穂竜愛好会京滋グループ さん プロフィール

  •  
穂竜愛好会京滋グループさん: 穂竜 大好き!
ハンドル名穂竜愛好会京滋グループ さん
ブログタイトル穂竜 大好き!
ブログURLhttp://horyuk.blog.fc2.com/
サイト紹介文兵庫県赤穂市うまれの,穂竜(ほりゅう)という新作金魚を育てる穂竜愛好会。京滋グループのブログです。
自由文兵庫県赤穂市で作出された,金と銀の体色をもつ金魚「穂竜」
竜眼,コブ,パール鱗と特徴がいっぱいです。また変わり竜の中でも人気の黒青竜,五花竜などもご紹介いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2013/11/18 16:17

穂竜愛好会京滋グループ さんのブログ記事

  • SNSってすごいですよね
  • スマホでニュース画面がありますが、個人によって出てくる話題が違うんでしょうねぇ。金魚のニュースが出てきます。その金魚のニュースで、変わり竜など出てくると「ほー、ニュースで穂竜まで細かくキャッチしますか!」とびっくりしますね。穂竜愛好会、2019年もよろしくお願いいたします。2019年の会費は、品評会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。新年になりましたら口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら [続きを読む]
  • バランス栄養食
  • 幼児のころ、母親に「東ハトのオールレーズンがおいしい」と言ったんでしょうねぇ。記憶がないけど。おやつがオールレーズンしか出てこなくて、飽きるまでオールレーズンを食べました。その苦い経験から、自分でおやつを選べるようになってから今までオールレーズンを食べたことがありません。幼少期で一生分を食べてしまったんですね。SNSに最近の若者は、食事を取っていても野菜や果物の摂取不足から必須アミノ酸やビタミンが足 [続きを読む]
  • 冬の白にきび
  • 魚の顔やこぶに白い点がつくことがあります。脂肪のかたまりにきびです。発情期のオスはえらやヒレにぶつぶつがつきます。穂竜はあまり症状が出ないので、ヒレの前を良く見ればぶつぶつしているなぁぐらいで、ほとんど分かりませんよ。どちらも病気ではなくただの脂肪ですのでほっといてください。病気ではなく元気にしていると思います。(写真は浮いてひっくりかえっている穂竜のにきびで、ある意味元気だけど元気じゃない魚の予 [続きを読む]
  • 外のタライは手袋必須で、魚の火傷防止
  • ちゃっぷい、ちゃっぷい。冬の寒さがしみます。水温が12度以下になれば冷たいし、「明日は冷え込む」とテレビで言うような温度になれば、手が千切れんばかりです。魚も寒いでしょうし体も冷えているでしょう、そんな中で素手で触らないほうが良いそうです。人間の手がいくら冷たいと言っても魚にとってはびっくりするような温度だそうですので、なるべく水ごと洗面器にくんで移動させたりしますが、水換えなどで触る必要があると [続きを読む]
  • ホウネンエビ
  • 暇なこの時期あれこれと検索をしていたら、ホウネンエビを繁殖できると書かれていました。「えっ、まじで?」「餌として使える?」だいたい金魚飼育をしていている方はこのパターンの思考かと思いますが、生き物の飼育と言うよりいろいろと試してみたい餌ですよね。ある意味考え方が残酷やね。淡水なのでうまくいけばミジンコみたいに自宅でループで育てられるのでは?ホウネンエビと出会えるチャンスがあれば今年試してみたいと思 [続きを読む]
  • 冬の金魚すくい
  • 「商売繁盛で笹もってこい!」など冬でも初詣以外のお祭り、イベントなどありますよね。知人がえべっさんにお参りに行ったのをSNSであげていたのですが、同僚の方が金魚すくい名人だったらしくおわんいっぱいに金魚をすくっていたそうです。持ち帰りはしなかったそうですが、お店は3匹までさしあげます!という設定。よくある設定です。「少し水温を上げています。」と金魚すくいの人は言っていたそうですが、うーん、冬の金魚すく [続きを読む]
  • メタルラック
  • 家の玄関にはメタルラックに水槽を3段で積んでいますが、それなりに耐荷重があります。ホームエレク○というメーカーなので、1段あたり250kgまでいけます。60cmと45cmの水槽を積んでいる棚と、60cmの水槽2本を載せている棚があります。もちろん重さは大丈夫ですが、長年使っているので錆びてきました。室外であれば単管パイプを組み合わせたものは耐久性もよく安いです。室内は美観をきにしないのであれば、重量棚、中量棚といっ [続きを読む]
  • 初氷
