うぴょぴょん さん プロフィール

  •  
うぴょぴょんさん: ウクレレ日記
ハンドル名うぴょぴょん さん
ブログタイトルウクレレ日記
ブログURLhttp://kaze3742.blog.fc2.com/
サイト紹介文自作したウクレレなどの紹介です
自由文ウクレレ大好き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/11/23 14:04

うぴょぴょん さんのブログ記事

  • 指板の均し
  • 指板が乾燥したら、飛び出した部分をカットします。作業台にネックを固定します。ルーターを使うときは、必ずしっかりと固定をします。ルーターのビットはベアリング付きの目地払いビットを使います。これで飛び出した部分をカットします。ネックと同じ形に指板がカットされます。カットが終わりました。大日商 コーナービット 目地払いDX12×12 [続きを読む]
  • 指板の取り付け
  • ネックに指板を接着します。フレットの溝に対して直角になるように中心線をひきます。何だか板に対して、少し線が斜めになります。マイターボックスを調整する必要がありそうです。今回は、板が少し大きめなので特に問題はありません。ネックにタイトボンドを塗ります。接着します。余分な部分はカットしてしまいます。【日立工機】 卓上糸のこ盤 FCW40SA 卓上糸鋸盤 [続きを読む]
  • ヘッドに貝
  • 色々考えたところ、一つはヘッドの一部を貝にすることにしました。メイプルの耳をつけた一部を貝に変更しました。黒蝶貝です。ここは外れやすいので、瞬間接着剤で貼り付けました。ボール盤にヤスリビットを取り付けて形を整えます。強く当てすぎると、割れる恐れがあるので気を付けます。上手くできました。反対側のとがった部分にも貝をつけます。RYOBI/リョービ リョービ卓上 ボール盤 TB-1131K [続きを読む]
  • ヘッドのカット
  • ヘッドをカットします。ルーターにはベアリング付きストレートビットを装着しました。作業台にネックを固定して、ルーターでカットします。ルーターを固定する面が狭いので、注意して少しづつ作業していきます。また、とんがった箇所は特に慎重に形を作っていきます。なんとか終わりました。【代引不可】 トリマー・ルータービット TR-61 呼称:10×10×6 超硬ストレートビット(ガイドベアリング付) (トリマー用) [続きを読む]
  • ヘッド カット準備
  • ヘッドをカットしたいところですが、準備をします。準備をしっかりやっておかないと、失敗の確立が高くなります。ヘッドの裏面にガムテープを貼ります。いくつかのパーツを組み合わせているので、ルータを使うときにはこれをしておかないと、パーツが欠けて飛んで行ってしまうことがあります。周りを大雑把に切っておきます。そして、治具を両面テープで貼り付けます。両面テープもパーツの接着面にかぶるように貼ります。これで準 [続きを読む]
  • ヘッドの形成
  • 耳をつけたヘッドにテンプレートで位置決めをして、けがきます。このとき、ヘッドの面に対して垂直になるように、裏面に位置をきめます。ネックの面に合わせると、カット面が斜めになります。これを大雑把にカットします。少し大きめにカットして、周りに余端を残します。表面に凸凹がある場合は、サンドペーパーで均しておきます。こんな感じです。SK11 卓上糸鋸盤 400mm SSC-400PE(1台)【SK11】【送料無料】 [続きを読む]
  • 指板カット
  • 指板をカットしていきます。治具があるので、細かい調整は必要ありません。治具がまっすぐ固定されているかを確認して作業します。今回は、マイターボックスをクランプで固定しましたが、底にネジ用の穴が開いているので、これを利用すると、確実に固定でき、作業もより正確にできます。0フレットと下端(24フレット)はそのまま指板を切り離してしまいます。この時、そのままだとガイドがじゃまするので、治具を少し底上げしま [続きを読む]
  • フレットの溝
