うぴょぴょん さん プロフィール

  •  
うぴょぴょんさん: ウクレレ日記
ハンドル名うぴょぴょん さん
ブログタイトルウクレレ日記
ブログURLhttp://kaze3742.blog.fc2.com/
サイト紹介文自作したウクレレなどの紹介です
自由文ウクレレ大好き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/11/23 14:04

うぴょぴょん さんのブログ記事

  • パーツの接着
  • ここでパーツを埋め込んでいこうと思いましたが、月の反射部分を作っていませんでした。あわてて貝をカットしました。三つのフレットを跨ぐので、初めから3等分にしてあります。指板にも穴をあけます。パーツを接着しました。けっこう上手くできました。このとき、隙間は埋めません。隙間は後で作業します。コニシ ボンドクイック30 【エポキシ接着剤】 80gセット楽天で購入 [続きを読む]
  • パーツ埋め込み
  • 完成したパーツを埋め込んでいきます。丁寧にドレメルで指板を彫っていきます。できるだけピッタリになるように、細部を調整しながら彫っていきます。うまく収まりました。こんな感じで一つ一つ丁寧に作業していきます。終わりました。魚地球 精密組ヤスリ 3.9Φ×200mm #6<油目><5本組サイズ/単品:各5種類>楽天で購入ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセ [続きを読む]
  • パーツ仕上げ
  • エポキシが固まったら、盛り上がった余計な部分をカットします。この時、あまり力を入れてそぎ落とすと、柔らかいエポキシ部分を削りすぎてしまう可能性があるので注意します。ヤスリで形を整えます。削りすぎないように注意して作業します。これでパーツが完成しました。けっこう時間がかかりました。魚地球 精密組ヤスリ 3.9Φ×200mm #6<油目><5本組サイズ/単品:各5種類>楽天で購入 [続きを読む]
  • 貝の隙間
  • 貝の隙間を埋めていきます。まずエポキシ接着剤を着色します。シルバーマイカ(白い雲母)と白の顔料を混ぜます。次に金色の雲母を少し入れて軽く混ぜてマーブル状態にしたものを隙間に流し込みます。これでパーツ同士が接着されます。【メール便は代引き不可】マイカ パウダー(雲母)20g / Mica Powderミネラルファンデーションに混ぜて白肌色を調節してもOK!楽天で購入 [続きを読む]
  • パーツ組み立て
  • カットしたパーツを組み立てます。型紙にカットした貝を貼っていきます。スティック糊を使っています。厚紙を細くカットします。カットした厚紙で周りに土手を作ります。この土手と貝に間に着色したエポキシ塗料を流し込んでいきます。30度の鋭角カッターです。細かい作業をするのに最適です。[最大1000円OFFクーポン★10/11 9:59迄] 【メール便可】オルファ(OLFA) 細工カッター 141B 4901165200310 [金切鋏・カッター オルファ [続きを読む]
  • カット終わり
  • 残りのパーツのカットをしてしまいます。残った型紙を全部貝に貼り付けました。数はありますが、それほど細かい凹凸がないので、簡単にカットできます。全てのパーツが揃いました。これから、これらを組み立てて形にします。残った貝の端材は大切に取っておきます。小さな部品を作るのに役立ちます。【本物のピンセット】精密ピンセット ステンレス非磁性 120mm【TS-1-S】【KEIBA【ケイバ】-マルト長谷川工作所 スイス製】【ネコ [続きを読む]
  • 細かいパーツ
  • 小さくて、細かいパーツをカットします。ちょっとした力で折れてしまうので、カットの仕方をうまく考えます。このような細長い端材の先端を利用すると上手くカットできます。上手く切れました。もっと細いパーツです。写真を撮るのも苦労します。こんな感じです。疲れました。GROBET 糸鋸フレーム 自在式 70mm楽天で購入 [続きを読む]
  • パーツのカット
