穂竜愛好会京滋グループ さん プロフィール

  •  
穂竜愛好会京滋グループさん: 穂竜 大好き!
ハンドル名穂竜愛好会京滋グループ さん
ブログタイトル穂竜 大好き!
ブログURLhttp://horyuk.blog.fc2.com/
サイト紹介文兵庫県赤穂市うまれの,穂竜(ほりゅう)という新作金魚を育てる穂竜愛好会。京滋グループのブログです。
自由文兵庫県赤穂市で作出された,金と銀の体色をもつ金魚「穂竜」
竜眼,コブ,パール鱗と特徴がいっぱいです。また変わり竜の中でも人気の黒青竜,五花竜などもご紹介いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供315回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2013/11/18 16:17

穂竜愛好会京滋グループ さんのブログ記事

  • 穂竜愛好会2018年 弐歳会 レポ1
  • ブログやインスタなどで穂竜レポちょくちょくあがってきているぞ!という情報が入りました!いずれも今回入会いただいた方です。お一人は九州からわざわざ前泊で来てくださったシノブさん。詩暢(シノブ)の多趣味な日々(^▽^)早速色々レポートかいてくださってますよ!インスタの方は、昨日私が書いていた家族を説得し入会いただいていた人。細身の美人さんだったと思います。https://www.instagram.com/kiki_design_home/?hl=ja7月に [続きを読む]
  • 穂竜愛好会2018年 弐歳会 ご挨拶とお礼
  • 穂竜愛好会 弐歳会 2018年5月20日 快晴の中 無事に開催できました。いつも最期になりがちな穂竜愛好会からの挨拶とお礼を先に書いておきます。(この後ネタひっぱるから)まず、ご来会いただいたみなさまお疲れさまでした。勇気を出して赤穂まで来てくださった新入会員の皆さま、ようこそ穂竜愛好会へ。魚友達への第1歩です♪最後の最後まで、悩んでた入会者の方が居られましたがご家族を説得できてよかったです(^-^)v今か [続きを読む]
  • 穂竜愛好会2018年 弐歳会 無事に終わりました
  • 穂竜愛好会 弐歳会は本日も無事に終了いたしました。今回ご新規に入会くださった方が4名。今からだったら、秋までいっぱい遊べますね(^^)会員、ご家族含め4、50人が集まってくださりました。分譲も多くの会員さまにいきわたったと思います。次は7月1日(日)の第1回研究会。当歳魚、今回の稚魚の分譲の魚を育てわいわいもちより遊び研究しあいましょう。今回、用事・仕事で来られなかった方。大丈夫です。次の研究会でも分譲は [続きを読む]
  • 夕方に袋詰め&車に詰め込み
  • 本日は有給休暇をとりました。そして落ち着いて水替え&お世話。持参する魚は金曜日から水を交換し餌を抜いています。本日も水を替えてさらに糞を出してもらい、詰め込みました。まあ、いつも持参する魚は生臭く糞をきるのがヘタといわれています。稚魚も持っていきます。例年理事の面々で分譲に出す稚魚を育てております。いろんな魚がおりますが、この子達も餌を抜きました。分譲で稚魚を買われた方。餌をいつからやったらいいで [続きを読む]
  • 帰ったら赤斑が出てました
  • 連日水替えを2/3ほどしているのですが、やはり暑くて水が蒸れるのでしょう。家に帰ったら稚魚に赤斑がでていました。赤く血の色でにじんでいます。体に出ているものもあれば、沁みたように表面が赤いもの、エラが赤いもの。あわてて、全水替。さらに数を減らさないといけないので、夜ですが選別を少ししました。明日の土曜日に有給をとったのでそこまで水替えは待ったほしかったのですがしょうがありません。さて、あさっての日曜 [続きを読む]
  • 帰ったら鼻上げしてました
  • 暑くなってきました。稚魚少し数が多すぎるみたいで、昨日も7割ぐらい水を替えたのですが、夕方ご飯休憩で一時帰るのですが、かなり上のほうに固まっていました。いつもならここで餌を投入しますが、今日は夕方5時半の餌は抜き。仕事から帰ってみた21時半、やはり鼻上げしていました。ここで水替えをまた7割ぐらいしてココでブライン投入しました。数を減らすかエアストーンの投入ですね。穂竜愛好会弐歳会 平成30年5月20日(日)  [続きを読む]
  • GW終盤に産卵の稚魚次々孵化