  • マイターボックスのセットが終わったので、フレットをカットしていきます。まず、治具に両面テープで指板を貼り付けます。位置は、マイターボックスにセットして決めます。これをマイターボックスにセットします。付属の固定具でズレないように固定します。カットします。ガイドローラーをピッタリと鋸の厚みに合わせているので、ぶれません。綺麗にカットできます。【オススメ】【超特価】 〈ゼット〉  ゼットソー たてびき 8寸 [続きを読む]
  • ヘッドの治具
  • ヘッド用の治具を作ります。MDFボードに型紙を貼ります。これを糸鋸盤でカットします。できるだけ正確にカットします。どうしても凸凹ができてしまうので、カット面をサンドペーパーで均します。ボール盤にサンドペーパーを貼り付けたヤスリビットをセットしています。完成です。これを使ってヘッドの整形をします。【送料無料】藤原産業 SK11 卓上ボール盤 300W SDP-300V [続きを読む]
  • その他のネック 耳
  • 何だかヘッドの耳の記事が続きますが、残りの2本も耳をつけます。テンプレートでヘッドの位置をけがきます。概略の位置でカットしました。カットした端材は耳にするので、捨てません。耳が付く位置にローズウッドの付き板を貼ります。端材をつかって耳をつけました。できるだけ模様を合わせるようにします。タイトボンド3 16oz(520g) [続きを読む]
  • 耳の取り付け
  • 突板の飛び出した部分をカットしておきます。カーリーメイプルの端材です。これをヘッドの厚みより少し大きいサイズでカットします。こんなパーツができます。ヘッドに貼り付けます。E-Value クイックバークランプ 100mm ERC-100S [続きを読む]
  • ヘッドの耳
  • ヘッドに耳をつけます。テンプレートを使って耳を付ける位置を決めます。紫檀の付き板をカットします。これを耳の位置に貼り付けます。こんな感じになります。ここにもう一つのパーツがつきます。タイトボンド3 16oz(520g) [続きを読む]
  • ヘッド テンプレート
  • ヘッドのテンプレートを作ります。まとめて何台か作るときは、位置決めなどテンプレートがあると便利です。型紙です。これを0.4mmの透明プラバンに貼り付けます。まず、型紙の周りを適当にカットします。直線の部分をカッターで正確にカットします。これをスティック糊で貼り付けます。ハサミでカットしていきます。サンドペーパーで形を整えて中心線とペグの位置をつけます。紙を剥がして完成です。透明プラバン 0.4mm厚 B4サイ [続きを読む]
  • ネックのカット
  • けがいた線をカットします。線に合わせて7mm厚の板を固定します。線に合わせる辺が直線になっていることを確認しておきます。ベアリング付きストレートビットを使って、ルーターでカットします。この時しっかりとクランプで固定して、何度かに分けてカットするとずれません。ネックらしい形になってきました。RYOBI/リョービ リョービトリマ TR-51 電動 工具 [続きを読む]
  • ネックの形成
  • ネックの形を作ります。まず、指板の位置を決めます。サドルの位置をけがきました。次にネックの下の部分です。23フレットから5mmほどとった位置です。ネックの後ろ側に若干の余りができます。更にトップとボトム側を結んだ線をひきます。こんな感じです。この線のところでカットします。シンワ測定 シンワ完全スコヤ15cm表裏cm目盛 15cm 62009 [続きを読む]
  • ネックの加工
  • トラスロッドの蓋の飛び出しを均します。ネックを固定してカンナで削ります。トラスロッドの固定ナットが上下についているので、カンナの刃を破損させないように注意が必要です。このカンナはとても重宝します。カンナで大体均したら、サンドペーパーで仕上げます。平らになりました。オカマル金物 最適カンナミニ J-45【D】 [続きを読む]
  • 治具続き
  • 印をつけた補助線をカットしていきます。正確に、まっすぐ切ります。切れました。多いので、けっこう面倒です。少し太い刃で中をとります。こんな感じになります。ヤスリで整えて60mmでカットしました。カット面はカンナで綺麗にしておきます。マイターボックスにあててみました。ぴったりです。これで、大分フレット作業が楽になります。GROBET 糸鋸フレーム 固定式 70mm [続きを読む]
