Frauenversand さん プロフィール

  •  
Frauenversandさん: Insects and Nature
ハンドル名Frauenversand さん
ブログタイトルInsects and Nature
ブログURLhttp://cleopatra.girlfriend.jp/
サイト紹介文私は今日本の福島県に住んでいます。昆虫写真を撮っています。好きです。
自由文09.11.2013にここに登録しました。Insects, Bugs, Beetle, Dragonfly, Grasshopper, Mantis, Leaf Beetle, Butterfly, Wasp, Weevil, Cicada, Caterpillar, Fly, Stag Beetle, Scarab Beetle, Shield Bugs, Longhorn Beetle, Damselfly, Hoverfly, Horse Fly, Ant, Ladybug, Jumping Spider, Spider
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2013/11/09 09:02

Frauenversand さんのブログ記事

  • 4666s
  • Lady Bug たぶん・・・冬眠中だったテントウムシ 4666s 木が枝分かれして、森のほこりや木屑、落ち葉などが溜まっている・・・ そんな場所に潜り込んで眠りながら、冬の間ずっと夢を見ていたテントウムシ。 草むらの中での大冒険、色とりどりのアブラムシが並べられた食卓、素敵な恋の物語・・・。 テントウムシが見た夢はどれもこれも楽しい夢ばかり。dagon_ / Pixabay [続きを読む]
  • 4665s
  • Little Beetle on Twing 森の中のイタヤハムシ 4665s 森の中で何かを探しているイタヤハムシを見て、埼玉県の越谷市に住んでいた頃のことを思い出す。 その頃、学ぶ気力も働く気力も生きる気力も失っていた僕は、その心ばかりでなく金銭的にも貧しかった。 毎朝トボトボ歩いて開店直後のスーパーに行き、 一袋10円と書かれた食パンの耳がいっぱい詰まった袋を買って帰ることだけが日課だった。 常にうつむいて、地面を見つめながら [続きを読む]
  • 4664s
  • Dolycoris baccarum ブチヒゲカメムシについて 4664s 周りのみんなは私がマメ科の植物が大好きだからあずき色をしているんだねって言ってくれるんだけど、 私が注目してほしいと思っているのはあずき色の体とか体毛とかじゃなくて触角なの。 白と黒のまだら模様の触角。それこそが私のチャームポイントなのよ。 かなり前にブチヒゲカメムシがそんなことを言っていたことを思い出した僕は、 雨上がりの草の上に這い出してきたブチヒ [続きを読む]
  • 4663s
  • Mini Leaf Beetle チビルリトビハムシって名前だったらいいのにね 4633s ミニって車はミニだからミニのはずなのに、最近少しでかくなったミニが走ってるのを見かける機会が多くなった。 ほんの少ししかでかくなっていないはずなのに、めちゃくちゃでっかく見えるミニ。 小さくて名前もわからないようなハムシたちがみんなイタドリハムシみたいな大きさになっちゃったのを見ているようで、 とっても不思議な感覚に包まれる。 そんな [続きを読む]
  • 4662s
  • Young Shield Bug まだ幼いクサギカメムシの幼虫 4662s 三つ子の魂百までという言葉を信じて日々鍛錬しているだろう。 まだ幼いというのに見ただけでなんとなく怖そうで、なんとなく強そうなクサギカメムシの幼虫。 それでも全ての天敵を打ちのめすことができないというのだから悲しい話である。 生まれた時は卵の数と同じメンバーで寄り添っていたのに、 日々を重ねるごとに一匹がいなくなり、二匹がいなくなり、三匹がいなくなる [続きを読む]
  • 4660s
  • Melanoplinae フキバッタの悩み 4660s 毎年たくさんのイナゴが佃煮(つくだに)にされている・・・。 ヤバイ!人間が来たぞ!逃げろ!早く逃げないと佃煮にされちゃうぞ!と叫びながら右往左往するイナゴたち。 人間に捕まって佃煮にされることはイナゴが最も恐れていることである。 地獄の釜で茹でられる苦しみ・・・。 そんな釜で茹でられるくらいなら、蜘蛛の巣にからまって、もがきながら死んだほうがマシだというのはイナゴの [続きを読む]
  • 4658s
  • Bee 死んだミツバチ 4658s ついさっきまで生きていたであろうミツバチが死んで草の上に転がっている・・・。 こんな悲しい出来事があっていいのだろうか。静かに横たわるミツバチ。 誰一人として駆け寄る者もなく、誰一人として抱きかかえようとはしない。そして誰一人として泣いていなかった。 森の中はいつもどおりの時間が淡々と流れているだけだった。 もうすぐアリがやって来るだろう。そしてミツバチの体を粉々に噛み砕く。 [続きを読む]