  • GW終盤に連日ちょいちょいと産んでいた穂竜の卵。産卵が分かりやすいように入れていたモシャモシャに産み付けていた分も取り出しておりました。穂竜はオスがあまり追わないような気がして、モシャモシャセットだけで受精しているのにはあまり期待していなかったのですが、今回のオスはやる気があったみたいです。かなり生まれました。連日の分をまとめてひとつの舟にいれていたのでかなりの数が生まれた気がします。先行で生まれた [続きを読む]
  • 弐歳魚の写真をとりました
  • 今度の日曜日は穂竜愛好会 弐歳会。それに向けて写真を撮りました。あれ?こっちの魚のほうがよかったっけ?とチェックしてみたら、色々難点が。例えば、エラがまくれていたり尾からカジが見えていたり冬を越している間に、魚も色々と変わっていると思います。写真を撮るときにあらためてよく見てくださいね。さらに、模様など分かる部分をしっかりとって区別できるようにお願いいたします。穂竜愛好会弐歳会 平成30年5月20日(日 [続きを読む]
  • ホースを噛み切る趣味の動物 再度登場
  • 家の裏の斜面地にプラ舟を3本置いています。そこは、家の物干しとつながっているのですが、洗濯を干しに行ったときに、ポコポコという音の代わりにシューシューという空気音が聞こえたので、懐中電灯で照らしてみるとホースがちぎられていました。じつは3日ほど前にもちぎられておりホースを換えたばかりだったのです。以前、ホースをちぎられた露出が多い場所は、ホースの上に水道のホースをかぶせて噛みちぎられないようにしてい [続きを読む]
  • 準備は良いかい?まーだだよ。
  • いよいよ迫ってまいりました、穂竜愛好会の 弐歳会。5月20日(日) ちょうど次の日曜日です。8時ごろから赤穂城址武家屋敷公園で設営しています。お手伝いいただけると、大変嬉しいです。少し早く来られそうな方はよろしくお願いいたします。会員の方で、2歳魚(2017年生まれの魚)を持っておられる方、出品よろしくお願いいたします。出品料は無料です。「自分で産ませたんじゃないしぃ〜」「お店で買った魚やし。」「小さいしぃ [続きを読む]
  • メダカも生まれています
  • メダカも生まれております。というか、食べられないように生まれた稚魚がおらんかじーっと覗いています。何匹か見つかり、来年用に別の稚魚用水槽に分けています。増やしたいのではなく、来年用に数十匹いたらOKなのです。メダカといっても、野生のものではなく、ヒメダカと、それに数年前に混ぜた、色々メダカ(楊貴妃、白めだか、黒めだか、幹之などなど)で生き残ったやつ。ヒメダカと黒いやつしか残っていない気がしますけどね [続きを読む]
  • F3を1/5に減らしました
  • ジキン×青錦の子どもF1同士を掛け合わせた子どもF2。F2同士の子ども、F3。(はじめF2と書いていましたが修正しました)大量にいたのですが、密になってきましたので本日選別しました。第1期に生まれた子を4匹に減らし、一緒に飼育していたのですが、なぜか第1期の大きなフナ尾がまじっていました。そして、第2期の数百匹を100匹ぐらいまで減らしました。たぶん1/5ぐらいです。これで、餌がいきわたり大きくなるのではないでしょう [続きを読む]
  • 今日は4歳が産んでいました
  • 夜は寒いですねぇ。仕事帰りの22時前はコート着用で帰っています。さて、5月いっぱいは仕事は毎日12時に出勤ですので、朝は弁当作って子どもを送り出した後、中高年のゲームポケモンGOをしに30分ほど近所を散歩しました。洗濯をして、簡単に餌あげて、さあ、10時になったしスーパー開いたかなぁ?と出かけようとすると、昨日水替えをした3歳4歳の穂竜舟泡だっています。もしかして産卵? YES、サンラン!しまった、ポケモンGOの間 [続きを読む]
  • 今日もうっかり産んでいました
  • 昨日水を替えました、3,4歳の舟ではなく、今日は昨日移動させた2歳が産んでいました。水替えで刺激になったんでしょうねぇ。それそれ採卵と思ったのですが、もう床1面卵がいっぱいだったので、50粒ぐらいしかでませんでした。まあ、そんなもんです。寒くなってまた穂竜さん春の気持ちでしょうか。よしよし、雨上がりにはまた産むかもよ。穂竜愛好会弐歳会 平成30年5月20日(日) 赤穂城址武家屋敷公園 穂竜愛好会、2018年もよろし [続きを読む]
  • 今日はうっかり産んでいました!
