tuyosi さん プロフィール

  •  
tuyosiさん: 気の向くままに・・本紹介
ハンドル名tuyosi さん
ブログタイトル気の向くままに・・本紹介
ブログURLhttp://enjoyrelax.seesaa.net/
サイト紹介文本を紹介するブログです。 本をたくさん読もう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/11/03 17:19

tuyosi さんのブログ記事

  • 最高の自分になる9つの行動2
  • 日本一のコンサルタントが勧める習慣なれる最高の自分になる9つの行動 - アメリカに留学してある日、気づいたのです。これではアメリカでは認められないということです。アメリカ人は、自分というものを、良い意味でも悪い意味でも大事にします。もちろん立派な大学や立派な組織に属していることも評価されますが、その中で、自分は何をしたのか、どういう貢献をしたのかということがより大切なのです。日本人は、どこの学校を出た [続きを読む]
  • 進化する強さ2
  • 進化する強さ (一般書) - 40歳を越えて世界で戦う私は、「どうしてそんなに頑張れるのですか?」とよく人に聞かれます。頑張っているという実感はなく、好きなことをして人生を楽しんでいるというのが正直な気持ちです。テニスを始めた6歳の頃、ボールを追ってコートを走るだけで楽しかった。18歳でプロになって、憧れのグランドスラム(世界四大大会)にも出場を果たしました。夢がどんどん叶い、世界ランキング4位までのぼりつ [続きを読む]
  • 価値ある生き方2
  • 生きづらい時代だから「生き方」を学ぶ価値ある生き方/井上裕之【1000円以上送料無料】 - オンライン書店 BOOKFAN「どんな仕事に就いたらいいのでしょうか」「やはり医学部に行くことが、 善き人生を歩む道なのでしょうか」若者たちにそう問われたとき、私は言葉を失います。「これがいいんだ」と自分が思えるものが見つからないのです。安易に医学部に行きなさいとは言えません。確かに私の時代には、医学部さえ卒業すればなん [続きを読む]
  • 幼児化する日本は内側から壊れる
  • 人々の知的な退化が進んでいる幼児化する日本は内側から壊れる/榊原英資【1000円以上送料無料】 - オンライン書店 BOOKFAN私は2007年に刊行した「幼児化する日本社会」(東洋経済新報社)という本で、日本社会に思考の退化・人間の幼児化が起こっているのではないかという危惧を述べました。世の中の出来事を一方的に白だ黒だと決めつけて、黒を痛めつけたり、単純な犯人探しをするーそうした行動が非常に目立っているのではない [続きを読む]
  • 年収1億円思考2
  • 年収1億円思考 一生かかっても知り得ない [ 江上治 ] - 楽天ブックス私はFPとして、個人年収1億円を超える方々50名を中心に、およそ1千名あまりのクライアントを抱えている。有名プロスポーツ選手から経営者まで、その顧客層は幅広い。ほとんどが、独立して7年の間にお付き合いさせて頂くようになった方々である。顧客の多くが、企業経営者である。それも創業社長が圧倒的に多い。サラリーマン社長はほとんどいないし、2代目 [続きを読む]
  • 負けを生かす技術2
  • 負けを生かす技術 (朝日文庫) [ 為末大 ] - 楽天ブックス有名なアスリートといえば、勝利のシーンが思い浮かぶ、という人も多いかもしなれない。しかし実際は、多くのアスリートが多くの負けを経験している。たとえ優れた能力があったとしても、勝ちを永遠に続けられるわけではない。成功をし続けられるわけでもない。もとより、勝ち続けることで今までやってきたのでもない。勝ちや成功の裏側には、多くの負けや失敗が潜んでい [続きを読む]
  • 最高の自分になる9つの行動
  • 日本一のコンサルタントが勧める習慣なれる最高の自分になる9つの行動 - アメリカに留学してある日、気づいたのです。これではアメリカでは認められないということです。アメリカ人は、自分というものを、良い意味でも悪い意味でも大事にします。もちろん立派な大学や立派な組織に属していることも評価されますが、その中で、自分は何をしたのか、どういう貢献をしたのかということがより大切なのです。日本人は、どこの学校を出た [続きを読む]
  • 遊ばない社員はいらない
  • 仕事の成果は楽しんだ時間で決まる!遊ばない社員はいらない - 人生の約4分の1を占める「仕事」という時間。意識しなければ平々凡々と過ぎていく時間だが、それだけではつまらない。どうせなら仕事も人生の大事な一部、いや一部ではなく、ごちゃ混ぜだ。これは仕事、これはプライベートなどと、さもON、OFFで分けたりするからつまらない。人生はずっとONだ。仕事は辛い、苦しいがつきものだ。しかし、そんなもの次に訪れ [続きを読む]
  • 断言しよう人生は変えられるのだ
  • 断言しよう、人生は変えられるのだ。 - 多くの人は、人生を変えたいと思っている。しかし、不思議なことに、多くの人が自分の人生を変えるのは難しいと考えている。私もその一人だった。今のままではいけない。新しい人生を切り開きたい。心から渇望し、もがき苦しんだ時期も何度かあった。だが、安心して欲しい。結論からいうと、人生を変えるのは難しいことでもなんでもない。必要なのは、少しばかりの勇気と、ほんのちょっとし [続きを読む]
  • 凡人サラリーマンの逆襲!
