大和のカッキー さん プロフィール

  •  
大和のカッキーさん: カッキーの趣味の園芸
ハンドル名大和のカッキー さん
ブログタイトルカッキーの趣味の園芸
ブログURLhttp://diospyros65.blog.fc2.com/
サイト紹介文菜園を中心に季節の草花を交えて、育てる楽しみ・工夫する楽しみの中で植物と接しています。
自由文奈良県北部で失敗続きの我流菜園。野菜、山野草に加えて時にはDIYも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/11/21 17:18

大和のカッキー さんのブログ記事

  • 今が見頃・紅花常葉満作
  • 自動車道の堤防に濃桃色の木が目に入りました。遠目ではは”スオウ:花蘇芳”かなと思っていましたがチョト近づいてみました。マンサクの花の形ですが色が違います。早速、PCで検索しました。ベニバナトキワマンサク(紅花常葉満作)マンサク科トキワマンサク属の常緑の低木。白花は日本で自生が見つかっているが、赤花は中国原産らしい。ちなみに、マンサクは初春に黄色い紐状の花弁を咲かせマンサク科マンサク属で上記とは属が異 [続きを読む]
  • z002400の住処のその後
  • Z002400の住処今回は、ファンネルダクトスピーカーの密閉箱仕様→バスレフ仕様に変更。と 云っても、ファンネルを取り付けた底板を取り替えるだけ。底板にファンネルより一回り小さな穴をジグソーで開け、ファンネルを取り付けます。↓手前(左)が密閉箱用底板、奥(右)がバスレフ仕様の底板です。ファンネルそのものの大きさは同じですが、密閉箱用ファンネルには塩ビ菅(18mm内径)の5mm長、バスレフ箱用には28mm長の塩ビ菅を乗 [続きを読む]
  • 糸蘭、購入30年後初開花
  • 30年ほど前に購入した糸蘭(素芯花)が初めて咲きました。増えること増えるのですが一向に花は見られなかったのですが、1花ですが今春やっと開花しました。昨年の異常気象のせいでしょうか?今年はきっと良いことが有るような・・・。にほんブログ村 [続きを読む]
  • SICA ZOO2400の箱作り
  • ようやく zoo2400の住処つくりです。イタリア製SICAの13cmWコーンフルレンジユニット。今回は、チョット変わった箱を と思ってJSP方式やファンネルダクト式を検討しました。JSPは13cmユニットで30L必要で大きすぎます。小型で重低音が期待できると言うファンネルダクトを試すことに。ファンネル(funnel)=漏斗(ろうと、じょうご)だと云う事を初めて知りました。ファンネルダクトスピーカーはdaichi(大地)さんがブログ [続きを読む]
  • 黒ニンニクを作る
  • 手作り黒ニンニクに挑戦です。先日、従兄弟が手作り黒ニンニクを持って来た。臭いが無いよ と言うことで一片試食。確かにニンニク臭さは無く、プルーンエキスに似た風味。面白そうだし、健康に良いらしいので作ることに、以前使っていた炊飯器が物置に有る、電源を入れると保温機能は動くようだ。象印NP-NE18(一升炊き)材料のニンニクをどうするか、スーパーで見ると250円/個前後。ネット通販で見つけたのは、青森産 並(訳あり [続きを読む]
  • 雲の晴れ間の皆既月食
  • 久々の皆既月食奈良では あいにくの薄雲で覆われた夜空雲の晴れ間にポチったが、皆さん心眼で見てください(笑)赤銅色の月が映っていますCANONPowerShotG11 f:4.5 1/8秒 IOS16002018/01/31 10:25頃シャッタースピードを遅くしようと暗闇の中で操作している間に お月さんは雲の中に。笑ってやってください。もしよろしければ↓↓をポチットにほんブログ村 [続きを読む]
  • SICA スピーカーユニット
  • 衝動買いスピーカーユニットSICA Z002400(イタリア製13cmダブルコーンフルレンジ)通販サイトでスピーカーユニットを見ていると、低価格4600円、人の声が良く再生する と。ネットでユーザーの使用感を検索すると、ヴァイオリンがきれい、明るく切れの良い明瞭な音など。思わずポチッてしまいました。13cmコーンに対し、サブコーンが目立ちます。エッジはゴム、プレスフレームもシッカリしています。眺めているだけではつまらな [続きを読む]
  • カリン(花梨)
