79602 さん プロフィール

  •  
79602さん: HNモジュール東京クラブ
ハンドル名79602 さん
ブログタイトルHNモジュール東京クラブ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hnm_tokyo
サイト紹介文HO(16番)ゲージHNモジュールという規格で複数を連結して車両運転を楽しむ東京版のクラブです。
自由文HNモジュール東京クラブ とは鉄道模型HO(16番)の単線の情景モジュールを連結して短い編成での運転を楽しむことを目的とした発足したばかりのクラブです。
関西では2009年よりHNモジュールという規格で車両運転を楽しむHNモジュールクラブがありますが、東京でもクラブができました。
まだまだスタートしたばかりなので一緒にスタートをきりませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2013/11/02 12:05

79602 さんのブログ記事

  • GV-E400製作(11)
  • 正面2枚目と3枚目をあわせるとこんな感じ。まだヤスリがけ済んでいませんし、ハンダづけはこれから。正面2枚目と3枚目を半田づけして、さらにヘッドライトとテールライトの光源の光が漏れないように枠を真鍮帯板で囲います。これをしないと光がかなり漏れます。こんなことは表面上わからないですがに労力を使います。 [続きを読む]
  • GV-E400製作(10)
  • GV-E400 正面に移ります。 GV-E400 正面の部品の構成といいたいところですが、まだ製作方法が決まっていませんでした。 正面の構造は3枚を重ねることにしました。 これが一番奥の妻板になります。カッターでケガキをしています。正面2枚目の8角形を切り抜きます。 [続きを読む]
  • GV-E400製作(9)
  • GV-E400 板の曲げを実施します。板の曲げ機を使います。テストで曲げを確認していても、徐々に曲げていきます。 歪みが出やすいところです。車体のR部を注意深く曲げていきます。歪みが出ないよう要注意です。 [続きを読む]
  • GV-E400製作(8)
  • GV-E400 真鍮曲げテストを行います。曲げは折り曲げ機をつかいますが、Rの部分は経験が頼りです。 失敗したりするので2回行いました。 0.35の真鍮板を使って、展開図との大きな誤りはないか確認もします。この時点で展開図との誤りを見つけてもどうしようもないのですが。 [続きを読む]
  • GV-E400製作(7)
  • 1/80車体展開図を作成し、その紙を0.35mm厚の真鍮板に木工ボンドで貼り付けてそのままドリルあけ&糸鋸によるカットを行っていきます。ドアの部分は曲げる際、影響をうけるので残しておきます。間違えて一部カットしてしまいました。貼った紙を剥がしますが、その前にケガキも行っておきます。 [続きを読む]
  • 第19回 国際鉄道模型コンベンション
  • 表題の第19回国際鉄道模型コンベンションまで1週間前となりました。クラブとしてイベントに参加します。HNモジュールを20個ほど接続して運転を行う予定です。2m×10mの細長いレイアウト配置となります。1)開催日2018年 8月17日(金)18日(土)19(日)  10時〜18時 (最終日は17時まで)2)開催場所 東京ビッグサイト 東1ホール  エリアG1 (スピードコンテスト実施場所近く) 詳しくは  [続きを読む]
  • GV-E400製作(6)
  • GV-E400 正面は構造が他と異なりますので、展開図面を2倍にして主に構造確認のために試作模型を作りました。この時点では、正式な設計図の発表はないので推測で前面の構成を考えます。ここでの試行錯誤にかなりの時間がかかりました。屋根と側面は一体の展開図も作成して、今回はエッチングは使わない方法で作成してゆくことにします。 [続きを読む]
  • GV-E400製作(5)