  • 4657s
  • Scarabaeidae 森で見つけたコガネムシ 4657s 地球上の生き物の中には夜の闇の中で生きる道を選んでしまったものがたくさんいる。 我々が眠っている間にも、この地上にはたくさんの生き物がうごめいているのである。 その様子は眠らない大都会よりもはるかに騒がしいに違いない。 コガネムシの仲間にもそんな夜行性の血筋を引き継いで、夜の闇の中でギラギラと目を輝かせているものがたくさんいる。 そんなコガネムシを昼間に見つけ [続きを読む]
  • 4656s
  • Little Longhorn Beetle 森のカミキリムシ 4656s カミキリムシの世界にはなんとかサビカミキリとよばれるものがけっこういるのだが、 そんなサビカミキリのサビは鉄かなんかの金属が錆びて赤茶色になったものが由来になっているのだろうかと思う時、 私は自分の心がさびれてしまったような気になるのである。 やはりサビカミキリのサビは侘・寂(わび・さび)の寂(さび)であってほしいと思う。 ウィキペディアには「寂とは閑寂さ [続きを読む]
  • 4655s
  • There’s something that’s been bothering me. 悩みごとをかかえていた茶色いバッタ 4655s まわりのバッタはみんな緑色の体をしているのに・・・どうして僕の体だけ茶色なんだろう。 草むらの中でそんなことに悩んでいたバッタの子。 その目は今までたくさんいじめられた悲しさで淀んでいるかのようだった。 みんなみんな僕のことをからかうんだ。 茶色いバッタだ!茶色いバッタがいるぞって! どこに行っても緑色のバッタばかり [続きを読む]
  • 4654s
  • Grashüpfer 美しいイナゴ 4654s 小学校も中学校も一クラスしかなくて、ずっと同じ顔ぶれだった。 そんな子供の頃にもらった賞状の中で、いまだに思い出すのがイナゴ採り大会で二位になった時のものだ。 イナゴを見るたびに思い出す私にとっての良き思い出である。 あれから何十年・・・。綾小路きみまろの言葉が心に響く。 自分の人生の砂時計を逆さまにして、夢中になってカブトやクワガタを追いかけていた時代に戻りたいと思う [続きを読む]
  • 4653s
  • Blattkäfer 星になりたいと思っているルリマルノミハムシ 4653s 星になりたい・・・。 テントウムシやルリマルノミハムシのように、その体が丸くなった虫たちは常々そんなことを考えているのではなかろうか。 彼らは夜の草むらの中でじっとしている。 その目に映るたくさんの美しい星たちに憧れを抱いたとしてもなんら不思議ではないだろう。 もしかしたら彼らの目には月にいるうさぎの姿もはっきりと見えているのかもしれない。P [続きを読む]
  • 4652s
  • Ground Beetle 草の上で輝くゴミムシ 4652s このゴミムシはたぶん話をするのがとても上手なんだと思う。 森で見かけたことや聞いたことを面白おかしく話したり、感情豊かに悲しみの思いを込めて話すことができるのだろう。 ゴミムシの話を聞いたたくさんの妖精たちが、時には笑ったり、時には涙を流したり。 紙芝居なんて使われた日には妖精たちの目は釘付けだったに違いない。 ありがとう!とても楽しい話だったわ。 うう・・・。 [続きを読む]
  • 4651s
  • Silphidae あなたが死ぬのを待っているシデムシ 4651s 森の中に入ると、ひんやりとした空気を感じることがあるだろう。 夏の暑い日なんかだと「わあ!涼しい!」なんて言いながら喜んでしまうかもしれないが、 森の中でひんやりとした空気を感じた時は気をつけたほうがいい。 その冷たい空気は地獄の入口から漏れ出た空気だから・・・。 あなたは気付かないかも知れないが、その瞬間、無数のシデムシが草陰であなたのことを見つめ [続きを読む]
  • 4650s
  • Green Shield Bug Nymph ヘリカメムシの幼虫 4650s ホシハラビロか単なるハラビロか・・・そんな感じのヘリカメムシの幼虫を見つけたら、 葉っぱさん!こんにちは!と声をかけてみるといいだろう。 きっと何匹ものヘリカメムシの幼虫が嬉しそうな顔をしながら手を振ってくれるはずだ。 どんな昆虫にもその昆虫なりのプライドがあるように、 このヘリカメムシの幼虫にもヘリカメムシの幼虫なりのプライドがある。 そんなヘリカメム [続きを読む]
  • 4649s
  • Glückskäfer かわいらしいテントウムシを見つけたよ 4649s ヨーロッパの一部の街では新年の贈り物に幸福をもたらすテントウムシを贈ったりすることがあるという。 と言ってもここでいうテントウムシは飾り物のテントウムシという意味であって、本物のテントウムシではない。 そんな中、ある一人の男が実際に本物のテントウムシを贈ることを決意する。 彼は信じていたのである。 テントウムシの飾り物なんてまやかしだ。命を宿し [続きを読む]