  • 更にインレイ作業が続きます。残りのシャチのコマ送り部分をインレイします。貝はアバロンを使います。このクジャク貝を使おうかと思いましたが、ちょっと殻が薄いので悩みました。カットしました。けっこう入り組んだ小さなパーツなので、慎重にカットしないと折れてしまします。実はカット中に折ってしまい、これは2つ目です。この程度のパーツなら、あまり神経を使わずにカットできます。こんな感じで、根気よくパーツを作って [続きを読む]
  • 花の接着
  • 掘った穴に貝の花を入れていくのですが、ここで花を分解します。かなり小さいパーツになります。落とすと、見つけるのが大変です。このパーツを穴の中で組み立てます。こうすることによって、花弁一枚一枚が目立つようになります。こんな感じになります。この、隙間の部分に色が入り、線になります。着色した接着剤を流し込み、サンドペーパーで均します。更に茎の部分にも接着剤を流し込んで均します。けっこう疲れました。。。。 [続きを読む]
  • 花の埋め込み
  • カットした花を埋め込みます。ドレメルで彫りました。できるだけ隙間なく、ピッタリに彫ります。彫りました。けっこう大変でした。数が多いのも、やる気を削ぎます。ここに貝を入れていくのですが、それがまた大変な作業になります。ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセット楽天で購入 [続きを読む]
  • 花のインレイ
  • 続いて花の部分を作っていきます。もらったアクセサリーのパーツです。これで花を作ります。これは見た目がピンクですが、実は白い貝に着色してあるだけです。花の型をカットして貝に貼り付けます。カットしました。細かい部分はヤスリで調整します。正面から見た花のカットが終わりました。さらに側面から見た花もカットしました。この糸鋸は、非常に使いやすいです。GROBET 糸鋸フレーム 自在式 70mm楽天で購入 [続きを読む]
  • 貝の接着
  • 貝をはめ込んで、隙間に着色したエポキシ接着剤を流し込みます。接着剤が固まったらサンドペーパーで均します。その上から再度型紙を貼り付けます。多少ズレがありますが、できるだけピッタリ合うようにします。ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセット楽天で購入 [続きを読む]
  • 葉っぱの埋め込み
  • ドレメルで葉っぱに合わせて溝を彫ります。現物を合わせて、彫っていきます。けっこう面倒な作業です。無心になって根気で作業します。さらに枝の部分も彫りました。この作業で半日費やしました。ここに貝をはめ込みます。ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセット楽天で購入 [続きを読む]
  • インレイ 葉っぱ カット
  • 桜のインレイの葉っぱの部分を入れていきます。貝のラミネートを使います。葉っぱは大体の大きさで、適当にカットしていきます。こんな形のものを、幾つかカットします。これをヤスリで整形します。小さい葉なので、大体形が出来ていれば大丈夫です。こんな感じです。これを埋め込んでいきます。GROBET 糸鋸フレーム 自在式 70mm [続きを読む]
  • インレイ もう1台
  • インレイ作業がもう1台分残っています。スネイクウッドのネックです。指板の模様がはっきりしているので、丁寧に作業しないと、隙間が目立ってしまいます。型紙をカットしました。よく使う、シャチがジャンプしているデザインですが、今回は1Fに桜が入ります。これを指板に貼り付けました。これから貝をカットしていきます。セキセイ/カッティングマット発泡美人 A2/FB-4618 [続きを読む]
  • インレイ フレット溝カット
  • インレイ作業は終わりましたが、フレットの溝部分が埋まっています。ここを再度カットしなければいけません。指板にアールがついているので、これに合ったサンディングブロックを溝に合わせて固定します。鋸をあてて、ブロックと反対側を端材で抑えてカットします。溝が復活しました。こちらは土星の部分だけを加工しました。あと、もう一本のインレイがのこっています。HOSCO Luthiers Tools TWSBシリーズ 【サンディングブロック [続きを読む]
  • 飛沫の埋め込
  • エポキシ接着剤に雲母の粉と染料で着色します。雲母を入れるとパールっぽくなります。飛沫に、着色した接着剤を流し込んで、完全に固まったらサンドペーパーで均します。番手を上げていき、最後は磨きウエスで仕上げます。ピカピカに仕上がりました。吉祥 粉末絵具 雲母 500g入 [続きを読む]