  • 本日は仕事の休みの火曜日。用事がある午後までに午前中に水槽を何本か水替えしました。久しぶりに水を替えた水槽では、2匹ほど死んでいました。気がつかなくてごめんね。さて、そんな中、昨日の雨で産みそうやなぁと思っていた穂竜3,4歳の舟産卵していました。ちょっとだけセットしたもじゃもじゃに卵がついていたけど、お腹を押してもオスの精子以外みんな何も出ませんまあ、そんなもんです。水を替えたので明日、またやる気 [続きを読む]
  • 稚魚に手を取られると
  • 今日は雨が降ってGWあけの仕事スタートが鈍りますよね。たぶん、産んでいるんやろうなぁと思いつつ、稚魚の世話を先行してしまいました。明日、火曜日仕事が休みなので屋外の水を替える予定です。こういうときには、うっかりしていると外の弐歳や親魚が尾が腐っていたり、白いもやがついていたりするんです。うっかりリュウキンの舟1つをそれで病気にしてしまいました。危ない危ない。水替え、チェック気をつけて行きたいです。穂 [続きを読む]
  • 黄色がある魚とない魚
  • 穂竜の稚魚ですが、水替えをしていたらあきらかに黄色い魚と黄色がない魚がいます。青みがかかった灰色みたいな色です。でも黄色と灰色というより、黄色がない魚。つまり穂竜の金色部分がない魚なんです。ああ、黄色が浮き出してくれればいいんですけど。穂竜で黄色がないタイプは藍竜というのですが、なんか寂しい。その反対で黄色ばかりは黄竜というのですが、こっちは我が家では出たことがないので出てほしい。ところで、自然界 [続きを読む]
  • 冷凍赤虫始めました
  • 穂竜の稚魚に冷凍赤虫始めました。今年は刻みなし。とりあえずブロックを試しにいれてみました。はじめは完全無視でこの状態ですが、仕事帰りにはなくなっていたのでしばらくすると慣れてくると思います。穂竜愛好会弐歳会 平成30年5月20日(日) 赤穂城址武家屋敷公園 穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。新年の会費は、弐歳会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。口座振込みご希望の方はご連絡いた [続きを読む]
  • 今日は穂竜が産みました
  • GWいかがお過ごしでしょうか?私は火曜日と日曜日以外は仕事ですので連休は関係なく毎日働いております。ただ子どもの学校の休みですので、早起きして弁当を作らなくて良いので今日は8時ぐらいにゆっくり起きました。昨晩の雨で産んでいるやろうなぁと思ったのですが、体も少しだるいので早起きせずにゆっくりとおきました。そして、水槽を見ると本日は穂竜が産卵です。どうする?育てる場所ないけど。と思いつつ、ついネットに卵 [続きを読む]
  • 弐歳会には写真がいります。
  • 名誉会長掲示板に、弐歳会の案内がでました。いつも忘れる。ああ、写真がいったんだ!用意しとかな。補足します。2歳魚(2017年生まれ 1月から12月だしサイズもばらばら)を持ち寄ります。12月生まれで、生後6ヶ月でも2歳魚です。穂竜と変わり竜 各5匹まで持ち寄れます。出品料は要りません。ただ、1匹ずつ写真がいります。最近はスマホとか進んでいますから、コンビニなどでプリントアウトして持ってきてください。特徴が分かる [続きを読む]
  • 水泡くっついていたら
  • 水泡がくっついている魚います。白い洗面器に透明鱗の稚魚なんか選別していたら、よく見えないから上見では気がつかないことが多いですが、横から見ると顔やお腹に水泡がくっついている魚おります。肌が弱い子なんでしょうねぇ。水が汚れたら肌があれるんでしょうねぇ。無理に捨てはしないのですが、気がつけばなくなっていたか肌荒れがひどくて捨ててしまうのか。もともと個体の見分けがあまりできないので、気がつかないうちにい [続きを読む]
  • 色が出てき始める
  • 穂竜の稚魚も変わり竜の稚魚も色が出始めました。穂竜と変わり竜の色変わりは独特で、穂竜はみなフナ色から気がつけば色が出始め、変わり竜は透明鱗から気がつけば色が出始め。なんとはなく、黄色が見えれば穂竜は嬉しいですし、逆に変わり竜は色が濃くなればなるほどなんか期待値が高まります。裏を返せば穂竜は青っぽい、黒っぽい子どもは捨てたりしますし、変わり竜は色がつかなければ「シルクかお前」となります。特に色が濃い [続きを読む]
  • 横見 背びれ
  • フナ尾や曲がった稚魚を捨てて、大きく選別が終わると、後は水替えのたびにちょいちょいと減らします。尾が反り返ってきたもの、体がゆがんできたものなど。そして餌をやりながら眺めていると体に水泡がついたものや、背びれが短いものが見えます。捨てる稚魚が1匹とかなら面倒くさくって「まあ次回に回そう」と思いながらついつい忘れてしまい、今回も背びれの短い魚をスルーしてしまいました。もう集団に隠れてわかんないけど、 [続きを読む]
  • ゴキ出てきた!
  • 昨年使ったテトラニューブリラントフィルターに、スポンジをはめて稚魚の水を替えた水槽にセットしました。フィルターのスポンジは比較的新しかったのでまだ使えそう。水槽にとめるキスゴムだけ交換してセットしました。「透明な水がさわやか〜」と、ブラインシュリンプをあげていたらそのフィルターからもう成虫すんぜんの害虫ゴキが出てきました。おぼれながら必死にもがくGですが、おなじぐらいGが苦手なので顔がひきつり凍りつ [続きを読む]
  • 水平な尾
  • そろそろ、稚魚の選別も本格化してまいりました。2cmぐらいのサイズになれば、老眼でも尾の形が見えてきます。まずは開いている尾で最初に選びますよね。その後、尾の形やバランスが見えてきますよね。今日は、尾が後ろから見ると山形ではなく水平なもの、「尾芯が寝てる」魚をはねました。上からみたら綺麗に開いていても、後ろから見たらほぼ水平。尾を左右にふれども水をつかめず前にあまり進めません。オノマトペでいえば「バ [続きを読む]