ケランパ さん プロフィール

  •  
ケランパさん: ぼこぼこ介護
ハンドル名ケランパ さん
ブログタイトルぼこぼこ介護
ブログURLhttp://mav298qq.blog.fc2.com/
サイト紹介文アルツハイマーの母と心不全の父を在宅介護中の長女の日々徒然。毎日更新中。
自由文私ももう還暦を過ぎ、まったりゆったりと介護生活を送っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/11/09 19:32

ケランパ さんのブログ記事

  • 真夜中父を探す母
  • 「おとうさん、おとうさん」と、おかあさんの声真夜中なのに、引き戸がゴロゴロと開く。押し入れにおとうさんが入っているとでも、思っているのだろうか?様子を伺いに行こうか迷ったが、そのまま寝てしまった。昨晩の話だ。誰でも、寝ぼけることはあるが、認知症のおかあさんの寝ぼけ方は、ひと味違う。今朝方は、居間に電気が点いているので、おとうさんが早起きして、血圧測定でもしてるのかと思ったら、おかあさんがお出かけ着 [続きを読む]
  • 久々の休日
  • 私が出品して、入選したアートフエスタに、友達が来てくれた。今回は出品者が多く、私の作品は二階に展示されていた。意欲作が多く、刺激をもらえた。その後、今年新しくオープンした富山県美術館にも足を運び、久しぶりに休日を満喫できた。友よ、ありがとう。その後、銭湯で、汗をながした。久しぶりに、介護の日常を忘れることができた一日だった。 [続きを読む]
  • 私が居るか確認する母
  • おかあさんの認知症は、さほど進行していない様に、見受けられるかもしれないけど、とにかく、しょっちゅう私が在宅しているか確認しに、二階の私の部屋まで覗きに来る。正直、ウザい。しかし、足腰を鍛える手段として、この毎回の階段登りは、重要だとも思う。昨日の朝はコタツに入る際、寝具に足をとられ、転んでしまった。こういうのが、危ない。歩けなくなったら、それで寝たきりになり、介護側の負担も倍になる。そうならない [続きを読む]
  • 趣味は介護予防になるか
  • 昨日書いたGOBO先生の講話の中に、「何か趣味を持つ事で、生活が生き生き活発になりそれが脳の活性化につながる」という一説があった。巷でもよく言われることだ。昔は、身体を動かすのが私の趣味で、それがいつの間にか、お金をもらう仕事になり、残った趣味を思い浮かべたとき、何故かバレエではなく、絵画制作が念頭に浮かんだのは、その前日、新聞に発表された"アートフェスタ"の入選覧に、私の名前が載っていたのを、同席した [続きを読む]
  • GOBO先生の講座
  • 18日、我がFスポーツクラブ"文化祭"に、GOBO(ゴポー)先生が来訪。介護の"ご"と、予防の"ぼう"をつなげた名前で著作もありTVでも活躍しておられる、若い(32歳)イケメンの先生だ。脳トレの、手足動かす実技と、講話。脳トレは、私も仕事に取り入れているので、参考になった。GOBO先生は、全国から依頼があるそうで、さすがにお話が上手である。体操の実技より、もっぱら講話が主であったが、会場には笑いが絶えなかった。認知症の母 [続きを読む]
  • 認知症ファッション
  • おかあさんは、自分では、着替えるという認識がなくなり、うながさないと同じ物をずっと着続けてしまっている。もう、普段着も外出着も、同じで、そのまま布団やコタツにもぐり込んで寝てしまう。かろうじて、デイで入浴はしているようだが、職員の方々に不快な思いをさせているかも。と、少々肩身が狭い。でも基本、ほったらかし。顔を洗う認識も薄れてきているようなので、お湯にひたしたタオルで顔を拭いてもらう程度。自主性が [続きを読む]
  • 冬将軍に戦々恐々
  • 刻一刻寒くなる感じである。雨模様が続いたり、時には雷も鳴ったり。先日、少し遠い場所へ車で出かけなければならず、エンジンをかけようとしたら、なかなかかからない。心配になって、顔見知りのモータースへ行った。案じていたバッテリーは、まだ100%大丈夫だが、オイル交換を長くしていなかったので、入れ替えて、走りも少し持ち直した。買入10年目、走行距離は8万キロをゆうに超え、もう少し乗りたいのだが、この冬の雪が心配 [続きを読む]
  • デイの評価、続き
  • 前日に引き続き、おかあさんの"通所介護計画書"の話。今年H29年、5月〜10月の評価というのが届けられた。その評価に書かれてあった事の話で、おかあさん自身、いつも主治医には「(デイでは)何もしないでだまって座っている。"自由"(イヤミか?)だから」としか答えられなかったのが、そうではない事が判った。おかあさんは、デイ内では割と積極的で、歌やレクリェーションに参加し、友達とのおしゃべりもし、ショッピングやドライブ [続きを読む]
