Bob さん プロフィール

  •  
Bobさん: Bobの心理学クラブ
ハンドル名Bob さん
ブログタイトルBobの心理学クラブ
ブログURLhttps://bruckner72.exblog.jp/
サイト紹介文不思議なことが重なり、偶然が偶然を呼び、思いもよらぬ出会いや人が自然に集まって願望が叶えられてしまう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/11/19 16:22

Bob さんのブログ記事

  • I Love ASUKA
  • 強いとか、弱いとかじゃない、 カッコいー!!日本じゃ太めでも、 アメリカではセクシー華名アメリカでのリングネーム ASUKA本名:浦井 佳奈子(うらい かなこ)大阪国際滝井高等学校、大阪芸術大学短期大学部卒業。Osaka Japan 入場シーンが圧巻 I Love ASUKAI Love ASUKAI L... [続きを読む]
  • すべては夢
  • 人生の体験をあまりに真剣に受けとってはいけません。とくに、その体験のために苦しんではなりません。なぜなら、本当は、すべてはほんの夢にすぎないのですから・・・ もし状況が悪くて、耐え忍ばなければならないとしたら、 その状況をあなたの一部としないことです。人生のあなたの役を演じなさい。そして、 それが単なる役にすぎないということを忘... [続きを読む]
  • サイコパス
  • 映画「羊たちの沈黙」で、監禁中の凶悪殺人、ハンニバルに面会する、FBIアカデミーの実習生ジョディ・フォスターの、何とも言えない緊張感・・鑑賞した人はわかりますね。この凶悪犯ハンニバル・レクターは、殺人のあと、人肉を食べるんだけど、その時の心拍数がなんと、80程度・・だれでも暴力をふるったり、万引きをしたりすると、心拍数が上がりま... [続きを読む]
  • 自由連想法
  • 失錯のとき、議長は開会を宣言するところ、閉会を宣言してしまった(第520話 )ことを覚えていますか?この場合、本人に聞いてみるのが得策です。「どうして閉会を宣言したのですか? 開会したくなかったのでしょう?」夢の場合も夢を見た本人に聞いてみるのが、一番いいのではないでしょうか?「なんでそんな夢を見たと思いますか?」すると「ぜんぜ... [続きを読む]
  • 夢の意味
  • 夢を見る時、私たちは眠っています。外界への関心はなく、無意識だけが表れます。だから夢の解釈など出来ない!そう信じていますね。本当は夢を見た人は、夢の意味を知っています。ただ、知っていることを知らないのです。それで知らないと思い込んでいます。そんなことが有りうるのでしょうか?それを証明したのが、催眠現象の研究でした。... [続きを読む]
  • 夢とは何か?
  • <こんな夢を見ました。>散歩していたら、道行く人が礼服を着て歩いています、「ああ、そうだ、今日は日曜なので礼拝が始まるんだ」私も教会に行こうとするんですが、頭がのぼせるので、墓地で頭を冷やそうとします。すると、やがて教会の鐘が鳴りだし、その澄んだ音色が町中に響き渡ります。その時、目が覚めました。教会の鐘の音は、実は「目覚まし... [続きを読む]
  • 不快からの逃避
  • 不快な感情を、記憶は思い出したがりません。これが心のメカニズムです。するとこんな反論が返ってきます。「忘れたくても忘れられない」だから苦しむんですよと。心のなかでは、いくつもの力が戦っています。心の活動は戦場なのです。つまり忘れようとする力と、忘れまいとする力のせめぎあいです。抑圧する力が勝てば忘れますが、負ければ忘... [続きを読む]
  • 自分でも目の行き届かないところ
  • 工場の機械が壊れてしまったら、工場の仕事は終ります。よく機械が壊れる工場があって、「帰りたいから機械を壊したのでしょう?」そう尋ねても、「そうです」と答える人はいません。本人も意識していないので、聞いたからと云って、わかる問題でもないのです。人間の行動の背景には、無意識が働いている・・そう理解されていなかった頃には、... [続きを読む]
  • 犯人捜しのように心を探る
  • 男性は、女性に好意を持たれているかどうかを、ほんの小さな兆候から読み取ります。同じことが、深層心理にも当てはまります。女性から抱きつかれたり、告白されたりしないと、相手の気持ちが、分からない?そんなことはないでしょう。刑事が殺人事件を捜査するとき、犯人が自分の写真や住所を、置き忘れることを期待するでしょうか?微妙な痕跡だけ、指紋、足... [続きを読む]
  • 気づかない意志の力
  • よくケガをする人、よく病気をする人は、心理的な部分を探ってみる必要が、あるかも知れません。「ひきこもり」は病気なのか?「ひきこもり」たいから病気でいるのか?そこには抑圧と抵抗の、微妙な心理が働くでしょう。デートの約束を忘れられたら、相手に愛情がないとわかるように、行動には意味があります。「あなたは愛されていなかった!」... [続きを読む]
  • 偶然性の否定
  • A氏はB氏に出す手紙を、どういうわけか、投函せずに机の上に置いていました。やっと決心してポストに入れたら、宛名不明で返ってきました。今度はちゃんと宛名を書いたのに、切手を貼り忘れて返ってきました。A氏はここで、この手紙を出したくないのだと、気づいたと言います。日常生活の中で、日時を間違えるとか、曜日を間違えることがあ... [続きを読む]
  • 言い違いの意味
  • 失錯の背後には、意図、あるいは意思が働いています。たとえば、Aと言おうとしたのに、Bと言い間違った例です。議長が開会宣言をするときに、「閉会を宣言します」そう云い間違いました。この意味・意図は明かですね。開会したくない、できるだけ早く閉会したい、その気持ちのあらわれです。言い違いには二つの意志があります。... [続きを読む]
