けもの編集長 さん プロフィール

  •  
けもの編集長さん: けもの道はイバラ道
ハンドル名けもの編集長 さん
ブログタイトルけもの道はイバラ道
ブログURLhttps://ameblo.jp/kemonomichi-aeg/
サイト紹介文狩猟専門誌「けもの道」の編集作業、犬の話題、猟具の話題、山の話題、歯痒い実猟録など。
自由文編集長自身は、猟歴4年目の知識先行&現代型ハンターでありながら、紀州犬でイノシシ単独猟をいきなりすることになってしまい、ほぼほぼ孤軍奮闘の山歩きを続けています。

けもの道のご購入は通販サイト「けもの道本舗」で。http://www.kemonomichi.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/11/25 23:22

けもの編集長 さんのブログ記事

  • ナイトビジョン、サーマルカメラのデモ機あります。
  • デモ機を期間限定で借りることが出来ました。 左から■Bushnell/ブッシュネル/単眼鏡型ナイトビジョン エクイノクス ライト■Bushnell/ブッシュネル/デジタルナイトビジョン エクイノクス Z3 ■FLIR/フリアー/フリアースカウトTK(サーマルカメラ) 8月17日(金)まで弊社店頭にて、来て見て触ってが出来ますので、ご希望の方はお越しくださいませ。※ご来社の前に、必ずお電話にてご連絡ください。操作説明が出来る者が [続きを読む]
  • 今年度の兵庫県クマ猟解禁状況。
  • 兵庫県における今年度のツキノワグマ猟一部解禁の情報が報道されました。 神戸新聞NEXT 2018/7/30 19:00 配信https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201807/0011495857.shtml 報道によれば、・今年度も11月15日〜12月14日まで1ヶ月のみ・捕獲上限数は137頭・「1人1頭」の上限は撤廃ということだそうです。 「1人1頭」を撤廃したら、獲りまくる人が出て来るやん!って思われる方もおられるかも知れませんが、まあその心配はな [続きを読む]
  • カバーをしたまま射撃が出来る銃カバーの紹介。
  • 出猟時に銃カバーは必須です。 山に入るとすぐにカバーを外す方が多いと思いますが、傷をつけたくない銃や、スコープ付きの銃の場合、発砲ギリギリまでカバーをかけたままということも少なくありません。 そんなとき、カバーを外すのに手間取ったり、モタモタしていると発砲チャンスを逃したりしますよね。 そこで、今回はカバーを掛けたままでも射撃が出来る銃カバーを3種類ご紹介します。 1 タガミ/ブラインドカバー  お [続きを読む]
  • 猛暑・酷暑・険暑の週末に撮影三昧。
  • 「こんにちわ。いつも素敵な高田順次です。」 とは言ってませんが、最近、高田順次さんに見えてしまう白1号。 まあ、毎日、暑い暑いと言いながら過ごしておりますが。 猛暑・酷暑、ほかに何か言い方ないかと「険暑」という造語を編み出してみたり(※「険しい暑さ」「危険な暑さ」)。 熱中症の1番の対策をご存知でしょうか? それは「涼しいところで体を冷やすこと」だそうです。 そんな逆説的な解決策を知っていながら、昨 [続きを読む]
  • 真夏の射撃会は熱中症にご注意を。
  • 昨日、大阪総合射撃場で府下猟友会員有志の射撃会がありまして、参加して来ました。 日本全国、連日の猛暑となってますが、大阪ももちろん気温は37℃ぐらいまで上がり、体温より高いという状況。 暑いのは分かってますが、なかなか危ない気温でした。 射撃の内容はトラップがメイン。 大阪総合射撃場A射面(トラップ射面)は屋根が前後に移動できるので、距離(5・10・15m)に合わせて日陰を作ることが出来ます。 屋根の向こう [続きを読む]
  • 山猫で4姿勢撃ちしながら、体幹トレーニング。
  • 本日のお昼ごろ、京都笠取射撃場に行って来ました。 本当は先週末に関東で開催されるエアライフルの射撃会に参加する予定だったのですが、今般の大雨により大阪から出ることが叶わず。 所持後、まだ1回しか撃ちに行ってなかったので、今日は射撃会でする予定だった4姿勢を撃ち比べてみようと。 さすがに金曜日とはいえ平日のお昼ごろでしたので、射場は貸切状態。 まだエアライフルは初心者なので、1人でゆっくり撃てる方が落 [続きを読む]
  • 大雨から梅雨明け。
  • ようやく雨があがりましたね。 大雨続きで各地に甚大な被害が発生しており、被災された皆様方には心からお見舞い申し上げます。 こちら大阪北部も山間部では一部土砂崩れなどが発生しており、散発的ではありますが被害が発生しております。 私の家の前にはご覧の川が流れているのですが、本日は水量は多いものの、平静に戻りつつあるような感じです。 先週木曜日から金曜日に掛けてはこの川も氾濫の恐れがあるほど水位が上昇、 [続きを読む]
  • 山猫30の集弾性。
