taka さん プロフィール

  •  
takaさん: 地球LOVE
ハンドル名taka さん
ブログタイトル地球LOVE
ブログURLhttp://hampremium.com/wp/
サイト紹介文地球に感謝、地球LOVE!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/11/10 11:52

taka さんのブログ記事

  • なるように、なれ。
  • Photo by taka (7D)気がつくと早々と11月も中旬を過ぎてしまった。寒波が来ているとか。急に寒くなって厚着しているがそれでも落ち着かない。そんな気候のせいもあると思うけどなんていうか何事に対しても、まったくやる気が起きない。いろんなアイデアは、浮かぶ。が、気力が、足りないようだ。ちょっとやりはじめてそれから、すぐに、やめてしまう。3日坊主なら、まだマシ。3分と続かない始末。今朝も、起き掛けに思いついたこ [続きを読む]
  • 自分で自分を縛っているような
  • Photo by taka (7D)ここのブログを書くときなんとなく、自分なりの手順が決まっている。決まってしまっている、といった方がいいか。何かについて書きたい、と思ってPCに向かうこともあるけれど大抵の場合はなんとなく、何か書きたいと思うだけでテーマがあるわけでもない。そんな曖昧な心持ちで、まず最初にすることは、トップに掲載する写真を一枚選ぶことである。書くことが決まっていないのだからどんな写真を選ぶかも、曖昧で [続きを読む]
  • なぜ、今ここが大切なのか。
  • Photo by taka (7D)久しぶりに、風呂に浸かりながら呼吸中心の瞑想をしてみた。なんとなく、急に、その気になったのである。呼吸しながらの瞑想は「今ここ」に在ることを実感することが出来るもっとも手軽で簡単な方法だと思う。「今ここ」というのは、マインドフルネスな状態ということである。「今ここ」=「マインドフルネス」言い換えれば、心と身体が一体化した状態である。そこに到達するのに、呼吸を意識するのがもっとも手 [続きを読む]
  • Strawberry Fields Forever / The Beatles
  • ザ・ビートルズ 1967年~1970年ビートルズのストロベリー・フィールズ・フォーエバーはぼくの中では、名曲殿堂入りした洋楽のひとつである。音楽という形で存在しているけれど初めて出会った日から、時空を超越してぼくの精神や魂にずっと影響し続けている。ジョン・レノンが何をイメージして作ったのか知らないけれどぼくのイメージするこの楽曲の世界観には憧れの少女に恋するぼくの心持ちが重なる。他人が決めたルールで出来上が [続きを読む]
  • 真夏の音楽活動
  • ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー(紙ジャケット仕様)連日、真夏日の日本である。ちょっと外を歩いただけで汗が流れるほど。そんな真夏の入り口の3連休ぼくは、窓の外の真夏を感じながら涼しげに音楽活動に励んでみた。気の向くままに音楽を聴いたり打ち込みソフト「Logic Pro X」で創作したり。机の周りの模様替えもした。音楽機材を周りに配置したり楽器を弾きながら操作出来るように作業しやすくしたのである。そして、前回の [続きを読む]
  • 待っても待っても / N.S.P
  • N.S.P II少し前、Macbook Proを買ったとき初めて使うMac、ということもあって何となく、遊び心が湧いてきて音楽の打ち込み用ソフト「Logic Pro X」も同時購入した。以前、もう10年ぐらい前になると思うけどヤマハのXGworksという打ち込みソフトを購入しWindowsにインストールして簡単な楽曲を作ったことがある。音楽の打ち込み、という行為はパソコン1台で楽曲を創作出来るとはいえなかなか手間がかかるものである。なんせ、基本的 [続きを読む]
  • ダイヤルまわしてチューニングするんだ
  • Photo by taka (ixy)ふとしたときに、ガロというバンドの古い曲がぼくの脳内を流れていく。「ロマンス」という曲だったかな。1970年代の前半。布団の中でこっそり聴いた深夜放送。ぼくは、まだ、小学生。トランジスタラジオのダイヤルを回しながらチューニングを合わせてると「ロマンス」が流れてきた、みたいなそんな記憶がある。それは現実の記憶なのか脳内で組み立てられたイメージなのか今となってはわからないけれどぼくにと [続きを読む]
  • 自家焙煎の珈琲豆もいいもんです。
  • Photo by taka (7D)これは、ぼくが煎った豆。といっても、撮影の日付をみたらもう、5年ぐらい前だった。通常、珈琲豆は、焙煎されて売られている。だが、生の豆を購入して自分で煎る、という選択肢もあるのだ。生の豆は、焙煎された豆よりもだいぶ安いし、長期保存も効くので毎日のように珈琲を飲む人にはお得でもある。それよりなにより自分の好みの煎り加減で珈琲を飲む楽しさが味わえる。ぼくは深煎りの珈琲が好みなのでまあ、 [続きを読む]
