馬なり男爵 さん プロフィール

  •  
馬なり男爵さん: 馬バカ日誌
ハンドル名馬なり男爵 さん
ブログタイトル馬バカ日誌
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/keibaworld-onemantalk_blog/
サイト紹介文予想やPOG、その他諸々の経験を糧に、この度一口馬主としてデビューしました。宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/11/12 12:45

馬なり男爵 さんのブログ記事

  • 今春誕生した3頭のキズナ産駒
  • 第80代日本ダービー馬キズナ。落馬寸前の躓き(前方にいた馬と接触)から立ち直った福永騎手とエピファネイアを、大外から一気に差し切った強烈な末脚は、今尚も鮮明に覚えております。あのトップスピードに乗った折の大きなストライドと軽いステップ。何とか産駒にも分け与えて頂けないでしょうか。今春、マッキー軍団では3頭のキズナ産駒が誕生(牡馬1、牝馬2頭)しました。ホワイトアルバムの17[牝0・杉山晴厩舎]。荻 [続きを読む]
  • 軽くて柔らかいヒッチコックのフットワーク
  • 吉田ステーブルで調教に励んでいるヒッチコック[牡1・中竹和厩舎]に会ってきました。父オルフェーヴル、母ホワイトアルバム、母父クロフネ。馬体重は478?。相変わらず初仔とは思えない好馬体の持ち主。「この時期の育成馬らしい若さこそありますが、大人しくて扱い易い馬です。ただ、これから調教を積んで体力がついてきたら、自分を主張するところも出てくるでしょう。飼い葉をしっかり食べてくれるので、近々坂路での調教 [続きを読む]
  • ロンドンタウンの半妹ロンリーハート、いよいよ本州入り
  • G1チャンピオンズカップ(12月3日、中京・ダ千八?)を目指して調整中のロンドンタウン[牡4・牧田和厩舎]。11/09 栗CW 単走 83.3 67.6 52.9 39.2 12.9 馬なり栗東TCに帰厩したのが7日の火曜日。「思いの外、時計が速くなりました」とは牧田先生。ただ、心拍数のデータ的にはそれほど負担がかかっていないとのことなので、どうやら馬が走りたくて走りたくてウズウズしているようです(笑)。今回は優勝したコリアカップ [続きを読む]
  • 妹よ、焦るでない
  • G1チャンピオンズカップ(12月3日、中京・ダ千八?)を目指して調整中のロンドンタウン[牡4・牧田和厩舎]。11/09 栗CW 単走 83.3 67.6 52.9 39.2 12.9 馬なり栗東TCに帰厩したのが7日の火曜日。「思いの外、時計が速くなりました」とは牧田先生。ただ、心拍数のデータ的にはそれほど負担がかかっていないとのことなので、どうやら馬が走りたくて走りたくてウズウズしているようです(笑)。今回は優勝したコリアカップ [続きを読む]
  • 人馬一体の競馬
  • 一口愛馬ストライクイーグル[牡4・杉山晴厩舎]が東京12Rの3歳上1000万下(東京・ダ二一?)に出走し、後半3F12秒1−11秒9−12秒0の決め手勝負を制して2連勝を決めてくれました!上がり最速はこれで5走連続となります。狭いところを割って出た前走のパフォーマンスからも気力の充実した状態が伝わってきましたが、今回は早々と5番手につけて前を射程圏に入れながら運び、直線で標的を狙い落とすという、理 [続きを読む]
  • 同時期の兄姉よりもトモがパンとしているサンダガ
  • スペシャルワールドの16(牡1・杉山晴厩舎)の馬名が『サンダガ』に決定しました!父名(ヨハネスブルグ=世界一雷の多い街)から連想。RPGゲームでお馴染みのFFシリーズでは、雷属性攻撃魔法の上位に位置付けられています。FF5でオメガと戦闘する折は魔法剣サンダガとか使ってましたねぇ。懐かしい。「春に比べてかなり実が入ってきましたし、どんどん成長していますね。父がヨハネスブルグなので夏競馬でデビューした [続きを読む]
  • 次々と出世するストライクイーグルのライバル達
  • 一口愛馬ストライクイーグル[牡4・杉山晴厩舎]は、引き続きMデムーロ騎手とのコンビで、11月4日の3歳上1000万下(東京・ダ二一?)へ。長距離輸送で前日入りして最終レースまで待機と、是政特別の時よりも待ち時間が長くなる為、数字は減るかもしれませんが、ここ2戦が地元で無理をしていないので、きっと今のイーグル君なら我慢してくれるのではないかと思います。「自分でブレーキをかける面があって乗り難しいもの [続きを読む]
  • ロンドンタウンに本格化の兆し「春とは別馬」
  • 滋賀県のグリーンウッドに滞在しているロンドンタウン[牡4・牧田和厩舎]。移動当初はG1チャンピオンズカップ(中京・ダ千八?)の前に、JBCクラシック(大井・ダ二千?)か、みやこS(京都・ダ千八?)を挟むプランもありましたが、レコード駆けしたエルムSに、初の海外遠征となったコリアカップと、ここ2戦による目に見えない疲労や腱への負荷等を考慮した結果、チャンピオンズカップ1本に絞って調整することになりま [続きを読む]
