バリ嫁 毎日が悪戦苦闘 さん プロフィール

  •  
バリ嫁 毎日が悪戦苦闘さん: バリ島「ありえない真実」
ハンドル名バリ嫁 毎日が悪戦苦闘 さん
ブログタイトルバリ島「ありえない真実」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/balikuta/
サイト紹介文バリ島が大好きでたまらない方、もっと深く知りたい方、参考になるかと思います。
自由文バリ嫁になって17年、バリ人の思考、態度、ポジティブさ、負けてはならないと、自分の態度が大きくなることに、果たしてこれでいいのか???
バリ人よりもバリ人らしいと言われるのが、嬉しいのか?とりあえず、ここで生きていくには、遠慮していたら、置き去りにされる。
強く、たくましく、ずうずうしく!!これが、バリ嫁の条件???
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/11/24 15:32

バリ嫁 毎日が悪戦苦闘 さんのブログ記事

  • ちょっと、いいですか?
  • いきなりですが、「愛に満たされる」って、どういうことか?難題が降ってきました。心が愛で満たされると、そこには、何の欲もなくなるのです。周りから注目されたい・・・自分の存在を知って欲しい・・・自分の愛を受け取って欲しい・・・愛されたい・・・認めて欲しい・・・常に頂点を目指したい・・・人の役に立ちたい・・・まだまだ、いっぱいありますね。これらの欲が、「愛で満たされる」ことで、どうでもよくなってしまうん [続きを読む]
  • 謝罪
  • ここ数日、いやいや、こちらでは、数週間、アグン山について、報道されております。54年ぶりに、噴火する危険性が現時点で、レベル4(危険)になっています。山近辺の住民は、すでに避難しており、避難者数 8万人になりました。昨日は、インドネシア大統領(ジョコウィさん)が避難所を訪れ、住民たちを、励ましていました。そこで、ジョコウィさんは、こう、話しています。いつ、噴火するか?わからない、噴火しないかもし [続きを読む]
  • 本物を体験しませんか?
  •   バリ島といえば、スパでマッサージですね。料金の巾も大きく、もちろん、テラピストの腕も巾があります。最近、よくお客様から、お勧めスパを聞かれます。もちろん、街スパは、安くていいのですが、テラピストがハズレると、疲れた体が更に疲れる。せっかく、バリまで来るのだから、プロのテラピーを受けたい。今日、ご紹介するのは、スパ業では、老舗、ここから、テラピストを誕生されていると言っていいほど、プロ中のプロの [続きを読む]
  • 解放(手放す)
  •  先週は、終戦記念日、そして、インドネシアは、独立記念日といった週となりました。過去のブログでも、書いていると思うのですが、またまた、「解放」と、言う言葉が浮かびます。ただ、「解放された」だけでは、解放にはならないことを今回は感じています。自分を取り巻く環境から解放されても、自分自身は、解放を実感していない。これが、現実です。苦しさがいつまでも、付きまとう。罪悪感が消えない。不安、寂しさ、絶望から [続きを読む]
  • 移住、その後...
  •  バリ移住して、5ヶ月が経った。母は、熱中症で大変だったが、その後は、心も体も元気になっている。高血圧、不眠症、認知症、今まで、たくさんの薬を飲んでいた。退院後、血圧の薬を飲むと、低血圧になり、びっくりした。少し、やめてみよう・・・と、4ヶ月が経つ。睡眠導入剤は、入院中に体、脳が充分休めていたので、そのまま、飲まずに眠れるようになっていた。認知症を遅らせる薬は、一番、葛藤したのだが、入院中から止 [続きを読む]
  • 果たして、神の判定は!? その2
  •  父から、「ちょっと、話があるんだけど・・・時間作ってもらえない!?」と、朝から言われ、何を言われるか?すぐにわかりました。「わざわざ、時間作らなくても・・・今、話していいよ。」と、私・・・「ここ一ヶ月の間、考えたんだけど・・・やっぱり、ここで生活していくことは出来ない」            心の中で、 あ〜〜〜やっぱり・・・そして、私が発言しようとしたら、母が、こう言った。「なんだよ・ [続きを読む]
  • 果たして、神の判定は!? その1
  •  退院した母は、少しずつだが、元気を取り戻していった。食欲も少しずつ出てきて、一安心といった感じだ。でも、まだまだ、体はダルそうだ。焦らず、ゆっくり、ゆっくり・・・ 一方、父は、母を労わり、身の回りのことを一生懸命にやっている。自分は、病気にならないぞ!!と、言わんばかりに、自分の体にも気をつけながら、頑張っている。 退院して、2週間、ようやく、いつもの母に戻った。気晴らしに、ドライブでも行こう [続きを読む]