  • しあわせなこと
  • Photo by taka(7D)2月に入ってから、ブログの更新をしてなかった。公私ともに、なかなか、いろいろ、大変だったのである。昨日、やっとゆっくり出来る時間がとれてぼんやり過ごすことが出来た。部屋の中で転がっていたらねこもやってきていっしょにならんで転がった。なんてしあわせなこと。なんか、他にももっと、いろいろ書こうと思ったけれど考えている間に、だいぶ時間が経ってしまった。ぼくに起きていることはとてもたくさん [続きを読む]
  • 爆発した日
  • Photo by taka (7D)今日は、爆発してしまった。仕事場と、自宅で、である。自宅で、爆発は、たまにあるけれど仕事場で、爆発は、久しぶりだ。以前なら、仕事場で頻繁に、爆発していた。相手が大物であればあるほどぼくはせっせと大爆発を起こした。たとえ大企業の部長でもそんなのおかまいなしだった。もちろん、理由あってのことだが。(外注いじめとか。)だが、爆発してもロクなことがないし(たいてい、仕事がなくなる。)それ [続きを読む]
  • 完璧でもそうでなくても答えはおなじ
  • Photo by taka (x2)この宇宙では、無駄なことはなにひとつ起こらないのだという。すべてが必然で起きているという。ほんとうだろうか。原発事故は、必然だったのか。自民党や嘘つきな政治家たちの登場は、必然だったのか。トランプさんの大統領就任は、必然だったのか。殺人事件やいじめ、事故や災害、その他もろもろ防げるものなら防ぎたいと思うことも山ほどある。これら、すべて必然だったのだろうか。2つの想いが浮かぶ。ひと [続きを読む]
  • 不思議な体験をしたようだ
  • Photo by taka (x2)先日、キンズローさんの本のことをこのブログに書いた。あれからも、暇があれば、ちょこちょこ読んでいる。その本に書いてあることを実践していたらちょっとした不思議な出来事が起こった。自分の眼を疑って出来事の結果を何度も確認したが確かに、起きたことのように思える。なんだか、勿体ぶった感じであるが一体何が起きたかはもう少し、確信を得てから書こうと思う。これは、江原さんの本に書いてあったオー [続きを読む]
  • 片道切符の旅に出かけてみるか
  • Photo by taka (x2)旅をしたいなあと思う。一泊二日、のようなものではなくいつか、家に帰りたくなるまで、続けるような旅へ。つい先日まで、この家に帰って来る理由はたくさんあるように思っていたけれど今は、それらについて、案外どうでもいいことのように思えてきた。ぼくが、上京してきて、初めて住んだ家は山手線が通ると揺れる駒込の小さな四畳半のアパートだった。風呂なしで、トイレすら共同のとてもチープな物件だったけ [続きを読む]
  • 東京の人間、岩手の人間
  • Photo by taka (x2)寒い日が続いている。明日は東京でも雪が降るとか降らないとか。それでも内心いつも思うのは岩手の冬に比べたら、どってことない、ということ。子どものころ、東京には空がない、と聞いていた。青い空なんか、見ることが出来ないのだ、と思ってた。ところが、こうして住んでみると岩手にいたときよりも、青空を見る回数は断然多い。空は青いし、冬は暖かいし、ということで上京したてのころは、ちょっとびっくり [続きを読む]
  • よだかの星で泣く日曜の午後
  • Photo by taka (x2)今日の午後、なぜかわからないがとつぜん「よだかの星」を読みたくなって青空文庫(ネット上にある無料の電子図書館)で読んだ。短編なので、あっという間に読み終える。そして、いつものことだが、読んでるそばから、泣けて泣けて。なんだか、そんな日曜の午後。ここで読めます。よろしければ、どうぞ。よだかの星 宮沢賢治(青空文庫)http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/473_42318.html昨日のブロ [続きを読む]
  • 壊れている心を使って、心そのものを直すことはできない。
  • Photo by taka (7D)とても寒い夜である。北日本からは大雪のしらせが。気持ちだけでも春のように、とたんぽぽの綿毛をのせてみました 笑なんとなく心が落ち着かない感じである。ざわざわしてる、というわけでもないがなんだか、重たくて軽やかになれない感じ。年に何回か、こんな感じになる。原因も理由もわからないので今のところ、対処のしようもなくただやり過ごすしかない。やる気とか気力とかそういうのは、ほとんどなくなっ [続きを読む]
  • ヨーダのようだ in 丸の内線
