タリン さん プロフィール

  •  
タリンさん: シュリーマンと木馬の王女さま
ハンドル名タリン さん
ブログタイトルシュリーマンと木馬の王女さま
ブログURLhttps://ameblo.jp/yliopist16
サイト紹介文英語のできない多言語翻訳者、シュリーマン越えをめざす
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/11/26 02:00

タリン さんのブログ記事

  • もうひとつの難問も宝地図で氷解
  •  冠詞の原理を輪郭、境界、編隊の3つのキーワードで説明するのに、  最後まで残っていた問題、  Figure 5、Car 8のナゾ。  なぜ定冠詞がいらないか。もちろん、それなりの説明をしている本はありますが、  3つのキーワードだけで説明することはこれまでできなかった。  それは、本を出すまで企業秘密にしておきましょう。   それにしても、宝地図を作るとなぜこんなことが可能になるのか、  それはおそらく、問題解決 [続きを読む]
  • ひたすら、あの数字を目標にした連続受注記録
  •  駆け出しの時期を過ぎて、あちらからもこちらからも翻訳の仕事が来るようになったとき、  やはり途切れてはおしまいだと思い、とにかく仕事が途切れないように、  何日続けて仕事がくるか、その数字だけを追いかけた。  10日、100日、500日、1000日、、  そのとき、話題になったのが、衣笠選手の連続出場記録2215試合の世界記録だった。  その価値はまったく比べ物にならないけれど、この2215を目標に、2215日仕事が途切れ [続きを読む]
  • 不良老人の奨め
  •  岩手に104歳までやり投げをしていた人がいました。  友だちいません。いやな性格だからではありません。  104歳まで生きたら、周りがみな死んでしまったからです。  その年になって毎日元気で生きて行こうと思ったら、不良老人になるのがいちばんです。  スナックでカラオケやって、遊びまわります。  不良ってなんでしょう。そもそも良というのが、世間が決めたしばりにすぎないわけです。  この前のユマニチュードの集ま [続きを読む]
  • 宝地図は凄い。冠詞の大難問が解けた。
  •  夢が叶うとは聞いていましたが、16時間で夢が叶いました。  冠詞の大難問、私にとっては数学のフィールズ賞級の難問が解けました。  世の中のあらゆるものは、3つのイメージで捉えることができる。  それをイメージすれば、どんなこともそのイメージ通りの冠詞をつければいいわけです。  ところが、固有名詞はどうか。  例外を作るか、いや、例外をつくってはならない。  例外を作ることは自ら提唱した法則に欠陥があるこ [続きを読む]
  • 宝地図の濃厚なセミナー
  •  宝地図セミナーに行ってきました。  夢を写真などにして貼ると、夢が叶いやすくなるというものです。  この宝地図の効用は数十年前から知られており、大谷選手が目標を紙に書いていたのも一種の宝地図です。  書くのはタダと思って書きましたが、そのあとグループ別に夢を語り、お互いの夢を共有し、激励し、実現した時のことを想像し、祝福するようなことをやっているうちに、本当に字柘植い近づいているような気がするから [続きを読む]
  • 哺乳類20種目賞味
  •  長堀橋って、本格的な中国料理店が並ぶところです。  入った時は、周りのお客はみな中国人。  これまでさまざまな哺乳類を食べてきた私も、飼ったことのある犬と猫だけは抵抗がありました。  多肉植物を栽培しているときはアロエにも抵抗があったくらいです。  でも、犬肉の炒めを一口食べて、やはりこれはペットの犬とは別物だと思いました。  牛の柔らかい部位のような感じでした。  で、20種類とは、、。  牛 [続きを読む]
  • うっしい、49日
  •  今日はうっしいの49日です。  これでもう、本当に向こうの世界に行ってしまうのですね。  見方を変えれば、またうちに戻ってくる準備を始める日かもしれません。  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 宝地図セミナーを前に、語学のプロはありかと問う。
  •  自分の夢を写真などにして貼っておくと夢が叶うという宝地図。  そのセミナーが2日後に迫っている。   外国語の学習って、本来は自分の生活があって、そのなかで稼いだお金でするべきではあろう。ただ、会社からお金をもらって英語を学習する人はたくさんいる。  若い時は外国語の習得はあくまで手段であって目的ではないと思っていた。  今でもその思いに変わりはないけれども、歳を取ってくると、目的と手段との境目が [続きを読む]
  • それぞれの草木
  •  うちの庭で眠っている猫たち。  こちらで選んで花を植えてやるのもいいけれど、めいめいがどこからか自分の好きな草木を呼び寄せるようです。  タリンのところには大きなタンポポのような草が大きく成長してきました。  くのいちのところ、これ、なんだろう。四方八方に細い枝が伸びている。  どれも、あいつらしいなあと思えて、これからが楽しみです。  そういえば、今日、タリンとくのいちが11年前に生まれた日。  [続きを読む]
  • ハン検、戦時体制に
  •  ハングル能力検定に向けて、生活上の不確定要素と時間の不安が消えた。  だからといって、絶対にというわけにはいかないが、それなりに取りに行く。  ただ、ある意味でむかしとちがって、合格不合格だけではなく、点数を教えてくれるので、  不合格で何も残らないというようなことはない。  できるかぎりのことをやってみるか。   今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • ハングル能力検定、勝算はないが
