相野 さん プロフィール

  •  
相野さん: 兄をなくして
ハンドル名相野 さん
ブログタイトル兄をなくして
ブログURLhttp://ayno301111.blog.fc2.com/
サイト紹介文2010年11月に25歳の兄を自死でなくした妹のブログです。日々感じる思いなど。欝・統失の治療中。
自由文2010年11月に当時25歳だった兄を自死で亡くしました。
一周忌を過ぎた頃から停滞したダメな日々を過ごしています。
心療内科・精神科に通院中で、うつ・統合失調症などの治療中です。
文字にすることで何かが変われば良いなと思っています。
タイバニ・刀剣乱舞が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/11/25 11:10

相野 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 七回忌の命日
  • 久しぶりの投稿の今日は、兄の七回忌です。正確には、おそらく29日の晩に亡くなった兄ですが、昨日はあの日と同じような雪の日でした。私が住んでいる場所ではこの時期に雪が降るかどうかは曖昧なのですが、七回忌の今年は奇しくも雪となりました。六年前を思い出しました。七回忌の今日は、とくにお坊さんに来ていただいたりはしませんでした。親戚数名が集まり、こっそり念仏をするという供養になりましたが、私はその場には参加 [続きを読む]
  • 「兄さん」と「お兄ちゃん」
  • この度は当ブログを閲覧いただき、どうもありがとうございます。前回までの記事にコメントをくださった皆さま、ありがとうございました。各記事にてお返事させていただいておりますので、よろしければご覧になってみてくださいませ。兄がまだ生きていた頃の話です。私が何歳の、具体的にいつの頃だったか忘れてしまったのですが、ある頃を堺に、私は兄のことを「お兄ちゃん」と呼べなくなりました。それまではずっと「お兄ちゃん」 [続きを読む]
  • 桃矢とさくら、兄と私
  • 「カードキャプターさくら」という有名な作品がありますが、ご存知でしょうか。とても話題になった作品ですので、この記事を読んでくださっている方の中にも、読者だった方やタイトルを耳にしたことがある方がいらっしゃるかもしれません。「カードキャプターさくら」が連載されていた当時、私は小学校3〜4年生だったかと思います。主人公の女の子・さくらちゃんとちょうど同い年の頃でした。とても面白く、可愛い作品で、当時の私 [続きを読む]
  • 南野信吾さん
  • 南野信吾さんというお名前に聞き覚えのある方はいらっしゃるでしょうか。数年前、大阪で通り魔事件に巻き込まれて亡くなった方のお名前です。勝手ながら、南野さんに関する私のとても大切な思い出を書かせていただきたいと思います。初めに、南野さんとは面識があったわけではありません。南野さんは「GEORIDE(ジオライド)」という音楽レーベルで当時プロデューサー等を務められており(間違っていたら申し訳ありません)私はそ [続きを読む]
  • 兄を焼き殺した日
  • 今になっても頻繁に思い返すのが、兄の火葬の日のことです。以前にも少し書きましたが、地域や慣習によって違うのかと思うのですが、私が住んでいる地域では逆縁ということで、両親は兄の火葬には立ち会いませんでした。これで兄に他に身内がいなければまた違ったかもしれませんが、私という近親者がいたためでもあるのかもしれません。火葬場は葬儀を行った冠婚葬祭ホールから少し離れた場所にあり、他の身近な親戚の方々がそれぞ [続きを読む]
  • 病のきっかけ
  • 今回は兄の話というよりも私の話になってしまいますが、私が今の病気にかかった頃の話、自分で異変を感じたときの話を、覚え書きも兼ねて、長々と書かせていただきたいと思います。私が今現在の心の病を発症した、あるいはその大きなきっかけとなったのではないかと思われるのは、2012年の春先頃ではないかと感じています。私は当時仙台の専門学校生で、2年生になった頃だったかと記憶しています。その1年前に地元を離れて仙台で一 [続きを読む]
  • 今日で兄と同い年
  • お久しぶりです、または初めまして。相野と申します。この度は当ブログを閲覧いただき、どうもありがとうございます。前回までの記事にコメントをくださった皆さま、どうもありがとうございました。せっかくコメントいただきましたのに、長い間お返事をせず、本当に申し訳ございません。各記事のコメント欄にて、今さらではありますがお返事させていただいております。もしご縁がありましたらお手元に届けば幸いに思います。7月11 [続きを読む]
  • 誰かの幸せを願う
  • この度は当ブログを閲覧いただき、どうもありがとうございます。前回までの記事にコメントをくださった皆さま、どうもありがとうございました。各記事のコメント欄にてお返事させていただいておりますので、よろしければご覧になってみてくださいませ。ニュースなどを見ていると、事件や事故などで大事な人を亡くされた遺族の方が「私のような思いをする人がいないように」と語られるのを目にします。もとより「ほかの人は不幸にな [続きを読む]
  • 五度目の命日
  • お久しぶりです、または初めまして。相野と申します。この度は当ブログを閲覧いただき、どうもありがとうございます。前回までの記事にコメントをくださった皆さま、どうもありがとうございました。せっかくコメントいただきましたのに、長い間お返事をせず、本当に申し訳ございませんでした。大変な失礼をしてしまったこと、心からお詫びいたします。各記事のコメント欄にてお返事させていただいておりますので、よろしければご覧 [続きを読む]
  • 過去の記事 …