カールおぎ さん プロフィール

  •  
カールおぎさん: 黄金のバングラ(途上国を変える次世代暗号通貨)
ハンドル名カールおぎ さん
ブログタイトル黄金のバングラ(途上国を変える次世代暗号通貨)
ブログURLhttps://ameblo.jp/ogisu3/
サイト紹介文バングラデシュでコンピュータ専門家として従事。暗号通貨は発展途上国に大きなインパクトを与えるだろう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/11/25 14:57

カールおぎ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • シュンドルボンの朝@12/14
  • シュンドルボンの朝(12/14)バングラデシュの世界遺産の一つ。シュンドルボン朝6時くらいの朝焼けがきれいだった。白鷺のような鳥をよく見かける。朝靄の中を小舟で公園の奥地へ進んでいく。そこにはダッカでは考えられない静寂が待っている。 インド ブログランキングへ ミス・インターナショナル2013 中国代表を するとバングラ情報へ(2014-12-14 14:19:00 投稿)#シュンドルボン #朝 #バングラデシュ [続きを読む]
  • 世界文化遺産パハルプールに行ってみた
  • 世界文化遺産パハルプールに行ってみたバングラデシュがいくら世界の最貧国と言われても、全く見るべきものが無いわけではない。世界遺産としてとりあえず3つある。世界自然遺産のシュンドルボン。世界文化遺産のバゲルハット。この2つは既に2014年の間に行った。最後に残ったのが、今回遠路はるばる行った世界文化遺産、パハルプールだ。富士山のような形をした仏教遺跡だ。私の知り合いの多くもここに訪れている。感想は [続きを読む]
  • 世界遺産のモスクのミニチュア@クルナ
  • 世界遺産のモスクのミニチュア@クルナバゲルハット。それはバングラデシュにある3つの世界遺産の一つであるモスジッド群。バングラデシュ第3の都市クルナから東南に約25キロのところにある小さな町だ。クルナから行く方法は二つくらいあるのだが、一番よく使われるルートが、クルナの東を流れるルプシャ川を渡り、渡ってからバスで1時間ほどゆれて行く方法だ。世界遺産を見るくらいなので、それくらいの労力は惜しみたく [続きを読む]
  • クルナ近くの世界遺産、バゲルハット
  • クルナ近くの世界遺産、バゲルハットクルナはバングラデシュでも3番目の大都市、人口が85万人いると言うにも関わらず、何も見るべきものがない。クルナまで来てどうしても「何か見たい!」という人は、クルナからさらに25km東南に進み、ユネスコの世界文化遺産であるバゲルハットがお薦めみたいだ(私はまだ行った事がない)。今は情報収集の段階だが、NHKの番組でも取り上げられたことがある。「バゲルハットの歴史的モス [続きを読む]
  • これが世界遺産 シャット・ゴンブズ・モスジッド だ!
  • (2014/12/11 投稿記事の再掲です)これが世界遺産 シャット・ゴンブズ・モスジッド だ!行って来ましたよ。はるばる。クルナ経由でバゲルハットまで。ちょっと注意しなければいけないのが、バスに乗る時「バゲルハット、バゲルハット」と言っていると、最終のバゲルハット市内にまで着いてしまうこと。私はグーグルマップを見て、通り過ぎたのに気がついて急遽降りたのだった。カーン・ジャハーン・アリ廟を過ぎた位だったので、 [続きを読む]
  • 悲しみのTG321
  • 悲しみのTG321これから地上の楽園タイのバンコクから懐かしのバングラへ戻ります。日本からバングラデシュには直行便がないので、どこかで経由する必要があります。バングラに行く人々がよく使うのが、タイ航空のTG-3213、2、1とカウントダウンして行くのが何とも物悲しい。私にとっては悲しみのフライトです。(2015/01/23 10:19 投稿)#バングラ #タイ航空 #TG321 [続きを読む]
  • 移住するために海外投資をするバングラ人たち
  • 移住するために海外投資をするバングラ人たちMM2Hと言うのは、Malaysia My Second Homeというリタイアメント・ビザのことで、10年間の滞在許可が得られるものだ。バングラデシュ人の中でも、特に自分でビジネスを持っている起業家たちは、MM2Hよりも取得のし易いビジネス・ビザに注目している。そのビジネス・ビザは2年間の有効期間であるが、必要資金が50万タカとMM2Hの1,200万タカ以上よりも少ないために取得し易い。さらに2020 [続きを読む]
  • バングラデシュは日曜日が一週間の仕事始め
  • バングラデシュは日曜日が一週間の仕事始め日曜日、イイですよねぇー。日本では多くの人が家でマッタリとしている事と思います。ところがこちらバングラデシュでは日曜日が仕事始め。だから、結構辛いです。特に昨夜は珍しく日本人が100人以上集まるパーティがあり、久しぶりのお酒も入りました。日本人としては、うだうだとしたかった日曜ですが、気合いを入れてホテルの朝食を食べ、出掛けるところです。次のお休み、金曜日が待 [続きを読む]
  • 半年近く続く雨季(5-9月)
  • (2014-06-22 投稿記事の再掲です)半年近く続く雨季嗚呼、私はバングラデシュを完全になめていた!雨季の降水量とそれによる道路の反乱、冠水は半端ではない。とりあえず、一般的な気候情報として、ダッカの年間降水量を見てみると、5月から9月まで、およそ東京の倍の降水量が降り続く。かつバングラデシュは排水設備などのインフラが極めて脆弱なため、道路がいたるところで冠水して、まさに洪水状態になってしまう。今まで排水 [続きを読む]
  • 【発展途上国のための仮想通貨】NOAH COIN 登場!
