ひろ さん プロフィール

  •  
ひろさん: ひろの映画日誌
ハンドル名ひろ さん
ブログタイトルひろの映画日誌
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/m227kawanabe
サイト紹介文見た映画について語ります
自由文和洋韓中、国を問わず、興味のある映画を見れば、それについて紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供580回 / 365日(平均11.1回/週) - 参加 2013/10/31 17:33

ひろ さんのブログ記事

  • 「終わった人」、定年を迎えた男の生きざま!
  • おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞)終活映画なので、年配が多い。万引き家族といい、年代にあった映画は好まれるものだ。まあ、自らの経験と照らし合わせるのも一興か。脚本家・内館牧子による同名小説の映画化。監督がホラー映画の中田秀夫だが無難にまとめている。終わった人と言っても、東大卒の大手銀行から子会社に出向。だがまあ、エリートのばりばり、まあ、そんな人が終わった人なんてあり得ないので、まさにフィクション。 [続きを読む]
  • 「友罪」、少年Aのその後!
  • おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞)考えさせる映画好き ☆☆☆☆ミステリー作家・薬丸岳の同名小説を実写映画化。ジャーナリストの夢を諦めて町工場で働き始めた益田、同期の鈴木と同じ部屋に。工場で、機械に指を切断され、救急病院に、そのとき鈴木に親身に世話をされ好意を持つ。(この時、病院に運んでくれたタクシー運転手を佐藤浩市が演じている:なんかありそう)当時、連続児童殺害事件がおこり、17年前の事件の犯人少年 [続きを読む]
  • 「火花」、又吉原作の映画化!
  • おすすめ度 ☆☆☆★漫才コンビ「ピース」の又吉の芥川賞受賞の小説の映画化。監督は、元漫才師の板尾創路。豊田利晃が脚本に参加している。下積み漫才師の10年間を描いている。まったく芽が出ない芸人・徳永は営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷と出会う。「あほんだら」というコンビで常識のワクからはみ出た漫才を披露した神谷の姿に魅了された徳永は、神谷に弟子入りを志願。「俺の伝記を作ってほしい」という条件で神 [続きを読む]
  • 「サーミの血」、少数民族サーミの少女、差別とのたたかい!
  • おすすめ度 ☆☆☆★スェーデン・デンマーク・ノルウェー合作第29回東京国際映画祭で審査員特別賞および最優秀女優賞を受賞。サーミ人は、スカンジナビア半島北部=ラップランドと、ロシア北部に暮らす先住民族。特にスウェーデンやフィンランドなどでトナカイの放牧を行っている事で知られている。この映画は、スェーデンに暮らすサーミ人の娘が、差別を乗り越えて、都会の学校に通う話。1930年代、まだ、差別意識の強かった [続きを読む]
  • 「68キル」、暴力女に振り回されるも、強くなっていく男!
  • おすすめ度 ☆☆★「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品。B級映画そのもので、簡単に人を殺すえぐいシーンがあります。前半は、娼婦で暴力彼女に支配されるチップのいじめられっぷりが面白く、中盤は、6万8千ドル強盗。成功したつもりが人がいて、男は殺し、女は監禁。ところが、チップはその女に惚れて、一晩過ごすのだが、素っ裸で、モーテルを追い出される。それからは、二転三転。まあ、予想外の展開。でも基本、男が立 [続きを読む]
  • 「消された女」、法律を悪用した拉致監禁事件、真相は?
  • おすすめ度 ☆☆韓国では、「保護者2人の同意と精神科専門医1人の診断があれば、患者本人の同意なしに「保護入院」という名のもと、強制入院を実行できる」これを悪用した事件が後を絶たない。この映画のおかげで、法が改正された。この映画は、実際の事件を描いたものではないが、いくつかの事件にヒントを得て作られている。強制的に拉致監禁された女の、手記が発見され、その手記を追うTVディレクター。その病院では、一年前火 [続きを読む]
  • 「勝手にふるえてろ」、綿矢りさ原作の恋愛映画!
