腎臓博士 さん プロフィール

  •  
腎臓博士さん: 日高病院腎臓病教室へようこそ
ハンドル名腎臓博士 さん
ブログタイトル日高病院腎臓病教室へようこそ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mthxk431
サイト紹介文毎月の腎臓病教室の様子や、腎臓病についての豆知識、論文や病院勤務の様子などをご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/11/14 15:30

腎臓博士 さんのブログ記事

  • 腎臓病教室なう
  • 懐かしい書き方で失礼します今日は91回目の日高病院腎臓病教室です。初めての方が半数以上でしたが、そんなに畏まらずに進んでいます内容は医師のところを少しご紹介します。腎機能がどれくらいで、症状がどんな時に透析が必要となるかなどをお話しました。そのあとにこの表を使って、それぞれのミチを選ぶとどうなるかをお話しましたよ持ち帰り自由の資料はなかでも、新しく置いた腎臓病食のコンテスト受賞レシピ集は、あっという [続きを読む]
  • 腎臓病とお菓子 ーナッツ・珍味
  • 今回はナッツと珍味です両方ともお好きな方は、本当に好きですよねナッツ種実類は、カリウムとリンが多いのが特徴です。脂質も多く含まれるので、エネルギーも高いんですよ落花生やクルミなども同様です。手軽にカロリー摂取するにはうってつけですがカリウムとリンはかなり多いので、注意してくださいくるみ 1個 6g : 40キロカロリー カリウム32? リン17?忘れちゃならないのが珍味 ですね。    お酒のつまみには欠 [続きを読む]
  • 腎臓病とお菓子ースナック菓子・チョコレート・アイス編
  • スナック菓子は手軽に手に入りやすく、口に入る機会も少なくないとよく聞きます。でもスナック菓子は、あまりお勧めしませんだって塩分・カリウムを多く含んでいるものがほとんどで、油であげてあるものが多く高カロリーなんです添加物も多いので、栄養のわりにリンが高くなりやすく、保存期の腎臓病の方も、透析をされている方も要注意なお菓子です詳しいデータは、各お菓子の裏に書いてあるので、ここでは省きますね。主な原材料 [続きを読む]
  • 腎臓病とお菓子 その②
  • 続いてお煎餅お煎餅は醤油や塩で味付けされているので、塩分量が多いのはわかってらっしゃると思いますだけど食べたくなってしまうんですよね〜塩分を多く摂りすぎる喉が乾く水分を摂りすぎるまたせんべいを食べたくなるという悪循環に入ってしまいます。塩分を多くとると体に溜まる水分量が増えるため、血圧があがったりむくんだりします。浮腫みは水だけではなく、塩分も重大な原因の一つです。気を付けておいしく食べてください [続きを読む]
  • 100~200キロカロリーのお菓子って?和菓子とカリウム
  • 各メーカーさんで異なりますが、おおまかなところをご紹介します。100キロカロリー近くところてん1パック:2キロカロリー缶コーヒー190g 1缶  :65キロカロリーせんべい 20g 1枚  :75キロカロリーチョコレート 15g   :85キロカロリースポーツ飲料500ml  :95キロカロリー200キロカロリー近くはこんな感じですアイスクリーム70g 1個 :170キロカロリー練りようかん50g 1個 :150キロカロリープリン 70g 1個  [続きを読む]
  • 透析栄養教室から<間食のとり方>
  • 先日行われた透析栄養教室から、間食のとり方のコツをお話しします。お菓子を間食に食べることで、食事管理の乱れにつながることがあるのはご存じのとおり。食事量が減ると栄養不足の原因になります。1日3回の食事を基本にしてくださいね。美味しいお菓子は食べ始めると止まらなくなる人もいるのでは・・・食べ過ぎを防ぐために時間や量を決めましょう。間食からの摂取エネルギー量は 100〜200kcal程度に抑えましょう。血糖 [続きを読む]
  • 透析患者さんの検査値の見方⑥:透析効率
  • いよいよこのシリーズの最終回です今日は透析効率について主治医から毎回検査結果の説明を聞いていると思いますが、透析効率はあまり耳にしないかもしれません。透析効率は一般的に Kt/V というもので判断します。毒素がきちんと除去できているか、今の透析のやり方で十分か判断する指標です。『総体積量を何回透析できたのか』 を表します。標準化透析量(Kt/V)の算出方法ダイアライザーの尿素クリアランス × (1回の透析 [続きを読む]
  • 透析患者さんの検査値の見方⑤:カルシウム・リン編
  • 今日は骨の代謝に関係が深いカルシウムとリンについてお話します。カルシウム:Ca細胞や神経、筋肉の働きを維持するために必須の元素です。身体の中のカルシウムはどこにあるかというと、99%は骨で、1%が細胞の中、0.1%が細胞外液(血液とか)に存在します。カルシウムの貯蔵庫といってもおかしくない骨は、常に古いところを壊し新しい骨を作っています。壊れた骨から溶け出すカルシウムは、血液の中に入ったり骨にくっつ [続きを読む]
  • 健康フェスタ ”腎臓を大切に!!!” のご報告!
