家庭教師のもりた さん プロフィール

  •  
家庭教師のもりたさん: 家庭教師のもりたのブログ
ハンドル名家庭教師のもりた さん
ブログタイトル家庭教師のもりたのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/mcfactory/
サイト紹介文宮城のプロ家庭教師「家庭教師のもりた」のブログです。
自由文「家庭教師のもりた」では、マージンなしの良心的な料金で、森田がお子様の学習指導をおこなうというものです。
指導歴10年以上、公立高校、高専、国立大など合格実績あり。宮城教育大附属中など、進学意識の高い中学校での指導経験、中高一貫校対策の指導経験もあります。
ブログでは、日々のことから教育論、入試情報など、色々発信していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/11/03 23:15

家庭教師のもりた さんのブログ記事

  • 若紫。
  • 古典の若紫の話の内容を説明する際にこんな図を書いた。雑過ぎwwww絵心ないなぁwwww 僕が誠心誠意授業いたします!平日の早い時間ご予約承ります。詳しくは !家庭教師のもりた公式サイト 僕と条件が合わない方は、こちらRainbowへ。選りすぐりの教師がいます!!個人契約なのでいただく料金は1回の紹介料のみ!!個人契約の家庭教師Rainbow公式サイト にほんブログ村家庭教師 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 東北学院大!!
  • 現在、東北学院大を受験しようとしている生徒さんを担当しています。東北学院大は、宮城を中心とした東北地方の学生に人気のある大学。倍率も高く入念な対策が必要です。赤本(過去問)には英語の長文の訳が載ってないので、自分で訳さなければならないのがちょっと大変ですね。。とりあえず、僕は東北学院大受ける子に僕はこう言ってます。英語はとりあえず、原形不定詞It is (人の性質) of O形式目的語完了不定詞関係詞(特にwhos [続きを読む]
  • お知らせてんこ盛り(笑)
  • タイトルのとおり、てんこ盛りです(笑)?空き時間のおしらせこちら月曜の18時半までと、22時以降が追加になりました。ゴールデンタイムではないですが、18時半までなら、部活をしていないお子さんには、受講不可能ではない時間帯ですかね〜。22時以降も、遅いですが、水曜の22時半以降よりはマシかなと(笑)?料金の改定※2018年12月3日の時点でご契約の方につきましては、料金据え置きなのでご安心ください。でも、新しい料金 [続きを読む]
  • 自分も成長。
  • 後期中間テストで、ある中2の生徒さんがなんと英語で98点取ってきた。 Σ(゚д゚;) ヌオォ!?喜びよりもまず驚きの感情を抱きました。もともとこの生徒さん、英語が苦手で定期テスト半分以下の点数だったので家庭教師をつけたいということだったんですが…正直中2の後期は一気に内容が難しくなるんですよね。数学は1次関数や証明といった多くの生徒さんが苦手とする単元のオンパレード。理科は湿度の計算や、電流の計算といった計算がた [続きを読む]
  • 毎年のように受験生に言ってることシリーズ2
  • 僕が毎年のように受験生に言ってることシリーズ。私立高校は2つ受けられるので、1つは確実に受かる高校、もう1つは第一志望の公立高校と同じ位の偏差値の高校を受けよ。宮城県の高校入試において、一般的に私立高校は、公立高校の滑り止めとみなされる場合が多いです。学費の面からでしょうね。とは言え、公立高校入試で万が一のことがあったら通うことになるかもしれない高校。入ったときに後悔しないような選び方は、私立高校で [続きを読む]
  • 毎年のように受験生に言ってることシリーズ1
  • 僕が毎年のように受験生に言ってることシリーズ。公立高校入試 における数学のテストは、第一問第二問ので点数を稼ぐ!第一問、第二問でなんと60点弱点数が取れます。第二問の中には少し難しめの問題もありますがそれでも50点近く取れます。さらに第三問第四問に関しても、それぞれの1、2問目は、ただグラフを読み取るだけとか、三平方の定理等を使った簡単な計算問題である場合が多いです。なので、簡単なところを確実に回答しろ [続きを読む]
  • 肩書に隠された秘密。
  • 僕が家庭教師として向かう「家庭教師のもりた」では、「代表」ではなく「プロ家庭教師」という肩書で今はやっています。 Rainbowでも、昔は代表と名乗っていたことありましたけど、今はこういう肩書です。Rainbowサイトの事業概要にて。 僕ね、今は管理人という肩書でやっております。 代表、って性に合わないんですよね。 なんかの経営本に 「経営者の目的は、利益を増やすこと。お客様を喜ばせるとかうん [続きを読む]