  • Photo by taka (ixy)今朝、仕事場にいくとき地下鉄丸の内線のなかで、ヨーダに似た人を見かけた。ヨーダとは、もちろんあのジェダイマスターのヨーダである。ヨーダのようだ。ヨーダのヨーダ。そう思いながら、ちらちら見ていたらヨーダのような人は国会議事堂前で降りて行った。もしも、国政に参加されている方ならぜひ、暗黒面に堕ちた日本の政治をどうか立ちなおしていただきたいなどと、思いながら、見送った。ぼくは、STARWAR [続きを読む]
  • 碁石海岸の夕陽もみつけた
  • Photo by taka (ixy)昨日、写真を探していたら高田松原の写真を見つけた、という話をしたが今日アップした写真も、同様の副産物である。これは、2003年の大晦日の夕暮れ時に大船渡市の碁石海岸で撮影した写真だ。高田松原は2004年10月のものなのであれよりも更に1年ほど過去の写真である。まだデジタル一眼を持たない頃だ。たった400万画素で手のひらサイズのIXYで撮影した割にはなかなか、綺麗に撮れてる(ひとりごと)この場所は [続きを読む]
  • 漁り火を探していたら高田松原に辿り着いた
  • Photo by taka (ixy)NSPの「漁り火」という歌の話を書こうと思って過去に撮影したイカ釣り船の写真を探していたら震災前の高田松原の写真が出て来て、少し切なくなった。この写真は、もちろん震災前のものだがここに写っている松は、すべてあの大津波で流された。すべて、と言い切れるのはただ一本、残された松があの奇跡の一本松だけだからだ。あとは本当にすべて流されてしまった。写真に写っている石に囲まれた小道も草も小石も [続きを読む]
  • 「オデッセイ」という映画から思った人間についてのこと
  • Photo by taka (7D)火星への有人探査計画をテーマにした「オデッセイ」という映画を観た。年末のWOWOWを録画しておいたものだ。#今日のブログは、少しですが#この映画のネタバレになる箇所があるので#ご注意ください。宇宙飛行士のマークが事故で火星に取り残されてしまうところからこの映画は始まる。NASAは、マークが生存していることを確認し救援に行くまでの時間稼ぎになるように食料など乗せた輸送ロケットを大急ぎで準備 [続きを読む]
  • ぼくがギターをはじめた理由
  • Photo by taka (7D)世間にて、ギターをはじめた理由は女の子にモテたいからです、なんてあちこちで聞く気がするけど、本当だろうか。ぼくがギターを始めた理由はかまやつひろしさんの「我が良き友よ」がきっかけになっている。下駄をならして奴がくる 腰に手ぬぐいぶらさげてあゝ、我が良き友よテレビで観たかまやつさんはめちゃめちゃかっこよかった。長髪でギター一本かかえて淡々と歌い上げるイカした歌。あの頃のぼくは確か、 [続きを読む]
  • NSPを聴きながら、とりとめもなく過去を思い出す
  • Photo by taka (7D)NSPの「線香花火」という曲がある。結構、流行ったと思うのでご存知の方もいらっしゃるかも。この「線香花火」が入っているアルバム「シャツのほころび 涙のかけら」はぼくが中学2年のときに発表された。そんな細かいことは、もちろん覚えてたわけじゃないけれどさっき「線香花火」を聴いていたら中2のときの修学旅行で訪れた本郷の古びた旅館を思い出したのである。一泊して朝、出発のためみんなで玄関の外に [続きを読む]
  • 生命体でなくてもオーラがある理由
  • Photo by taka (7D)ぼんやりとしながらギターが放つオーラを眺めていた。そして、なぜ、生命体でないものまでオーラがあるのだろう、と考えていた。答えは、たぶん、簡単だ。なにもかもが、光で出来ているからということなのだろうと思う。すべて光で出来ている、ということと外側の世界は幻想である、ということが整合性が取れているかどうかはともかくとしてもしかすると幻想の材料が光で実相は、光とは違う何かなのかも。いつも [続きを読む]
  • 不思議なエレベーターの初夢をみた
  • Photo by taka (7D)初夢とは、一体、いつ、みた夢のことを言うのか。それは、子どもの頃から、ずっと気になっていた。元旦の朝にみた夢が初夢としてふさわしい気がするがネットで調べてみたら、諸説あるらしい。昨日、ツイッターでたびたび目撃したのは2日夜〜3日朝にかけて、みた夢という説。でも、1日夜〜2日朝にかけてとか日付は無関係であり、年の初めにみた夢とかなんだか、いろいろであり調べてもはっきりしない。まあ、そん [続きを読む]
  • 月と金星、そして火星
  • Photo by taka (7D)昨日、ちょっとブログでも書いたが夕方、月と金星が接近していたのでしっかりと上着を着込んでベランダに出て、しばし鑑賞した。少し離れた天空側に火星も見える、ということだったのでじっと目をこらして探したら、見つけた。ちょっと露出のバランスが悪いが、撮影も出来た。(下の写真)火星は、左斜め上の方。わかるだろうか。Photo by taka (7D)今は、いろいろな情報があるからこれは金星、あれは火星、とま [続きを読む]