  • 認知症と読書のこと
  • おかあさんは、認知症になりたての頃、読書好きなおとうさんの姿を見て、私も読書をする。と宣言し、おとうさんに何か本をみつくろって借りて来るように頼んでいたことがある。自分で選んでこようという気概もなく、もはや認知機能も低下気味だったのだろうが、せっかく借りて来てもらった本に、難くせだけはしっかりつける傍若無人ぶり。そのうち、ページをただめくっているだけのように見受けられ、何が書いてあるのか聞いても、 [続きを読む]
  • 寿命のことなど
  • インフルエンザワクチンが不足気味という。両親が来週受ける予定なのだが、大丈夫か。予防接種だけでなく、両親は毎月定期的に検診を受けていて、万全の体制なのだが、私は、耳鼻科以外は病院とは疎遠で、入院の経験などは無い。まぁ、丈夫な身体なのは感謝である。両親の世代までは、長寿の人が多かったが、若い世代になるとどうだろうか?若者の体型は劇的に変わり、今までの日本人にはいなかったタイプの肥満の人が、芸人やタレ [続きを読む]
  • 最近自信がない
  • 自動車の運転は、元々あまり得意ではない。よくアクセルとブレーキを踏み間違える話を聞くが、私としては、本当に人ごとではない。さらに、このあいだは、青信号なのに一旦停止してしまい、後続車にクラクションを鳴らされるしまつ。(実はこれ、よくある)片道一時間以上かけてのドライブ等は、段々おっくうになってきて、県下に新しく出来た 美術館へも、興味はあるがまだ行けてはいない。初めての所で仕事をする時は、必ず下見を [続きを読む]
  • 夫婦揃って菊祭りに
  • 珍しく、おとうさんとおかあさんが、一緒におとうさんの運転する車で、近場の"菊まつり"にお出かけだった。この地では、毎年秋に、菊の花の出来映えを競うコンクールを兼ねた展示会と、アトラクションが行われ、菊まつりと称される。賞をもらう菊の花は、ボディビルダーのような風情である。ともかくでかいのだ。まぁ、私は最近は足を向けていないけど、地域毎に区切られた展示コーナーの、"T地区"の菊の展示の背景には、画家だっ [続きを読む]
  • 認知症で不眠症
  • おかあさんは、認知症になるだいぶん前から、不眠に悩み、薬を処方してもらっていた。「まったく眠れないのよ」と、おかあさんが訴えても、私とおとうさんは、どうせ昼間うたた寝をしているのだろう。と、取合わなかった。が、当人が困っているなら、立派に病気が成り立つのである。夜8時ぐらいに早々と床に入り、へたすりゃ9時頃にはもう寝てしまう私には、なかなか共感できなかったけど、認知症になってから、一時、薬を飲んでも [続きを読む]
  • 認知脳の得意分野
  • どんどん冷え込んで来る。認知症のおかあさんは、私が仕事に出る週三日程は、デイに行くのだが、その際、しみだらけの普段着を脱いで、いくらか見栄えのよいものに着替えてもらう。ドレッサーにいくつも外出着はあるが、古い型で、みな女芸人の衣装のような肩パッドが入っていて、少々重く、あまり着心地がよくなさそうだ。それで、軽いフリースの服等少し買って来たのが、ビニール袋に入れたまま、なだれを起こしそうになっていた [続きを読む]
  • もうこよみは冬
  • 最近、私は少し食欲が増している。しかしおかあさんは、あまり食べなくなってきた。特に、朝はあまり食欲が沸かないようだ。デイの連絡帳の、昼食を食べた割合が、完食の10から、時々9に変わってきている。おとうさんは、わりとよく食べている。心不全と言われた当初は、調理の塩分に気を使ったけれど、最近はあまり気にせず作るようになった。現在、私は料理することがめんどくさくなってきた。それで困っています。あまり書く事 [続きを読む]
  • 恍惚の瞳
  • おかあさんにご飯を出しても、なかなか食べようとせず、しばらくこっちを見ている。その表情を説明することばが見つからない。瞳に光がないわけではなく、うつろな空洞と化しているのともちがう、ちゃんとこっちを見ているのに、その表情が読み取れない。何を考えているのかつかめない目をしている。じっとみつめられると、そわそわしてきて、「はやく食べてよ」と、催促する私。あるいは車で帰宅すると、おかあさんが、玄関先に出 [続きを読む]
  • あこがれ
