馬なり男爵 さん プロフィール

  •  
馬なり男爵さん: 馬バカ日誌
ハンドル名馬なり男爵 さん
ブログタイトル馬バカ日誌
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/keibaworld-onemantalk_blog/
サイト紹介文予想やPOG、その他諸々の経験を糧に、この度一口馬主としてデビューしました。宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/11/12 12:45

馬なり男爵 さんのブログ記事

  • びっしり追われてきたサンダガ、好ダッシュ決めるも…
  • 日差しがきつく、暑い一日となった第4回京都競馬3日目。サンダガ[牡2・杉山晴厩舎]が無事にデビューを果たしました。ハロンタイム 12.6 - 11.2 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 11.6残念ながら16着という結果に終わりましたが、気難しさだったり、非力なところがあったりして、稽古の時計が詰まってこない現状だっただけに、まずはどこまで食い下がることができるのかに焦点を置いて観戦しました。半兄デビルズヘアカットが [続きを読む]
  • 園田2連勝を決めたコールドターキー、中央復帰へ
  • 8月3日付けで中央登録を抹消し、園田競馬に移籍したコールドターキー[牡3・保利平厩舎]が早くも2勝目をマークしました。これにより、中央再転入の条件を満たすことができた為、もう一度JRAに拠点を置いて挑戦する方針に。すでに美浦トレセンに入厩済みで、預託先は中央在籍時にお世話になった佐藤吉勝厩舎です。壮行会となったこの日、生憎の雨天となりましたが、序盤から楽に好位を取ると、4角では鞍上の下原騎手が後ろ [続きを読む]
  • ワンアフター、進路開かず/失速したヒッチコックはソエを発症
  • 昨日はセプテンバーS(中山・芝千二?)のワンアフター[牡5・西村真厩舎]が1番人気、2歳未勝利(阪神・ダ千八?)のヒッチコック[牡2・中竹和厩舎]が3番人気に支持され、どちらも調教で動いていただけに善戦できるのではないかと期待しておりました。しかし…競馬は難しいですね…。ワンアフターは好位直後の馬群をリズム良く追走していたものの、勝負所から包まれて10着に敗退。早いこと隊列が決まり、それほど厳しい [続きを読む]
  • カフヴァールの17
  • 本年度のキャロットクラブ1歳馬第一次募集にて、カフヴァールの17[牡1・杉山晴厩舎]への出資が正式に決まりました。ストライクイーグル(オープン)、ガウディウム(500万下)、ノヴェレッテ(未勝利引退)、パルメ(新馬)に続き、通算5頭目の出資馬。残念ながら母は若くして他界してしまったらしく、初仔である本馬が最初で最後の産駒となるようです。現役時代に芝の1200〜1400?で中央3勝を挙げ、脚元に弱さ [続きを読む]
  • コリアカップに臨むロンドンタウン、昨年と遜色のない状態
  • 台風21号の猛威が去り、一息入れようとしていたところ、今度は北海道で震度7を記録する地震が起こり、自然災害の頻発に動揺しています。異常ですね…。こちら関西の近所のスーパーも品薄で、普段から少しずつ備蓄しておく意識を持たなければと改めて痛感しました。被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。皆様の安全と、一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。先週末に美浦TCに帰厩したインスタントカーマ[ [続きを読む]
  • 距離延長、中1週で前進を!ヒッチコック、上々の滑り出し
  • 第2回札幌競馬2日目。2歳新馬(札幌・芝千八?)に出走したヒッチコック[牡2・中竹和厩舎]は7着でした。出走馬14頭中11人気。もう少し人気しても良いのでは…と思いながらオッズを眺めていたのですが、この条件らしく、ディアデラマドレ(府中牝馬S)やドレッドノータス(京都2歳S)といった重賞ウイナーを兄姉に持つカウディーリョや、ゴールドドリーム(フェブラリーS)の半妹モンオール、トゥザヴィクトリーの一 [続きを読む]
  • 復調の兆し見せたロンドンタウン、次走はコリアカップ