  • てへぺろデビル&女王様マリー
  • 午前7時30分。名張ホースランドパーク内にある吉田ステーブルへ行って参りました。濃霧注意報が発令されるほどの霧が辺り一帯を覆っていたものの、連日に渡って降り続いていた雨がピタッと止み、時間の経過と共に時折晴れ間が覗くことも。『晴れの国・おかやま』生まれの端くれとしてお天道様に感謝。ただ、流石に馬場は水分を含んでいる為、お馬さん達にとっては走り難い状態だったのではないかと思います。20日の木曜日に栗 [続きを読む]
  • てへぺろデビル&女王様マリー
  • 午前7時30分。名張ホースランドパーク内にある吉田ステーブルへ行って参りました。濃霧注意報が発令されるほどの霧が辺り一帯を覆っていたものの、連日に渡って降り続いていた雨がピタッと止み、時間の経過と共に時折晴れ間が覗くことも。『晴れの国・おかやま』生まれの端くれとしてお天道様に感謝。ただ、流石に馬場は水分を含んでいる為、お馬さん達にとっては走り難い状態だったのではないかと思います。20日の木曜日に栗 [続きを読む]
  • 見えてきた入厩
  • マッキー軍団の2歳世代。リバプールタウン、イマジンピースは休養に入ります。川崎競馬場でワーキングヒーロー、栗東TCでアンジェラがデビューを目指して調教に励んでおりますが、美浦近郊のグロースフィールドに滞在しているミルクアンドハニー[牝2・武市康厩舎]も調教ピッチが上がってきました。前脚の蹄球に古傷があり、それと連動してか、春は鉄を打つとトモに力が入らなくなることがあった馬。また、右前の裏筋が少し腫 [続きを読む]
  • 両馬ともにリフレッシュ放牧へ
  • 先週の2歳新馬(東京・ダ千六?)に出走し、12着に敗れたイマジンピース[牡2・和田雄厩舎]。優勝したヴェルトゥアルから約4秒差のゴールインとなりましたが、まだ骨が弱かったり、関節が緩かったりで、能力をフルに発揮できる段階とは言えないだけに、とりあえず人気より上の着順に来てくれて良かったと思います。また、調教でモタれていた割に、実戦ではそれほどフラフラしなかったとのことなので、体がしっかりしてくれば [続きを読む]
  • 待望のJRA3勝目!馬群を割ったストライクイーグル
  • 一口愛馬ストライクイーグル[牡4・杉山晴厩舎]が3歳上500万下(京都・ダ千九?)に出走し、1着でゴール板を駆け抜けました!通算成績は16戦3勝。いずれもここ京都競馬場での勝ち星で、勝負所の緩やかなカーブと下り坂でスピードに乗り易いのもあってか、余程水が合うようです。元々がズブくて前向きな馬ではない為、阪神コースのように一番しんどい残り200?付近で急な上り坂が待ち受けていたら止めようとするのかも [続きを読む]
  • ハニードント、現役引退
  • 先週の大阪スポーツ杯(阪神・ダ千四?)で10着に敗れたハニードント[牝6・梅田智厩舎]の現役引退が正式に決まりました。今後はロンドンタウンの故郷でもある、新冠町の松浦牧場で繁殖牝馬となる方針です。ちょうど昨日、馬が無事に到着したと連絡がありました。今のところは熱発もなく、元気そうにしているとのこと。通算成績は43戦4勝。1つ勝つのが大変なご時世において、4つも勝ち星を挙げたマッキー軍団の優等生。晩 [続きを読む]
  • 一口愛馬の近況(2017/09/27時点)
  • ◆ストライクイーグル[牡4・杉山晴厩舎]ノーザンFしがらきでの10日間の短期放牧を挟んで帰厩。本日、早速坂路で追い切られ、古馬を後方から追走して52秒6−38秒2−25秒1−12秒7をマークしました。前走は、今まで頼ってきたブリンカーを外しての参戦となりましたが、集中して走ることができたのは収穫だったでしょうし、これだけ現級でいろんな競馬を経験しておけば、上のクラスに昇格してもそれほど戸惑わないの [続きを読む]
  • 3歳世代の今後
  • 今週も出馬投票するも除外の憂き目に遭ってしまったマッキーイマジン[牝3・佐藤吉厩舎]。ここに来てようやく体質がしっかりしてきただけに残念。以前より時計が出る馬場に整備されたとはいえ、この中間も坂路で53〜54秒台をマークし、活発に動き回っているとのこと。春先は飛節に緩さがあって平坦コースでしか調教することができませんでした。ラストチャンスとなる来週のスーパー未勝利への出走が叶わなかった場合は、園田 [続きを読む]
  • ピュアブリーゼの16
  • 2017年度キャロットクラブ1歳馬・第1次募集の結果が発表されました。本年も1世代1頭入魂の精神を貫き、最優先希望枠にピュアブリーゼの16と入力。前年のノヴェレッテに続き、これで牝馬に出資するのは2頭目となります。体高が150?に満たないのにも関わらず、体重が421?。正面から馬体を観察してみると、意外と幅があることに気が付きました。骨格のラインが綺麗で、体の動きに無駄がなさそうなタイプです。母ピ [続きを読む]
  • ロンドンタウン、逃げ切ってコリアカップ優勝!