  • それにしてもこの家は広すぎるなぁ。この先、私一人になってから、ここで過ごす自信も薄れてきている。ちゃんとご飯さえ食べていないかもしれない。基本めんどくさがりやが、最近さらにひどくなっているから、この先は危うい。今では、少量ずつ食材を売っているし、鍋のつゆなんかも小分けで手に入るし、弁当なんか、300円未満で買えたりするのも、時代のニーズだろう。ところで、ウチのすぐ側の空き地にアパートが建った。びっし [続きを読む]
  • 幸せを感じる時
  • 秋晴れの5日、各地で"生涯学習フェスタ"やら、"敬老会"やらが、開催された。私は、その堅苦しいネーミングの"フェスタ"で、 30人くらいの老若男女に軽体操を指導(の仕事)。両親は久しぶりに、そろって"敬老会"に出かける。案じていた両親の足は、行きはタクシーを利用。午後、終了時に迎えに行けば良いので、昼は何にも用意しなくてもよかったの〜?。嬉しいわぁー。あれだけ敬遠していたコンビニで、"ハム卵サンド"これ食べたか [続きを読む]
  • キンタロー。すごいね
  • 富山では、金曜日に"中居正広のキンスマ"が放映され、キンタロー。& ロペス(芸人)ペアが、番組内で、競技社交ダンスにチャレンジ、世界大会にまで登り詰めた。私は、その2時間の特番に、終始、釘付けになっていた。今やっている老年バレエとは、当然、比べ物にならない厳しいダンスの練習風景を観て、つい腹筋をした程(笑)。10月マイアミで開催された世界大会で、両氏はアジア初、7位という快挙をなし、一点差で惜しくも決勝は逃し [続きを読む]
  • 不協和音
  • 体操の仕事に行っている、ある体育館で、自分も親の介護をした。という人がいて、案じてくれたらしく、「どう?」と、話しかけてくれた。しかし、その方の介護は2年にも満たず、主治医からは、「これはもう自宅ではアカンから、すぐ施設へ入れる」よう、薦められて従ったという。ウチの認知症のおかあさんは、発症して4年あまり、ずっと要介護1のまま。多分、娘である健常な私が同居してるからで、後10年くらいこのままかも。心不全 [続きを読む]
  • 再び疲れモード
  • 疲れモード。もう長年節約の為に作ってきた昼弁のサンドイッチも、作りたくなくなり、昨日は、仕事の後、気になっていた喫茶店で、懐かしの味ナポリタンスパゲッティを食べた。コーヒーもおかわりした。美味しかった。なのに、帰り道、少し胃がシクシクした。自分で作ったサンドイッチなら、こんなことにはならなかったけど、消化不良。少し内臓が弱っているようだ。ストレスですかね。朝起きたらムクミ有り。体調が良くない。風邪 [続きを読む]
  • 父と古いストーブ
  • 朝、寒かったので古い石油ストーブを出した。おとうさんが点けようとしても、点かない。 その後、寒い中、居間の戸を開けて、ストーブの修理に余念がないおとうさんは、元、高校で機械科の教師をしていた頃のスイッチが入ってしまったようだ。私は、そんなおとうさんの背中を見ながら、もうそのボロストーブは捨てようよ。そして、新しいのを買えばいいのに。と、内心思った。一夜明けて、ピカピカに磨かれたストーブは、でも残念 [続きを読む]
  • 共依存の頃
  • 前に書いた事があるかもしれないが、私は、あるダメダメな友達との関係が"共依存"的になってしまったことがある。(今年3月3日記載)ようは、相手の為に補佐や協力をしているつもりで、自分がそういう行動に依存して、「私が居ないとあの人はダメになる」とか思って、辛いのにかまう事を続けてしまう。そういうゆがんだ関係を、長々辞められず、「NO」がなかなか言えない事に苦しんだ。調べたら、そういう関係は"共依存"らしい。本当 [続きを読む]
  • 三度三度の料理もね
  • 食べ物の添加物は結構気にする方だ。今までコンビニ食とか、スーパーの総菜とかを、あまり食べたいとは思わなかった。が、介護生活に入ってから、コンビニの総菜等出来合いのものもたまに利用するようになった。さすがにまだ、お弁当などには手を出せないが、近くのファミリーレストランに、両親を食事に連れて行くなんて、却って手間なくらいだ。食欲がない時も両親のものは作らねばならず、何を作る気にもならないことは多々ある [続きを読む]
  • まだボケていないよ
  • 「回覧板を持っていったの」と、玄関から戻って来たおかあさんが言う。「え?、よく、持って行けたね」驚く私。「(回覧先で)私とは気づかれなかったみたい」まぁ、痩せたし、ポロポロの見た目ですしね。「私そんな年取ったかな?」と言われ、笑う。「いやもう、年取るのはあたりまえでしょ」一つ気になることが、「おとうさんは、その回覧板を見たのかな?」「おとうさん、どこいった?」逆に聞かれる。「んー畑じゃない?回覧板の事、 [続きを読む]