  • 神様って、本当にいるんだな!? その8
  •  さて、前回の入院騒ぎから、今回の入院に至るまで、父は、一体、どうしていたのか???可哀想に、ただただ、心配するばかり、バリの医療に疑問を抱き始めていた。だからと言って、何も出来ない・・・出来ることは、神に祈ることだけ・・・二回目の入院騒ぎで、母は、このまま、寝たきりになるんじゃないかと、思ったらしい・・・父の頭の中には、絶望と、後悔と、恐怖でいっぱいだったに違いない。でも、この状態で父をサポー [続きを読む]
  • 神様って、本当にいるんだな!? その7
  •  国立病院の緊急治療室で検査、とにかく、血液検査、前回の入院から、何度、血を採られたか???母の様子は、どんどん酷くなる、意識が遠のいていく。看護師さんからも眠らせないで、と言われ、お姉さんと交代で、水分を補給させたり、話しかけたりしていた。14時からすでに、5時間が経つ。病名がはっきりしない・・・脳には、異常はないのだろうか???高熱が続いていたので、とても心配だった。母は、認知症と、日本で診 [続きを読む]
  • 神様って、本当にいるんだな!? その6
  •  明日、とりあえず、退院させてください・・・そう、病院に伝えた。母は、元気だったし、熱も下がっていた。最後の血液検査では、血小板の数値もほぼ正常に戻っていた。ドクターからの許可も出たので、無事退院。退院の意思をみせなかったら、ずるずると入院していたかもしれない・・・翌日は、田舎で亡くなった人がいたので、葬式の準備で田舎へ帰る。途中、家に電話をして、母の様子を伺うと、また、熱が上がったというのだ! [続きを読む]
  • 神様って、本当にいるんだな!? その5
  •  次回は、お盆最終日のクニンガンで会いましょう。 バリのお盆は、長いな〜〜〜 宗教行事でバタバタしているうちに、あっという間に3週間がたった。父から、お母さんの睡眠導入剤が残り、5日分だから、こちらの病院で貰って来れないかな?と、依頼があった。薬のことは、調べてあったので、同じものはないが、ほぼ同じ成分のものがあるので、近くのクリニックへ母と向かった。薬を頂くだけだが、一応、診察・・・聴診器 [続きを読む]
  • 神様って、本当にいるんだな!? その4
  • じゃ〜、今度は、ガルンガンね〜〜〜。田舎をあとにした。今年はニュピとガルンガンがとても近く、それこそ、盆と正月が一緒に来るのだ。父親は、ただただ、ビックリするばかり・・・「バリ人は、忙しいな〜〜〜」ペンジョール作りをする、旦那と孫の横で、楽しそうに見学。すべてがはじめての体験で、ワクワクしている様子。お盆前日、またまた、家族で田舎へ帰る。お盆当日、どうやら、旦那の願いが叶ったのか?バビグリン [続きを読む]
  • 神様って本当にいるんだな!? その3
  • 到着してから、早々、バリ島内は、ニュピの準備で忙しくなった。車で走れば、オゴオゴが道端に置かれている。来週は、バリの旧正月だよ。でも、両親は、もちろん、それがどういうことなのか?よくわからないでいた。私たちは、田舎で宗教行事で忙しくなるし、ニュピ(旧正月)の日は、外出禁止になるし、とりあえず、ホテルに泊まってもらおうかな?と、考えていたのだが、一緒に田舎に泊まると、言われ、ビックリした。お泊り用 [続きを読む]
  • 神様って、本当にいるんだな!? その2
  •   さて、7時間半の飛行機の旅、父は、以前、膝の手術をしているので、足が曲がりにくくなっていて、エコノミーの座席は少々、辛いかもしれない。だからといって、ビジネスクラスは、ちょっと、お値段が^^;そこで、前に座席のない、前列に座ることにした。追加料金は、¥9,000だったかな?機内では、テレビで相撲も見ることができたのでちょっぴり快適な飛行機の旅になった。バリで暮らすという、ワクワク感もあり、あっ [続きを読む]
  • 神様って、本当にいるんだな!?
  • 2月になって、私の両親バリ移住準備を開始した。まず、家の敷地内にある別棟のリフォームから、2週間で終わるはずが、あれもこれも・・・と、結局、1ヶ月かかった。まだ、完璧ではなかったが、3月1日、両親を迎えに日本へ出発した。3月22日には、すべてを終わらせ、二人を連れてバリに戻るので、スケジュールを立てて、一つ一つ終わらせないと・・・責任重大だ^^;実家に帰ると、まだ何一つ、終わっていなかった。当然 [続きを読む]
  • バリ人って!?