  • 平成31年1月10日、今日はえらく冷え込みましたね。京都でも薄く氷が張っていました。エアレーションしているところはもちろん凍っていませんが、日の当たらない日陰の貯め水のバケツには薄い氷がはっていました。初氷です。魚は何とか生きているでしょうが、やはり少しでもあたたかいところでじーっと体力を温存していると思います。あれよあれよで極寒の2月そして春を感じる3月は近づいていますね。穂竜愛好会、2019年もよろしく [続きを読む]
  • 年会費と会報
  • コメント欄より年会費の問い合わせをいただきました。ありがとうございます。個別に返信させていただきました。会費ですが、2歳会、研究会、品評大会で受付させていただきます。参加できるかわからない!と言う方には振込先をお伝えしますので、コメント欄やメール「horyu.keiji.g@gmail.com」でご連絡ください。会費を振込まれたからには、会報を送りますが、まだ1月末まで作成中ですのでちょっとお待ちください。穂竜愛好会、201 [続きを読む]
  • 我が家は孵化させるのは3月ぐらいの予定
  • 我が家でも産卵しました。わかりにくいですが、魚たちがツンツンしていたので写真を撮ろうとすると「餌ですか!」とカメラ目線でよってきました。まだ金魚の冬休みを楽しみたいので、孵化はまださせません。孵化したら忙しいので予定も良く考えておかねばです。穂竜愛好会、2019年もよろしくお願いいたします。2019年の会費は、品評会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。新年になりましたら口座振込みご希望の方は [続きを読む]
  • 産卵やなくて孵化
  • inabouさんのHPに、立地Kさんの産卵&稚魚の様子が写っていますねえ。すごいな、立地Kさん。産卵したのが12月末で孵化が1月!!孵化した日が2019年なら当歳魚ですが、もし12月中に孵化したら2歳魚。愛好会や金魚の品評会に入っていなければいつ生まれても関係ないですが、やはり1月に生まれると当歳魚として特になにもせずとも大きくなりますし、何よりHPネタとして良いですねぇ。産卵と孵化は20度ぐらいなら4,5日です。よく温度×日 [続きを読む]
  • 冬の屋外プラ舟の様子
  • 比較的暖かい2019年のお正月です。明日1月5日(土)より仕事が始まります。次男がインフルエンザにかかった以外は、まあ比較的おだやかで良いお正月でした。本日は外のプラ舟の底の水を抜いて餌やフンなどのごみをとり、新しい水を入れておきました。外の舟は基本1,2週間に1度このような世話で冬を乗り切ります。緑の水になっているものもありますが8割以上は透明な水です。後はまた波板を載せておきます。琉金が2匹ぐらい底でひっ [続きを読む]
  • お正月のテレビ
  • お正月の格付け番組を楽しく見ました。たぶんワインとか5000円のワインでもおいしいし、町の牛肉もおいしいと思うんです。だいたい楽器のやつとか、聞いててもわからずはずれになるんですが、『盆栽』これは家族そろって当たります。もと植木屋のばあちゃんとか、植木関係者の夫はなかなか良いコメントを残していました。今回は、真柏で1億円の盆栽か、力が入ったお菓子の盆栽なんですが、「1億円やったら、遊びがある盆栽は作らな [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • あけましておめでとうございますお正月みなさまいかがお過ごしでしょうか。我が家は大晦日、次男がインフルエンザになり、センター入試を控えた長男もおりドタバタしましたが、まあおおむね良い感じです。おみくじの大吉もひきました。(^^)v元旦の日に、実家で弟家族と集うのですが、弟に金魚を持っていきました。5年ぐらい前にあげたあげた琉金が最後の1匹になり、とうとういなくなったそうです。色を考えてキャリコの琉金な [続きを読む]
  • 年末大掃除
  • 今年も1年間お世話になりありがとうございました。私は29日から仕事がやすみになりましたので、29日と30日は家の大掃除と水槽のちょっとした水替えをしました。年末大寒波で無理に掃除をすることはないと思い、大掃除とは名ばかり、いつも掃除をしないのでそれに比べれば大掃除ですが。水槽のほうも底の水を吸い出して新しい水を足しておきました。皆様良い年末年始をお過ごしください。私は仕事が公式に連休になるのがこの年末年 [続きを読む]
  • 水草
  • 浅虫水族館の小さな熱帯魚の水槽に色とりどりの魚と元気いっぱい数種類の水草がありました。小型魚と水草水槽って絵になりますよね。でもその後、ぐるりと回ってチラシが配架されているところをみたら、「浮き草、水草を野外に捨てないように。」のリストがありました。皮肉やね。緊急対策外来種として、ボタンウキクサといわれるウォーターレタスやオオバナミズキンバイなどがありました。『緊急』ではないのですが、『重点』対策 [続きを読む]
  • 水族館で得たミニ知識 タッチプール
