ブラットジィ さん プロフィール

  •  
ブラットジィさん: 旅する写真愛好家
ハンドル名ブラットジィ さん
ブログタイトル旅する写真愛好家
ブログURLhttp://burattojii.blog.fc2.com/
サイト紹介文季節の花や風景を載せています。 山歩きも始めました。 能登の祭りは外せません。 お気軽に。
自由文写真撮影とドライブが趣味です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供318回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2013/11/03 13:47

ブラットジィ さんのブログ記事

  • 水と光の競演 宝立七夕キリコ祭り(20180807撮影)
  • 今年も奥能登珠洲の宝立七夕キリコ祭りに出掛けました。夕暮れになるとキリコの灯りが美しさを増し水面に映り込みます。キリコが海に入り乱舞と合わせて花火との競演が始まります。日没後、浮かび上がるキリコの灯りが水面を揺らす。河口なので波が治まれば鏡状態の川川の周辺を移動後、いよいよキリコが海に入ります。待ちきれずに波打ち際で遊ぶ子供たち。海へ・・・沖に立つ置き松明の周りを乱舞、そして打ち上げ花火と斜め打ち [続きを読む]
  • 幻想的なひまわりのライトアップ(20180805撮影)
  • 河北潟埋立地に35万本のひまわりが咲く”河北潟ひまわり村”期間限定のライトアップに出掛けました。風が吹いた夕方涼しかったです^^ちょっと頑張ってみた^^ちょっと夕焼け2方向からライトの点灯シャッタースピードを上げてパチリシャッタースピードを下げて揺らす能登のまつりに出掛けることが多く今年のひまわり撮影、ギリギリ間に合いました。撮影:2018年8月5日これ、いいかもと思われる写真がございましたら下の [続きを読む]
  • 熱気が加速する夜の 石崎奉燈祭(20180804撮影)
  • 夜の部では堂前広場でさらに熱気が加速して大奉燈が乱舞します。夜の部一旦休憩で広場になだれ込む観衆。その後再開されますが私は疲れて撤収です^^:今年も熱い石崎奉燈祭を十分味わいました。撮影:2018年8月4日これ、いいかもと思われる写真がございましたら下のバナーをポチっとお願いします。更新の励みになります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 漁師町が揺れる 石崎奉燈祭(20180804撮影)
  • 8月4日、能登半島和倉温泉の隣り町”七尾市石崎町”の石崎八幡神社の納涼祭、石崎奉燈祭(いっさきほうとうまつり)に行ってきました。今回で5回目です^^奉燈はキリコと同じく神輿を案内する巨大な灯篭。石崎の奉燈は、1基が重さ約2トン、高さ約12〜15メートルもあり6基担ぎ出されます。それぞれ1基ごとに色を統一した服装を着込んだ100人ほどの男たちが、「サッカサイ、サカサッサイ、イヤサカサー」とドスの効い [続きを読む]
  • 石崎奉燈祭の前夜祭(20180803撮影)
  • 何度か行っている石崎奉燈祭ですが、今回待ちきれずにその前夜祭に初めて出掛けました^^:和倉温泉駅周辺の西三区大奉燈(こちらではキリコとは言いません)が担がれました.。ちなみにこの西三区大奉燈は翌日の本祭には担がれません。子ども奉燈園児の奉燈大奉燈他の地区からの応援で担がれてる様子です。右は、温泉駅前ロータリーに常設の奉燈です。大奉燈が担がれる頃、駅前ロータリーは人でごった返しました。次回は石崎奉燈 [続きを読む]
  • 空と海を照らす 和倉花火大会(20180802撮影)
  • 七尾湾に面する和倉温泉で開催された花火大会の写真です。ここでは正三尺玉という全国でも年間30個ほどしか打ち上げられない大玉が空中と水上で開きます。空中正三尺玉上空600m上がり直径550m開くそうです。音も湾内にズシーンと響きます。水上正三尺玉空も海も赤く染めます。撮影:2018年8月2日これ、いいかもと思われる写真がございましたら下のバナーをポチっとお願いします。更新の励みになります。にほんブロ [続きを読む]
  • 鬼気迫る 御陣乗太鼓(20180731撮影)
  • 輪島の白米千枚田の隣地区、名舟で開催された名舟大祭に今年も出掛けました。祭には、神輿やキリコが町中を練り歩き花火も打ち揚げられますが、ここは何と言っても御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)の奉納打ちが見どころです。先ずは小学生とは思えない迫真の演技で打ち鳴らされた御陣乗太鼓の写真を2枚引き続き打ち鳴らされた若衆による鬼気迫る御陣乗太鼓の写真を10枚いつ聞いても迫力満点です。なんだか昨年までとは体が細くな [続きを読む]
  • 日本海に沈む夕日(20180731撮影)
