PSP-PAGF さん プロフィール

  •  
PSP-PAGFさん: パーキンソン症候群 闘病記
ハンドル名PSP-PAGF さん
ブログタイトルパーキンソン症候群 闘病記
ブログURLhttp://psp-pagf.hatenablog.jp/
サイト紹介文パーキンソン症候群の内の進行性核上性麻痺の非典型例である純粋無動症です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2013/11/24 23:06

PSP-PAGF さんのブログ記事

  • リハビリ431―輪投げは、腹筋運動
  • 2018年7月、最初のリハビリ予約日となった。まぁ、リハビリに至るまでの手順は、前回のブログをご参照戴くとして、先に作業療法、後から理学療法を予定している。   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2018/08/11/084701担当は、夫々、M士とS士である。 そこで、いつもの様に外来リハビリ室の待合椅子に座って待っていると、M士が声を掛けて来る事になる。   ―――――――――――――さて今日は、作業療法 [続きを読む]
  • グルタチオン点滴療法―24〜25
  • 2018年7月になった。 今月も、最初の行事はグルタチオンの点滴だった。 しかも、午後からは総合病院にてリハビリのある日だ。 そこで、グルタチオン点滴の7月前半の様子をお伝えしよう。実はグルタチオン点滴の開始から4ヶ月が経過し、次の血液検査の時期(検査が健康保険で出来る時期?)となった。 そこで、受付にその旨を伝えて、健康保険証を出した。 (通常は、健康保険・非適用なので、保険証は持ち歩かない。) [続きを読む]
  • リハビリ430―巧緻作業
  • 6月下旬に、も一度、リハビリがあった。 担当は夫々、作業療法がM士、理学療法がS士である。 先ずは作業療法であるが、その内容は「手のリハビリ」である。 即ち、巧緻作業の練習だ。   「日常生活の中で、どんな事にお困りですか?」とM士が訊くので、私は次の様に答えた。   「(食事の時、)箸から食べ物をポロポロと落としてしまう事です」と。 すると彼は棚から何か一式を持って来て、テーブルの上に [続きを読む]
  • 429―女性作業療法士と
  • さて、2018年6月下旬の某日、リハビリの予約日だ。 そこで、妻の運転で総合病院に出掛けた。 今回は、手順を詳述して見よう。 妻は私を正面玄関で降ろして、車を駐車場に置きに行き、私は杖を持って階段を上って正面玄関を入り、外来用の車椅子を借用する。唯、ここでは未だ車椅子に乗らない。 と言うのは、内扉までの床に点字ブロックが貼ってあるのだが、そのブロックが車椅子の動きを妨げるのである。 しかし、視力 [続きを読む]
  • 歯科検診―「詰め物が・・」
  • さて、私が三ヶ月毎に歯科検診を受けて、歯石を除去して貰っている事は、過去何回か述べた。 勿論、今年の3月にも検診を受けたが、特別なトピックも無かったので、ブログには書かなかった。 そのため、前回のブログは半年前のものになってしまった。   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2018/01/13/111435さて今回、6月中旬に歯科検診を受けた。 予め、午前中に予約の電話を入れると、その日の午後4時に予約が取れ [続きを読む]
  • グルタチオン点滴療法―22〜23
  • 6月後半のグルタチオン点滴は、2回のみだった。 実は6月前半、「水素ガス」吸入に効果が見られず、   「(次回も勧めれたら、どう言って断ろう・・)」と思っていたが、誰も勧めなかったので、良かった。    ―――――――――――――さて、点滴が無事終了したので、O医師が物療室に入って来た。 そして、こう言った。   「きき湯って、やってますか?」と。 妻と私が否定すると、彼が説明を始めた。 [続きを読む]
  • ハローワークにて―「ご苦労様でした」
  • 6月中旬の今日は、4週間ぶりの「失業認定日」だ。 そこで、妻の運転でハローワークに出掛けた。 ハローワークの直ぐ横には、15台分位しか駐車場がなく、一般の求職者は少し離れた空き地に誘導されるのだ。 勿論、我々の場合は私の身障者手帳を提示すると、門番が直ぐ横の駐車場を案内する。こうして建物に入るのであるが、流石に3回目になると、要領も分かって来た。 そこで、少し早目に着いてトイレを済ませ、エレベータ [続きを読む]
  • リハビリ427、428―グルタチオン点滴の効果
  • 6月最初のリハビリを2回分纏めて書くには、それなりの理由がある。 それは、グルタチオン点滴の効果を実証する良い機会となったからだ。先の診察時の報告にある通り、グルタチオン点滴の効果が徐々に薄れて行っている・・と言う自覚があった。   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2018/07/24/075611 の (2)前回受診 ・・  そこで今回、2つのケースを比較しようというのだ。 その2つのケースとは?   ケ [続きを読む]
  • グルタチオン点滴療法―20〜21
  • 2018年6月最初の行事は、グルタチオンの点滴であった。 今回は、水素を吸う予定である。 いつも通り、妻の運転でO外科整形外科に行き、受付を済ませて待っていると、初めて見る職員がやってきて、   「今日は、水素をやりますか?」と訊いて来た。 元々、その予定だったので   「ハイ、お願いします」と答えると、職員は、事務室に消えた。    ――――――――――――――その後、いつもの様に点滴 [続きを読む]
  • リハビリ426―深爪し過ぎた!?!
