マナウヲ さん プロフィール

  •  
マナウヲさん: てんめのながや
ハンドル名マナウヲ さん
ブログタイトルてんめのながや
ブログURLhttp://doteyemf.blog.fc2.com/
サイト紹介文自作羊毛フェルトのキャラクターと、エアープランツ(ティランジア)を紹介がてら上げてます。
自由文かわいい…というより
お間抜けでとぼけたものが好きで
ニードルフェルトのキャラクターはそんな感じのものばかりです(自作と時おり版権もの)。
ティランジアは画像アルバム主体です。
マイペースですがよろしくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/11/07 12:40

マナウヲ さんのブログ記事

  • 赤いあしなが鳥とフェルトの積み木
  • 2018.07昔(2011)何も考えず作っておいたをベースに新しい色のフェルトで巻き直して大体の形は一年くらい前には出来てましたが目と長めの足を付け、やっと納得のいくリメイクになりました。これ、終始イメージとして思い浮かべていたのがゴーリー絵本のキャラクター「Osbick Bird」。本家とは足の長さが半分も足りてないですけど。あのお話、ゴーリーが好きだという以上に、初めて読んだ時から憧れてやまない世界です。 [続きを読む]
  • フルフルをお洗濯
  • 2018.07携帯ハードでモンハンプレイしていた5年前に作ったこちら(1)(2)。個人的にすごく気に入ってずっと飾っていたせいか薄汚れてた感じになっていたので心機一転!まだまだ刺し方が甘かった事もあって真っ白ボディが余計くすんでしまっていたのです。まず、洗ってみる。(羊毛フェルトをクリーニングしたらどうなるかとの実験も兼ねてます)洗剤にはぬいぐるみの洗濯に使っているセスキ炭酸ソーダと重曹で、ぬるま湯につ [続きを読む]
  • 2頭身の仲間たち(2)
  • 2017.06〜底におもしを入れてはみたけど起き上がりこぼしとまでにはいかない連作、4月に上げた「2頭身の仲間たち」の続きです。上にいない仲間たち、ありがたくもあかびらツクリテフェスタでお嫁入りしました。悩みに悩んで選んでもらったり、お目当てを発見し即決で貰われていったのが今でも嬉しく、疲れた時、ふと目をむけてゆるい笑いを提供できたらいいなあ〜と願っております。…と、いうのもこのパンダ。先の地震でブラッ [続きを読む]
  • 両生類のなかま
  • 2018.07(オオ)サンショウウオとカエル・ブラザーズ。両生類が好きです。オオサンショウオは初期に作ってからず〜っと保留していたものから昨年ダークブラウンの羊毛を被せ、尻尾の長さなども少々修正.2017更に今年になってから思い立って、サイズ的に技術が足らず手が回らなかった足の指を追加(極細針でちまちま刺したりボンドを混ぜて強度を出したりしながら)して、6月のあかびらツクリテフェスタに出品するつもりでいたらー [続きを読む]
  • ジャージのシマエナガ
  • 2018.04〜07シマエナガをモデルにしたまんまるいとりさん。近年のシマエナガ推しの気運にあやかって…というよりは3月、ミレージャギャラリーの懇親会上で話が北海道ネタになった時、いまだシマエナガを知らない首都圏の方々に道民の義務wとして、「これがシマエナガ!まんっまるなんです〜」と紹介した話のはずみででした。私自身はブームになるほんの少し前に知って、そういえば散歩コースにいたのかもと思いを巡らせつつも、は [続きを読む]
  • ウッキー↑セカンドライフ↓
  • 2018.05〜07「吸血鬼すぐ死ぬ」のゴールデンライオンタマリンのタマちゃん。先月発売の新刊がタマちゃん大活躍なんで合わせて作ってみましたよ。イベント挟んで完成は発売から一ヶ月遅れたけど、その分単純ながら丸まるさを再現したくてじっくり作ってます。実は一番苦心したのが顔。ちょっと造形的に凹凸つけたら上手くいかなかったので、その上に一層重ねてこの書き割り顔に。通算100話を越えて更にアクの強いキャラクターだ [続きを読む]
  • 君よ知るや南の鳥
  • 2018.04〜06ネットサーフィンしてて見つけたクビワヒロハシ">クビワヒロハシ という南国の小鳥に一目惚れしてしまいました。(名前のリンクは英語版wikiです)見ていただければわかると思うんですが…。全体のバランスと目つきが…小鳥の中でもいそうでいないタイプの、…平たく言っちまうと寸詰りできょとーんとした目とクチバシ、そして羽毛と腹部の全ての色合いに至るまでかわいいんだけど、普通の可愛いものに向けるというより [続きを読む]
  • 念願のあのお方に会いに
  • 3ヶ月ぶりのトーハク!梅雨入りに行って来たので画像が暗い…。(というか今日までの一ヶ月おてんと様数えるくらいしか見てねー…内3つは地元でないここ含めた旅先)ー それは、この旅のほんの前、フォローしていた東博アカウントのお知らせ6月はじめの、企画展の無いこのマターリした時期ならではというか…。梅雨の時期にまさにふさわしいというか…。一年前ここで言っていた「ご開帳の際には是非見に行きたい」が、こんなに [続きを読む]
  • オオトリ様(と、坊ねずみ)
  • 2018.02〜05(オオトリ様) 2017.12(坊ねずみ)4月の追記で予告していた『千と千尋の神隠し』 オオトリ様と坊ねずみ。オオトリ様、あかびら出品の準備の合間ちょこちょことスローペースで作っておりました。毛糸玉でボール状下地を作ってから、買ってはいたけど具体的に何かを作る事も考えずそのままにしていた黄色いアクレーヌ一玉、予測ではこれ一個分で出来ると思ってたのですが、顔立ちや腹回りのバランスを整えていったら [続きを読む]
  • 感謝御礼!あかびらツクリテフェスタ!