  • 飛沫などの加工
  • 水面に映った月です。このパーツは細い部分が多いので、カットするのにとても気を使います。細い糸鋸で、慎重にカットします。映った月を埋め込んで、シャチの飛沫の部分を彫っていきます。波の先端は精密カッターで形を整えます。その他のポジションマークも穴を開けて埋め込みました。この後、飛沫を埋めていきます。【在庫限り】【あす楽対応】【レターパック対応】TOOL×2 精密マイクロナイフ 平刃小 TK-02【在庫限り】【あす [続きを読む]
  • パーツの接着
  • 指板を彫ります。ドレメルで丁寧に彫っていきます。特に境目は慎重に作業します。パーツをハメながら微調整します。終わりました。パーツのカーブに合わせて深さを変えています。エポキシ接着剤に顔料で着色し、貝を接着します。しっかりと隙間に接着剤を流し込んでおきます。ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセット [続きを読む]
  • 貝の埋め込み
  • カットしたパーツをネックに埋め込んでいきます。ネックに貼り付けた型紙の上に、瞬間接着剤でパーツを貼り付けます。この時、接着剤はほんの少しでいいです。あまりたくさんつけてしまうと、後で剥がすのが大変になります。パーツがズレなければOKです。パーツの周りをカッターでカットします。型紙ごと剥がします。このようにすると、かなり正確に指板を彫ることができます。エヌティー/デザインカッター・デザインナイフ(D- [続きを読む]
  • シャチのパーツ
  • さらにシャチのパーツをカットしていきます。シャチのおなかの部分です。白蝶貝です。背中側の黒い部分とピッタリ合うように調整します。上手く合いました。顎とヒレです。パーツ同士がピッタリと合うようにするのが、けっこう大変です。背びれを付けてパーツはそろいました。型紙を剥がします。アンチロープ<刃の荒さ#6/0>1グロス<144本入り> 糸鋸刃 糸のこ刃 替え刃 替刃 ドイツ製 [続きを読む]
  • シャチのインレイ
  • 惑星のインレイに続き、2台目のインレイをします。シャチです。ボトム側に大きくいれます。型をネックに貼り付けました。こんな感じになる予定です。アバロンに型紙を貼りつけてカットしていきます。一つのパーツが大きいとパーツのカーブが大きくなるため、よく考えて位置を決めないといけません。とりあえずシャチの黒い部分のカットが終わりました。さらにこれをフレットに合わせてカットしました。GROBET 糸鋸フレーム 自在式 [続きを読む]
  • 土星の環
  • 土星に環をいれます。太陽系インレイではこれが一番面倒な作業です。ラミネートシートをカットしました。細かいので、上手く工夫してカットしないと、折れてしまいます。ドレメルで溝を彫ります。特に貝を削るときは慎重に。。木の部分は着色したエポキシで埋めてしまえば、隙間は目立たなくなりますが、貝は上手く隠せません。何とか終わりました。パーツをハメて、エポキシ接着剤で固めます。サンドペーパーで仕上げて完成です。 [続きを読む]
  • 木星のインレイ
  • 太陽系で木星は非常に大きいので、インレイも大きくします。模様も考慮して、アバロンのラミネートを使うことにしました。1mm厚のアバロンシートです。薄く削った貝殻を重ねて接着したものです。テンプレートで位置を決めてカットしました。指板にドレメルで溝を彫ってピッタリ合いました。これを接着します。エポキシ接着剤を使用しています。ウクレレを作るなら、これはあった方が良いです。ドレメル ハイスピードロータリー [続きを読む]
  • ネックインレイ
  • 開けた穴に貝をハメこみます。こんな感じになります。色を付けたいところにクリヤー塗料で着色します。着色する貝は、少し深めに埋め込んであります。着色した貝の上にUVレジンを流し込んで固めます。この時、レジンに色を付けてもいいです。いい感じに色が付きました。★送料無料 UVジェルネイル・UVクラフトレジン UVライト 36W【取扱説明書・6ヶ月保証書付き】+レジン液75g【ハードタイプ UV/LED対応】 セット [LEDランプ [続きを読む]