  • 私立高校。
  • そろそろ私立高校の出願締め切りが迫っていますね。公立高校を受験するご家庭にとっては、万が一の時の予防線として、慎重な高校選びを必要とします。私立高校第一に考えることにとってはなおのこと。学力相応かどうかに加え、通いやすさ、進学サポート、学習環境、などなど…いろいろなことを考慮する必要があります。高校選びについてのアドバイスも、もちろんしております。その上で最終的には本人及びご家庭の受けたいところ [続きを読む]
  • いっぱいかな。
  • おかげさまで、水曜日の17時台も埋まりました。空き時間はこのようになりました。こちら もうキツキツですな(笑)なので、もうRainbow教師の方がいいかもしれないですな(^^;)ただ、場合によってはRainbow教師も時間いっぱいかも…その時はすみません。。Rainbowに登録したい方も募集です。大学既卒の方でお願いします。 僕が誠心誠意授業いたします!平日の早い時間ご予約承ります。詳しくは ! [続きを読む]
  • 大学入試のセンター利用について。
  • 私立高校にありがちな話らしいですが、推薦入試を受験する生徒さんや、国公立大を受けずに私立大を受験する生徒さんにも、要は生徒さん全員に、センター試験を受験させることがあるんですよ。一説には、学校の授業でセンター試験対策を行うから、その都合上で…ということもあるらしいです。真偽はわかりませんが。高校にもよるでしょうし。でもね、国公立大を受験しない生徒さんにとっては、センター試験は邪魔でしかないんです [続きを読む]
  • 新規様入りました。
  • 中2の生徒さんのご家庭と、つい数日前めでたく契約を結んでいただけることになりました。(^^)ありがとうございます。誠心誠意頑張ります。中2はそろそろ内容が難しくなってきますからね。数学なら1次関数に証明。英語なら助動詞、接続詞と文法が複雑になっていき、理科は天気はまだ良いのですが、その後に控える計算だらけのオームの法則…また、この時期の生徒さんって、志望校が大まかでも決まってる人ってなかなか少ないですか [続きを読む]
  • さぁ、後期だ。
  • さてもう10月ですね。 二期生の学校では、後期が始まりました。高校生は定期テストの結果が返ってきつつありますが、今までとったことない点数を取ってくるなど、指導の効果が着実に表れており、嬉しく思います。少し前になりますが、中学生の定期テストの結果も、1年生の時以来久しぶりの5教科400点突破を見せた中3生もいれば、350点の壁を超えた生徒さんもおり、結果は上々。僕は頑張るきっかけを与えただけ。頑張るのは生徒さ [続きを読む]
  • どれだけ頑張ったら結果が出るか。
  • どれだけ頑張ったら結果が出るか。 これはいつも考えてしまうことです。 指導する側もされる側も。 それは誰にも分らない。 やってみなけりゃわからない。 でも、やらなきゃ結果は出ないから、やるしかないんですよ。 結果が出るまで、あきらめないこと。 それを大事にして、受験生の皆さんには頑張ってほしいです。 \(^o^)/ その予測のできない、結果が出るまでの期間、お子様の状況に合わせた最良のサポートで全力で支 [続きを読む]
  • だから指導って面白い。
  • ある生徒さんに引き算の繰り下がりを説明した。 僕は小学校のときに上記のやり方で教わっていたので、このやり方で話しました。 隣から10借りてきて、それを21の1に足して11にして、8を引くという考えです。 しかし、生徒さんはまったくピンときていない様子でした。 どうしたらいいかわからず戸惑いましたが、数字を変えた違う問題を解かせたら、僕が教わったやり方と違うやり方でこの生徒さんは教わっていたことがわかりま [続きを読む]
  • 5と6が作る、上手いこと鬼畜な問題。
  • この式を因数分解せよ。 みんな、これ意外に間違う。 かけて6になるのは2と3だからと言って(Xー2)(X−3)とする人、結構いるのよ。 いや、2と3はかけて6にはなるけど、「−6」にはなりませんからwwwwww 正しくは(X+6)(X−1)。 簡単だけど引っかかりやすい鬼畜な問題になっている。 上手くできているなあ。\(^o^)/ 僕と条件が合わない方は、こちらRai [続きを読む]
  • 定期テスト対策とは
  • 中学生は定期テストが終わり、高校生はこれからです。定期テスト対策。それはもうとにかく、学校のワーク等の反復と、わからなかったところの明確化です。一通りワークを解く。間違えた、わからなかった問題はチェックなど印をつける。数時間後でも次の日でも数日後でも、時間をおいたら、印をつけた問題だけをもう一回解く。それでもやっぱり間違えた、わからなかった問題はさらに印を付ける…この繰り返し。根気ですよ。要は。 [続きを読む]
  • ある日森の中…?!
