まるやん さん プロフィール

  •  
まるやんさん: 酒器で美味しくなるお酒
ハンドル名まるやん さん
ブログタイトル酒器で美味しくなるお酒
ブログURLhttp://xn--t8jjx7dr2r069uqjd1y6jmetbja.jp/
サイト紹介文酒器と料理で自宅でも居酒屋気分!お酒を美味しく呑むためのサイトです^^お取り寄せ通販も紹介してます。
自由文お酒を美味しく呑むために、素人の週末料理人の私が、楽しみながらオツマミを作っています。お取り寄せ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/11/23 11:57

まるやん さんのブログ記事

  • 秋刀魚(サンマ)のオイルサーディン風のブルスケッタ
  • 秋の味覚、秋の魚といえば・・・ やっぱり、サンマ(秋刀魚)ですよね! 刺身や塩焼きが定番ですけど、サンマでオイルサーディン風に作ってみる事にしました^^ イワシと同じく青魚なので、サンマでも合わないことはないはず!? 美味しいサンマの見分け方!? サンマは鮮度が落ちると、 口の先端の黄色い部分がなくなるそうです。 身体が太く大きく、頭が小さく見えるものが脂が乗っています。 それでは、下処理していきま [続きを読む]
  • ピーマンとジャコの炊いたん!臭くないちりめんじゃこ!?
  • どうしても、酒の肴が魚や肉になりがち・・・ たまには、野菜を肴にして食べようということで、ジャコとピーマンを出汁で軽く炊いてみました。 京料理で言うと「炊いたん」、 一般家庭の料理「おばんざい」の中でも簡単で手軽な調理法です。 サッと出来上がりますよ! 先ずは、ジャコを軽く乾煎りします。 ちりめんジャコの臭みを取り除く方法!アルコールで臭いを飛ばす!? ジャコの香ばしい香りがしてきたら、日本酒と [続きを読む]
  • 硬くない柔らかでジューシーな鶏もつ煮込みの作り方
  • 下町の味といえば、もつ煮込みですよね〜 モツは肝臓や腸などの内臓でホルモン、放らないで無駄なく食べないといけません。 レバーやハツなどは鉄分が豊富に含まれており、女性に多い貧血気味の方には特にオススメ! 鮮度が良ければ刺身で食べられますけど、そのうち、生肉の全てが低温調理したものしか提供できなくなるような時代になるかも!? 以前に、豚の大腸と小腸を使ってモツ煮込みを作りました・・・ 豚の大腸を使った [続きを読む]
  • 真鯛の皮ごとカルパッチョ
  • タイのカルパッチョは定番ですけど・・・ 皮付きのカルパッチョは珍しいのではないでしょうか!? ということで、湯霜造りにしてからカルパッチョにしてみました^^ 半身を使って湯霜造りにする場合は、背と腹に分けて切る前に湯霜にします。 湯霜造りのカルパッチョ!? 布巾やキッチンペーパーなどを被せ、90度ほどの熱湯をサッとかけて氷水で冷やして水分を拭き取ってください。 ここで、背と腹に分けるために血合 [続きを読む]
  • ブリのべっ甲漬け!?
  • ブリの刺身も美味しいのですけど、少し変わった食べ方で味わいたいなと・・・ 自家菜園で収穫した青唐辛子の辛味が効いた青唐辛子醤油に、刺身を鼈甲色になるまで漬けた「べっ甲漬け」を! まぁ、本来の「べっ甲漬け」は、伊豆大島の郷土料理で島とうがらしを使うのですが、青唐辛子で代用して作ってみたという訳です。 島とうがらしも辛いですけど、青唐辛子の辛いものは本当に辛いですよ! 青唐辛子醤油の作り方!? 激辛 [続きを読む]
  • サーモンの刺身を塩麹漬け!旨味のネットリ食感で珍味になる!?
  • 少し前にブームも過ぎ去った塩麹・・・ 意外と色々なものへと使えますよね! というわけで、塩麹を使った簡単な料理を作りました。 サーモンの塩麹和えの作り方!? 材料はサーモンの柵と塩麹に薄口醤油と薬味だけです。 食べやすいように角切りに切って塩麹を適量混ぜるだけ・・・ 混ぜ合わせたばかりの状態から・・・ 冷蔵庫に入れて数時間寝かせた具合です。 やはり、寝かせることで味が馴染みますし、 旨味も増 [続きを読む]
  • 茶碗蒸しは関西人の大好物で〆の定番!?
  • 関西の人の特徴!? 呑んだ後の〆に、 茶碗蒸しを頼む人が多いんですよね・・・ 私も同じくです! 関西ならではの出汁文化でしょう^^ 茶碗蒸しの出汁と卵の割合で失敗知らず!? 鰹昆布出汁と全卵を泡を立てないように混ぜ合わせ、口当たりや色味を綺麗にするために裏ごし器で濾します。 卵が1に対し、 鰹昆布出汁が3の割合で作りました。 味の調整は薄口醤油と塩に少量の日本酒です。 茶碗蒸しは割合さえ守れば硬すぎた [続きを読む]
  • 焼酎 芋焼酎 霧島町蒸溜所 「農家の嫁」