  •  受けるか受けないか、締め切りぎりぎりまで待って決めようと思っていました。  別に一大決心をしたわけでもなく、気持ちの赴くままに、申し込むことになりました。  50年前のアメリカで面白い統計があります。人はやりたいことに何度挑戦するか。  なんと0.8回だそうです。ということは1回挑戦するだけでも、平均以上。  昨秋の5級で、とりあえずハングルの検定資格は取ったので、あとほしいのは準2級以上。   今日もよ [続きを読む]
  • 4月16日は新たな出発の日
  •  近頃はあまり脳裡をよぎることはなかったのですが、4月16日というと、何か特別な日であるという記憶がどこかにありました。  誰かの誕生日でもなければ、何かの記念の日でもない。  でも、何か新たな出発の日であるように感じられる日です。  そう、この日は大学の履修届の締め切りの日でした。  初心に帰るつもりで、もう一度この日を刻もうと思います。  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • REIKIのフランス語版が届いた
  •  REIKIというは宇宙のエネルギーを用いた癒しやヒーリングのことです。  日本語でレイキというと、薬事法の制約があって、治療ということばを使うことができませんが、  フランスでいうREIKIなら、治療という言葉を使っても問題はないでしょう。  掌の力という点では、タクティクルに通じるものもあります。  どうちがうのか、これから勉強していきますが、ひとつ言えることはREIKIはもっと広くさまざまなことに応用でき [続きを読む]
  • 多言語クラブ創設4ヵ月
  •  Facebookに多言語クラブを創設して4ヵ月(と2日)  まだメンバー14人と少ないが、活動、投稿は1000人のグループなみ。  語学そのものの情報と、それに取り組んでいる人たちの思いにかかわる情報。  目標、希望、諦め、踏ん切り、我慢、いろんなことが、他人の投稿に刺激を受け、納得もし、観念もする。  さて、春の仏検1級、自分のなかの第1次選考、辞退勧告の可能性濃厚。  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 韓国語、第1次選考通過
  •  第1次選考通過といっても、自分自身のなかの選考です。  ハン検準2級、今の状態で戦えるか、その結論を10日までに出すことにしていました。  厳しいのはきびしいけれども、戦えるというのがその結論。  あとは今ひとつ懸案の問題が解決すれば、挑戦できそうです。  第2次選考は申し込み締め切りの18日、まだまだ関門はいっぱいあります。  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 「百回」の功と罪
  •  どんなものでも百回見れば、百回聞けば、自分のものになる。  一流選手のビデオを目が悪くなるほど見たというレクセンのバドミントンのコーチ。  中学時代の英語の先生は教科書を声を出して50回読めと言ってた。半分でもなかなかやろうとする生徒はいなかった。  ところが、この百回、いいことばかりでない。最近耳にしたことで、これまで気がつかなかった。  間違ったことでも、百回耳にすれば、そのまま身についてしまう [続きを読む]
  • 血圧170って正常値
  •  今日は3ヵ月に一度の検診日。  往復4キロの道を歩いて通う病人です。  今日は動脈硬化が出ていないかをみる生理検査。  それで出てきた値が血圧170、、。  ドキッとしたら、先生がそれで正常ですと言ってくださいました。足首の血圧の方が高くで、それで問題がないそうです。  それにしても、医学の翻訳をやっていて、今まで知らなかった。耳に心か、、。  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 二者択半
  •  片や締め切り4月18日、本番6月3日 片や締め切り5月16日、本番6月17日  するべきことと、残りの時間を考えると、  二者択一ならぬ二者択半   ふたつのうちひとつならまだしも、ふたつのうちひとつのそのまた半分しか選べぬ。  ここでひとつは挑戦しておきたいが、、。  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 鮮烈な記憶、宗教の時間
  •  キリスト教の高校だったので、宗教の時間があった。  入試に出る出ないには関係なく、毎回愉しみだったのがこの宗教の時間、学校の試験には論述式の問題があって、自由に意見を展開することができた。  マーチン・ルーサー・キングの暗殺事件も、つい昨日授業を受けたように鮮烈に焼きついている。  あれから50年、、。このあとは、言葉にはしないでおこう。   今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 語学心は女心より複雑
  •   これもうかなわん、仏検の公式ガイドブックをみて、春の1級はとてもムリと思いながら、  「ル・モンドで学ぶ時事フランス語」を取り寄せている私。  もしかしたら、語学心は「世間で言われているような、本当はどうか知りません、」女心より複雑なのかも。   インサイダー取引とか、出てきて、(そんなのフランス語で言えるわけないじゃん)ちょっと怖気づいたのですが、この8,000語でなんとかなるかも、、と思えてもきま [続きを読む]
  • あれ、情報量理論の造語が、、。
  •  情報量理論では、言語を構成する情報の単位として、いわゆる文法で言う品詞とは別に情報子という概念を導入しています。  品詞は言語によって異なりますが、情報子はどの言語にも共通の概念で、必ずどの言語にも次の8つの情報子があります。  名子、属子、動子、様子、景子、量子、格子、流子。  このうち、流子は文の流れを司るもので、りゅうしと読みます。もちろん、造語です。  その造語が別のところで見つかりました [続きを読む]