  • さて、今日は5月最後のリハビリがある日だ。 そこで、妻の運転で総合病院に出掛けた。 いつもの手順で、医師の予診を受けて待合椅子に座っていると、作業療法担当のM士が声を掛けて来た。 こうして今日のリハビリが、始まった。さて、今日のハイライトは? それは、「上肢機能簡易検査機」を用いた、手・腕の機能検査である。M士は、私に広いテーブルの前の椅子に座らせて、   「チョット、待ってて下さい」と言 [続きを読む]
  • グルタチオン点滴療法―18〜19
  • 2018年5月後半のグルタチオン点滴は、2回だけだった。 ある時、点滴のために物療室に入ると、白衣の女性が2人立っていた。 始めは、新しい看護師の研修かと思ったが、どうも雰囲気が違う・・ すると、O医師がやって来て、   「一緒に見せて頂いて、よいですか?」と訊くので、勿論OKしたら、O医師は診察のために、戻って行った。 すると、妻が女性に訊いた。   「もう、どれ位、お仕事をされているんですか?」 [続きを読む]
  • 診察201805―3
  • 更に、報告は続いた。(3) 血圧の測定結果について  ③ 4月〇〇日(前回受診日)〜5月〇〇日(昨日)の起床時及び就寝時の血圧は、次表の通りであった。測定時期起 床 時 就 寝 時項目最高血圧最低血圧脈拍数最高血圧最低血圧脈拍数単位mmHgmmHgpulse/minmmHgmmHgpulse/min有効件数333333343434平均値13182681217669標準偏差7.16.25.77.96.44.8最高値14091831408681最低値11164591046357(4) 診療上の希望に [続きを読む]
  • 診察201805―2
  • こうして、T医師の診察を待つ脳神経内科の患者は、我々だけになってしまった。 やがて周囲が暗くなったので見回すと、会計書類を待つ人すらいないのである。 しかも、午後5時になったので、余分な照明を落としたのだった。 人気(ひとけ)の無い、薄暗い病院の待合室なんて、ホラー以外の何物でもない・・と思ったら、診察に呼ばれた。 そこで、妻が扉をノックして引いたので、私は車椅子を降りて杖で診察室に入った。 普段 [続きを読む]
  • 診察201805−1
  • さてその後、理学療法の施術を受け、我々は脳神経内科に急いだ。 主治医のF医師による7週間ぶりの診察を受けるためである。 待合椅子に陣取り、妻が院内の自販機で買って来てくれた缶コーヒーを飲みながら順番を待っていると、いつもと雰囲気が違うのである。 例えば、パネルにF医師の名は表示されているが、現在診療中の患者の受付番号はされていない。 そのせいか否かは不明であるが、我々が到着後10〜15分経っても、診察 [続きを読む]
  • リハビリ425―女性作業療法士・T嬢
  • さて、5月下旬の今日は、午後から①作業療法、②理学療法、③診察のある日だ。 そこで、先ずはリハビリをこなそう。いつも通りの手順で受付と予診を済ませて、待合椅子に座って待っていると、女性の声で、   「〇〇さーん?」と呼ぶ声がしたので振り向きながら返事をすると、   「本日の作業療法を担当します『T』と申します」と言うカワイイ女性がいた。 髪を後ろに1本に束ね、丸顔で、身長は女性の平均身長 [続きを読む]
  • ハローワークにて―失業認定
  • で、5月中旬の某日、ハローワークに出掛けた。 勿論、妻の運転で、である。 今回の目的は、失業認定(申告書の提出)のためである。 何しろ初回なので、要領が分からない・・ しかし、マニュアル通り⑥番窓口の近くに座った。やがて、職員が我々の時間帯を示した札に差し替えた。 すると、今まで静かに座っていた人が一斉に並びはじめ、急いで並んだ妻は、既に6〜7番目になってしまっていた。 しかし、職員は形式的なチ [続きを読む]
  • 服は子供用??? − 滞米生活、その16
  • 米国に行ったからには、ジーンズをカッコ良く穿きこなしたい・・と、思いますよね? そこである時、私はGarment Shop(衣料品店)に行きました。 「(体型がさまざまな米国人がジーンズを穿いているんだから、自分にも合うサイズがきっとあるハズだ)」と思って・・早速店に行ってジーンズコーナーの棚を調べますと、合うサイズが無いのです・・ なんでー???そこにはジーンズがサイズ順に並んでいますが、一番左の棚 [続きを読む]
  • シャイアンでゴルフをする − 滞米生活、その15