  • 4648s
  • Vespinae ハチに刺されたら死んじゃうよ 4648s このハチはけっこうでかかった。そして、その体からは近づけばヤバそうってオーラがばんばん出ていた。 破壊と殺戮の象徴みたいなもんだから、下手にちょっかい出せば間違いなく殺される。 死を準備する余裕なんて与えられない。 襲われたら終わり。 うわああ!と言って気がついた時には三途の川の向こう側だよ。 森の中では熊よりも出会う確率が高い。 スズメバチ系のハチには用心す [続きを読む]
  • 4647s
  • Marienkäfer キュートな瞳のナナホシテントウ 4647s そのキュートな瞳に魅せられて、誰もがかわいらしい昆虫の代表と認めているテントウムシ。 そんなテントウムシの中でもナナホシテントウは別格である、 その姿は幸運をもたらすシンボルとして世界中の人々に愛されているのである。 しかしながら地球上に住む全ての生き物がナナホシテントウを愛しているかといえば、決してそんなことはないのである。 ナナホシテントウのことが [続きを読む]
  • 4646s
  • Ghost Insect 前脚のないエダナナフシ 4646s いつもと同じエダナナフシのように見えて、何かが違うというか、変に引っかかるものを感じたので拡大してみると、 案の定、前の足を失ったエダナナフシであった。 かわいそうに・・・。 今は元気そうに踏ん張っていても、前の足を失った影響でその死期が早まってしまうに違いない。 こんなふうに体の一部を失ったり、自分の力で動けなくなっても誰も助けてくれない。 それが自然の掟だ [続きを読む]
  • 4645s
  • Plant Bug Nymph 謎に満ちたカメムシの幼虫 4645s サシガメの幼虫ではないだろう。カスミカメの幼虫でもないような気がする。 ちょっと細長い感じの体なのでナガカメムシか、あるいはマキバサシガメか・・・そこのところが微妙なカメムシの幼虫。 強引なまでに触角を折り曲げて、せっせとお手入れしているくせに背中にいるダニには気がつかない。 そんなマヌケぶりが愛らしい。 その名前もその行動も謎だらけの小さなカメムシの幼 [続きを読む]
  • 4644s
  • Yellow Butterfly 妖精のような黄色いチョウチョ 4644s ほのかな黄色で彩られた体が妖精のイメージにぴったりといった感じの黄色いチョウチョ。 そんなチョウチョが目の前の葉っぱに静かに舞い降りる。 その周囲を本物の妖精たちが楽しそうに飛び回っている姿がはっきり見えた・・・ような気がした。 でもやっぱりそんな気がしただけで会えなかった。 すぐ近くにいるような気がしたのに会えなかった。 いつもいつも心の中で妖精の [続きを読む]
  • 4643s
  • Beautiful Fly ヤチバエという名の綺麗なハエ 4634s その昔、京都の商人の家で下女として働いていた「たま」という女性が、死んだ後にハエになって現れたと言われている。 ハエになって自分が働いていた家に戻ったたま。 当然家の人達はそんなことは知らないので、やかましいとばかりにそのハエを追い払おうとする。 だが、そのハエはしつこくまとわり付くかのように飛び回って、どこにも行こうとしない。 追っ払っても、追っ払っ [続きを読む]
  • 4642s
  • Blatthornkäfer 森のコガネムシ 4642s 砂浜で見つけた貝殻が宝物になったこともあるし、川原に転がっていた小石が宝物になったこともある。 森の中で拾った木の実だって、ずっとずっと大切な宝物だった。 そんなふうに自然の中には僕の心をときめかせる宝物がいっぱいだ。 灰色の目をしたコガネムシの写真も僕にとっては大切な宝物。 今日は特別にいいことを教えてあげる。 このコガネムシは知ってるんだよ。自分たちの体を綺麗に [続きを読む]
  • 4641s
  • Ohrwürmer 森の中の死刑執行人・キバネハサミムシ 4641s キバネハサミムシはハネカクシのような羽を持っていて飛ぶことができると聞いたことがある。 本当なのだろうか。 こんな恐ろしいハサミを携えて、本当に飛ぶことができるなら、 キバネハサミムシは森の中に潜む昆虫界の死刑執行人ということになるのではなかろうか。 その昔、ヘロディアの娘・サロメが宴会の席でみごとな踊りを披露し、みなを楽しませていた。 そのことに [続きを読む]
  • 4640s
  • Beautiful Plant Bug 美しいアカアシカスミカメ 4640s スラリと伸びた赤い足を大胆にさらけ出しながら、草から草へと飛び交う姿がまるでバレリーナのようなアカアシカスミカメ。 夏の日差しにやられて、木陰で涼を取っている時にしか会えない不思議なカスミカメである。 無言のまま、静かに繰り広げられるその踊りが私の心を捉えて離さない。 スポットライトのない場所でも、緑色を散りばめた背中が輝いて見えるアカアシカスミカメ [続きを読む]