J baby さん プロフィール

  •  
J babyさん: J baby 卵子提供・代理出産コーディネーターのブログ
ハンドル名J baby さん
ブログタイトルJ baby 卵子提供・代理出産コーディネーターのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/jbabyus/
サイト紹介文ロサンゼルスのコーディネーターが卵子提供や代理出産など不妊治療の情報を提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/11/19 06:45

J baby さんのブログ記事

  • 産みたい人は産める――政府はそのための旗振りを!
  • みなさま、こんにちは。産みたい人は産める――政府はそのための旗振りを!石田純一の「これだけ言わせて!」 第14回 先日、出入国管理法改正案が衆議院を通過した。外国人労働者の受け入れについての議論が生煮えのままなのが問題だが、でも、いずれにせよ、日本は外国人をもっと受け入れないとやっていけないというのが現実ではないだろうか。外国からやってくる労働者の人権や人生まで考えてあげたうえで、共存するしかないと [続きを読む]
  • 遺体から移植の子宮で初の赤ちゃん誕生
  • みなさま、こんにちは。遺体から移植の子宮で初の赤ちゃん誕生遺体から子宮の移植手術を受けた女性が昨年、元気な女の子の赤ちゃんを出産した。遺体からの移植子宮による出産成功は初めてという。主治医たちが4日付の英医学誌ランセットで発表した。 ブラジルのサンパウロで2016年、10時間に及ぶ移植手術の後、受精治療が行われた。母親(32)は、生まれつき子宮がなかった。これまで、母親から娘へなど、生きている提供者からの [続きを読む]
  • ジェシカ・チャステイン、代理母出産で女児の母親に
  • みなさま、こんにちは。ジェシカ・チャステイン、代理母出産で女児の母親に 女優ジェシカ・チャステインとイタリア人実業家の夫ジャン・ルカ・パッシ・デ・プレポスーロに、第1子となる女児が誕生していたことがわかった。米Page Sixによれば、4カ月前に代理母が出産し、女児はジュリエッタ・パッシ・チャステインと名付けられたという。  チャステインは10月に、新作「Eve(原題)」を撮影しているボストンで、ベビーカーを押 [続きを読む]
  • もしかして不妊症?と思ったら…
  • みなさま、こんにちは。もしかして不妊症?と思ったら…Q:34歳、女性、既婚、子どもはいません。結婚して2年経ちます。特に避妊していませんが、妊娠しません。なんとなく、お互いに不妊症かなと思い始めていますが、受診に踏み切れません。実際、そこまで子どもがほしくないのかもしれません。結果を知るのが怖いのかもしれません(特に夫)。このまま自然の成り行きに任せても良いものでしょうか。女性は妊娠・出産できる時間に [続きを読む]
  • <生殖補助医療>ルール不在「分からない」では済まされない
  • みなさま、こんにちは。<生殖補助医療>ルール不在「分からない」では済まされない70年にわたり、匿名の第三者の精子を使った不妊治療(AID)を行ってきた慶応大病院が、新規の患者受け入れ停止に追い込まれた。全国で年3000件以上実施されているAIDの約半数を同病院が担ってきた。無精子症などで子どもを持てない夫婦にとっては活路を閉ざされかねない事態だ。 背景にあるのは、生まれた子どもが「遺伝上の親」を知 [続きを読む]
  • 遺伝情報が変化 強い恐怖やショックは子供に受け継がれる
  • みなさま、こんにちは。遺伝情報が変化 強い恐怖やショックは子供に受け継がれる戦争や大災害で、肉体的・精神的に強いショックを受けると、長い間心の傷となり、心的外傷(トラウマ)、PTSDなどを引き起こす。PTSDは後天的なイメージがあるが、親からの遺伝という形で先天的に受け継がれる可能性があることがわかっている。実際、2001年9月11日の米国同時多発テロ事件を母親の胎内で体験した子供は、そうでない子 [続きを読む]
  • 英王室、ハリー王子とメーガン妃に来春第1子誕生へ
  • みなさま、こんにちは。英王室、ハリー王子とメーガン妃に来春第1子誕生へ 英王室は15日、今年5月にハリー王子(34)と結婚したメーガン妃(37)が第1子を妊娠した、と発表した。来年春に生まれる予定という。ハリー王子はチャールズ皇太子と故ダイアナ元妃の次男で、王位継承順位は6位。生まれる子は男女にかかわらず同7位となり、将来、国王や女王になる可能性は低いとみられている。  英名物の賭け屋の名前予想 [続きを読む]
