横浜西(よこはませい) さん プロフィール

  •  
横浜西(よこはませい)さん: 続・大陸見聞録
ハンドル名横浜西(よこはませい) さん
ブログタイトル続・大陸見聞録
ブログURLhttps://ameblo.jp/540a/
サイト紹介文以前、上海で暮らしていたことがあります。大陸での体験を中心として随筆にまとめてみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2013/11/16 22:43

横浜西(よこはませい) さんのブログ記事

  • 続・大陸見聞録 西表島 8
  •   石垣島へ泊った翌日、午前中のうちに船で西表島へ渡った。港に着くと、ガイド兼運転手が迎えに来ていた。西表島にはガイド専門の人はいないそうで みんなガイドと運転手を兼ねているのだという。この辺も台湾と似ている。台湾でも高雄へ行った時にはおじさんがガイドと運転手を兼ねていた。西表島は更に石垣島よりも台湾に近く200キロしか離れていない。中国大陸とも440キロしか離れていないのだ。それに対して沖縄本島 [続きを読む]
  • 続・大陸見聞録 西表島 7
  • 日本でも、標準語が無かったら東北の人と九州の人とでは全く言葉が通じないだろう。そう考えると中国大陸で、漢人同士でも全然言葉が通じないのは当然だと思えてくる。一説に拠ると、北京語と広東語では、英語とドイツ語程の違いがあるのだという。しかし、私が上海に留学していた時、上海に行ったばかりの頃は全然上海語が理解出来なかったのだが、毎日上海人が話す上海語を聞いているうちに少しずつ上海語が解るようになって [続きを読む]
  • 続・大陸見聞録 西表島 6
  • 以前、上海へ短期留学していた時に、私は大学講師に質問したことがある。「共通語がなかった頃はどうやって違う地域の人と話していたんですか?」するとその講師はあっさりと「通じませんでした」と、言った。私は更に「通じなくてどうしていたんですか?」と聞くと、「知識人同士は漢字が書けるので筆談で通じました。一般の庶民は言葉が通じなくなるような遠くまで行くことは昔はなかったので、別に言葉が通じなくても困るよう [続きを読む]
  • 大陸見聞録 西表島 5
  • 中国では、北京語、広東語閩南語(びんなんご)上海語、四川語などそれぞれの地域にそれぞれの言語があり、同郷人同士の会話は全て方言で話されるのが普通だ。違う地域の中国人とは全く言葉が通じないので共通語で話す。しかし日本でも、もし標準語が無かったら日本人同士でも話が通じないのではないのだろうか?琉球語は言うに及ばず、東北や九州の人とでも方言で話されたら、恐らく話が通じるとは思えない。当然、北海道の人 [続きを読む]
  • 双十節です!
  • 10月10日双十節!!本日10月10日は中華民国の建国記念日双十節です。大陸では、既にもう中華民国は滅亡した。と、言うのが建前になっていますが、実際には台湾が事実上中華民国として存在しています。 ところで今日は香港朋友のお誘いを受けて、都内へ出掛けました。安徽省僑聯「親情中華」芸術団の公演を北京老師と一緒に鑑賞してきました。公演の内容は下記の通りです。中国古典舞、女声独唱、雑技、魔術、器楽演奏、 [続きを読む]
  • 続・大陸見聞録 西表島 4
  • 羽田から那覇を経由して石垣島へ到着するとホテルまでタクシーに乗ったのだが、その時衝撃を受けた!!!タクシーのドライバーは顔も発音も日本人とは違うので、台湾人だと思ったら波照間島(はてるまじま)から来たそうだ。その人は明らかに大和民族とは異なる琉球人の顔立ちをしていた。日本が単一民族ではないことをあらためて認識した。そのドライバーの話では八重山諸島の島々はそれぞれ島ごとに言葉が違うので、違う島の [続きを読む]
  • 気が付けば10月
  • はっとすればもう!昨晩、もう10月だな。と、思ったら、えっ10月?今日って10月1日!何かあったよね?あっ10月1日国慶節だよ〜〜〜!!そうです、10月1日は中華人民共和国の建国記念日「国慶節」です。毎年忘れることはなかったのですが、今年は個人的に色々あって、多忙により忘れてました。この時期大陸では秋の黄金周をむかえて、連休が続きますので、日本を訪れる中国人も多くなります。数年前までは、やたら爆買いしていま [続きを読む]
  • 続・大陸見聞録 西表島 3
  • 石垣島から台湾へ行く船が出ていたのは当然だと思う。石垣島から台湾は僅か230?しか離れていない。それに対して沖縄本島へは430?あるという。沖縄よりも台湾がの方が近いのだから! 横浜西(よこはま せい)のブログをご覧の皆さま私、横浜西のブログは本来この続・大陸見聞録を中心として更新していたのですが、家事多忙につき自分が書き込みをしたブログをリブログさせて頂きながら、見聞録以外の記事を書いている間 [続きを読む]