うぴょぴょん さん プロフィール

  •  
うぴょぴょんさん: ウクレレ日記
ハンドル名うぴょぴょん さん
ブログタイトルウクレレ日記
ブログURLhttp://kaze3742.blog.fc2.com/
サイト紹介文自作したウクレレなどの紹介です
自由文ウクレレ大好き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/11/23 14:04

うぴょぴょん さんのブログ記事

  • ブリッジ
  • ブリッジの追加分を作ります。現在、まだ2つしか作っていないのです。ブリッジの枠の台に付き板を貼ります。バーズアイメープルです。カッターでカットします。輪郭をヤスリで綺麗にします。これを着色しました。こんな色になりました。型に入れます。UVレジンを流し込んで気泡を抜きます。固めます。こんな感じになりました。★送料無料★レジンスターターキット★レジン uvレジンUV レジンレジン セットUVライト レジンuvライ [続きを読む]
  • ネックのはめ込み
  • ルーターでネックの穴を彫りました。ルーターを使うと、とても綺麗に仕上がります。ガイドの板を外します。これをルーター無しで作るのは、かなり困難です。ルーターを使うと、どうしてもコーナーが丸くなってしまうので、ネックの角を削って調整します。ピッタリ合いました。高さも良いようです。ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセット楽天で購入 [続きを読む]
  • ネック結合溝
  • ネック結合部に溝を彫ります。結合部にボール盤で穴を座ぐっていきます。穴の深さはネック根元の高さより浅めにしておきます。このように下穴を開けておくとルーター作業が安全で楽になります。ベアリング付きストレートビットを使ってルーターで溝を彫ります。RYOBI/リョービ 卓上 ボール盤 TB-1131K楽天で購入 [続きを読む]
  • ネックの位置合わせ
  • ボディーとネックの位置合わせをします。レーザー水平器を使って、それぞれの中心がピッタリ合うように位置を決めます。この状態でネックに合わせて接続面にけがいておきます。MDFピースです。100円ショップにありました。これをけがいた線に合わせて両面テープで貼り付けていきます。こんな感じになります。【ボッシュ BOSCH】ミニレーザーレベル GLL1P楽天で購入 [続きを読む]
  • レジン流し込み
  • 型にレジンを流し込んでいきます。ポリウレタン樹脂のレジンです。2液混合タイプのもので、非常に粘度が低く、硬化が速いです。硬化剤と1:1の割合で混ぜ、流し込みます。硬化が早いので素早く作業します。10分ほどで、取り出せます。固まると白くなります。この後、バリ等をサンドペーパーで整えます。ウェーブ・レジンキャストEx.2kg アイボリー楽天で購入 [続きを読む]
  • ピックアップカバー
  • ピックアップカバーを作ります。カバーといっても、今は側面だけです。以前作った型です。これを使って作成していきます。まず、芯に細くカットしたビニールテープを貼っていきます。貼るというよりは巻き付けていくといった感じです。こんな感じで片側にテープを巻いて、厚みを付けます。これを型の本体にはめ込みます。このとき、ビニールテープの厚さを調整して、ピッタリになるようにします。表から見るとこのようになります。 [続きを読む]
  • ペグの穴
  • ペグの穴を開けます。ヘッドの裏側にガムテープを貼ります。こうすることで、ドリルの出口が欠けるのを防ぎます。まず、7mmの穴を開けます。これはペグの軸の大きさです。欠けることなく、綺麗に開きました。次に8.5mmのドリルで穴を広げます。この時、貫通しないようにキャップの高さに合わせて深さを調整します。キャップをハメるとこんな感じです。若干緩くても、塗装すると丁度良くなります。型紙を剥がしました。AP [続きを読む]
  • ヘッドの形成
  • ヘッドの形を作ります。ウクレレの性能には全く関係ありませんが、飾りです。型紙を貼り付けます。型の貼っていない部分を削ります。固定してナイフでカットしていきます。大雑把にカットしたら、サンドペーパーで仕上げていきます。こんな感じです。つなぎ目の模様がいい感じになりました。同様に上と左下も加工します。3台分終わりました。刃の角度が鋭角なため、細かい作業に良いです。エントリーで全商品ポイント5倍 10日23 [続きを読む]