  • カリン(花梨)バラ科カリン属(ボケ属)落葉高木樹・中国原産。かりんのど飴のカリンです。カリンの花はこちら4月にピンクいろの可愛い花が咲きます。剪定しないで放任しておくと、どんどん高くなります。果実は硬く(例えれば木の塊?)、木を揺さぶって落とすにはヘルメットが必要。長い高枝切りが有れば良いのだろうが、自然に落ちてくるを収穫している(当然傷だらけ)利用の仕方も、良い香りがするので、芳香材?として、ま [続きを読む]
  • ササゲの花
  • ササゲの花2,3日前から、さわやかな紫色の花が咲きだしたので一枚パチリ。6月26日にタマネギ後に播種し、現在草丈は1.8mを超えています。品種はタキイの赤種三尺ササゲ。暑さに強く夏から秋にかけて若鞘で収穫。インゲンと同じ様な料理法で。エンドウに比べ、花数は疎ら、花の大きさは一回り大きい。もしよろしければ↓↓をポチリとにほんブログ村 [続きを読む]
  • 暑い夏期に咲く燃えるような朱色
  • 蒸し暑い夏に咲く,朱色のフシグロセンノウ。若い頃、この時期、出張で山間部に出向いたおり、車を運転しながらでもよく目にとまった炎のようなフシグロセンノウ。5cmほどの花ですが朱色のこの花は目立ちます。フシグロセンノウ(ナデシコ科)の多年草。日本名:節黒仙翁は茎の葉の付く基部(節)が暗褐色であることから。仙翁(センノウ)は中国原産のナデシコ科の植物、但しフシグロセンノウは日本固有の植物。学名:Lychnis miqu [続きを読む]
  • 今年も咲いたよ!ヤマユリ
  • 梅雨の晴れ間にヤマユリが咲いています。今年は八輪咲きました。周りにヤヤあま〜い香りを放っています。花が大きく(重い)細い枝では倒れてしまうので、支柱と紐で支えています。カッキーはヤマユリの集落?を夢見ています。来年から庭の片隅に地植えを行おうと。↓ヤマユリのポットの横で咲いているボタンクサギの花。(野生化した株の枝を挿し木したもの)もしよろしければ↓↓をポチンと。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 姫柿(老烏柿)の植替
  • 6月に入り、姫柿の植え替えを行っています。一般に、食べる柿や老烏柿などの植え替え時期は2月〜3月が適期と言われています。カッキーの老烏柿についての最初の教科書「姫柿:山口安久氏」には、春の植え替えより6月の植え替えの方が木の生育の為には良いと書かれています(但し、実付きの雌株は落果の恐れがあるので除く)。カッキーも3月にも植え替えしますが、6月にも行っています。今回植え替えたのは約70cmの雄株(6月20日) [続きを読む]
  • かわいいカヤランの花
  • 昨年4月に木付けしたカヤランの花が開花しました。昨年の木付け様子。カイズカイブキの切り枝に糸で縛り付けたもの。葉色は元気が無さそうですが、ちっさな花を咲かせてくれました。花の大きさは5mmぐらいの米粒です。↓こちらは、数年前にヘゴ付けしたもので、京都産ですが花は奈良産と同じ(あったり前か)。もしよろしければ↓↓をポチポチとにほんブログ村 [続きを読む]
  • カンキツ苗の定植
  • ネットで注文していた柑橘の苗が到着しました。カンキツの植え付けは暖かくなってからなので、奈良では丁度良い時期になります。↓注文したものは、素掘り苗(育苗畑から掘り起こした)で、細根は多いですが、土は少し付いていますが殆ど裸苗、。 左が1年苗、右が2年苗。到着した時点で開封すると、付着していた土は乾いており、直ぐに水を掛け、ビニールシートで被い直しました。↓到着翌日に定植。その前に、30分ほど水に漬け吸 [続きを読む]
  • 春蘭
  • 二月ごろ、市内の産直店?で、蕾茎3本付いた株が500円で売られていた。安いから買ってみるか。花茎を包む苞がピンク色、根の周りが山土で覆われ、水苔で巻かれていた。日本春蘭の山取株のようだ。花後に消毒して本植えする予定で取り敢えず、鉢に仮植え。その花が開花した。香りは開花寸前に臭うが、持続性はない。花茎が赤い、カッキーが今まで見てきた野生の春蘭は黄緑色が殆ど。ネットで検索すると、このような赤味のある春蘭も [続きを読む]
  • 原木しいたけ栽培に挑戦
  • 昨年秋、菜園仲間から”原木しいたけ”を頂いた。 その日の内に、そのままコンロで炙り、ポン酢を掛けて。  香りと歯ごたえが堪らん。この味が忘れられず、挑戦してみたいと思っていた。今年の1月下旬に近くの雑木林を伐採していたので、クヌギの原木を分けて頂くことに。椎茸栽培はカッキーは始めてなので、経験者を含む菜園仲間3人で共同作業。取り敢えず、山から持ち出すために、径10cm以上の幹を1mほどにチェンソーで裁断。 [続きを読む]