  • バリ人って、特殊な人種なのかも...と、最近思う。バリ人の血が流れていることが、バリ人としての宿命を背負う。とても複雑な人生を歩む。と、云うのは、元を辿ると、先祖は、僧侶なのではないか?と、思うからです。単なるバリ人と思って、今まで生きてきているのかもしれないが、そろそろ、誤魔化しの効かない時期に突入している。現在の物質的な欲望的な世の中で流されながら生きてきてけれども、そろそろ、魂が気がつきはじめて [続きを読む]
  • メッセージを頂きました。
  • 昨日、一つ歳を取りました。で、嬉しいことに 、バリの神様からメッセージを頂いたので、皆さんとシェアしたいと思います。すべては、反映されます。だったら、いつも明るく、笑顔でいたいですね。誰でも、怒っている姿、悲しい姿を見るのは、辛いものです。いつも輝いて、美しい姿でいると、周りは思わず、視線を向けたくなるものです。繁栄は、自分の中から生まれてくるものです。Terima kasih [続きを読む]
  • 循環
  • 初夢、皆さん見ましたか?私は、見たのですが、全く覚えていません。で、初夢ではないのですが、お正月にチャナン(お供えもの)を供えていたとき、"循環 "と、いう言葉が浮かびました。循環するということは、とても、いいことだと思います。何だか、スッキリしますよね!?なので、この言葉が浮かんで、年明け、気分がよくなっていました。お陰さまで、今回の年末年始、レンタカー、レンタルバイクのお客様で賑わっていて、kazuyaレン [続きを読む]
  • 2017年ですよ!
  • 明けまして 、おめでとうございます。今年もバリ島のkazuyaレンタカーをどうぞ、よろしくお願いいたします。去年は、何度もバリを留守にしてしまいましたが、今年は、いよいよ、じいさん、ばあさんがバリへ移住します。家族が増えます!!笑いも増えます!!問題も増えます!!頑張ります!!想像がつかない、これからの生活 、でも、周りの協力なしでは 、厳しいので 、家族 、親戚、友人を頼りながら、乗り越えていこうと思います。手探 [続きを読む]
  • スーパームーン
  • 感謝の気持ちを伝えると、2倍3倍と、パワーがチャージされると言われた昨日の満月。皆様、どんなお月見を楽しまれましたか?私は、感謝の気持ちが一杯一杯詰まった 祭壇設置のお祭りをやりました。マンクーは、もちろん、実家のお兄ちゃん。バリは夕方から曇っていて、なかなかお月様が顔を出しませんでしたが、19時過ぎ、お祭りが始まると顔を出しました^^いつもよりも明るい光を放していました。ここまで来た、感謝の気持ちと、こ [続きを読む]
  • 人間の子へ
  • 先日、子供の三ヶ月の儀式に参加した。私の息子、娘の三ヶ月の儀式のことを思い出しながら、新鮮な気持ちで見ていた。子供が生まれて 、この儀式をするまでは、子供は 、神からの授かりもので 、足を地につけないように 、抱っこしていることがほとんどだ。この儀式ではじめて、足を地に付け、人間の子になる。魂があの世で約束してきたことを果たすために、この世で試練が待ち受けているのだ。なんだか、可哀想....いやいや、おめ [続きを読む]
  • ミラクルが起こった^^
  • 今年、5回目の帰国を覚悟していた。前回の帰国は 、父の手術のためであったが 、悪い細胞が一部見つかってしまったため、手術が延期になった。手術は、首のリンパ部分で、これは、避けて通れないと始めに言われていた。地獄のような2ヶ月の治療を経て、放射線を当てた顔は 、半分 、火傷し 、皮膚が溶けていた。ここまで 、頑張って 、まだ、悪い細胞が見つかるなんて...父はショックを隠しきれないでいた。そんな父に医者は、" こ [続きを読む]
  • 思い込み
  • 皆さん、ご無沙汰しております。8ヶ月も間をあけてしまいました。もう、ブログは更新しないのではないかと、ご心配された方から怠けるな!!と、言われ....この8ヶ月、ミラクルのような流れに、感謝を込めながら、更新いたします。あれは、3月後半。お客様とスピリチュアルツアーの帰り道。日本の妹から、SOSのショートメッセージが入った。"今後のこと、どう考えてるか?知りたい"と....親に何かあったんだ....と、直感で思った。26 [続きを読む]
  • すべて、計画どおり!
  • 前回のブログで、予定通りにいかない・・・思い通りにならない・・・と、書きました。でも、これは、私の思考がそう思っただけで、実は、計画通りに進んでいたわけなんです。あのとき、予定通りに行かなかったおかげで、2日後に2つの用事を一度に済ませることができました。しかも、気の休まるランチ付き!!Get!!人手が足りず、どうしたらいいか?混乱していると、うまい具合に、他の人の手が偶然空き、お願いすることができ [続きを読む]