  • おすすめ度 ☆☆☆リアル恋愛映画好き ☆☆☆☆日本映画プロフェッショナル大賞、作品賞と主演女優賞のダブル受賞。第30回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、観客賞を受賞した。24歳のOLヨシカ。恋愛未経験のため妄想女子。中学でのあこがれの一をずっと思い続けている。同期の二から、好きだと告白され、逆に一への思いが募り、同級会を招集する。だが、いまいち、みんなとそりが合わず、やっとデートの約束を [続きを読む]
  • 「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」
  • おすすめ度 ☆☆★近親家族の殺人、その理由を求めて娘が結婚、帰郷していた時、娘の夫がやってきて、殺してしまう。娘の母も、怪我をする。夫が妻を殺すという特異事件。そして、娘の母親が、「殺人の理由」を求めて、死刑囚に面会。娘婿の死刑をやめるよう嘆願。ちょっと、複雑な事件。家族関係や、死刑への考え方など、観客に訴えかける。ただいまいち、「理由」がわからぬまま終わってしまうので、戸惑う。携帯が鍵なのだが、 [続きを読む]
  • 「ビヨンド・ザ・ロウ」、フレンチノワール。強盗犯と女刑事!
  • おすすめ度 ☆☆フランス・ベルギー合作「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品。巨大な陰謀に巻き込まれた強盗の男と女刑事の戦いを描いたフランス製サスペンスアクション。冒頭地下駐車場で射殺される女性。意味わからぬまま、映画は進むので、予備知識なしに見ると、ちょっと。強盗事件の犯人達と警察、司法を巻き込んだ陰謀を描いているのはわかるけど、似たような服、似たような顔の人達が次々と死んでいき今の誰?状態。後 [続きを読む]
  • 「ゲティ家の身代金」、石油王の孫が誘拐、相手はマフィア!
  • おすすめ度 ☆☆☆★金をめぐる話好き ☆☆☆☆R15+ なにしろ耳ぶった切られます。これは、実話の映画化。石油王の孫を誘拐。賞金は、1700万ドル。よっぽど大金持ちでないと払えない額。だが、どケチの石油王は、、拒否。そら孫が14人いるから一一払っていたら大変だ。だが、孫の母親、父とは離婚。そこで孤軍奮闘。ただ、石油王は、元CIAの交渉役を助っ人としてつけてくれる。でも、お金がなければどうしようもない。こ [続きを読む]
  • 「リベンジャー 処刑人」、殺人請負人の裏稼業!
  • おすすめ度 ☆☆「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品スペイン国際アクション映画祭 最優秀外国作品賞、マカブル・フェア映画祭 最優秀外国長編映画賞、フィラデルフィア・インディペンデント映画祭 最優秀外国作品賞、イエローフィーバー・インディペンデント映画祭 最優秀スリラー映画賞、フライトナイト映画祭 最優秀作品賞(映画ファン選出)受賞! と海外の評判は良い。元麻薬捜査班の刑事フランク・ベリアは、正義の名 [続きを読む]
  • 「泥棒役者」、西田征史の舞台劇の映画化!
  • おすすめ度 ☆☆☆舞台劇の映画化だけに、ほとんど一軒家の一階と二階が舞台。基本コメディ。主人公の大貫は、..かっての泥棒仲間に強引に連れ出され、絵本作家の豪邸に盗みに入る。だが、その作家に見つかり、編集者が参加、さらには教材のセールスマン。勘違いで間違われ、絵本作家がスランプで、書けないと言い出すは。要は、掛け違いの喜劇だ。映画なのに、演劇。演劇好きにはいいかもしれないが、やや退屈。「関ジャニ∞」の [続きを読む]
  • 「愛の病」、実際にあった「出会い系サイト強盗殺傷事件」を元に映画化!
  • おすすめ度 ☆☆★Rはついていないが、かなりえぐい。出会い系サイトで知り合った男をだまして大金を貢がせ、男たちに強盗殺人をするように仕向けた女が、1人を殺害、1人に重傷を負わせた2002年の「和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件」をベースに描いた官能サスペンス。分かれた夫に脅迫され、出会い系サイトで知り合った男から大金をむしり取る。一方、知り合った男性に惚れるが、重度の障害を持った彼の姉を疎ましく思う。出会 [続きを読む]
  • 「斉木楠雄のΨ難」、超能力者が文化祭で災難に!
  • おすすめ度 ☆☆福田雄一好き ☆☆★「週刊少年ジャンプ」連載でテレビアニメ化もされた人気漫画(麻生周一)。「銀魂」の福田雄一監督作品。生まれながらとてつもない超能力を持つ男の物語。普段は、超能力を使わないようコントロールしている。だが、斉木に一方的に恋をする妄想美女が現れ、徐々に災難がそして、文化祭。ひょんなことから、メガネを取られてしまい、おかげで、人を石像化することに。果ては、宇宙にまで飛んで [続きを読む]