  • 金魚好きって海辺の生き物もまあまあ好きですよね。水族館もまあまあ好きですよね。私は年に1、2回ぐらいしか行きませんが、ショッピングモールと水族館が並んでいたら水族館に行くタイプです。今日も青森の浅虫水族館でしったミニ知識を書いています。この浅虫水族館は、スタッフの人が「いろいろできることをしよう!」とがんばっておられて高感度が高いところでした。触れるコーナーが充実していました。ヒトデ、ウニ、魚、ホ [続きを読む]
  • 水族館で得たミニ知識
  • 青森、浅虫水族館で楽しく過ごした感想などをちょいと書きます。こちらの水族館、オープン35周年で、水族館としてのピカピカ感はないのですが、手作り感と小さなおもてなしがいっぱい詰まった素敵な水族館でした。青森駅から、青い森鉄道に乗ります。往復の運賃と水族館の入館料がセットになっているお得な切符がありましたので、それおすすめです!荷物は駅近くの「ゆーさ浅虫」に100円が戻るコインロッカーがありますので、そこ [続きを読む]
  • フナは変色するそうです!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
  • 金魚目当ての旅行ではなかったのですが、青森県浅虫水族館に行ってきました。水族館のネタは明日からまたゆっくり載せて行きますが、今日はフナは赤くなる!ということだけ。下の展示説明、ピンボケですが、黒っぽいギンブナを育てていたら赤くなったって!!もう緋ブナですやん。まちがいないやん。ということで、フナは赤くなるようです。マゴイも赤くなるよね。穂竜愛好会、2019年もよろしくお願いいたします。2019年の会費は、 [続きを読む]
  • メリークリスマス
  • おなじみ、毎年クリスマスシーズンは水槽のコケの緑(掃除サボりです)と赤虫の赤でクリスマスカラーと思いながら赤虫をやっています。室内水槽は今年は部屋を暖かくしているので16度ぐらいあり、餌も欲しがります。穂竜愛好会、2019年もよろしくお願いいたします。2019年の会費は、品評会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。新年になりましたら口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。 [続きを読む]
  • 来年の予定を手帳に書き込みました!
  • そろそろ2018年もあと数日。私は28日まで仕事です。みなさんも早く休みにならんかなぁと思っておられますよね。公共交通機関や飲食業、スーパーなど年末年始に働いてくださる皆さんありがとうございます。新しいスケジュール帳を出して穂竜愛好会の年間予定などを書き込みました。このブログやinabouさんのHPなどでお知らせがあると思いますが、特にはがきを出したり電話でお知らせすることはないので、みなさんもスケジュール帳や [続きを読む]
  • パーソナルベスト
  • 「毎年、個々がどのポイントでも「パーソナルベスト」を出していくことに面白さがあるし、同じ趣味を持つ愛好者同士で話せる時間が楽しいのである。」ふとネタに困り、そろそろ金魚伝承でるんかなと思ってピーシーズさんのhpを見たら書いてあり「すごく共感できるなぁ。」と思って冒頭に引用させていただきました。話はらんちゅうのおはなしなのですが、私は金魚に置き換えて読んでいます。パーソナルベストはなくても、「結果はで [続きを読む]
  • 外は寒いですね
  • 1週間ぐらい水換えをしてから時間が経ったので、外の水槽をのぞいて見ます。寒いけれどお魚の皆さん元気そう。ぱっと見たところ水もきれいそうに見えます。が、投げ込みフィルターをどけてみたら、糞と餌の残りが合体した汚れがどっさり。あまりにも汚ないので、写真は自主規制で一部しかあげていません。汚れ部分を吸出し、約1/5ほど新しく水道水を足しておきました。外の入れ物の水温は8度。水道水はもうちょっと温度が高いと思 [続きを読む]
  • 水をしゅぽしゅぽするやつ買い足しました
  • 「クリーナーホース」購入しました。夏の厳しい日差しによる、紫外線による劣化と寒さでホースが割れて使えなくなったのでクリーナーホース買い足しました。お店は先日も行った「ノアズアーク北山店」。お店の中の魚たちをじーっとみつめて、淡水のアベニーパファーや定番のテトラ系の魚。金魚も定番の琉金や丹頂のほかに絣流金やそれに似た色合いの萩雲青などちょっとかわいい金魚たちもいました。穂竜愛好会、2019年もよろしくお [続きを読む]
  • この時期は手袋ですね
  • 普段家事には手袋をつけません。が、金魚のお世話には必要。水仕事をしていないのがわかりますね。袖をぬらしたまま仕事に行くとき寒さも厳しい季節ですね。穂竜愛好会、2019年もよろしくお願いいたします。2019年の会費は、品評会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。新年になりましたら口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際, [続きを読む]