うぴょぴょん さん プロフィール

  •  
うぴょぴょんさん: ウクレレ日記
ハンドル名うぴょぴょん さん
ブログタイトルウクレレ日記
ブログURLhttp://kaze3742.blog.fc2.com/
サイト紹介文自作したウクレレなどの紹介です
自由文ウクレレ大好き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/11/23 14:04

うぴょぴょん さんのブログ記事

  • インレイ追加
  • 何だかインレイが寂しい感じなので、追加することにしました。型紙を作って貝に貼り付けます。糸鋸でカットします。ピックアップをカットします。エポキシ接着剤で接着します。サンドペーパーで仕上げました。この方がよさそうです。糸鋸刃 糸のこ刃 替え刃 替刃 スイス製 バローベ<刃の荒さ#5/0>1ダース<12本入り>【2P03Dec16】 [続きを読む]
  • エスカッション 取り付け穴
  • ピックガードにエスカッションの取り付け穴をあけます。型紙に合わせてカットします。ヤスリで丁寧にカット面を調整します。隙間ができないように、慎重に削ります。エスカッションを取り付けて確認します。ピッタリ合いました。表面から見るとこんな感じです。GROBET 糸鋸フレーム 自在式 100mm【2P03Dec16】 [続きを読む]
  • ピックガード コーナー
  • ピックガードのコーナーにサンドペーパーをかけます。大体こんな感じです。全体が均等になるように調整します。再度型紙を貼ります。ボディに合わせてみます。中心を合わせて位置を確認しておきます。タミヤ フィニッシングペーパー プラスチック 金属用(細目セット)400番×2枚 600番×1枚 1000番×2枚 [続きを読む]
  • シソ酒
  • 今年もシソの実を収穫しました。一緒に葉も収穫したので、実は埋もれてほとんど見えません。いつもは、実を醤油漬けにしてプチプチを楽しむのですが、今年は葉と一緒にシソ酒を作ります。シソ酒は体に良く、風邪をひいたときや、その予防によく効きます。咳が止まらなくなった時にも飲むと良くなります。(自分は)味は不味くはないです。美味しいか?といったら微妙な感じもしますが、慣れれば美味しいです。葉と実を洗ってボトル [続きを読む]
  • ピックガード結合
  • 2つのパーツの接合面が合ったら、アウトラインをカットします。カット面をサンドペーパーで綺麗に均しておきます。糸鋸の刃の跡などは、完全に落として滑らかにします。薄い面ですが、ピックガードは一番上にくるパーツなので、けっこうカット面が目立ちます。パーツを接着します。表面を下にして重しを乗せておきます。こうすると表面が平らに仕上がります。クッキングペーパーを下に敷いておくと、もれた接着剤がくっつきません [続きを読む]
  • ピックガード作成
  • ピックガードを作ります。2mm厚の端材です。2色の板を使います。タブノキとメープルです。どちらも杢がきれいに出ています。これに型紙を貼り付けます。一つの型紙をカットして二つのパーツに分けています。それぞれのパーツを合わせるので、同じ型を二つにカットするのが正確です。なるべく歪みをつけないためにスプレー糊を使いました。しかし、スプレー糊は後で上手く型を剥がせないことがあります。スティック糊であれば、 [続きを読む]
  • 下塗り
  • ボディに下塗りをします。下塗り作業はけっこう重要です。これをしっかりやっておかないと、鏡面仕上げは上手くいきません。塗る前にサンドペーパーで傷をしっかりと落としておきます。600番位まで番手を上げて仕上げます。ブラシでゴミを確実に落としておきます。そして木部用プライマーを吹きます。これだけでもかなりピカピカになります。表面です。表はキャビティをアクリル系の塗料で塗ったため、ラッカー系は塗れません。 [続きを読む]
  • 内側を染める
  • マスキングテープを剥がしました。内側の部分を染めていきます。濃い目の赤紫で一度染めます。乾いた布などで拭いた後、赤で染めます。こうすると杢が引き立ちます。着色が終わりました。布用 染料【マラブ安心染料 洗濯機用】手染め 洗濯機 染色 リメイク 衣類 Tシャツ [続きを読む]
  • 着色 続き
  • サーフェイサーをスプレーしたら、ごみや傷をチェックします。良かったらカラーをスプレーします。マスキングテープを剥がしました。今度は内側をマスキングします。外側だけに木部用プライマーをスプレーしました。【あす楽対応】アサヒペン木部用プライマー300MLクリヤ [続きを読む]
  • キャビティの着色
  • キャビティを着色します。マスキングします。細いマスキングテープで縁をマスクして、全体を覆いました。着色する前に導電塗料を塗ります。こんな感じになりました。ここはしっかりと処理しておく必要があります。エフェクターが入る部分なのでノイズ対策です。サーフェイサーを塗りました。細かい凸凹を無くして、上塗りの発色を良くします。ファインサーフェイサーL(ライトグレイ) 【87064】 タミヤ [タミヤ メイクアップザイ [続きを読む]
  • ボディ トップ仕上げ
  • ボディのヘッド側を加工します。ここはノコヤスリを使うのは難しいので、ドルメルを使いました。大まかに形を整えて、その後は手で仕上げます。少しづつ番手をあげて、400番位で止めました。色々悩んだのですが、周りはマットに仕上げることにしました。マットに仕上げるのは結構難しいです。細かい傷が入ったような状態になるのですが、一定な方向に傷が入らないように、力を抜いて細かむ回すようにサンドペーパーをかけました [続きを読む]
  • ボディの形成
  • ボディを削っていきます。最初はノコヤスリでガリガリと削ります。アクリル板は若干固めですが、固さが均一なので削りやすいです。後からサンドペーパーで削るのは大変なので、ノコヤスリでギリギリまで削ってしまいます。このとき、大きな傷が入らないように気を付けます。粗目のサンドペーパーで整えていきます。形ができてきました。けっこう根気がいります。しかし、ここは納得がいくまで丁寧に作業します。シントー のこやす [続きを読む]