  • 社会科において、立憲改進党と、立憲政友会の区別がつかない生徒さんの前で、即興で大きな隈さん(クマさん)改進(改心)したと語呂合わせを思いつき、生徒さんと盛り上がりました。\(^o^)/※立憲改進党…明治時代の自由民権運動の代表的政党の一つ。1882年から1896年まで存在した。略称は改進党。初代総理(党首)は大隈重信。※立憲政友会…1900年に伊藤博文により旧自由党系の憲政党を吸収して結成された政党。 [続きを読む]
  • 生徒募集!!!!受験生にうってつけかも。
  • こちら僕の予定の最新版です。空き時間ができました。水曜日の、19時より前が空きました。部活を引退して、自宅には早く帰ってこられて17時には授業を受けられるような受験生の方には朗報です!日曜の空き時間も、14時までだったのが、16時までに拡大しました。なので、1つの例ですが、日曜14時から2時間水曜の17時から2時間のように週2回体制で受験対策していくもよし。もちろん週1回のご受講でも承ります。受験までなんとかした [続きを読む]
  • さーせん。
  • 火曜の早い時間、埋まりました。。。 さーせん!! (m´・ω・`)m ゴメン… でも、日曜の午前はまだ空いています!! こちら そんな時間でもいいのでどうにかしたい方、ご連絡くださいませ。 僕が誠心誠意授業いたします!平日の早い時間ご予約承ります。詳しくは !家庭教師のもりた公式サイト 僕と条件が合わない方は、こちらRainbowへ。選りすぐりの教師がいます!!個人契約なのでいただく料金は1回の紹介 [続きを読む]
  • 例えるなら道着ですよ。
  • 学校のワークや、教科書の準拠教材を授業中に使っていると、「こんな難しい問題は学校の定期テストや、宮城県の入試では出ないだろうな」っていう問題を見かけることがしばしばあります。昔の僕なら、こういう問題は飛ばしていました。実際に出そうな問題のみを解かせていました。でも今は、そういう問題も解かせるようにしています。もちろん生徒さんの状況にもよりますが。 出そうな問題ですら解くのがおぼつかない生徒さんには [続きを読む]
  • んなこたない。
  • 何故か僕、頭が良い子向けの家庭教師だと思われることがたまにあります。「ナンバースクールとかのお子さんよく見てるんですよね?」とか、「うちの子じゃ教えがいないですよね」とか…んなこたない(・ω・)ノ確かに、高校生で言えば、ナンバースクールのお子さんだったり、東北大を目指すようなお子さんたったりを教えることもありますが、準進学校や偏差値40代、30代の高校のお子さんを教えることだってあります。大学進学はしな [続きを読む]
  • 先を見据える。
  • 中高生を指導する場合、定期テスト対策がメインとなりますが、では定期テストの範囲だけ勉強してりゃいいのか?と言われたらそうではありません。受験生は、3年間の内容の復習もしなければいけません。受験生でない場合でも、前習ったところの復習や、これから習うところの予習が必要です。家庭教師になったばかりの頃は、定期テストの範囲にならない単元を授業内で扱うのはテスト対策の妨げになると思って避けていました。勿論、 [続きを読む]
  • 終わり。
  • 夏休みもそろそろ終わり。定期テスト対策に本格的に力を入れなければならないところですね!ただその前に、夏休み明けにテストがあるんですよね。定期テストの範囲にはあまり関係ない単元からの出題だけれども、長い目で見れば大事なところ。休み明けテストに対しても、生徒さんによりますがある程度はサポートしていきます。新規生徒募集。こちら僕の予定の最新版です。火曜の早い時間が狙い目です。 僕が誠心誠意授業いたし [続きを読む]
  • 受験生に朗報!!!
  • 夏休みはお盆に差し掛かりました。ご家庭の事情で授業が休みになることもあり、忙しさのピークが過ぎました。でも、休み明けの定期テストに向けての戦いは続きます!そんな中。こちら僕の予定の最新版です。空き時間ができました。火曜日の、18時50分より前が空きました。なんとも中途半端な時間ですが…火曜の授業がそもそも中途半端な時刻でのスタートなので…(笑)でも、部活を引退して、自宅には16時台に帰ってこられるよう [続きを読む]
  • 空き時間の状況。
  • こちら僕の予定の最新版です。予想外なことに、水曜日の22時半が埋まりました。こんな遅い時間でも受講してくださり、本当に感謝です。誠心誠意がんばります。なので、空き時間は増えてはいないです(笑)日曜の午前が現実的ですかねー。σ^_^;さて、いい感じに夏休みが忙しくなってきた。がんばるぞー。 僕が誠心誠意授業いたします!平日の早い時間ご予約承ります。詳しくは !家庭教師のもりた公式サイト 僕と条件 [続きを読む]