  • 先週の土日、北海道赤平市で開催された第2回あかびらツクリテフェスタ(植松電機敷地内)から戻って参りました。出展参加としても初めてのイベントで、ひっじょ〜に緊張しました!小雨がちらついたりもしましたが天候や気温にも恵まれ、のびのびとした広い敷地内で(当方除く)非常にレベルの高い出品の数々に目移りして時間があっという間に過ぎていくー結構各地巡ってきてますが、その中でも掛け値なしでベストのイベントでした [続きを読む]
  • おだやかな目のぶたと豚
  • 2018.05イラストから羊毛フェルト、「おだやかな目のぶた」をベースにもう一体、大きめにして作ってみた豚さんです。まず毛糸でこんな感じに頭・胴体・足を作った後、元の毛糸の色が分からなくなるくらい羊毛フェルトでコーティング。手(前肢)はこの時点で付けます。この状態で袋1つ分をまるまる使い切るも、、まだ、ほっそり!もっと!ふくよかにしたいのでシュクレ羊毛で更に巻いてちょこまか調整…そうしてやっと↓ 完   [続きを読む]
  • 色々咲いてます
  • 今月に入って突如、前回の開花から付いた双子株が仲良く成長していたティランジア・ベルティナ(T.velutina)の片っぽがあれよあれよという間に開花。紅葉から花序が上がって咲いて散るまで20日足らず…。ティランジアでは珍しいサイクルの早さに前回はベストな写真を残せませんでしたが何とか今回は記録を残す事が出来ました…ああ良かった。で、本題です。5月に入ったといえ冷え込むとまだまだ上着が必要なくらい地元は暖かい [続きを読む]
  • 深海のひとだま
  • ゴールデンウイークに入り、先日見る機会を逃したまんま冬を越してた実家録画の年末NHKスペシャル『深海大スペシャル「驚異のモンスター大集合!」』 をだらだら流し見していたら終盤間近で目が釘付けになってしまいました。何アレ!…嘘でしょ?………そこには、私が幼少時から愛してやまない理 想 の 顔 がありました!「マリアナスネイルフィッシュ」!いやホントに冗談かと思ったくらい理想の顔過ぎるんですけど!(Webで [続きを読む]
  • 2頭身の仲間たち
  • 2017.06〜昨年から始めた連作もの。きっかけはここから。オリジナルでもと体の部分にビー玉を入れ、「起き上がり小法師」仕様にしてみました。羊毛フェルトの起き上がり小法師といえば〜このブログを始めた頃くらいに札幌地下歩行空間で入手した雪だるまの起き上がり小法師がシンプルながらもすっごくすっごくすっごく可愛くて素晴らしくって、いざ自分で作るとき、ちょっとそれを頭の片隅に思い浮かべながら進めていたのですが、 [続きを読む]
  • 銀座でぐ〜るぐる
  • 3月初頭の上野公園、一足早くひっそり咲いていた桜の花あ〜もう3週間も経ったのか。日差しは暖かくも白一色冬の世界からの3日間…楽しかったなあ。けど…、先月追記で告知した銀座ミレージャギャラリーでの展示会で上京してました。クリエイターズバンクのイベント告知には、ギャラリーサイトから詳細な交通機関経路に目印となる近隣の建物も入念に載せて、2度目の銀座、悠々自適に楽しむぞお!と意気込んで向かった今回、…… [続きを読む]
  • 三度目は3つ一緒に!