  • 私が住んでいたフォートコリンズの街はコロラド州の北部にありますので、車で北へ走ると直ぐワイオミング州となります。 州都Cheyenne(シャイアン)とは60km位の距離なのでInterstate 25号線を走れば、1時間足らずで着くのです。 Laramie(ララミー)はここから西へ更に60km位ですが、幌馬車、シェーン、荒野の七人、ローハイド、真昼の決闘、名犬ラッシーなどの西部劇ファンには堪らない場所でしょうね。 (但し、Old Laram [続きを読む]
  • フォートコリンズの日本食事情 − 滞米生活、その14
  • 海外生活で心配の一つは、食事。 今回は、私がフォートコリンズに在住していた時の日本食事情を紹介します。コロラド州ではカリフォルニア米が手に入りますので、電気釜さえ買えば米飯は自由に食べられました。 (あ、電圧が220Vなので、日本から普通の釜を持参してもダメです。) 米自体は美味しいのでしょうが、米飯の味はイマイチでした。 理由はフォートコリンズの標高(1400m)です。 水の沸点が低いのです! (今 [続きを読む]
  • ホストファミリーとコケコッコー − 滞米生活、その12
  • さて米国で生活を始めるに当たって、分からない事だらけ・・ そんな時に支えてくれるのが「Host Family」(ホストファミリー)です。 これは海外からCSU(コロラド州立大学)に来た人の生活をサポートする人(家族)の事です。 米国生活で分からない事や困った事があれば、相談に乗ってくれます。 勿論、善意(=奉仕)です。 そして、行事があると何かと声をかけてくれますので、社会勉強にもなります。私のHost Family [続きを読む]
  • ロッキーの冬 − 滞米生活、その11
  • 冬、ウィンタースポーツシーズンの到来です。 私は、ロッキー山でスキーを楽しみました。日本で「スキー」と言うと、ゲレンデやリフトのあるアルペンスキー(ダウンヒルスキー)を意味しますが、ここコロラドで普通に「スキー」と言えば、クロスカントリースキーを指します。 オリンピックのノルディック複合競技でご覧になった事があるでしょうか?https://youtu.be/oJ7lzxXuCDk上記URLは、コロラドのアスペン・スノウ [続きを読む]
  • スペイン語教室? − 滞米生活、その10
  • 米国のどの大学でもそうでしょうが、私が在籍したCSU(コロラド州立大学)にも外国人のための英語教室がありました。 米国に馴染み、米国で生活して行く上で必要な、日常の英語を教える・・と、その案内にありましたので、私は「(オオ、自分にピッタリじゃないか!)」と思いました。 そして「(折角の機会なので、これでスキルアップしよう!)」とも。 本当は、無料だったから・・ (汗) [続きを読む]
  • フライフィッシング − 滞米生活、その9
  • 日記「ロッキーの夏 − 滞米生活、その8」で紹介しました様に、私は渓流でフライフィッシングで鱒釣りを楽しんでいました。 フィッシングと言ってもインターネット上の詐欺ではありません、魚釣りです。 フライとは毛鉤(けばり)の事ですね。先ずは雰囲気をお伝えしましょう。 下記URLは日本の九州での様子です。 (現地は、もっと川幅の狭い渓流です。)   https://www.youtube.com/watch?v=ru7xkkCmY3oさて、 [続きを読む]
  • ロッキーの夏 − 滞米生活、その8
  • 運転免許を取得し、車も手に入れました! さあ、早速ドライブです。私が暮らしたコロラド州北部の街・フォートコリンズはロッキー山の裾野に位置し、既に標高が1400mもあります。 休日には友人と誘い合って、よくロッキー山国立公園にピクニックに出かけました。アパートから車で西に15分程走ると、道路に勾配が付いてきます。 すると草原に柵があり、道路を目の粗いグレーチングが横切っているのです。 ここが放牧エリア [続きを読む]
  • 排気量4000ccのアメ車 − 滞米生活、その7
  • 自動車の運転免許を取得しますと、次は車ですね。 私が滞米中に転がしていたのは、Rambler Ambassadorと言うアメ車でした。 4000ccです! 後ろには、キャンピングカーをトーイングするための器具まで付いていたました。 でも、維持は大変でした。 例えば・・コロラド州北部のフォートコリンズでは、冬に何度かストームが来ます。 この時は一晩で30cm以上積雪する事も珍しくありません。 翌朝は出勤前に、自動車を雪から [続きを読む]