会計士M.J さん プロフィール

  •  
会計士M.Jさん: 会計士M.Jのblog
ハンドル名会計士M.J さん
ブログタイトル会計士M.Jのblog
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kaikeishimj/
サイト紹介文会計士M.Jの関心や行動の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2013/11/24 23:34

会計士M.J さんのブログ記事

  • (読書感想)亡命者の古書店
  •  佐藤優氏がロンドン郊外でロシア語研修をされていた時代が書かれた本です。ロンドン郊外でロシア語の研修をすることになったということも想像できない世界なのですが、もともとチェコスロバキアの神学者に興味をもち、外務省へ入りチェコスロバキアへの留学を目指されてい... [続きを読む]
  • あずさ監査法人受注再開
  •  あずさ監査法人が受注を再開したそうです。「6月までの残業時間は昨年度比25%減り、労働環境の一定の改善がみられた。導入当初は現場からの不満も出たが、夜9時以降はパソコンから社内のネットワークに接続できないようにした」「2017年度の決算で利益水準は前年度より... [続きを読む]
  • 稼げる人
  •  涼しい顔して稼ぐ人と苦しんでいるのに稼げない人が周囲にいます。稼げる人は「自分のできること」より「人にしてあげられること」にフォーカスしており、トライエラーで人にアプローチしていくうちに稼ぎます。 一方、稼げない人はできることを増やそうと内にこもり、人... [続きを読む]
  • 誰もやりたくないから外注する・・・
  •  異国情緒を味わえる海外案件をしているのですが、大量の英語の書類を読み解き、クライアントのペースで仕事を進めなければなりません。華やかな外見ですが、中身は英語なので日本語の倍近く労力はかかりますし、私にとっては新規案件なので、ツーカーのコミュニケーション... [続きを読む]
  • (読書感想)amazon
  • 成毛さんのamazonの経営の全貌が書かれた本です。個人的には日本円よりamazonポイントのほうが信頼できるのではないかと思っている次第です。 amazonといえば通販、物流、AWS、そしてアマゾンゴーです。生活の細部にわたりアマゾンはしみ込んでおり、いまやアマゾンエコーに... [続きを読む]
  • 監査目線のIPO内部統制支援
  •  発注の承認機能をシステムに実装したいが、内部統制監査上問題があるかという問い合わせがありました。 いまどき紙に出して、押印なんて古いので何の問題もないように思うのですが、この話を聞いてまず思ってしまったのが、承認権限の管理や承認後のデータ修正リスクとか... [続きを読む]
  • リスクマネジメント
  •  リスク管理をテーマとする業務として、リスクアセスメント、リスクマネジメント、内部監査といったものがあります。リスクアセスメントという業務はリスクを評価する業務です。リスクマネジメントという業務はリスク評価を行う体制やルールを構築して、体系立てて行う一連... [続きを読む]
  • (読書感想)企業の不正研究
  •  5年ほど前に、不正が起こらないよう社会貢献するためには、まずFASのフォレンジック部門で実際に起こっている不正と向き合うのが良いだろうと思い、希望を出しました。 しかし、あのとき直属パートナーからいわれたのは、せっかく内部統制に精通できるポジションにいるん... [続きを読む]
  • 帝人子会社で横領発生
  •  帝人の子会社帝人フロンティアで組合費450万円や収入印紙等7000万円の横領が発生したことが明らかになったそうです。 労働組合の残高は会社の残高に比べて、管理が弱くなることがあり得ますし、収入印紙も現金に比べて実査頻度が少なくなることはありえます。 すべてを長... [続きを読む]
  • 修業を終えて
  • 柳井さんの話、『マネーコネクション』、これらを総合すると、「クライアントの役に立つ」ということが非常に重要な意識であると確認できました。クライアントの課題を明確にして、解決策を探す。自分のできることありきで押し売りするのではなく、クライアントの課題を代わ... [続きを読む]
  • 日本電産永守会長が大学経営
  •  日本電産の永守会長が理事長に就任した京都学園(京都先端科学大学)について語っておられました。https://diamond.jp/articles/-/176074 子供が受験する頃には偏差値が倍になっているかもしれません。本来偏差値が高いから行けばどうにかなるだろうではなく、行きたい大... [続きを読む]
  • (読書感想)人間アレルギー
  •  いかついタイトルの本です。人間アレルギーの症状、人間アレルギーのメカニズムそして克服法について書かれた本です。 人を嫌いになるのは過去に似た体験でいやな思いをしたことがあり、それとつなげる結果、嫌悪感が生まれるのだと。 親との関係性や幼少期の体験が原因... [続きを読む]