  • 置き忘れ
  • 忘れようと思ったことは、忘れることが出来ず、忘れようと思わなくても、度忘れしてしまう。忘れるということには、なんらかの「抑圧」があることを、理解できるでしょうか?※仲のいい夫婦がいました。ある日、奥さんは夫のために、一冊の本を買って帰りました。夫は「ありがとう」といって、どこかにしまいました。月日がたち、ふと本の... [続きを読む]
  • 失錯の意味
  • たとえば目下の人が、目上の人に頼みごとをしたとします。そして目上の人に、「あれはどうなりましたか?」そう尋ねると目上の人が「ああ、忘れていたよ」そう答えたとしたら、目下の人は、それを事実として聞くでしょうか?「私の頼みなど真面目に考えてくれない」そう解釈するでしょう。誰でも忘れるという事の意味を、ちゃんと嗅ぎ取っています。... [続きを読む]
  • 恋敵の名前は覚えられない
  • あなたが思いを寄せる相手が、あなたに好意をもっているか?知る方法があります。それは、相手があなたの名前を、覚えているかどうか?!たとえば嫌いな人、恋敵の名前は、覚えられないと言われています。なぜでしょうか?無意識が働くからです。AさんはBさんに連絡するとき、いつも、「あの人の名はなんだっけ?」そう... [続きを読む]
  • 「失錯」とは何か?
  • 精神分析では、失錯(しっさく)もしくは、錯誤(さくご)とも言います。言い違い、書き違い、読み違い、聞き違い、「・・違い」または「度忘れ」永久的ではなく瞬間に忘れている、そして、何かをどこかに「置き忘れる」これらの総称を失錯と云います。笑えない症例を挙げましょう。※新婚のA子さんは、 夫が勤めに出た後に、 妹を誘って買い... [続きを読む]
  • 永遠の存在、それは私たちの内にある
  • すべての人は、いつか必ず悟ります。すべての人は解脱します。それが神さまの法則だからです。・前世を覚えてる人・臨死体験者・幽霊の存在・生まれつき才能のある人・人と人の性格の違い・すべての宗教が天国と地獄を信じているこれらのことに、私たちはどこからきて、どこへ行くのか?ヒントが隠されています。永遠の存在、それは私... [続きを読む]
  • 独り
  • 自分の代わりをしてくれる者はいない、   自分だけが自分を生きることができる。   「独り」に徹すれば、   人に媚びることもなく、不安や寂しさに嘆くこともない。   いつでもどんな時でも、命のすべてが「私を生きている」   だから私は「独り」でいられる・・この体は永遠のものではないという宇宙の摂理を理解して、  自我の... [続きを読む]
  • 捨てるという生き方
  • 念仏の心構えは? そう問われて、 一遍上人は、念仏に心構えなどない、 と言っています。 念仏の行者は一切のことを捨てて念仏せよ、 そう勧めているのです。 世の中にはいろんな智者が教えを述べているが、 それを心にかける必要はない。 念仏は安心しても、安心しなくても、 本願に背くことはありません。  昔、空也上人(平安時代の... [続きを読む]
  • 生まれ変わりの神秘
  • 生まれ変わりの神秘とは、死後の体験とは限りません。人は恋をすると変わる・・まるで今までの自分がなかったように。一息に死に、一息に生まれる。「恋なんて面倒くさい!」そう言ってたKyon2も、恋したら、相手の家庭の不幸も、顧みない女になります。それは、今まであなたを縛っていた、善悪から解放されるということ。... [続きを読む]
  • No coming, No going(来たらず 行かず)
  • 森の中にある、一本の木が死ぬと、その木は枯れて、土の養分となっていきます・・そして、他の木の栄養となり、他の木の中に生きつづけます。一つの命は、多くの命のなかで生きているんです。それが分かれば、争う事の無意味さを悟るでしょう。わたしは彼、彼は私、みんなは一つの命。いつもここにいる。No comin... [続きを読む]
  • 私とは誰か?!
  • 映画のスクリーンには、色んなドラマが展開されます。私たちはそれを観て、一喜一憂するのです。スクリーンの上には、画像が動いています。そこには現実の世界は、何一つありません。映画が終わってあるものは、やっぱり同じスクリーンです。世界が現れようと、消え去ろうと問題ありません。常に変わらないもの、それが、... [続きを読む]
  • 小さな波は大きな海
  • 海から生じた一つの波は、一時的に生じているだけ、波は何度も生まれかわりますが、”本当の姿”は海そのものです。”自分”が何者であるかを、知ろうとすれば、海と一つになること。大切なのはあなたの本質が、波ではなく、海であること。アラー、キリスト、ブッダ、クリシュナ・・呼びかたは違っても本質は同じ。人は誰も同じ存在に手を合わせて... [続きを読む]
  • 私の中の異性
  • 性の仕組みは、男女の遺伝子のどちらが多いかによって、決まると言われています。男性で言うなら、少ない方の遺伝子(女性)は、無くなってしまうわけではない。誰でも人は男女の性格をもっています。しかし、それは無意識にあって、日頃は、まるで意識さえしていないのです。実は、理想の異性像とは、「私の中の異性」なのです。夢の... [続きを読む]
  • わたしは海
  • 海の「小さな波」も、自分の背後に巨大な海が、あることを知れば、「私は海である」とわかります。あなたも、自分の背後に、神の大海原が、あることを悟りなさい。(第508話 ) 参考になったら迷わず を。 にほんブログ村 [続きを読む]