜日は吉祥寺へ自転車で行った。どうも自転車づいてしまったようだ。 先週のうちに会社の人に手伝ってもらってブレーキの調整と予備のライトの取り付けを行った。万全だ。行先は三田のラーメン二郎にする。片道30キロだが、ラーメンの後は近くの泉岳寺により、さらに川崎大師にも寄ってこようと思うのでトータル80キロくらいかと踏む [続きを読む]
  • ドバイへの道
  • ドバイに出張計画中。かつてはドバイへといえば、評判のいいエミレーツ航空の直行便で行くのが当たり前だった。結構前までは東京からの直行便がなく、一旦関空まで飛ぶ、いわば準直行便だったが。当時なエミレーツのマイレージサービスがよかったような記憶がある。それほど使っていなくてもシルバーメンバーになれてラウンジが利用できた。一度は急ぎでエミレーツに空席がなく、アリタリア航空でミラノ経由で行ったこともあった。 [続きを読む]
  • 吉祥寺
  • 土曜日に往復160キロのサイクリングをし、翌日は疲れで倒れているだろうと予想し、予定がなかった日曜日。案外疲れていなかった。土曜日の夜は帰宅しても脳がさめており、3時くらいまで酒を飲んだ。しかし日曜日は7時過ぎには目が覚めた。午前中は疲れていない体に異変を感じつつ家で過ごす。午後は息子も娘も出かけたので、自分もどこかへぶらぶら出かけようと考える。また自転車だ。 行先は吉祥寺にする。自宅から片道15キロくら [続きを読む]
  • 一人ブルべ
  • 〔ブルべ〕ブルべ。自転車競技の一種だ。詳しい定義は知らないが、長距離を自転車で規定時間以内に走りとおせるかといったもののようだ。時には1000キロ以上の超長距離のブルべもある。ちゃんとしたブルべに出場するのは気が重いが、時々長距離を走りたくなる。走りたくなった時が一人ブルべの開催日だ。個人的には条件がある。日帰りであること、できるだけ遠くまで行けること、したがってあまりアップダウンのないルートであるこ [続きを読む]
  • 足踏み
  • 居合を始めて約2年。まったくの素人で始めたのだから、それ以上下手になることはなく、やればやるほど上達してきた。それが昨日の稽古で異変を感じた。昨日の稽古前まで、いや稽古途中まで調子がよかった。その前の週にプチ悟りがあり、また1ランクアップしたかに思えたのだが、急におかしくなった。 まずプチ悟りが悟りではなく迷いに変わった。何が秘密の鍵を手に入れただ。さっきまで出来ていたことが出来なくなった。動けては [続きを読む]
  • 秘密の鍵
  • 居合の稽古。稽古に行く前にはその日に確かめたい事項を3点から5点メモして持っていく。道場で稽古着に着替えたところでそのメモを読み返してから稽古に臨む。そうしないといったん刀を差すとやみくもに稽古することになる。 先週の稽古で、自分にとっては驚くべき発見があった。普段滅多に稽古に見えない先生がその日は来ていた。自分の稽古の様子を見ていて、何気なく言われたことがその大発見につながった。制定六本目の抜き打 [続きを読む]
  • 小さな池の話
  • 釣りは鮒に始まり鮒に終わる、という。釣りの基本であり、究極は結局鮒ということか。自分も釣りを始めたのは鮒釣りだった。 近所の河原に小さな池があって、いつもたくさんの釣り人がそれを囲んで釣りをしている。子供のころ叔父に連れられて、その池で釣りをした。簡単な仕掛けでいくらでも釣れた。クチボソやハヤ、ヤマベなど。その中でも鮒がかかるとほかの魚に比べて引きが強く興奮した。それからしばらく一人でその池に通う [続きを読む]
  • 大学ラグビー