  • ヘッド インレイ仕上げ
  • 花の隙間にピンク色に着色したエポキシを詰めます。輪郭部分の隙間があるところには透明のエポキシを入れてあります。サンドペーパーで均します。インレイ完成です。刷毛で掃除をして隙間があるところはエポキシを詰めて修正します。コニシ ボンドクイック30 【エポキシ接着剤】 80gセット楽天で購入 [続きを読む]
  • 葉脈
  • 葉脈の隙間に着色したエポキシ接着剤を詰めます。完全に固まったらサンドペーパーで均します。葉脈が浮かび上がってきます。再度型紙を貼って、花の部分も彫りました。花を詰め込みます。これも花びら一枚一枚をカットしてあります。ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセット楽天で購入 [続きを読む]
  • 葉っぱインレイ
  • 葉っぱの部分をドレメルで彫りました。下地が白っぽいので、できるだけピッタリに穴を掘ります。特にこの面は着色するため、隙間が目立ってしまします。葉っぱを左右にカットします。見づらいですが、葉脈も切り込みを入れています。葉脈が綺麗に出るように、左右の隙間を開けて接着します。全部貼り付けました。ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセット楽天で [続きを読む]
  • ヘッド インレイ
  • 1台にはヘッドにインレイをいれます。インレイがあまりたくさん入っていると、しつこくてあまり好きではないのですが、全体のバランスを考えて入れていきます。端材をカットして型紙を貼りました。トラスロッドカバーの位置も考えてデザインします。ラミネートの貝シートをカットして葉っぱを作ります。こちらは花です。黒蝶貝を使っています。けっこう小さいパーツなのですが、丁寧に加工することで仕上がりが変わってきます。GR [続きを読む]
  • 付き板の接着
  • カットした付き板にトラスロッド調整用の穴を開けます。ナットを挟んだ状態で穴の中心を確認します。穴を開けてヤスリで形を整えます。穴の位置を合わせて接着します。接着はタイトボンドを使っています。綺麗につきました。カッターで横に飛び出した部分をカットします。今はまだカットするだけでいいです。この後ヘッドの形を削っていきます。タイトボンド3 16oz(520g)楽天で購入 [続きを読む]
  • ヘッドの付き板
  • ヘッドに付き板を貼ります。1.5mm厚の端材をカットしました。若干大きめにカットしてあります。ナットがハマる面に角度をつけます。このようにナットを指板とピッタリ挟むようにします。このナットは牛骨のものです。PICKBOY / パーツ Guitar Maintenance Parts Nut N3-CB エレキギター レスポールタイプ用ナット 牛骨製 【ピックボーイ】【ギターメンテナンスパーツ】【Electric Guitar Les Paul Type】【Carbon Graphite】【神 [続きを読む]
  • ナットの整形
  • ナットの形を削りだしていきます。基準面に平行になるように反対側の面を削ります。この面は完全に平行になるように慎重に作業します。次に上下の面を削ります。この面はネックに直接触れるので、密着するように現物に合わせて調整します。最後に左右の長さを合わせます。完成です。かなり綺麗です。鉄工ヤスリ 木工ヤスリ ワックスヤスリ 【ブライト900 精密ヤスリ 12本組 #6 刀刃】楽天で購入 [続きを読む]
  • ナットの作成
  • ナットを作ります。3台のうち2台は、材質などから牛骨がいいと思っていますが、1台は貝を使います。黒蝶貝を糸鋸盤でカットします。幅70mmでカットしています。けっこう大きい貝なので、厚みがあります。カットした貝に定規をあてて、3〜4mm位の厚みが取れるところを探してカットします。そして、基準になる面を削りだしていきます。面がとれました。この面を基準に形を作っていきます。【送料無料】藤原産業 SK11 卓上糸 [続きを読む]
  • サイドポジション