  • 3月3日にイオンモール高崎で開催された健康フェスタ”腎臓を大切に!!!”に日高病院腎臓病教室も参加してまいりましたどんなだったかご報告しますね昨年同様、群馬大学の廣村先生が開会のご挨拶をしてくださいました。このあとぐんまちゃんも登場して記念撮影していましたよ。私たちはいつも通りのユニフォームで参加です開会式が終わると、もう10時開店のアナウンスがかかり、2階まで猛ダッシュで戻ります昨年は、1階にすべ [続きを読む]
  • 透析患者さんの検査値の見方④
  • 今日は電解質 カリウムについてカリウム:K身体を作っている細胞・神経・筋肉を正常に保つために必須の物質です。ほとんど細胞の中に入っていて、細胞の外(血液とか)に含まれるのは2%程度です。このカリウムは尿から体の外に捨てられるので、腎機能が低下する(腎不全になる)と、あっというまに体に溜まってしまいます。尿からは85〜90%、便からは5〜10%程度しか捨てられないんですよ。               [続きを読む]
  • 慢性腎臓病県民公開講座、ありますよ〜
  • 3月17日土曜日に群馬県主催の腎臓病を知るための公開講座がありますよ以下パンフレット内容です。               慢性腎臓病県民公開講座腎臓を大切に!会場:桐生市市民文化会館4階スカイホールA時間:会場13:30、開会14:00ちらしの文章をご紹介します腎臓の働きが悪くなったり、タンパク尿が出たりする状態を慢性腎臓病と呼びます。慢性腎臓病が進行すると末期腎不全(人工透析や腎移植)となるだけで [続きを読む]
  • 透析患者さんの検査値の見方③
  • 3/3はイオンモール高崎で腎臓病の啓発イベントがありました日高病院腎臓病教室の参加させていただいたので、後日この場でご報告しますね今日は、透析患者さんの検査値の見方③です。尿素窒素:BUNこれは血液中の尿素に含まれる窒素量を表しています。腎機能が低下するとBUN値は上昇するので、透析導入前は腎機能をみる指標の一つになります。透析中にもっとも除去しやすい物質です(透析できれいになりやすいってこと)。透析患者 [続きを読む]
  • 透析患者さんの検査値の見方②
  • 今日は①総蛋白  ②アルブミン  についてお話します総蛋白:TP栄養の指標として使われることが多いです。血清中のタンパク質には100種類以上ありますが、それぞれが生きていくのに重要な役割をもっています。そのうち50〜70%で一番多いのが、次にご説明するアルブミンです。透析患者さんの基準値 6.0〜8.0g/dlアルブミン:Alb血清中に存在するタンパク質の50〜70%を占めます。肝臓で作られます。このアルブミン [続きを読む]
  • 透析患者さんの検査値の見方①
  • 今日は久しぶりに透析を受けている方向けに検査データの見方をお話しします。今日は【貧血関係のデータの見方】◆ヘモグロビン(Hb)赤血球の中に存在する鉄を含んだたんぱく質です。肺で酸素とくっついて、全身に酸素を運ぶ車の働きをしています。透析患者さんの基準値は9.0~11.0g/dlとされていますが、個人的には10~11くらいがいいのではと思っています。◆ヘマトクリット(Ht)血液中に占める血球の容積の割合をみています。ほ [続きを読む]
  • 健康フェスタ 