  • 11月24日土曜日。午後2時。教育放送にチャンネルをわせる。こんな時間にこのチャンネルを見るのは年に一回だ。大学ラグビー早慶戦。 わが慶応はここ7年早稲田に勝ちがない(引分1)。熱心に観戦するようになって一度も勝ったことがない。ボコボコニされた年もあった。スポーツにおいてなんとなく慶応は早稲田のかませ犬的存在になりがちである。ラグビー早慶戦の長い歴史の中で、早稲田は圧倒的に勝ち越している。慶応は他のメジャ [続きを読む]
  • 明治以降の西洋式の体育教育の導入により、それ以前の日本人独特の体捌きが失われたとはよく聞く。端的な例が、ナンバ歩きという歩き方で、それは右足と右手が、左足と左手が同時に前に出るというものだ。飛脚の走り方がそうだったというが、確かに飛脚を描いた当時の絵にはそう見えるものもある。今でも緊張するとそういう歩き方になるというし、もしかしたらナンバは深く日本人のDNAに残っているのかもしれない。しかし実際にナ [続きを読む]
  • 猫の人間年齢
  • 季節がいいせいか、猫が元気だ。ちょっとばかり体力にも自信がついたのか、家族にアタックさえするようになった。油断をすると、椅子に座っていると後ろからとびかかられる。追いかけっこが好きで、どこかで姿勢を低くしてこっちを見張っていることがある。不思議なことに近づいても視線を合わせないととびかかってこない。視線が合うと瞬時に戦闘モードに入る。気が付かないふりをして近づくと、からかうように足に飛びついてきて [続きを読む]
  • 居合体操
  • ラジオ体操も本気でやると結構疲れると聞いたことがある。小学生だったころは毎日のようにやっていたが。疲れることはなかった。疲れるのはある程度歳をとった人間だけだろう。 家で刀を持たずに居合の動作をしてみることがある。技を確かめるためだ。これが案外疲れる。数度行うだけで体が熱くなる。稽古場ではそうすぐには疲れないが、人もいるし気合も入っているから疲れたように感じないだけかもしれない。本気で数本抜いたら [続きを読む]
  • 名医
  • 先週の居合の自主稽古でのこと。制定居合12本を通しでやっていた。2本目が終わったところで、先生から「待った」がかかった。ほとんど同じ動作である、1本目と2本目の血振りが違っているという。ほとんど、というのは右足が前か(1本目)、左足が前か(2本目)、が違う。2本目はいいが1本目がおかしい。やや考えた後先生は言った。脚が違うからだな。 (全剣連から画像を拝借、1本目のの血振り) 実は以前から自分でもおかしいと [続きを読む]
  • 上野の大道芸祭り 紙麻呂さん
  • 娘と行った上野の大道芸祭り。何度もびっくりさせられる芸を見たが、そのなかでも紙麻呂さんという人の芸はすごかった。事前に娘がチェックしていた人だ。種類でいうとマジックだ。真っ赤な衣装を着て、一言もしゃべらないで演じる。 芸の途中で、観客の中から実験台というか、お手伝いの人を探し始めた紙麻呂さん。なんと指名されたのは娘であった。人前に出るのが苦手な娘であるが、この日はなぜかほとんど抵抗なく舞台の中心に [続きを読む]
  • クロースアップマジック 龍さん
  • 娘と上野の大道芸祭りに行ってきた。ちらっと見ただけの芸も含めると10組を見た。昼飯を食べる暇もなく見続けた。見た芸について、いろいろ書きたいことがあるのだが、とても全部は書き切れないので、印象に残ったものから書いていこう。 一番感動したのが、クロースアップマジック、つまり間近で見せてくれる手品だ。この日見た最後の芸だった。龍さんという。ほぼ中央、最前列でじっくり見た。彼の手元まで1メートルも離れていな [続きを読む]
  • 上野の大道芸
  • 明日は娘と上野の大道芸祭りにいく。今から楽しみだ。インターネットで見たい出演者をチェックしてメモる娘ちゃん。教えたわけではないが、一部行書のように連綿になっているところが頼もしい。娘が好きな森田ともひろさん。あまり喋らないところがお気に入りだそうだ。カナさんは横浜で見た。自分的には天才イカレポンチというのが、気になる。イカレポンチ芸ってなんだろうか。娘と二人で出かけてるのが、今のところ一番の楽しみ [続きを読む]