  • 子作りにもうオスはいらない? ネズミの同性ペアの生殖に成功
  • みなさま、こんにちは。子作りにもうオスはいらない? ネズミの同性ペアの生殖に成功<中国の研究チームがネズミのメス同士の生殖に成功。人間の同性カップルも子供が持てる日はくるか>最新の遺伝子編集技術を使って、中国科学院の研究チームが、2匹のメスのネズミから採取したDNAを使って健康で生存能力のあるマウスの子供を作ることに成功した。オスの精子やDNAは使われていない。 幹細胞医療の専門誌「セル・ステム・セル」 [続きを読む]
  • 精子作られる仕組みの一端解明 京大、不妊症の原因解明に期待
  • みなさま、こんにちは。精子作られる仕組みの一端解明 京大、不妊症の原因解明に期待 精子がうまく形作られるのに必要な仕組みの一端を解明したと、京都大のグループが11日発表した。不妊症の原因解明につながる可能性があるという。米科学誌プロス・バイオロジーにこのほど掲載した。    妊娠を希望するカップルの約15%が不妊に悩んでおり、うち半数は男性に原因があるとされる。男性不妊の一因は精子が形作られる時の障 [続きを読む]
  • 人間の受精卵を使った遺伝子編集、日本でもはじまるかも
  • みなさま、こんにちは。 人間の受精卵を使った遺伝子編集、日本でもはじまるかも 再生医療先進国に向けて。ゲノム編集の分野ではアメリカと中国の存在感が大きかったのですが、日本でもベンチャー企業やスタートアップがさらに生まれていくかも。 日本でも受精卵のゲノム編集が解禁人間の受精卵を用いたゲノム編集の基礎研究が、2019年の春に解禁される見込みがでてきました。文部科学省と厚生労働省、両省による専門家会議がまと [続きを読む]
  • <政府検討>生殖補助医療の「親」明確化 出産女性を「母」
  • みなさま、こんにちは。<政府検討>生殖補助医療の「親」明確化 出産女性を「母」◇民法見直し 第三者の精子提供に同意した夫を「父」に 政府は、不妊治療で夫婦以外の第三者の精子・卵子を用いて出産した場合の親と子の法的関係を定めるため、民法見直しの検討に入った。明治時代に制定された民法は、第三者が関わる生殖補助医療で子どもが生まれることを想定しておらず、法整備の必要性が指摘されてきた。出産した女性を「母 [続きを読む]
  • 日本の高齢出産の実情をさぐる
  • みなさま、こんにちは。日本の高齢出産の実情をさぐる女性の出産年齢が上昇する傾向を高齢出産化と呼んでいる。今の日本では高齢出産化が進んでいるとの話だが、その実情を厚生労働省の定期調査「人口動態調査」の調査結果である「人口動態統計」の公開値から確認する。平均値的な高齢出産化の実情は、母親の平均出産時における年齢の実情から一目瞭然。平均初婚年齢が上がり、それに伴い出産年齢も押し上げられる形となっている。 [続きを読む]
  • iPSで卵子の“もと”作製 京大チーム発表 不妊症研究に貢献へ
  • みなさま、こんにちは。iPSで卵子の“もと”作製 京大チーム発表 不妊症研究に貢献へヒトのiPS細胞から卵子のもとになる細胞を作り出すことに、京都大学の研究グループが、世界で初めて成功した。 京都大学大学院医学研究科の斎藤通紀教授の研究グループは、これまでに、ヒトのiPS細胞から精子や卵子になる最も初期の細胞を作ることに成功しているが、卵子を作り出す技術はまだできていない。そこで、これらの細胞をマウスの胎 [続きを読む]
  • 看護師16人が同時に妊娠、全くの偶然 米病院
  • みなさま、こんにちは。看護師16人が同時に妊娠、全くの偶然 米病院米アリゾナ州の病院の集中治療室で働く女性看護師16人が同時期に妊娠を一斉に報告する珍事がこのほどあった。数人は不妊治療を受けていたが、妊娠が相次いで重なったことは全くの偶然としている。 16人が働いている病院は同州メサの「バンナー・デザート・メディカル・センター」で、それぞれ3つの集中治療班に配属されている。妊娠続発を受け病院は数カ [続きを読む]
  • 調べたことある? 子宮頸がんは、検診とワクチンで予防できる!
  • みなさま、こんにちは。調べたことある? 子宮頸がんは、検診とワクチンで予防できる! 子宮頸がんは、どの年代よりも20代〜30代の女性に最も多いがんです。日本では毎年、子宮頸がんにかかる女性が増え続けています。子宮頸がんで命を落としたり、子宮を失ってしまう若い女性がいまだに増えているのです。子宮頸がんを予防できるHPVワクチンは、20代以上の大人の女性も接種するメリットがあります。もちろん、ワクチンだけでな [続きを読む]