  • スウェーデン生まれ、舶来の山猫2代目。 笠取射撃場で50m射撃の様子。 その結果。 50mからの依託射撃。 1インチ円内(1円内ではない)にそれぞれ5発入っています。 30口径ですが、集弾性はすでに1インチ未満は確実。 ということで、ある意味、依託をしなければ射手の腕が如実に現れるということがよく分かりました。 ↓山猫すげぇ!と驚きの勢いでポチッといただけると嬉しいです。にほんブログ村 にほんブログ村 ↓狩 [続きを読む]
  • 【再掲】AEGハンターズショップサイト移転のお知らせ。
  • ※内容は5月にお知らせしたものの再掲となります。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 当店【AEGハンターズショップ】は、5月よりリニューアルおよび下記アドレスに移転しております。 新サイトのURLはhttp://aeg-hunters.shop/になります。 これに伴い、旧アドレスの、http://www.aeg-hunters.com/ は閉鎖しておりますので、ご注意願います。 今後ともAEGハンターズショップをよろしくお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • バグオフの効果を身をもって確かめてみました。
  • 先週の月曜日は地震に見舞われまして、事務所も自宅も建物はまあまあ無事(ガタは来ましたが)で、中はぐちゃぐちゃ。 1週間掛けていろいろ片付けをしまして、昨日は山の中で撮影に行って来ました。 梅雨の合間の真夏日で、気温・湿度ともに非常に高い。 もう今の時期は蚊がワンワン舞っておりまして、そこでお試しいただきたいのが、「着る虫よけ」をコンセプトに販売しております「バグオフ」です。 商品ページ(AEGハンターズ [続きを読む]
  • ポピュラーになりつつあるジビエ〜。
  • 「ジビエ」という言葉はもうすでにポピュラーか?っというと、いや、それぐらい聞いたことあるわという方が多いと思います。それでも最近、ジビエって何?と言う方とお会いしたこともありますが。まあ言葉はさておき、長らく野生肉は日本でサプライズミート扱いされて来ましたが、ついにメジャーというかポピュラーな扱いになって来たのかなと。先日は京都高島屋で京丹波自然工房さんが京都産ジビエの特売コーナーを設けていました [続きを読む]
  • シーフィールド犬舎にご挨拶行って来ました。
  • 狩猟犬というと拙ブログでは大物猟系の話題が数多く登場し、猪犬訓練所などの紹介をさせていただいたり、訓練会レポに行ったりしております。 ただ最近思うのは、鳥猟の世界でも狩猟犬が活躍しており、愛好家の方々もおられるのですが、イマイチ一般に注目されることが少ないなぁと。 昨今、一般の方々に対する狩猟のPRがされる場合、まず一言目には「増え過ぎたイノシシ・シカによる農林業被害」というところから始まることが多い [続きを読む]
  • 商品紹介。WAKA WAKA/ワカワカ/パワープラス。
  • 久々の商品紹介です。 いろいろご紹介したいものが溜まっているのですが・・・。(^o^;) 今回は、今週から発売開始しましたWAKA WAKA/ワカワカの製品の中でも、パワープラスというのをご紹介します。 WAKA WAKA/ワカワカというのはオランダのメーカーブランドでして、スワヒリ語で「明るく輝く」という意味です。 その名の由来は商品ラインナップにありまして、折りたたみ出来て持ち運びや収納に便利な太陽光発電パネルや、そこ [続きを読む]
  • イタチ肉と懐かしの?シュールストレミング。
  • 先日の土曜日。 知人、友人家族を招いてBBQをしました。 私ら夫婦以外は狩猟者ではないので、メインは猪肉・鹿肉で、それはそれは喜んでいただきました。 こういう機会に冷凍庫の中の狩猟肉を少しずつ片付けていくというのが「猟師あるある」の1つかと思うのですが、冷凍庫に眠ったまま手付かずだった肉を発見。 イタチですね。 気をつけポーズで凍ってました。 数年ほど前にまた別の知人からこの状態でいただいたものです。 [続きを読む]
  • 暑い日はdog days.
  • 暑いなぁ〜ということで、この写真をフェイスブックにアップしましたところ、「暑い日のことを”Dog days"て言うんやで」というコメントをいただきまして、調べました。 ↓このサイトが最も分かりやすく解説してくれていました。http://www.eigowithluke.com/2011/05/dog-days/ 要約すると、"dog days"は、日本語直訳すると「盛夏」が最も近いそうで、夜空に浮かぶオオイヌ座を成す星であるシリウスが1番明るい星であるなどが理 [続きを読む]
  • トライアル優勝おめでとうございます。
  • 老舗実猟系雑誌『全猟』。 実は私も定期購読をしておりまして。 実猟系雑誌で唯一と言っていいであろう「月刊」という発刊スパンを守り抜いておられますので。 『全猟』は、全日本狩猟倶楽部が発行する月刊誌で、会員向けの広報誌といった色合いが強いものです。 実猟記事は少なく、表紙のとおり鳥猟犬のトライアルや育成に関する記事が多い印象です。 弊誌『けもの道』は大物猟犬の割合が格段に大きいですが、鳥猟犬の猟芸は溜 [続きを読む]