  • 武豊騎手がグレイスフルリープとのコンビで韓国競馬初騎乗初勝利を収め、歓声が巻き起こるソウル競馬場内。まだコリアスプリント(9月10日、ソウル・ダ千二?)の余韻が残る中、ロンドンタウン[牡4・牧田和厩舎]がパドックに姿を現しました。発表された馬体重は515?(前走比+5?)。原則として、現地ではKRAが手配した飼料、栄養補助食品等を使用する為、匂いに敏感な馬や牝馬はカイ食いが落ちたりしないか少し気に [続きを読む]
  • 緊張しきりだった初の海外渡航
  • 先週末はロンドンタウン[牡4・牧田和厩舎]がコリアカップ(9月10日、ソウル・ダ千八?)に出走するので韓国へ渡航。初めての海外でしたが、もし行くなら競馬関係でと思っていただけに、このような形で実現して感無量です。滞在1日目は緊張しきりでした。まず部屋番号とID(宿泊者の苗字)の入力によって利用できるホテルの無料Wi-Fiがなかなか接続できず、電話の受話器を取ってインスタントサービスに問い合わせてみたと [続きを読む]
  • 引き続き、体調は抜群
  • 韓国G1コリアカップ(9月10日、ソウル・ダ千八?)に向けて、現地で調整中のロンドンタウン[牡4・牧田和厩舎]。09/04(月) 15−15(馬体重526?を計測)09/05(火) スクーリング(レース当日と同じ流れの予行練習)09/06(水) ゲート練習木曜日はソウル競馬場のダートコースにて最終追い切りが行われ、日本馬3頭併せで50秒6−36秒0−10秒7(馬なり)をマークしました。時計から受けた印象通り、ちょっ [続きを読む]
  • 手に汗握った小倉最終週
  • 昨日、小倉5Rの新馬戦(芝千八?)でリバプールタウン[牡2・石橋守厩舎]が無事にデビューを果たしました。まだ良化途上の段階でしたが、何と単勝11番人気の低評価を覆して3着と大健闘!入念に調教して頂いた賜物です。「体に余裕がありましたし、レース前はもう少し締まって欲しいなぁと思っていました。いやぁ、走りますね。これは先々が楽しみです。夏場も休まず乗り込んできたので、一旦放牧に出そうかと考えていたので [続きを読む]
  • 一口愛馬の近況(2017/08/31時点)
  • ◆ストライクイーグル[牡4・杉山晴厩舎]29日の火曜日に栗東TCへ帰厩。馬体重は508?。早速坂路で追い切り、55秒3−40秒9−26秒2−13秒1をマークしました。ノーザンFしがらきで入念に乗り込まれていた分、調教後の息の入りが良く、久々の割に体もスッと動いたそうです。前2走、内田博幸騎手やMデムーロ騎手にビシビシ追われても反抗せず伸びてきましたし、競馬を使いながら少しずつ馬がしっかりしてきてい [続きを読む]
  • 昇級初戦とは思えない差し切り勝ち
  • 本日、別府特別(小倉・芝千二?)に出走したワンアフター[牡4・西村真厩舎]が優勝しました!500万下→1000万下と連勝し、これで準オープンに昇格です。大外枠を引きましたが、道中は無理せず先行集団を見る形で中団外めにつけ、勝負所からジワジワと進出を開始。直線では温存していた末脚を駆使し、昇級初戦とは思えない豪快な差し切り勝ちを決めてくれました。前走より2?軽い斤量。前半3F33秒0−後半3F34秒 [続きを読む]
  • 頭角を現し始めたオルフェーヴル産駒
  • 結果的に6、7月は鳴りを潜めていたということになる新種牡馬オルフェーヴル。8月に入ってから産駒3頭が新馬勝ちを決め、ここに来て一気に存在感が増してきました。ロックディスタウン、レゲンダアウレア、ラッキーライラック。いずれもサンデーレーシングの所属馬です。緩い馬が多くを占める、この時期の2歳馬同士の競馬とはいえ、搭載されているエンジン性能や身体能力の高さで押し切っている印象を受けました。父から非凡な [続きを読む]
  • 一発逆転を狙う兄と基礎体力の強化に励む弟
  • 昨日、アキラ[牡3・吉村圭厩舎]が札幌競馬場に入厩しました。前走後は吉澤ステーブルWESTでのリフレッシュ放牧を挟み、お盆明けに坂東牧場へ移動。黒い毛色ですが、幸い、暑さによるダメージもなく、涼しい環境での滞在でコンディションがアップしてくるのではないでしょうか。右回りで掲示板を2回確保している通り、左手前の方が伸びるので、前傾ラップの展開になって終いを活かすことができれば…と思います。残された時 [続きを読む]