  • 土曜日の2歳新馬(新潟・芝千八?)に出走したインスタントカーマ[牡2・武市康厩舎]は12着でした。無事にスタートを出て、他馬に寄られる場面こそありましたが、初戦としてはまずまず集中して走ることができたのではないかと思います。やはり明暗を分けたのは瞬発力の差でしょうか…。ちょっと決め手比べになると辛そうです。その為、序盤から良い位置をとって、早めに抜け出す競馬ができなければ、今後も厳しいレースが続く [続きを読む]
  • エルムS連覇を目指すロンドンタウン
  • 明日はいよいよエルムS(札幌・ダ千七?)にロンドンタウン[牡5・牧田和厩舎]が出走します。札幌競馬場のダートは土曜日を終えた時点で重馬場の発表。ただ、レース当日は晴れの予報。幾分か、回復してくるかもしれません。重賞を勝っているオープン馬らしく、調教は流石の動き。いつも以上に素軽く映り、跨った蛯名騎手が反応を確かめる内容で最終リハを終えました。4か月ぶりの実戦となりますが、前走後はすぐにここを目標と [続きを読む]
  • 続々と2歳馬が出陣/イントゥアドリームは放牧
  • コールドターキー[牡3・佐藤吉厩舎]とミルクアンドハニー[牝3・武市康厩舎]が園田競馬に移籍することになりました。すでに両馬共に園田競馬場の保利良平厩舎に到着しており、これから状態を見極めた上で使う番組を検討していく方針です。前者は深管とお付き合いしながらの競馬で、期間内に勝ち上がることはできませんでしたが、6戦中3回掲示板を確保し、素質の片鱗を見せてくれていますので、まず一つ決めて貰いたいと思い [続きを読む]
  • 真夏の出走ラッシュ、始まる
  • ここまで頑張って走り続けてきたマッカートニー[牡5・梅田智厩舎]こそ、夏負けの兆候が見られる為、放牧に出されましたが、今週から9月の頭にかけて、マッキー軍団の出走ラッシュが始まります。まさにサマーカーニバル。7/28 小倉04R 3歳未勝利 芝1800? リバプールタウン[牡3・石橋守厩舎]7/28 新潟04R 3歳未勝利 芝1200? ミルクアンドハニー[牝3・武市康厩舎]7/29 新潟07R 3歳未勝利 ダ1200? コールドター [続きを読む]
  • イントゥアドリーム、福島デビューへ/ジャスタウェイ産駒の紹介
  • 3歳上500万下(中京・ダ千四?)に出走したマッカートニー[牡5・梅田智厩舎]は3着。2着のメイショウラケーテに3馬身離されてしまいましたが、1000万下クラスで僅差の2着に好走し続けていた実力の持ち主だけに、正直なところ、この馬を交わすのは大変だろうなぁと…。勝ち馬共々、強い…。先週の中京ダートは前残りの決着が多かったですし、脚質的にも相手にアドバンテージがあったように思います。もう少し良い脚を [続きを読む]
  • 短距離からマイル前後で面白そうなゲットミーの産駒
  • ホワイトアルバムと同様に、母馬として頑張ってくれるのではないかと期待しているゲットミー。現在、ロンドンタウンの生まれ故郷である松浦牧場にて繁殖生活を送っています。写真は昨秋に撮影。現役時代は中央・地方合わせて17戦し、名古屋競馬で2勝。脚元の関係で4歳春に引退することになったものの、天性のゲートセンスと小脚の利いたピッチ走法を生かし、序盤から良い位置を取りに行けるところに惹かれていました。残念なが [続きを読む]
  • 期待の新馬ヒッチコックと再会
  • 先日、北海道のファンタストクラブ内吉田ステーブルを訪問してヒッチコック[牡2・中竹和厩舎]に会ってきました。札幌開催でのデビューを目指し、現在は坂路でハロン13秒台まで伸ばす調教メニューを消化しています。負荷を強めても脚元がむくむことはなく、前駆の厚みは勿論、随分トモに実が入ってきた印象を受けました。どちらかと言えばダートの方が合っているのかなと思う時期もありましたが、ここに来てまた芝でも良い競馬 [続きを読む]
  • コールドターキー、追い込み届かず/着実に良化中のサンダガ
  • 本日、3歳未勝利(東京・ダ千四?)に出走したコールドターキー[牡3・佐藤吉厩舎]が3着に好走しました。前走は直線で杉原騎手が異変を感じて下馬し、競走中止となりましたが、幸い大事には至らず、放牧を挟んで5月末に美浦トレセンに帰厩。ここまで約1か月間、じっくり調教を積んできましたし、小柄ながら根性があるように感じていましたので、後方から追い込んできた走りを見て、改めて「本番に強いタイプだなぁ」と思いま [続きを読む]