  • 3月はじめ、拙作展示会と美術展見に上京してる間ー昨年の開花から1年ちょっと早く再びブロメリア、フォステレラ・スペクタビリス(Fosterella spectabilis)が開花です。前回の最後に、「もっと大きな群生株目指して!」と書いたのをまさか1年足らずで達成しちゃうとは…。いや〜ホントこの株、購入は冬、置いてたところも比較的寒かったせいもあってか、購入から前々回の、この大きさになるまでが結構長くて、慣れ親しんだティ [続きを読む]
  • みゃあみゃあみゃあ
  • 初期作を打ち直しのねこ三匹2月22日、「猫の日」…が過ぎてから気付いたのですがこれ作ってました。2018.024年前にアップした 「鯛らしき魚を抱えたまゆげ猫」。羊毛フェルト始めたての頃、数色使いに単純ではない形、しかもオプション(魚)付きで完成させた(終盤フェルトが足りなくなって急遽白を入れ、眉毛風のブチ模様に)ー大げさに言ってみれば、「最初の大作」な感じで愛着を持っていた作品です。なので、ブログに上げ [続きを読む]
  • マンドラゴラーズ
  • 2017.06恵庭の 「えこりん村」で購入したフェルトで作ってみた根菜のようせい。過去の「愛のにんじん」 をベースにしてますが、こちらはより「根菜」らしさを出したくてスリム目になっています。頭身バランス的にはぽっちゃりしてる方が好みだけどw。もっと仲間を増やしてく予定だけどえこりん村で手に入ったみたいな自然染め系ONLYの素材でこだわっていこうかと思ってます。ベースタイプの寝転がりくちポカーン座りポーズだいこん [続きを読む]
  • 好き好きまぬけづらのワニ
  • いや〜去年春の開花から鉢増ししたら付いた子株3つが同時に咲きそうなフォステレラ・スペクタビリスと。昨年9月、自作の羊毛の方をメインにした為次に回す事にした現地熱川バナナワニ園の看板ワニ様の数々です…!まさに!聖地なのです!!!熱川駅改札で迎えてくださった看板ワニ様近年Tシャツ化でブレイクした最近のマスコットも(私が行った時にはキッズサイズしかなかった(;д;)遂に今年、スタッフさんの作業着にもなった [続きを読む]
  • 謹賀新年2018
  • 酉年から〜あけましておめでとうございます。昨年は正月を風邪で過ごしましたが、うって変わって今年は健康〜毎年やらかす二日酔いにも無縁なせいか、いまだ正月気分のまま気が緩んでるマナウヲです。2017.09〜12恒例の干支ものは昨年に続いて、アクレーヌを使用。一色のみで非常にシンプルながらチャウウチャウみたいなふっこふっこのわんこを目指し、少しず〜つ少しず〜つフェルトを足しながら見た目以上に時間をかけました!( [続きを読む]
  • 猛禽のヒナ(イスカンダル)
  • メリークリスマース!!!2017.122017年に入ってずーっと構想をあたためてきた猛禽のヒヨコ。モデルはイヌワシのヒナ→ 一昨年(丁度2年前)偶然手にし、あまりの面白さに既刊十数巻を一気買いしたカトウコトノ先生の「将国のアルタイル」、主人公の相棒にしてある意味タイトルロールでもあるオスのイヌワシ・イスカンダルの子供時代なので、実のところ半分は二次創作ですこれ。本編では凛々しく、雄々しく成長した大活躍の犬鷲 [続きを読む]
  • たぬき
  • 2017.11たぬきです。初期の毛糸ものの打ち直しです。写真写りがわりかしまともな左の方が古くて顔を少し動物っぽくしてみたのが右過去作を下地にリメイクしたものとほぼ同様にこれも腕や尻尾のパーツの位置を見直し、全体を太らせつつ引き締めてます。ちょっと独白。私は羊毛フェルトにとどまらず、やってきた事すべてにおいてもの覚えの良くないまさに 「まぬけ」 な人間なのでそこそこやってきたニードル造形も、ようやく、こ [続きを読む]
  • 女王様!!!
  • ティランジア・ローレンティアナ(T.lorentziana) 2013あれ?これまだUpしてなかったのか・・・私のティランジア株の中ではベルゲリー・インカゴールド・アエラントスに次ぐ10年ものの古参の現役、ローレンティアナ(ロレンティアナ?ロレンジアナ?)。画像は近年のですが12〜3年前、植物イベントでその年にだけ出展していた業者さんからサイズと形の美しさに一目惚れして購入。どういう訳かラベルがストレプトフィラになってて [続きを読む]
  • すずめとからす
  • 目つきが凄い事になっているすずめ(2017.5)とカラスの子。すずめは過去作を見直して打ち直したもの(6/6参照)。…目をつぶらにしようとしたらこうなりました。ちゃんと実物参照してスケッチしてリアルなのを目指したんです…私には、これがせいいっぱい。で、カラス(2017.7)です。こちらは数作っているひよこをちょっと成長させた感じで作っています。素材の毛糸のグラデーション入ったダークブルーがまさに 「からすの濡羽色」 [続きを読む]
  • 恐るべき催眠猫
  • 2017.10作中ドラルクの台詞で「エアプランツ並の低燃費」ってあったのでカプトメ(メドゥサの首)と一緒にw前回の吸血デメキンに続き、ボサツ様をアクレーヌで作ってみました。シリアス美男美女が相次いで撃沈する先月発売の新刊も最高でした!鷹揚として優雅な笑みをたたえた顔立ち、ふくよかにして純白のボディ…、誰もが魅了されずにはいられない至高の美猫「ボサツ」様………!…。…。正体は由緒正しい高等吸血鬼も震え上がら [続きを読む]