  • 部品の床板にモーターはEN-22を搭載してとりあえずDCとして動作させました。他の車両との連結・動作の確認をしておきます。DCCデコーダーはDZ-126PSを使用し、今後DCCにも対応できるよう切替スイッチを設けました。下回りはここまでですが、問題は車体の製作ですね。 [続きを読む]
  • GV-E400製作(4)
  • 今回は下回りから製作していきます。モーターは何を使うかで悩みましたが、これも手持ちのモーターEN-22をそのまま使います。性能は問題ありませんが、サイズが大きいのが珠に傷。GV-E400の床板はキハ09用でモーターはCN-16用でしたので穴を大きくカットして広げました。 台車は形状が似ているカツミ製TS1026を新たに購入しました。 [続きを読む]
  • GV-E400製作(3)
  • 手持ちの流用できる部品 を集めてみました。 使えそうな部品は下記の通りです。・エンドウ MPギヤ 電車用J-1 ・カツミ AU720クーラー ・カツミ 新型気動車A 床下傷器具 ・ワム製  キーストンプレート ・フジモデル キハ09用MP対応床板・車体は0.35mm厚の真鍮板いろいろ役にたちそうです。 これらを流用しつつ基本自作を行います。 [続きを読む]
  • GV-E400製作(2)
  • まずは設計図ですが、発表されていないので自前で作成します。インターネットから輸送前の工場の映像や輸送走行映像などから推測下内容を設計図に盛り込みます。キハE200の図面とにらめっこで、パソコンで以前作成した図面に手を加えます。※2018年2月の時点では雑誌に設計図はありませんでした。 [続きを読む]
  • GV-E400製作(1)
  • 2018年2月発売の鉄道雑誌を立ち読みをしていると 新型気動車の記事が飛び込んできました。 JR東日本のGV-E400というディーゼルエンジンで発電した電力でモーター駆動するタイプの新型電気式気動車でした。同型がH100としてJR北海道にとってひさびさの普通列車用新型気動車デビューともなります。新型の次世代気動車の試作車が登場するということで市販製品ができる前に車両を作ることにします。この写真の車両です。 [続きを読む]
  • 1/80 床屋 (3)
  • 側面の壁を取り付け 内装はよく見えるように白色をスプレーしておきます。エッチングの窓枠を取り付けたり、レンガ模様を貼り付けます。窓枠は中がよく見れるように大きくしています。 [続きを読む]
  • 1/80 床屋
  • 戸建の店舗の模型として今回は某所にあった昭和の床屋さんをを製作しました。建物は全体でなく道に面している店舗側のみ作製することにします。他のモジュールの台座をそのままつかうことにします。簡単な設計図を描いて 店舗の正面を作成します。工作用紙を使ってます。 [続きを読む]
  • 第20回運転会(5)
  • 今回の運転会は近くの模型店の紹介した見学の方の訪問がありました。13時〜15時の間、見学の時間をとってみました。自前の車両を持参いただいた方もおられました。運転はDCとDCCの運転を行いました。DCはロブさんのPCを使ったシステムで主にマウスを使った運転、DCCはやくもさんのZ21を使ったスマホ、タブレットによる運転でした。持参いただいたキハ47 2両編成が走行中。 [続きを読む]
  • 第20回運転会(3)
  • ロブさんが製作した まさに北海道という感じの「タウシュベツ川橋梁」のモジュールです。北海道上士幌町の糠平湖の橋ですが、コンクリートのアーチ橋で青色の湖面が美しく表現されています。水位が変化して橋全体が見渡せたり、水没したり「幻の橋」とも呼ばれています。 [続きを読む]
  • 第20回運転会(2)
  • 7/15(日) 午前中にモジュールの組み立てを行って、早めの食事をしたあと午後から試運転を行いました。今回は国際鉄道模型コンベンションの展示のリハーサルを兼ねていますし、会場近くの模型屋さんに告知してもらったので見学者の参加が見込まれた?運転会でした。本番よりも小さなサイズでしたが、特にモジュールの配置角度の確認とスムーズな運行ができるかの確認をしました。今回の全体のモジュール配置はこんな感じです。 [続きを読む]