  • 主役は刀
  • 居合の自主稽古。 先週、制定居合6本目の足捌きを習い直し、自宅で刀を持たずに稽古してみた。体になじんできたかな、という感覚があり、この日は違う先生に見てもらうことにした。自主稽古であるが高段者の先生も見える。おのおの好きなように稽古していて、特に目立つ修正点があった場合、先生から声がかかる。せっかく先生がお見えなので、こちらから6本目を見ていただくようお願いした。これからは毎回1本だけでも1動作だけで [続きを読む]
  • 居合の捌き
  • 先週の居合の自主稽古に珍しくある先生が参加された。その日に見える先生に聞こうと思っていたことがあったので、その先生にぶつけてみた。あっけなく自分の中の疑問が解消したのだが、先生の話はそれより広範囲に及び、聞きたかったことより重要な教えを受けた。捌きだ。 これは随分前に他の先生に教えていただいていたのだが、よく理解できず、したがって体現出来ず、なんとなくうやむやになったままだった。捌き、すなわち足の [続きを読む]
  • 雨宿り
  • 土曜日。自転車で三軒茶屋へ行く。大道芸祭りを見るためだ。府中の自宅から1時間半くらいかかるだろう、と予想する。Tシャツの上にウィンドブレーカーを着る。ブレーカーを着ていると暑く、脱ぐと寒いという微妙な気温だった。 三軒茶屋に着いて、自転車を停めてスタンドを立てたら、自転車が倒れた。何事かと思ったら、金属製のスタンドが根元から折れている。金属疲労というやつか。まさかこれが折れるようなことがあるとは思っ [続きを読む]
  • 会員権
  • コストコの年会員の期限がそろそろ切れる。2,3年前に車のタイヤを交換するのにコストコが安いと聞いて入会したのだった。その後毎年、ほぼ自然に更新して今に至る。しかし今年は会員権を更新するか検討している。どうも毎年払った入会金の元を取るほど買い物をしなかったような気がする。結局行っても買ったのはパンとチーズだけなんてこともあった。 コストコでしか買えないものもあるし、これはお得だという商品もある。元を取 [続きを読む]
  • 俺は短足なのか
  • 居合を始めて1年と10ケ月。違和感はあったのだが、最近になってようやく自覚したことがある。袴が長いのだ。先週、先輩になんか長くないかといわれて、何気なく感じていた違和感が現実的に感じられるようになった。サイズを見てみると24となっている。ほぼ同じ背丈の他の先輩の袴を確認したらやはり24サイズで、ビシッと決まっていた。 袴の長さはこんなもんだと思い込んでいたので、稽古前の着付けの時はお腹のかなり高いところで [続きを読む]
  • においの記憶
  • 居合の稽古が終わると夜の8時過ぎで、稽古場を出ると、肉を焼くいいにおいがする。すぐ近くに焼肉屋があるのだ。どこに店があるのか目で確認したことはないのだが、至近に焼肉屋があることは間違いない。 このにおいは刺激的だ。腹ペコなところにこのにおいだ。一度稽古の後にその焼肉屋に寄ってみたいという願望があるがまだ果たせていない。このにおいをかぐと自分の中の獣性がよみがえる気がする。しかし稽古の間は、いや昼食の [続きを読む]
  • 木を切る
  • 先週の台風で庭のオリーブの木が傾いた。梅やミカンの木は実りのために剪定するけれど、ほとんど花も実もつけないオリーブは放りぱなしだった。しかし風でこの木が傾くとは。 苗を植えて7年。いつしかでかくなったものだ。傾いた根元を押し返してみたが、なんだか横綱を押しているようで、力を抜くと押し返してくる。高さは3メートルを超えている。剪定の意味も込めて枝を落とすことにした。急いで帰宅したが夕方6時近く。すでにほ [続きを読む]