  • 【発展途上国のための仮想通貨】NOAH COIN 登場!いよいよ、ノア・コインの先行販売が解禁されました! ノアコインとは何か? もし、仮想通貨あるいは暗号通貨を聞いたこともあるけれでも、よくわからない方は、まずこのビデををご覧ください。 https://goo.gl/g5EQqX わずか17分ですので、是非見てくださいね。 そして、もしNOAH COINに興味を抱いていただいた方は、発展途上国にも寄与する将来の仮想通貨にもなりますので、是 [続きを読む]
  • なぜバングラデシュが黄金の国なのか
  • (2013/11/29に投稿した記事の再掲。一部修正)なぜバングラデシュが黄金の国なのか?それはバングラデシュの国歌の題名が、ショナール・バングラ「黄金のバングラ」と歌われているからです。バングラデシュの国歌はタゴールによって作詞されました。 バングラ語で、タクゥル、?????という詩人で、アジアで初のノーベル賞(文学賞)を受賞した人です。インドのコルカタ生まれでもありますので、インドの国家も作詞・作曲しており [続きを読む]
  • 【え〜っ、ADAコインはまだ買えません】
  • 【え〜っ、ADAコインはまだ買えません】先日、第3期プレセール開始日を6月15日とお知らせしましたが、アジアへ向けたコンプライアンスの制定に時間がかかっており、やむを得ず開始日を変更する事が決定致しました。日本でのプレセールのみ予定通り開始することも検討致しましたが、【アジア各国でのプレセール開始前に売り切れてしまうことを懸念】し、開始日を同時期と致しました。第3期プレセール開始日は、下記日程に変更 [続きを読む]
  • 【仮想通貨を身近にするMUFGコイン】
  • 【仮想通貨を身近にするMUFGコイン】本日6/10の朝日新聞のトップページの記事です。MUFGコインは日本円と1対1の交換比率なので、ビットコインのように価格が上昇?(あるいは変動)する仮想通貨とは大きく違いますね。仮想通貨にとにかく拒否反応を示す日本人に【仮想通貨】と言う言葉を認知させるには一歩前進かも知れません。ビットコイン、イーサリアムに続く仮想通貨の王道とも言えるADAコインが来週15日から販売再開です。第 [続きを読む]
  • 【ADAコイン第3期プレセールス6/15予定】
  • 【ADAコイン第3期プレセールス6/15予定】本日、最新情報が入って来ました!ADAコインのアジア展開に向け弁護士の協力の下、急ピッチで法的な調査を行っており、第3期プレセールの開始日時は、6月15日(水)を予定しています。第3期プレセール可能な国については、【日本、韓国、中国、香港、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、カンボジア、フィリピン】の予定です。残念ながら、バングラデシュもミャンマーも対象外 [続きを読む]
  • デジタル・バングラデシュ戦略とは
  • (2014/01/20 投稿記事の再掲です)今年に行われた選挙でもハシナ首相は、テレビの選挙宣伝でもデジタル・バングラデシュの成果を放送して、有権者の関心を引こうとしていた。今一度、政府のICT (Information and Communication Technology)戦略を理解しておきたい。まず、このデジタル・バングラデシュという言葉は、バングラデシュの国家戦略の中でもかなり重視されている点を理解しておきたい。ハシナ政権は、今回の選挙で続投を [続きを読む]
  • ノーベル平和賞のゴールデン・コンビ
  • ノーベル平和賞のゴールデン・コンビバングラデシュのノーベル平和賞のユヌスさんがミャンマーを訪問し、同じくノーベル平和賞のアウンサン・スーチンさんと面会し、バングラデシュのソーシャル・ビジネスの重要性について話し合った。ユヌスさんはミャンマーでも70万人を支援するマイクロクレジットのNGOを設立している。Yunus went to Yangon for a three-day visit at the invitation of British Council in Myanmar.Yunus was [続きを読む]
  • アジアで最も汚い街、ダッカ、世界から非難を受けるべき!
  • (2014-02-20 投稿記事の再掲です)この記事を見て、多くのブロガーの方が上位の日本都市に注目していた。私は違う。「ダッカの汚さに世界中から非難を挙げるべきなのだ」ダッカに実際に住み、かつ、日本のきれいな街を知っている人間としては、このダッカの汚さは、正直耐えられない。言葉では言い表わせない。街じゅう至るところにゴミはある。ゴミを皆が平気でするのも、「掃除をする人が別にいるから、自分はゴミをしてもいい [続きを読む]
  • 「路上」床屋さん@バングラデシュ
  • 「路上」床屋さん@バングラデシュバングラデシュは世界一とも言われる最貧国。写真ではわかりにくいですが、床屋さんです。ベンガル人たちは貧しくても髪がボサボサであったり、不潔な無精ヒゲという人は少ないです。イスラム教では神にお祈りする際に身を清める教えがあるせいかも知れません。着る物は安っぽかったり、小汚かったりしますが。カールおぎさんのSimplogを見る今年も「いいね」よろしくね (2013/12/31 初稿) [続きを読む]
  • ベンガル・ツアーズを目指してHISに行こう!
  • (2014年8月の記事ですが、2014年12月時点で、控えめなHISの看板もあります)ベンガル・ツアーズを目指してHISに行こう!日本でも有名な旅行会社HISちゃんとバングラデシュに進出しています。首都ダッカの高級住宅街ボナニに店舗があります。ロード27に面した墓地の反対側にあるのですが、残念なことに看板がありません!代わりにライバル会社のベンガル・ツアーズの看板が出ていますので、それを目印に探しましょう。只今、JCB [続きを読む]
  • 過去の記事 …