  • イケてない僕らの脱却凡人サラリーマンの逆襲!―イケてなかった僕らが「資産1億円」と「自由な生活」を手に入れた方法 - あなたは35歳。既婚。妻1人。子供が2人。そして・・・大企業に勤めている。まわりの派遣社員と比べて、とても安定している。そんなあなたに問いかけたい。もしかして・・「このまま、安泰が続く」って思っていませんか?自信を持って「YES!」と言えるあなた。この章を読み飛ばしてかまわない。では・・・ [続きを読む]
  • 決める
  • 人生は「決断」でできている決める - 過去12年にわたって、企業の重役をはじめ、高校生以上の様々な年代や立場の人に伝えてきた内容をまとめたものである。仕事のうえであれ、自分の人生であれ、良いほうへ向かって舵を取る人は誰もが「リーダー」である、ということを伝えるのが本書の趣旨だ。この本を通じて、みなさんの仕事やプライペートを良くする手伝いをしたい。だから、「心から求めていることを基準にして、 より良い「 [続きを読む]
  • 進化する強さ
  • 進化する強さ (一般書) - 40歳を越えて世界で戦う私は、「どうしてそんなに頑張れるのですか?」とよく人に聞かれます。頑張っているという実感はなく、好きなことをして人生を楽しんでいるというのが正直な気持ちです。テニスを始めた6歳の頃、ボールを追ってコートを走るだけで楽しかった。18歳でプロになって、憧れのグランドスラム(世界四大大会)にも出場を果たしました。夢がどんどん叶い、世界ランキング4位までのぼりつ [続きを読む]
  • 福沢諭吉思考術3
  • 福沢諭吉思考術ーーーーーーーーーーーーーーー著者 岩田規久男1942年生まれ。66年東京大学経済学部卒業。73年同大学院経済学研究科博士課程修了。上智大学経済学部教授等を経て、現在、学習院大学経済学部教授。主な著書は「土地と住宅の経済学」「金融政策の経済学」「金融入門」「デフレの経済学」「デフレと超円高」などーーーーーーーーーーーーーーー少し紹介◇価値の多様化が進歩をもたらす^^^^^^^^^^^^^^^ [続きを読む]
  • 10年後後悔しない君へ2
  • 求められ続けられる人であるために10年後を後悔しない君へ [ 藤巻 幸大 ] - 楽天ブックス10年後に笑っているか、後悔しているか?それは、今のあなたがどう生きているかにかかっている。就職した伊勢丹では、80名いた同期の中で、出世はかなりの落ちこぼれ。でも仕事は楽しくてしかたがなかった。30代になる直前、アメリカの高級デパート、バニーズニューヨークに出向すると、自分はファッションの最先端にいるという自惚れが生ま [続きを読む]
  • 卒業
  • 卒業 [ 重松清 ] - 楽天ブックスーーーーーーーーーーーーーーーー著者 重松清1963年岡山県生まれ。出版社勤務を経て執筆活動に入る。’91年「ビフォアラン」でデビュー。’99年「ナイフ」で坪田譲治文学賞を、「エイジ」で山本周五郎賞を受賞。2001年「ビタミンF」で直木賞を受賞。著書は他に「日曜日の夕刊」「きよしこ」「流星ワゴン」「疾走」「送り火」など多数。ーーーーーーーーーーーーーーーー本書構成1章 まゆみのマ [続きを読む]
  • 10年後を後悔しない君へ
  • 求められ続けられる人であるために10年後を後悔しない君へ [ 藤巻 幸大 ] - 楽天ブックス10年後に笑っているか、後悔しているか?それは、今のあなたがどう生きているかにかかっている。就職した伊勢丹では、80名いた同期の中で、出世はかなりの落ちこぼれ。でも仕事は楽しくてしかたがなかった。30代になる直前、アメリカの高級デパート、バニーズニューヨークに出向すると、自分はファッションの最先端にいるという自惚れが生ま [続きを読む]
  • 負けを生かす技術
  • 負けを生かす技術 (朝日文庫) [ 為末大 ] - 楽天ブックス有名なアスリートといえば、勝利のシーンが思い浮かぶ、という人も多いかもしなれない。しかし実際は、多くのアスリートが多くの負けを経験している。たとえ優れた能力があったとしても、勝ちを永遠に続けられるわけではない。成功をし続けられるわけでもない。もとより、勝ち続けることで今までやってきたのでもない。勝ちや成功の裏側には、多くの負けや失敗が潜んでい [続きを読む]
  • 年収1億円思考