  • いよいよ今週土曜日になりましたなにがってこれです〜今年は1階と2階に分かれていろいろ行いますよ〜日高病院腎臓病教室は、2階です先日腎臓病教室主催で、腎臓の啓発活動を行ったところと同じです減塩の調味料に加えて、低たんぱく・減塩のお菓子もプレゼントいたしますよ〜ぜひあそびにいらしてくださいここで、血糖を測定しています。先ほどのお話ではないですが、どの状態の血糖なのか確認するのもいいですよね。おなかがすい [続きを読む]
  • 腎臓病のときの糖尿病検査値の見方
  • 2月の腎臓病教室は糖尿病特集でした医師のところでは糖尿病の診断はどうしてるのかどの検査値が糖尿病の治療効果を反映しているか糖尿病だとどのような病気を引き起こしやすいかその対策など についてお話しました。 その際HbA1cとGAについても触れたんですが、ご理解いただけるまで少し時間がかかった印象があったので、ここでごく簡単にご説明したいと思います 糖尿病は① 今血糖が高い② 前も血糖が高かった [続きを読む]
  • 89回目の腎臓病教室
  • やっとインフルエンザ感染症もピークを越えましたね。そうはいってもまだまだ多いです。もらわないよう注意しましょうね2月17日土曜日この日は30人目の腎臓博士が誕生しましたおめでとうございます2年前から通い始めてくださって、次回認定ってところで体調をくずされ、1年間しっかり体をなおし、今年また通い始めてくださいました認定式のあとの恒例の一言コーナーでは、ご自身の腎臓病の歴史やがんばっていることなどをお話しし [続きを読む]
  • フットケアの体験&実習
  • 明日の腎臓病教室は、体験しながらフットケアを学ぶ時間がありますなかなか足の健康まで気が回りにくいので、この機会にぜひ体験し、ご自分やご家族の足を守っていってくださいね足の病気は、腎臓病、糖尿病、心臓病、高血圧、脂質異常症、肥満などの病気を深いかかわりがあります。当てはまる方はぜひどうそ〜 [続きを読む]
  • 筋力をつけよう! レジスタンス運動をご紹介
  • 先日筋力には有酸素運動とレジスタンス運動の両方が必要なんですよ〜っとご紹介しました。今回はレジスタンス運動を画像つきでご紹介しますいつもお世話になっている協和発酵キリンさんのホームページからちなみにキリンさんのホームページをみると動画もありますので、チェックしてくださいね①カーフレイズつま先立ちするように、息を吸いながら、4秒かけてゆっくりかかとを上げ、一度静止しましょう。息を吐きながら、4秒かけて [続きを読む]
  • 新しい『糖尿病性腎臓病』 糖尿病と腎臓病
  • インフルエンザをはじめとする冬の感染症が猛威を振るっていますが、みなさんはお元気にお過ごしいただけていますか?さて今週末、17日土曜日の腎臓病教室は糖尿病特集です。糖尿病は全身をめぐる血液の中の糖分が上昇することで、全身の血管を痛め、様々な病気を引き起こす大変怖い病気です。一般的すぎてあまり小割病気をいうイメージをもっていない方も少なくないようですが、命を落とす病気と関係が深い非常に重大な病気なん [続きを読む]
  • 透析患者さんのための栄養と運動教室!
  • 日高病院・平成日高クリニックで隔月に行っている透析栄養教室の御案内です。今回は、『食欲低下と間食について』を栄養士が『運動指導』を実技を含めてスポーツトレーナーがお話しします食事と運動が元気に長生きする秘訣ですよねコツをつかんで上手に日々の生活に活用してください私も外来前に参加しようと思っていますこれは日高クリニック・日高病院通院中の透析患者さんを対象とした勉強会になります。 [続きを読む]