meme さん プロフィール

  •  
memeさん: 森の庭から
ハンドル名meme さん
ブログタイトル森の庭から
ブログURLhttp://www.ohanasinomori.blogspot.com
サイト紹介文三重県津市にある絵本と児童書の専門店「BookShopおはなしの森」のブログです。
自由文おすすめの絵本や、店内イベント、併設するカフェキッチンのメニュー、販売雑貨の紹介など、おはなしの森の情報を随時更新していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/11/02 11:12

meme さんのブログ記事

  • 10月・11月・12月のおはなしの森を楽しむ会
  • ●韓紙(ハンジ)で 五角形の箱を 作りましょう講師 申絹愛(しん きょね)さん10月31日(火) 10:30 - 12:30定員 6名講習費 2700円(お茶付き)持ち物 お手ふき用のハンドタオル韓国の手漉き紙韓紙を使った韓紙工芸。箱などの小物から、机、鏡台、箪笥などの家具まで幅広く活用されています。とても丈夫で独特の風合いがある韓紙で五角形の箱を作ります。 ●11月16日(木)  秋色を楽しむ スワッグ作りスワッグ(植物を使っ [続きを読む]
  • 今月の詩『おまじない』工藤直子
  • おまじないみみずみつおこわいとき となえるおまじないがあるじぶんにむかってこういうんだ「おい、ぼくよぼくがいるからだいじょうぶぼくがいるからだいじょうぶ」するとぼくがふたりいるみたいでげんきになる『ポケットのはらうた』童話屋詩/くどうなおこ画/ほてはまたかし裏庭のナンキンハゼの木は実の重みで枝がしなっています。冬にはきっとたくさんの鳥たちがやってくるでしょう。秋風に誘われて鱗雲の浮かぶ高い空を見上げ [続きを読む]
  • ぴかぴか、かみなり。さやさや、すずかぜ。秋の天気は不安定。
  • 雷が鳴っています。森の読書猫、森太郎とちびのモリーはおひげをびりびりさせて空をみあげています。秋の空。その雲のたなびき。秋の木の実、葉っぱ。その色とかたち。秋の虫。その音色。秋の食べ物。そのおいしさ!暑い夏がようやく去って楽しみの宝箱のような秋がやってきました。いろんな楽しみを紹介する絵本を特集しています。どうぞお気に入りの秋を見つけに来てください。 [続きを読む]
  • 九月の詩『みえる』工藤直子
  • みえるとんぼ すぐるあっちで すすきが てをふったこっちで いなごが とびはねたそっちで おちばが ひらひらりむこうで いけが ひかってるまわり ぐるり まんまるくぼくは みんなが よくみえるまわり ぐるり まんまるくみんなも ぼくを みているね『のはらうたⅡ』詩/工藤直子童話屋蝉の鳴く夏から蜻蛉の舞う秋へ。朝夕のひんやりした風に季節の変化を感じます。今月もどうぞよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 台風一過の火曜日。トネリコの枝を飾りました。
  • 強い風と、ぴかぴかの太陽。にぎやかな蝉の声も、今日ばかりは上天気の知らせと聞こえます。先日は台風の影響により臨時休業いたしました。スタッフ総出で台風対策。植木鉢を運んだり、土のうをつんだり。そのかいあって、庭もお店も平穏無事。ただ、トネリコの一枝ばかりが風に折れて落ちました。種のたくさんゆれる枝はどこか秋の気配を感じさせます。立秋を過ぎ日暮れの時間も早まって少しずつ、秋です。森でお待ちしております [続きを読む]
  • 夏のおはなしの森を楽しむ会(対象/5歳くらいから大人まで)
  • ◎ふわふわ羊毛でモビールを作りましょう8月22日(火)10:30〜12:30定員6名講習費 1000円講師 クラフトバムセ   鳥飼智子さん好きな形にちくちくフェルティングしてかためたカラフルな羊毛ときらきらビーズをつないでモビールを作りましょう。夏の窓辺でゆらゆら涼しげですよ。≪これからの予定≫9月末 白いフリースで作るかわいいおばけたち10月 クリスマスのまつぼっくり飾り12月1日(金)2日(土) おは [続きを読む]
  • セミの鳴き声、クマバチの羽音。しゃわしゃわ、ぶんぶん。森の庭はにぎやかです。
  • 三日ほど前から蝉の声が耳に届くようになりました。森の読書猫ちびのモリーはその声をはじめて耳にしたとき――あれ?これなんだろ。と、思ったそうです。もう少しすると蝉の声に目覚める朝が来ます。裏庭の木々には花粉を求めてチョウやハチがやってきます。熱心なのはクマバチで、小さな小さなトネリコの花からいっしょうけんめい花粉を集めています。ぶぅぅぅぅぅん、ぶぅぅぅぅぅん、と低い羽音に迫力のあるクマバチですがいた [続きを読む]
  • ≪七月の詩≫岸田衿子「南の絵本」
  • 南の絵本岸田衿子いそがなくたっていいんだよオリイブ畑の 一ぽん一ぽんのオリイブの木が そう云っている汽車に乗りおくれたらジプシィの横穴に 眠ってもいい兎にも馬にもなれなかったのでろばは村に残って 荷物をはこんでいるゆっくり歩いて行けば明日には間に合わなくても来世の村に辿りつくだろう葉書きを出し忘れたら歩いて届けてもいい走っても 走っても オリイブ畑はつきないのだからいそがなくてもいいんだよ種をまく [続きを読む]