ゆうじん さん プロフィール

  •  
ゆうじんさん: オヤジ打ち〜Swallows Big Bonus
ハンドル名ゆうじん さん
ブログタイトルオヤジ打ち〜Swallows Big Bonus
ブログURLhttps://ameblo.jp/yuujin0929/
サイト紹介文東京ヤクルトスワローズ関連で、「自分の私感」を記しています。
自由文基本的にプロ野球&パチンコ/パチスロの内容が大半のブログです。野球に関しては大半の記事が東京ヤクルトスワローズ関連で、他球団比で絶対数が少ない東京ヤクルトスワローズのいちファンとして、マイペースで「自分の私感」を記しています。単なる一般論や大半の見方に無条件で同調することはないタイプなので、こうした視点を求める向きには適さないブログかもしれません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2013/11/22 22:01

ゆうじん さんのブログ記事

  • 小事は大事だと感じた、カープ戦でのスワローズ連敗
  • 今日の試合は、ロースコアの1点差で決着した。ロースコアの試合では、得点の奪い方、失点の重ね方が勝敗を分けることもあるように思う。今日の試合を観ていて、小さなミスが試合結果を左右するという意味合いで、小事が大事という言葉を思い出した。マツダスタジアムで開催されたカープvsスワローズは、2-3でスワローズ敗戦。スワローズは3連敗で、借金1となった。今日の試合はスワローズが1点差で敗れたが、結果的には1度も同点に [続きを読む]
  • 両チームの先発投手の傾向が顕となり、スワローズ完敗
  • 今回のタイガース3連戦の初戦後にアップした記事にも記載したが、自分は今年のタイガース戦に対して、以下の印象を抱いている。>今年のタイガース戦はロースコアの展開が多くなる筈。最少得点で何とか逃げ切って欲しい。前日の試合後にアップした記事では、以下の内容を記した。>この2試合はロースコアの展開で、タイガースの流れとなり兼ねない流れだったものの、スワローズ投手陣が持ち堪えた。3戦目もスワローズ投手陣が持ち [続きを読む]
  • ロースコアの競り合いから終盤に抜け出してスワローズ完封
  • 当ブログでは前日の試合後に記した記事の中で、高い投手力を有するタイガース戦はロースコアの展開となるケースが増えるのではないかという旨を記した。タイガースは前日の試合に先発した藤浪投手が7回1失点、今日の試合に先発した秋山投手ば7回2失点にスワローズ打線を封じた。この2試合のタイガース先発投手は自分の予想通り、高い力量を示した。だが、この2試合でスワローズの先発投手、中継ぎが奮闘して、タイガース打線を封じ [続きを読む]
  • スワローズ投打で噛み合わず、ドラゴンズ3連戦に3連敗で勝率5割へ
  • 今日の予告先発はスワローズが館山投手、ドラゴンズが吉見投手だったが、自分は両投手が先発した試合として思い出すのが、2011年のCSファイナルステージ第5戦である。スワローズはこの試合に敗れ、シーズン中には最大で二桁ゲーム差をつけていたドラゴンズに逆転されたリベンジを果たせず、青木選手はこの試合を最後にMLBに活躍の舞台を移した。あのCSファイナルステージ第5戦から6年半程度が経過して、両先発投手のチームにおける [続きを読む]
  • ハフ投手が再び中盤に大量失点してスワローズ連敗
  • 今日の試合で注目していたのは、スワローズ先発のハフ投手がどんな投球をするのかだった。当ブログでは、前回登板時に5回までノーヒットに抑えていながら、投球数が100球に近付いた6回に一挙5失点した為、個人的にはスタミナ面に課題があるのではないかと疑問を呈した。今日の試合では4回まで僅か49球でノーヒットに封じていたものの、5回二死から一挙7失点。イニングや投球数は異なれど、前回登板時と同様に中盤に大量失点という [続きを読む]
  • 神宮球場TOKYOシリーズ第2戦もスワローズ二桁得点で大勝
  • 東京を本拠地とするスワローズとジャイアンツによる、神宮球場での「TOKYOシリーズ」第2戦は、初回から点の取り合いとなる乱打戦になった。結果的にはスワローズが毎回安打を放ち、二桁得点を奪ってジャイアンツに逆転勝利。TOKYOシリーズを連勝した。今日の試合は若手が大活躍するとともに、ジャイアンツより質の高い野球を観せてくれたように感じられた。小川監督が復帰してからの取り組みが、成果となりつつあるのではないだろ [続きを読む]
  • 競り合いの脆さと今後への光明を感じたスワローズ敗戦試合
  • 小川監督は昨年の戦いぶりに対して、淡々と試合を消化しているような印象を感じた為、選手に執念あるプレー、戦いぶりを求めている旨をコメントしている。今日のスワローズは、昨年とは異なり小川監督が求めるプレー、戦いぶりを見せたように思う。個人的には今後の戦いに向けて光明も感じられた。他方、投手陣の不安が露呈するとともに、リードを許す展開から競り合いに持ち込む際の脆さも感じられた。神宮球場で開催されたスワロ [続きを読む]
  • 勝負どころで両チームの力量差を感じさせられたスワローズ完敗試合
  • 今日のスワローズ神宮球場開幕戦は、現地観戦した。自分が試合中から感じていた印象は、カープが野球の質の違いをスワローズに見せつけるかのような戦いぶりというものである。ピンチの局面での踏ん張りの有無、勝負どころでのたたみかけるような攻撃内容といった点に、両チームの力量差が如実に出たように感じられた。神宮球場で開催されたスワローズvsカープは、3-6でスワローズ敗戦。スワローズは連敗で勝率5割となった。今日の [続きを読む]
  • MLBに新たな可能性を提示した大谷翔平投手の初勝利
  • ロサンゼルス・エンゼルス(以下、LAA)の大谷翔平選手が、オークランド・アスレチックス戦で初先発初勝利を挙げた。2018.4.1(現地時間)は日本の野球史だけではなく、MLBの歴史でも二刀流(Two-way)記念となる日になったのではないだろうか。現在のMLBは米国の野球の枠を超えて、世界中の才能が集う場となっている。NPBで活躍した選手がMLBに活躍の場を移しても、レベルの高さに跳ね返された例も多数ある。そんなMLBという舞台 [続きを読む]
  • 今年の戦いぶりに対する期待感を高めたスワローズの開幕2連勝
  • 昨年のスワローズは、球団歴代最多敗戦数を記録する惨状だったものの、開幕4試合を終えた段階では3勝1敗で貯金2だった。結果的には、この開幕4試合時が最高の成績だった。一昨年は開幕から連敗して、1度も貯金を作れずにシーズンを終えていた。そう考えると、今年は僅か2試合を終えた段階に過ぎないものの、連勝という結果は喜べるものかもしれない。個人的には2試合ともスワローズの「勝ちパターン」の展開に持ち込んだ末の勝利だ [続きを読む]