  • トップ材の加工
  • 次にトップ材を加工していきます。サイドをサンドペーパーで均しておきます。大体、この程度まで磨けば大丈夫です。サイドに印をつけます。型紙を貼りました。この状態で削っていきます。これ欲しい・・・・カランダッシュ 鉛筆削り 限定品 メタルシャープナー 0455-070 レッドマッターホルン 【送料無料・ラッピング無料】「ブランド」【Caran d'Ache】【 プレゼント ギフト 】【万年筆・ボールペンのペンハウス】 (29000) [続きを読む]
  • コンターの加工
  • コンターを仕上げていきます。カッターで大体の形をカットしました。型紙を外して、サンドペーパーで仕上げていきます。大体いいでしょう。最後は400番位で仕上げています。結構シャープな感じになりました。傾斜を蓋や貝に少しかぶせました。反対側です。こちら側はネックを付けてから、再度調整する必要があります。オルファ ハイパーH型オートロック カッターナイフ 212B [続きを読む]
  • コンター
  • ボディ裏面にコンターを加工します。型紙を貼り付けました。サイドに印をつけます。カッターやサンドペーパーなどで削っていきます。今回はエフェクターの基盤が入るため、あまり深く削ることができません。なので、2段階でへこませることにしました。ステッドラー マルス ルモグラフ 製図用高級鉛筆 6本セット 100 G6 [続きを読む]
  • トレモロユニットの蓋
  • トレモロユニットの穴に蓋をします。電池BOXと同じ端材をカットしました。溝にピッタリ合うように調整します。サンドペーパーで高さを合わせていい感じです。ネジ穴をあけました。さらにメンテナンスホールの穴もあけます。糸鋸で穴をつないで。ヤスリで整えれば完成です。【送料無料】藤原産業 SK11 卓上ボール盤 300W SDP-300V [続きを読む]
  • 電池BOXの蓋
  • 電池BOXに蓋をします。端材をカットします。杢がきれいですね。形を整えてはめ込んだら、サンドペーパーで高さを合わせます。蓋の裏に爪をつけました。この爪でトップ側を固定します。うまく収まりました。6φの穴を座ぐります。ここをネジ止めして蓋を固定します。【激安販売】クラフトハウス 座ぐりカッター 6mm 六角軸付【フォスナービット】 [続きを読む]
  • 裏面の加工
  • ボディの裏面を加工します。中心線を基準にしてけがいていきます。ネック接続部の蓋用の溝を削ります。ここにネックをネジ止めした後、蓋をします。電池BOX蓋の溝を彫りました。さらにブリッジメンテナンス用の穴にも蓋用の溝を彫りました。これで裏面の加工は大体終わりです。あとはコンターを削るだけです。ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセット [続きを読む]
  • スイッチの蓋
  • ボディの裏面です。左上の電池BOXに繋がって押しボタンスイッチ用の穴があいています。この穴を塞ぎます。白蝶貝をカットして、穴の蓋を作りました。ドレメルで掘ります。ビットを貝の厚みだけ出しています。貝をはめ込んで接着しました。いい感じにおさまりました。ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセット [続きを読む]
  • ネックのLED
  • ネックにLEDを埋め込んだので、穴を埋めておきます。この作業は指板にアールを付ける前にやってしまいます。この部分はインレイで月にしているところです。プラグを差し込むと点灯するようにします。レジンを濃い目の黄色に着色して流し込みます。茶色いインクでマーブルを少しいれてあります。この状態だと、指板の色とほとんど同じで目立ちません。これを点灯すると良い感じに黄色く光ります。テムコファイン プロクリスタル [続きを読む]
  • トレモロユニットなどの穴
  • 次はトレモロユニットの穴を開けます。トレモロユニットは表と裏から違った形の穴を開けます。よく考えて作業しないと、間違えやすいです。さらに、エフェクターの調整ツマミの穴も開けます。穴は面取りします。基板をセットして確認してみました。ぴったり合いました。ドレメル ハイスピードロータリーツール3000 (3000-2/30-60) ドレメル ホビールーター ミニルーターセット [続きを読む]
  • キャビティ
  • ボディに穴を掘ります。トップ材とボトム材を合わせた状態でテンプレートをセットします。このテンプレートは下が見えるようにプラバンを使っていますが、ドレメルで作業することを考えると、木材で作った方がいいです。ドリルで掘削します。ここで丁寧にくり抜いておいた方が、後で楽になります。ドレメルで形を整えます。このとき、あまり強くテンプレートにビットの軸を押し当てると、テンプレートが溶けてしまうので、注意が必 [続きを読む]
  • トラスロッドカバー 加工
  • カットしたマザーボードをさらに加工します。周りをマスキングテープで囲んで枠を作ります。ICの高さまでレジンで固めて、シャチなどのシールを貼ります。さらにレジンで固めてます。水研ぎして形を整え、磨きます。取り付け用のネジの穴を開けて完成です。けっこうカッコいいです。テムコファイン プロクリスタル 880 300gセット [続きを読む]
  • トラスロッドカバー
  • 今回はエフェクター搭載 エレキウクレレです。透明のトップ材を使用して、基板も見せるためトラスロッドカバーも電子っぽい感じにすることにしました。電子っぽいものを探したら古くなったマザーボードを発見しました。部品取りで残しておいたものです。ICチップやSMDパーツなどが所狭しと並んでいて、かなり電子っぽい感じがでています。で、これをカットしました。糸鋸でサックりと切れました。裏面に型紙を接着します。糸 [続きを読む]