  • スピーカーボックスDTQWTの妄想
  • 年始め、一番目はスピーカーボックスの記事で、こんなん考えました。”オイオイ”このブログは野菜つくりじゃないの?良いじゃないの、この時期、野菜は収穫だけだし、新しい品種も無いし。年末から、思いをつのらせた、想像・空想・妄想のD(W)TQWT.前回、ミニTQWTを作成。その後webで検索していると、「D(ダブル)TQWT」↓と言うのがヒットした。図-1 TroelsGravesenのDTQWTこれは20cmミッドバスに30cmのウーファーを付けた大がかりな [続きを読む]
  • スピーカーボックスの制作
  • 久々の工作雨の多い日、畑を追われたカッキー、何か手を動かしていないと・・・・・・。4年ぶりにスピーカーボックスを作ることにした。箱の形式は共鳴管方式。使用スピーカーユニットはTangBandのW3-1319、8cmフルレンジ。共鳴管方式のボックスは、スピーカーユニットのパラメーター(特性、性能)を考えなくとも良い。(いい加減なカッキーにはもってこい、厳密には必要)取り敢えず、全体の管の長さだけを考えれば良いい。以前 [続きを読む]
  • ホシアサガオの開花
  • 昨年、散策中に見つけたホシアサガオ。その時は、開花中で種子が充実していなかった。11月に同じ場所に行くと、地上部は見事に刈り取られていた。近くを徘徊すること20分、どうにかそれらしい枯れた植物体を1株見つけ種子を採取。春まで冷蔵庫で保存し、鉢に播種。ホシアサガオサツマイモ属ヒルガオ科北?アメリカ原産帰化植物一般?のアサガオは夏咲きなんですが、このアサガオはこれからが開花時期のよう。花径2cm弱の可憐な [続きを読む]
  • マクワ食べられた
  • もう収穫できるかなぁ。数日前から楽しみにしていたマクワウリ。今朝、見に行くと、アリャやられた。平栽培のマクワ、色よく仕上がった果実の半分が何者かに食べられています。玉葱ネットを被せていたのですが、袋を外し、果実を食べています。周りには、殆ど食べかすがありません。鳥ではなさそうで、アライグマか猿の仕業か?アライグマは隣の集落まで来ている様です、猿は離れ猿がこの近辺でも時折見かけます。周りの畑を見て回 [続きを読む]
  • カボチャ(ころりん)の収穫とウイルス
  • 棚栽培のカボチャ(ころりん)の初収穫に地這いカボチャのウイルスとマッカの近況を追加、合併しました。棚栽培の朱色カボチャ(ころりん)を初収穫。(7月14日)受粉を虫に任せたので、受粉日がわかりません。で、果柄の状態で判断しました↓。果柄がひび割れ、コルク化?していたので、取り敢えず、1ヶ試し採り。綺麗な朱色になっています。直径約13cm、重さ1.3kg。二週間ほど追熟させようと思います。・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • ころりん(カボチャ)収穫
  • 棚栽培の朱色カボチャ(ころりん)を収穫。受粉を虫に任せたので、受粉日がわかりません。で、果柄の状態で判断しました↓。果柄がひび割れ、コルク化?していたので、取り敢えず、1ヶ試し採り。綺麗な朱色になっています。直径約13cm、重さ1.3kg。二週間ほど追熟させようと思います。 [続きを読む]
  • かぼちゃ(立体栽培)その後
  • カボチャ立体栽培の続き前記事6月8日 6月23日皮色も品種(ころりん)特有の朱色を呈してきました。遮光ネットを裂いてハンモックを。3〜5cmぐらいの幼果の果皮が茶色くタダレた様になり、簡単に蔓から外れます↓。病気かなぁと思いましたが、大きな果実には見られないことから、未受粉の果実と考え、薬散はしていません。緑色の品種では、未受粉の果実は黄色くなって落ちるとありますが。この朱色の品種は、花が付いている時から [続きを読む]
  • ウリ三種
  • 瓜類三種の立体栽培。カボチャ、マクワウリ、キュウリ。キュウリの立体栽培は当たり前だろう、と云われそうですが。カボチャ前回の棚栽培の経過。カボチャの蔓も棚の上部を這うまでに広がっています。また、カボチャの実もすくすく育っているようです。朱色系のカボチャなもんで、幼果も黄色?(途中で落ちなければ良いが)マクワ(銀閣甜瓜)カボチャと同時に定植したのに、生育が遅いです。まだ、蔓は70cmほどか。重さ600g以上、 [続きを読む]