  • 能登半島先端付近の椿の展望台から夕日を撮影しました。まんまるのまま夕日は海に沈みましたが、ダルマにはなりませんでした^^直線距離およそ35kmに浮かぶ七ツ島、右は七ツ島で一番大きな大島。黄金色に煌く海原を進む漁船海に描かれた夕日の道オレンジ色一色ダルマ夕日にてっきりなるもんだと思ったのですが「あれぇ〜」でした^^マジックアワー撮影:2018年7月31日これ、いいかもと思われる写真がございましたら下 [続きを読む]
  • 夜空と水面に開く大輪 内灘花火(20180729撮影)
  • 内灘の花火大会の様子です。残照の夜空に花火が開くと同時に河北潟の水面にも大輪の花が咲きます。同時に遠くに金沢の花火も見られるという贅沢な場所です。風が弱く水面に花火が写りますが煙が漂いました。画像処理ソフトSiriusCompで比較明合成しています。撮影:2018年7月29日これ、いいかもと思われる写真がございましたら下のバナーをポチっとお願いします。更新の励みになります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 手作り人形が揺れる 松波人形キリコ祭り(20180728撮影)
  • 能登町松波で開催された松波人形キリコ祭りに出掛けました。この祭りはキリコの上に歴史上の名場面や昔話の人形を住民の手作りで制作し飾る珍しい祭りです。それを皆さんが担ぎ上げ町内を練り歩きますが、キリコが揺れると人形が躍動します。9基の人形キリコこの日は生憎、あの大きな被害をもたらした逆走台風の影響もあり花火は中止、夜の乱舞も縮小されました。被害に遭われた皆様の健康と早期の復旧をお祈りいたします。撮影: [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 最終 別山から油坂の頭(20180725撮影)
  • 7月23日から25日まで白山南竜ヶ馬場でテント泊をして、朝焼け、夕焼け、百花繚乱の花々を眺めた山歩きの記事も今回が最終です^^今回は、別山から御舎利山に寄り道して油坂の頭までの花や景色になります。チングルマの実と御舎利山へ続く道白い花の蜜を吸う蜂御舎利山から白山展望・・・も、ガスが濃くなってきました^^尾根伝いに戻ります。ミネズオウ白い大きな花はチングルマハクサンイチゲハクサンイチゲの群生チングルマ [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 別山平のニッコウキスゲと池(20180725撮影)
  • 別山を後にして別山平へ急降下します。別山から直下の別山平は、往復だけで1時間強かかるのですがどうしても見たい景色があったのです。で、見たかったのはこれ。白山、別山を背景にしたニッコウキスゲなのですがギリギリ間に合った感じです^^ネット情報ではこの日の10日前がピーク情報でした^^;ちょっと時間を戻して別山から別山平へ降りる途中の風景青紫が鮮やかなタカネマツムシソウ別山平から別山を仰ぐ白山とニッコウ [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 油坂の頭から別山までお散歩(20180725撮影)
  • 星景、ご来光を楽しみ別山まで尾根伝いにお散歩です。今回は30枚の写真をアップしましたのでお時間のほどよろしくです^^百花繚乱の花々を眺めながらお散歩です。切れ落ちた岩肌とニッコウキスゲやイブキトラノオ様々な花が咲く・・・お花畑白山と白山釈迦岳天池7月2日に訪れたときは、厚い雪に覆われていたけど、雪の欠片すらなし。でも、水が少ないな〜こちらでもハクサンコザクラの群生イブキトラノオ林立この辺で見かけた花 [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 油坂の頭から星景とご来光(20180725撮影)
  • 3日目の夜中、テントを抜け出し油坂の頭へ向かいます。この日の月の入は午前2時半。満月3日前ですが煌々と輝いています。月が沈むのを待て天の川。魚眼レンズで中央下が白山なのですがパッとしませんね。さらにピントが^^;短い時間ですが記念に星ぐるぐる。そうこうしている間に星が消えて北アルプス方面が焼けてきました。左端が白山御前峰で、2枚横合成パノラマ白山シルエットと暗闇に浮かぶコバイケイソウ盛大に伸びる朝焼け [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 燃え上がる夕焼け雲(20180724撮影)
  • 二日目、南竜庭園からの燃える夕焼け雲です。躍動する雲海オレンジの夕焼け日が沈むとオレンジから赤へと彩を変えていく燃え上がる夕焼け雲北方向にも長く伸びる夕焼け雲絶景!絶景!・・・拝みたくなる景色テント場に戻りますが、未だ焼けている。撮影:2018年7月24日これ、いいかもと思われる写真がございましたら下のバナーをポチっとお願いします。更新の励みになります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 エコーラインの花々(20180724撮影)