  • サイドポジションをいれます。ネックを万力に固定します。指板の上面に平行になるようにポジションを入れるラインをひきます。位置を間違えないように気を付けてニードルで印をつけます。この時、フレットの真ん中になるように、正確に穴をあけます。ボール盤で穴を開けます。ドリルの刃をできるだけ少なく出すことで、刃がしなって位置がズレるのを防ぎます。ポジションマークをはめ込みます。穴の中に接着剤を塗ってあります。完 [続きを読む]
  • インレイ仕上げ
  • インレイも、もうすぐ終われそうですが、少し気になる部分があるので修正します。桜の花びらを貝で作りました。非常に小さいパーツです。これを埋め込みます。穴を開けて入れました。花びらが散っています。飛沫部分にはシルバーマイカで着色したエポキシを流し込みました。サンドペーパーで均してウエスで磨きます。完成です。やっと3本終わりました。【メール便可】藤原産業 SK11 ポリマール プラスチックみがきクロス 1枚入 FK [続きを読む]
  • 飛沫のインレイ
  • シャチの部分のインレイが終わったので、続いて飛沫をインレイします。型紙に合わせてドレメルで削っていきます。大きい部分はできました。更にピットの幅よりも細くて細かい部分は、精密ノミで加工します。こんな感じです。型紙を貼っていないところは大体の感じで彫りました。[最大1000円OFFクーポン★10/26 9:59迄] 【メール便可】SK11 精密マイクロナイフ PNM-7 ナナメバ S 4977292279307 [半田ゴテ 精密工具][r13][s1-000]楽 [続きを読む]
  • ヤスリ掛け
  • エポキシが固まったので、サンドペーパーで均します。気泡などで埋まりきっていないところを、ニードルで清掃します。フレット溝も掃除します。貝でつながっている部分をナット用のヤスリで削り取ります。こちらもけっこう失敗することなく綺麗に削れます。HOSCO Luthiers Tools TL-NF10 (ナットやすり)(ご予約受付中)【ONLINE STORE】楽天で購入 [続きを読む]
  • インレイ 隙間
  • 接着したインレイの隙間を埋めていきます。着色したエポキシ接着剤を隙間に入れていきます。この時は、下地の模様に合わせて色を調整すると、ほとんど目立たなくなります。埋めました。分かりづらいですが、エポキシは二色使っています。忘れていました。3Fに月のインレイを入れました。これは購入したラミネートのカットしてあるパーツなので、隙間なく簡単に収まりました。このままエポキシが固まるのを待ちます。エポキシの着 [続きを読む]
  • パーツの接着
  • ここでパーツを埋め込んでいこうと思いましたが、月の反射部分を作っていませんでした。あわてて貝をカットしました。三つのフレットを跨ぐので、初めから3等分にしてあります。指板にも穴をあけます。パーツを接着しました。けっこう上手くできました。このとき、隙間は埋めません。隙間は後で作業します。コニシ ボンドクイック30 【エポキシ接着剤】 80gセット楽天で購入 [続きを読む]
  • パーツ埋め込み
  • 完成したパーツを埋め込んでいきます。丁寧にドレメルで指板を彫っていきます。できるだけピッタリになるように、細部を調整しながら彫っていきます。うまく収まりました。こんな感じで一つ一つ丁寧に作業していきます。終わりました。魚地球 精密組ヤスリ 3.9Φ×200mm #6<油目><5本組サイズ/単品:各5種類>楽天で購入ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセ [続きを読む]
  • パーツ仕上げ
  • エポキシが固まったら、盛り上がった余計な部分をカットします。この時、あまり力を入れてそぎ落とすと、柔らかいエポキシ部分を削りすぎてしまう可能性があるので注意します。ヤスリで形を整えます。削りすぎないように注意して作業します。これでパーツが完成しました。けっこう時間がかかりました。魚地球 精密組ヤスリ 3.9Φ×200mm #6<油目><5本組サイズ/単品:各5種類>楽天で購入 [続きを読む]
  • 貝の隙間
  • 貝の隙間を埋めていきます。まずエポキシ接着剤を着色します。シルバーマイカ(白い雲母)と白の顔料を混ぜます。次に金色の雲母を少し入れて軽く混ぜてマーブル状態にしたものを隙間に流し込みます。これでパーツ同士が接着されます。【メール便は代引き不可】マイカ パウダー(雲母)20g / Mica Powderミネラルファンデーションに混ぜて白肌色を調節してもOK!楽天で購入 [続きを読む]