meme さん プロフィール

  •  
memeさん: 森の庭から
ハンドル名meme さん
ブログタイトル森の庭から
ブログURLhttp://www.ohanasinomori.blogspot.com
サイト紹介文三重県津市にある絵本と児童書の専門店「BookShopおはなしの森」のブログです。
自由文おすすめの絵本や、店内イベント、併設するカフェキッチンのメニュー、販売雑貨の紹介など、おはなしの森の情報を随時更新していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/11/02 11:12

meme さんのブログ記事

  • 八月の詩 『太陽と地球』まど・みちお
  • 太陽と地球まど・みちおまだ 若かったころのこと太陽は 気がつきましたわが子 地球について知ることのできないことが あるのを…それは 地球の夜です地球の夜にどうか安らかな眠りがありますようにどうか幸せな夢があふれますように祈りをこめて 太陽は地球の そばに月を つかわしました地球の夜を 見まもるために美しくやさしい 光をあたえて今では もう若いとは いえませんが太陽は 忘れたことがありません地球の  [続きを読む]
  • レインリリーがゆれる夕方。
  • 夕暮れ前の青空はうすい雲がかかっています。森の庭ではいま何が 咲いているでしょうか。シュウメイギクにレインリリー。百日草は最初の花が終わって次の花が続々 咲き始めたところ。咲き初めの花はブラシみたいなかたち。ミントの花は猫のしっぽ。マリーゴールドは夏を ねりこんだ和菓子みたい。ひだひだは海のいきものにもすこし似ている。夏の 花は鮮やかだけれどそれほど長く 咲きません。花火みたいに。 [続きを読む]
  • みんな、まるい。
  • 雨の日の里芋の はっぱはコロボックルのかさ雨粒を うけるおさら。水はまるくなる星形にはならない。木の幹の地衣類もまるくなる。テントウムシもまるい(背中のもようも)。海月もまるいおつきさまもまるい。みんなまんまる。 [続きを読む]
  • 夏休み子ども工作
  • 韓国の紙を使ってカラフルで丈夫な小物入れを作ったり、折り紙に親しみます。A 韓紙(ハンジ)工芸7/30(月)10:30 - 12:30定員6名講習費¥1000講師 申絹愛さん韓国の紙を使って、カラフルで丈夫な小物入れを作りましょう。size: 135×135×146?B おりがみで遊ぼう!8/20(月)10:30 - 12:00定員6名講習費¥300講師 田端晶子さん折って遊べる楽しい折り紙教室です。 [続きを読む]
  • 土をつくるいきものたち。
  • ナンキンハゼの雄花が散り始めています。石の上を小さな虫たちが行きかいます。せわしないのは蟻。たくさんの足でリズムよく歩くのはダンゴムシ。森の庭にはダンゴムシがたくさんいます。ダンゴムシはミミズとおなじように落ち葉を食べて土を作ります。カルシウムをとるためにコンクリートをかじったりもするんですよ。小さな生き物たちの大きなはたらきで土は豊かになっています。『ぼく、だんごむし』文/得田之久絵/たかはたきよ [続きを読む]
  • ヤマモモの季節
  • 木の下に実が落ちていたら当たり前のことですが木の上には実がなっています。 撮影場所:偕楽公園ヤマモモの実は赤くてとてもきれいです。 撮影場所:三重県医師会館前熟して落ちた実は地面を覆います。 撮影場所:お城西公園木の下ににぎやかな気配があれば木の上にも同じ気配があります。虫や鳥が集まってくるからです。森の裏庭のナンキンハゼの木の下は散らばった雄花で黄色くなっています。そして木の上では蝶や蜂たちが嵐 [続きを読む]
  • 海へ行った日のこと
  • 真夏のような一日でした。ナンキンハゼの木には蜂や蝶が集まっています。数日前はいかにも梅雨らしい雨と風の日で夜には少し肌寒かったのを覚えています。その日に海へ行きました。大きな通りを渡った先にある海は満ち潮の時間でそれでもまだ砂浜が広々しています。菊の花のような海藻。これはツメタガイという肉食の貝です。砂浜のあちこちのこの貝の卵(卵塊)が転がっていました。その形から砂茶碗と呼ばれているそうです。自然の [続きを読む]
  • ぶぶぶん・ぶぶぶぶ
  • ナンキンハゼの花が咲いてさっそくくまんばちがやってきました。黒い毛のはえたあしはまるまるとして黄色いふわふわの襟巻がすてきです。蝶やはえや、カメムシもいました。もうしばらくすると虫たちが樹上を旋回して木をとりまく竜巻のように見える日がやってきます。しばらくはにぎやかな庭先です。 [続きを読む]
  • きのこの季節
  • 雨の季節に散歩をして目をむけるべきはきのこです。ふと気配を感じて目をこらすときのこは、います。目がなれてくるとこんなに小さなきのこも見つけられるようになります。ふしぎなものたち。この季節の楽しみです。撮影場所 / 偕楽公園 [続きを読む]
  • 梅雨の一日。
  • 朝の雨は午后にはやんでまたもや降って今はカエルが鳴いています。津駅の西口に近い旧博物館の奥には偕楽公園がありますがその手前の坂道のコンクリート塀にカタツムリがいます。最近カタツムリをみかけることが少なくなったので少しうれしい坂道です。 [続きを読む]
  • トネリコスプラウト。
  • おはなしの森の裏庭はトネリコの木が生えています。花の季節にはクマバチがBububu…Bubububu…と枝を揺らしながら花粉を集めます(クマバチの羽音は、庭の反対側にいても聞こえます。名前の通り、体がおおきくむくむくと毛深い蜂ですが、礼儀正しく接している限りおそいかかっては来ません)。花の後には実がなって、それはとりもなおさず“種”なのですがトネリコの種は稲穂のようにたくさん、たくさんなります。種はやがて、地面に [続きを読む]