  • 続きです。御前峰から室堂へ下りて11時からの軽食を頂きます。生ビールとカレーライス^^室堂の影でまったりしていると夜中から歩いたこともありコックンコックンとうたた寝^^さぁ、テント場に戻りましょ・・・エコーラインで戻ります。弥陀ヶ原を歩いていると遠くから30人くらいの団体さん・・自衛隊の皆さんでした。いつもお世話になっています、と見送る。御前峰とハクサンコザクラハクサンコザクラが斜面いっぱいに咲い [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 御前峰と石畳の花々(20180724撮影)
  • 続きです。お池巡りの後、御前峰を目指します。御前峰に着きました。写真は、御前峰標柱と記念撮影しているお二人を魚眼レンズで撮影。御前峰からの眺めです。別山と赤い屋根の室堂の建物群。登山客も見えます。魚眼レンズで・・・白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)奥宮手前御前峰の大きな岩と大汝峰、剣ヶ峰。前記事のコバルトブルーの紺屋ヶ池が見えます。同じく手前御前峰の大きな岩と大汝峰、剣ヶ峰。人を入れたので岩の大 [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 美しいお池めぐり(20180724撮影)
  • 白山のんびりテント泊、まだまだ続きます^^今回は、御前峰登頂は後にして、5つのお池巡りの写真になります。お池めぐりに向かう途中、御前峰とハクサンコザクラ。今年はハクサンコザクラの群生が至る所で見られます。コバイケイソウも素晴らしい。千蛇ヶ池はスプーンカットもどきの厚い雪の下。血ノ池と剣ヶ峰、手前はオンタデ。右は御前峰、左は剣ヶ峰・・・荒々しい岩稜雲の量が自分好み^^7つある池で一番大きな翠ヶ池この [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 彩雲と幻日(20180724撮影)
  • 続きです。北アルプスの朝焼けを堪能し室堂へ向かった写真になります。コバイケイソウと残雪が輝く朝。朝日の上方の雲が・・・彩雲です。特にグリーンが美しい彩です。塗ったわけではありません。上方の雲も広く彩付いています。何と神秘的なんでしょう〜彩雲と同時に右に幻日も現れます。左には現れませんでした。中央に、槍、穂高、幻日の下に乗鞍・・・コバイケイソウイブキトラノオロード魚眼レンズで別山上空の雲御前峰とコバ [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 二日目の朝焼け(20180724撮影)
  • 二日目は、南竜ヶ馬場テント場から真夜中に展望歩道を歩き、北アルプスの朝焼けを楽しみその足で室堂に向かいます。休憩後、御前峰直下のお池巡りをして御前峰登頂。室堂でビールと昼食を頂きエコーラインを歩いてテント場に戻りました。テントの中から北方向を撮影^^満月5日前の月明かりが左の低い位置からテント場を照らしますが、上空は満天の星が輝いています。月はこの日午前2時前に沈むので北アルプス展望台に向かいます [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 一日目の夕焼け(20180723撮影)
  • 続きです。テント場で軽く夕食をとって100mほど離れた南竜庭園からの夕焼けを楽しみます。庭園にはイワイチョウが一面に咲き誇っています。雲海の向こうに夕焼け雲真っ赤な夕焼けとブルーモーメント左上に一番星続きます撮影:2018年7月23日これ、いいかもと思われる写真がございましたら下のバナーをポチっとお願いします。更新の励みになります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 白山のんびりテント泊 百花繚乱(20180723撮影)
  • 7月23日から25日まで2泊3日、白山の南竜ヶ馬場にテントを設営し、のんびり白山を歩いてきました。目を見張る夕焼け、朝焼け、満天の星空、足元に広がる百花繚乱の花々とカメラのメモリーが一杯になるほど撮影しました^^数日にかけて写真をアップいたします。いつもの別当出合登山口から南竜ヶ馬場野営場を目指します。テント道具や食料などいつも以上に重いザックを背負ってるのでカメラはザックに納めたままでしたが、南竜分岐 [続きを読む]
  • どでかい山車を曳く 燈籠山祭り 3-1(20180720撮影)
  • 7月20日と21日、能登半島珠洲市で開催された燈籠山(とろやま)祭りへ行ってきました。春日神社の祭礼で、特色は榊神輿といわれる豪華な台車の上に高さ約16メートル、重さ約5.5トンもの人形が据え付けられたものが2台町中を引き回されます。1日目、1日目の花火、2日目の様子を3つの記事に分けてアップします。撮影:2018年7月20日これ、いいかもと思われる写真がございましたら下のバナーをポチっとお願いし [続きを読む]