  • フレット 治具
  • 新しいマイターボックスをよく見ると、治具用の突起がありました。ここに治具をはめれば、簡単に位置合わせができます。確かに、ギター用の治具も一緒に売っていました。しかし、今作っているウクレレのスケールに合ったものは、もちろん売ってはいません。そこで面倒だけれど、自作します。5mm厚のMDFボードです。これに印をつけていきます。テンプレートと同じように0.1mm単位でフレットの位置に印をつけます。印に合わせ [続きを読む]
  • フレット テンプレート
  • 今回は3台同じサイズで作成するため、フレットも同じスケールで切ります。ということで、フレット用のテンプレートを作ります。0.4mm厚のプラバンです。フレットの計算表です。表に合わせて、プラバンに印をつけていきます。直角に線を引いてカットします。これで完成です。シンワ測定 シンワ完全スコヤ15cm表裏cm目盛 15cm 62009 [続きを読む]
  • フレット マイターボックス
  • 自作したフレット用のマイターボックスが古くなりガタが出てきました。溝の下も緩くなり、切れ目も大きくなっています。ということで、買いました。Stew Macのマイターボックスです。昨日送られてきました。何だか以前のものよりグレードアップしているようです。けっこう高価です。説明書と一緒に工具が同封されています。この工具で調整をします。このゼットソー8寸目に合わせます。横のネジを緩めて鋸の厚さに合わせて隙間を調 [続きを読む]
  • トラスロッド蓋
  • 埋め込んだトラスロッドに蓋をします。3mm厚の端材です。ノギスでトラスロッド上端までの深さを測ります。この時、少し強めにノギスの芯でロッドを押し込んで測ります。幾つかのポイントで深さを測って端材に映します。印を線で結んで形をだします。カットしました。サンドペーパーで形を整えてタイトボンドで接着します。タイトボンド 16oz(520g) [続きを読む]
  • トラスロッド組み込み
  • トラスロッドの溝を彫ったら、次は板ナットの溝を彫ります。けがいておいた印に合わせて小型ノミで溝を彫ります。一気にノミを打ち込むと角が欠けてしまうので、少しずつ丁寧に作業します。ごく細ツールで形を整えます。トラスロッドをハメ込みます。ナット部分を打ち込んで、平らにします。できました。押し込んで、溝の中で湾曲するのを確認します。ベッセル プラスチックハンマー70#1 1 No.70 [続きを読む]
  • 溝を彫る
  • トラスロッドの溝を彫ります。3mmのストレートビットでネックの中心に溝を彫ります。予め印をつけておいた深さで彫っていきます。写真では少し見にくいですが、溝の深さが階段状になっています。最後にヘッド付け根に4mmのビットで工具を差し込む穴を掘ります。この穴の上にトラスロッドカバーがつきます。3本とも加工しました。最近は外気温も高く、作業が大変です。【あす楽】【在庫有】【全国送料無料】京セラ/リョービ( [続きを読む]
  • トラスロッドの溝
  • トラスロッドを埋める溝を掘ります。ネックのサイド面のロッドをあてて位置決めをします。ロッドは写真のように曲がった状態で入ります。写真のようにけがいておきます。線は、ロッドの下側でひきます。けがいたカーブに沿って溝が彫れればいいのですが、ルーターで深さが自然に変わっていく溝を掘るのは難しいので、階段状の溝にします。写真のように1mmずつ深さが変わる位置を中心にとっておきます。この線に合わせて溝を掘り [続きを読む]
  • ヘッドの調整
  • 組み立てたネックのヘッド部が、まだ整っていません。この面を平らにします。ヘッド面が、ネックの軸に対して歪まないように直角の線を入れます。この線と平行になるように削っていきます。サンドペーパーで平らにします。この時、削りすぎないように気を付けます。この削っている面は表面が平らになればいいです。ここにはツキ板を貼り付けます。こんな感じです。これを3本加工しました。サンドペーパー [続きを読む]