  • 計り知れない遺伝子の影響力/北海道を旅立ったルーシー
  • 先日、日本産まれのディープインパクト産駒サクソンウォリアーが英国ダービーに出走し、話題になりました。残念ながら4着に敗れはしましたが、起伏の激しいエプソムのコースを走る姿に改めて競走馬の環境適応能力を感じましたですね。先祖の感覚情報が子孫に伝わっている可能性が十分に考えられる以上、サクソンウォリアーの父方の祖母ウインドインハーヘアと母メイビーがアイルランド産という血統構成なので、環境に馴染みやすか [続きを読む]
  • 底力を感じさせたストライクイーグル、遂にオープン入り
  • 第2回東京競馬12日目。一口愛馬ストライクイーグル[牡5・杉山晴厩舎]が薫風S(東京・ダ千六?)に出走しました。手に汗握ったゴール前の攻防。あの言葉にならない興奮が昨日のように蘇ってきます。良い写真。これだけでご飯3杯はいけます。ハロンタイム 12.3 - 11.1 - 11.9 - 11.8 - 12.5 - 12.5 - 12.0 - 12.6ゲートの出が一息だった為、道中は終いに賭ける形で後方4番手を追走。直線に入って外へ持ち出され、イーグル [続きを読む]
  • マリーベリー、レースぶり良化も持ち時計詰められず…
  • 第3回京都競馬10日目。朝、世紀末覇王テイエムオペラオーの訃報が飛び込んできました。死因は心臓麻痺。享年22歳。スペシャルに続き、オペラオーまで旅立ってしまいましたか…。残念です。いつも必要最低限の着差で勝利するクールな姿が印象的でした。2000年に重賞8連勝を成し遂げましたが、宝塚記念で再会を果たしたグラスワンダーがレース中に左第三中手骨骨折を発症し、前年の有馬記念で先着を許したスペシャルウィー [続きを読む]
  • アイラブハー、無事デビュー/リバプールタウンは優先権を確保
  • 第3回京都競馬5日目。3歳未勝利(ダ千四?)にアイラブハー[牡3・中竹和厩舎]が出走しました。鼻出血、挫石、蹄骨炎…。ここまでの道のりが決して平坦ではなかっただけに感慨深いです。初めての競馬場。パドックに登場すると、「ここは何処?」「私は誰?」と言わんばかりにキョロキョロと物見をしていました。ハロンタイム 12.5 - 11.9 - 12.6 - 12.9 - 12.4 - 11.9 - 11.9ゲートで出負けし、芝とダートの切れ目に驚いてジ [続きを読む]
  • 新馬戦開幕まで残り1か月!今年のマッキー軍団は…
  • 最強のPOG青本にヒッチコック[牡2・中竹和厩舎]が掲載されました!しかも馬体写真付き。迷うことなくレジに並びました。オーナーサイドにとって、デビュー前の2歳馬は夢の詰まった宝石箱。一つ勝つのが大変な勝負の世界で、一度もスポットライトを浴びることなく去って行く競走馬が多数を占めるだけに、今回こうやってメディアに取り上げて貰ったのは嬉しい限りです。新馬戦開幕まで残り1か月。本年のマッキー軍団のライン [続きを読む]
  • 大外から差を詰めたガウディウム、現級突破まであと少し
  • 第1回福島競馬5日目。一口愛馬ガウディウム[牡4・吉田直厩舎]が4歳上500万下(福島・芝千八?)に出走しました。中1週で再び長距離輸送を挟む福島遠征ということで、レース当日の馬体重に注目していましたが、前走比プラスマイナス0?。ゲートの中に入ると落ち着きを欠いてソワソワ。枠入りが最後で助かりました。待たされなくて良かったと思います。ハロンタイム 12.7 - 11.4 - 12.1 - 12.7 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 1 [続きを読む]
  • ロンドンタウン、次走はエルムS/夏デビューを目指すヒッチコック
  • 昨日、ロンドンタウン[牡5・牧田和厩舎]が吉澤ステーブルWESTへ放牧に出されました。脚元等異常なく、この後は夏のG3エルムS(札幌・ダ千七?)からG1コリアC(韓国・ダ千八?)を目指す方針です。そして検疫の都合がつき次第、兄とハイタッチする形で半妹ロンリーハート[牝3・牧田和厩舎]が帰厩することになっています。こちらは新馬Vを決めた後、トモの筋肉が落ちて歩様が一息な時期があった為、まだ良化途上と [続きを読む]