  • 焼き芋が芋焼酎になる!? 通常の芋焼酎は蒸したサツマイモで造られますが・・・ なんと、焼き芋で造られる焼酎があるのです^^ 今回、紹介するのは芋焼酎の定番、霧島町蒸溜所「明るい農村」の姉妹シリーズの「農家の嫁」です。 芋焼酎 「明るい農村」 の記事へ 黄金千貫の焼き芋は焼酎にすると美味しい!? サツマイモの品種は黄金千貫(コガネセンガン)で、 焼き芋にするためジックリと焼いてから使われています。 [続きを読む]
  • 鶏の手羽先の名古屋風唐揚げ
  • 焼き鳥屋に行くと必ず注文してしまう鶏の手羽先!? 手羽元の先にある部位だから手羽先! 他の部位とは違う柔らかな肉質、焼くと皮目がパリッとして中はジューシーだから美味しい訳ですよね^^ しかし、今回は焼き鳥ではなく・・・ 甘辛いタレが絡まった名古屋風鶏手羽の唐揚げにします。 先ず最初に、濃口醤油、日本酒、味醂、砂糖、ニンニク、唐辛子を煮詰めてタレを先に作っておきます。 段取りがスムーズに行えるように [続きを読む]
  • 栄螺(サザエ)の炊き込みご飯
  • サザエの代表的な料理といえば・・・ 壺焼きに刺身ではないでしょうか!? 刺身や壺焼きで食べる事が多いサザエですけど、炊き込み御飯にしても磯の香りがして非常に美味しいです。 サザエの刺身 の記事へ サザエの壺焼き の記事へ 王道は外せません! サザエの炊き込み御飯の出汁!? サザエは下処理さえすれば、砂が料理に混じる事もありません。 味が美味しくても、ジャリッとする食感が残ると台無しになってしまい [続きを読む]
  • 焼酎 芋焼酎 霧島町蒸溜所 「明るい農村」
  • 数多くの酒を飲み続けているのに、溜まっていく記事・・・ ということで、久々に、お酒の記事を書く事にしました。 居酒屋で馴染み深いはず!? いも焼酎の「明るい農村」です。 定番の芋焼酎ですよね^^ 太陽と稲穂のラベルが目を引くのですが・・・ 芋焼酎なのに稲穂!? 田園風景が広がる米農家が多い農村!? なんだか、芋を少しは入れてほしいなと少し残念な気分^^; 原料は、サツマイモと国産米から造ら [続きを読む]
  • ムール貝のエスカルゴバターを使ったワイン蒸し!?
  • 大好きな貝、ムール貝を少しアレンジして、 ワイン蒸しにしたのですけど・・・ 失敗してしまいました^^; 活きのムール貝です。 水につけて浮いてくる貝は死んでいたり、身入りが悪く食べても美味しくないので捨てます。 金タワシなどで綺麗に表面を洗って、足糸(ヒゲ)を抜きます。 足糸を取るとムール貝は生きていられないので、食べる直前に取ってください。 それでは、下処理が終わったムール貝をワイン蒸しにし [続きを読む]
  • カツ丼は余ったトンカツの定番料理!?
  • 揚げたて熱々でサクサクのトンカツは美味しいのですが、冷えてしまうと脂身が美味しくありませんよね・・・ というわけで、作りすぎて余ったトンカツはカツ丼にして美味しく食べています。 もちろん、揚げたてのトンカツをカツ丼にした方が美味しいのは言うまでもありませんけど^^; トンカツの作り方やカツ煮については・・・ トンカツ の記事へ カツ煮 の記事へ 冷えたトンカツを熱々のカツ丼にすると美味しい!? [続きを読む]
  • カツ煮、カツ皿!?ステーキ皿で熱々をどうぞ!
  • たまに、無性に食べたくなるトンカツ・・・ トンカツをそのまま食べても美味しいですけど、カツ煮とかカツ皿と呼ばれているトンカツを卵でとじたものも美味しい! まぁ、簡単に言うとカツ丼の具で、ご飯を抜いたものであり酒の肴にもなる一品です。 それに、作りすぎて余ったトンカツでも熱々にして食べる事ができますよ^^ とんかつ用の豚肉を筋切りして塩とコショウを振り、薄力粉をつけて卵液にくぐらせてパン粉をつけて [続きを読む]
  • ムール貝の炭火焼き
  • ムール貝をシンプルに焼いて食べる・・・ ムール貝の炭火焼き! また、炭火ってのが良いんですよね^^ 活ムール貝です。 ちょっと、買いすぎてしまいました^^; 活ムール貝の下処理!? 水に浸けて浮いてくる貝は死んでいたりするので捨ててください。 次に、金タワシなどでゴシゴシと殻を綺麗に洗い流します。 &n [続きを読む]
  • ムール貝の酒蒸し
  • 白ワインのお供には、ムール貝のワイン蒸し! 日本酒のお供には、 ムール貝の酒蒸しでしょう! ということで、ムール貝の酒蒸しを作りました^^ 国産の活ムール貝です。 ムール貝は、イガイ(瀬戸貝)そっくり!? イガイ(瀬戸貝)の酒蒸しポン酢 の記事へ イガイ(瀬戸貝)のエスカルゴバター の記事へ どちらの貝も味や食感は似ていて [続きを読む]
  • 料理専用の新しいサイト「自宅居酒屋」へ移転しました。
  • 料理専用の新しいサイト「自宅居酒屋」を作成中です。 「自宅居酒屋」 のサイトへ とは言っても、コチラの「酒器で美味しくなるお酒」にも、色々な写真が溜め込まれている状態なので更新はしていきます・・・ という訳で、「酒器で美味しくなるお酒」では、過去の写真の記事に、新たな雑記などを自由に追加していく予定です。 今後、新たに料理した写真や動画などについては、「自宅居酒屋」へア [続きを読む]