  • 年収1億円思考 一生かかっても知り得ない [ 江上治 ] - 楽天ブックス私はFPとして、個人年収1億円を超える方々50名を中心に、およそ1千名あまりのクライアントを抱えている。有名プロスポーツ選手から経営者まで、その顧客層は幅広い。ほとんどが、独立して7年の間にお付き合いさせて頂くようになった方々である。顧客の多くが、企業経営者である。それも創業社長が圧倒的に多い。サラリーマン社長はほとんどいないし、2代目 [続きを読む]
  • 夢をかなえるゾウ3
  • 累計280万部突破のベストセラー第3弾 ブラックガネーシャの教え夢をかなえるゾウ3 - ーーーーーーーーーーーーーーーーー著者 水野敬也1976年愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。処女作「ウケる技術」がベストセラーに。著書「夢をかなえるゾウ」「夢をかなえるゾウ2」「人生はワンチャンス!」「人生はニャンとかなる!」「4つの話のクローバー」「雨の日も、晴れ男」「大金星」など。また、恋愛体育教師・水野愛也として [続きを読む]
  • 価値ある生き方
  • 生きづらい時代だから「生き方」を学ぶ価値ある生き方/井上裕之【1000円以上送料無料】 - オンライン書店 BOOKFAN「どんな仕事に就いたらいいのでしょうか」「やはり医学部に行くことが、 善き人生を歩む道なのでしょうか」若者たちにそう問われたとき、私は言葉を失います。「これがいいんだ」と自分が思えるものが見つからないのです。安易に医学部に行きなさいとは言えません。確かに私の時代には、医学部さえ卒業すればなん [続きを読む]
  • 「とりあえず生!」が儲かる理由3
  • 飲食店の不思議な算数「とりあえず、生!」が儲かる理由 飲食店の「不思議な算数」2 (セオリーBOOKS) - 「お店はいくらあれば出せるのか?」「そもそもお店は儲かるのか?」「あのお店のオーナーの収入はいくらか?」など、日頃みなさんが疑問に思ったり、興味を持ったりすること、開業希望者がとても知りたいこと、すでにお店をやっている方からの質問や悩みについてお答えさせていただいています。1冊目が世に出たあと、多くの方 [続きを読む]
  • ゲーミフィケーション2
  • ゲームがビジネスを変えるがビジネスを変える - ">ゲーミフィケーション―がビジネスを変える - 「ゲーム」がビジネスの世界や社会にどのようなインパクトをもちうるのかについて1個の世界観を示したいと思う。2011年8月、様々なテクノロジーの隆盛などについて調査するオーソリティー(権威)であるガトナー社が、注目すべき大きなテクノロジーの1つとして「ゲーミフィケーション」という概念を選んだ。ゲーミフィケーションは [続きを読む]
  • 反逆のススメ2
  • 模範解答より大切なこと反逆のススメ - 私は生涯を通じて「いい子」とは無縁の行いばかりしている。初めて文章を投稿したときは、お金がないので父親の切手を盗んだ。作文の内容をもっとおもしろくするために、学校で起こってもいない出来事を創作して書いたりもした。壁を乗り越えて映画館に忍び込み、館長につまみ出させたこともあった・・。思い起こせば、こうした「分別のない」「大人気ない」決断や行動の1つひとつが、今日 [続きを読む]
  • どうしてそんなにおバカなの?3
  • どうしてそんなに“おバカ"なの? - 2000年代の終わり頃、ダニエル・ゴールマンというアメリカの心理学者が「EQ」という考え方を確立、普及させ、注目を集めました。EQというのは日本では「心の知能指数」と訳されました。ゴールマンが提唱したEQとは、自分と相手の感情をコントロールする能力のことです。”こんな言い方をしたら、 相手が不快に感じるな””こういう手続きを使うと、  相手が面倒くさくなって、 うまく [続きを読む]
  • 真夜中の幸福論3
  • 真夜中の幸福論 - 僕の専門は、いわゆるメディア研究です。けれども、これまでヨーロッパ、アメリカなど各国を転々として暮らし、様々な文化に触れてきた中で、、むしろ「人間はどう生きればいいのか」というような人生に関わる根本的な問いについて、つねに考え続けてきたところがあります。そこで、自分と同世代、あるいはもっと若い世代の人たちと悩みを共有し、一緒に答えを考えていく場はないか?と考えた結果、たどり着いた [続きを読む]