タリン さん プロフィール

  •  
タリンさん: シュリーマンと木馬の王女さま
ハンドル名タリン さん
ブログタイトルシュリーマンと木馬の王女さま
ブログURLhttps://ameblo.jp/yliopist16
サイト紹介文英語のできない多言語翻訳者、シュリーマン越えをめざす
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供486回 / 365日(平均9.3回/週) - 参加 2013/11/26 02:00

タリン さんのブログ記事

  • もったいなくないですかという発想の不思議
  •  資格に関するグループで漢字検定10級合格の記事を投稿した人がいた。  ええ、そこまで級があるのかと驚いていたら、すかさず質問が入る。  質問者 それって、どの程度のレベルですか。  投稿者 小学校1年です。  質問者 もしかして、コンプリート狙い。お金もったいなくないですか。  ぼくなんかはこういうの、とっても面白いと感じ、その人がどんな思いで10級を受験したのか、いろいろ思いをめぐらせてみるのだが、す [続きを読む]
  • 1年越しの受験票
  •  昨年も届いていた受験票。  昨年13日にハン検を受験した翌日、息苦しさに堪えかねて入院。  いつ退院できるかもわからない。27日の中検に間に合うのか。  結局、26日に退院許可が出たものの、翌日の試験にはとても行ける状態ではなかった。  1年越し、受験できるだけでも幸せと思って、馳せ参じることにする。   今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 病に救われた
  •  今になって初めて知った。この第38回全日本マスターズ陸上、最終日の29日、台風のため全競技が中止になったそうな。  私は28日に砲丸、29日に3000m競歩を申し込んでいた。  春の時点では左足がもうひとつ言うことをきかなかったため、膝が伸びないので競歩には出ることができず(伸びなくても出ている人もいますが)、砲丸に出ていた。  今回も少なくとも砲丸には出るつもりで、競歩は場合により棄権してもいいと思っていた [続きを読む]
  • すっ飛んでいた。
  •  久々にこだま号に乗った。  時代に乗り遅れたのとはまた別の誤認識が3つも見つかった。  ひとつめはあまりたいしたことではない。そうか、こだまには車内販売がなかったのか。  ふたつめ、superexpress の表示を見て、えっ、こだまって鈍行だと思っていた。  みっつめ、新大阪を出て、「次は京都に停まります」、えっ、こだまでも駅を飛ばすの。そうか、新大阪と京都の間にはもともと新幹線の駅がなかったのか。  今日 [続きを読む]
  • オランダ語の駄賃でチェコ語リハーサル
  •  日本で初めて実施されるチェコ語検定。  全部チェコ語で出題されるので説明会をやってくれるというけれど、会場は東京。  ちょっと東京まではと思っていたら、オランダ翻訳の報酬が入ったのと、ホテルがポイントで2泊分タダになる。  だから、赤字いっさいなし。  というわけで、オランダ語の駄賃で、チェコ語検定の説明会に行ってきます。  ついでに、最近は東京に行く機会も少なくなったので、いろいろ見て(ウソつけ、 [続きを読む]
  • 秋の検定、まずはひとつ終了
  •  秋の検定がひとつ終わった。  中検に主力を注ぐため、ハン検は絶対安全級を選択、  いくら絶対安全級でも終わると、ひとつ肩の荷が下り、ホッとする。  気になっていたところ6箇所を検討してみると、1個所以外はみんな合ってた。  と、ということは、もし自己採点が正しければ、99点。ただ1問のために満点を逃したことになる。  しかも、もともと合ってたのをあとで書き直して間違いにしてしまった。それなら、ほかにも間 [続きを読む]
  • 仏検の受験票届く
  •  仏検の受験票が届きました。  フランス語は大学に入ると同時に、他のどの言語よりも早く始めたのに、検定受験は8言語に遅れを取り、今になってしまいました。  それも、今回は絶対安全級。  それでも、受験票が届くと、身が引き締まります。     今日もよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • チェコ語になおも試練
  •  日本で初めて検定試験が実施されることになったチェコ語。  東京でしか受験できないなど、いろいろ難しい問題がある。  それは仕方ないと思っていたが、試験日と会場の連絡があって、会場は東京外大、府中市とのこと。  東京からでも、かなり遠い位置にある。  チェコ語合格の困難を地球規模で物語っているような、、、。  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 商店街の復権とスリランカ文化
  •  韓国のテレビを見ていると、廃れかけた町に、韓国人と結婚したフランス人がパン屋を開いて、町の復興に寄与したという話が出てきます。  大資本が個人経営の店を圧迫する今日、世界中どこに行っても同じ問題があると思います。  ここ、守口も例外ではありません。  日本人が忘れかけている商店街文化を、異国の人が高く評価して復興の力になろうとしてくれている。  われわれ日本人はこのことをもっと真剣に受け止めなけけれ [続きを読む]
  • 台湾――天の翳り、人の驕り15
  •  台湾、宜蘭にある有仙気的地方のひとつ、全長100メートルの滝、五峰旗瀑布。  ごらんのように連日の豪雨のため、進入禁止に、、。  これで、合法的に滝を見学する道は失われてしまいました。  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 台湾――天の翳り、人の驕り14
  •  今回のいちばんの目玉であった亀山島、政府の許可がないと入島できません。  天は相変わらず翳ったまま、前日に渡航禁止のお達しが出てしまいました。  その「代替地」として、宜蘭のカバランウイスキー工場か民族博物館か、参加者の多数決で工場見学に決まりました。    それにしても、なんとも酔えないお酒でした。  今日もよろしくお願いします。  ↓ [続きを読む]
  • 今月の順位 2017.11
  •  12月の検定を控えたチェコ語に「期待」点、ひとつ順位を上げました。  1.スペイン語 通訳案内士 2.日本語 3.フランス語 4.イタリア語 準2級 5.韓国語 準2級51点 6.ドイツ語 3級 7、中国語 4級 8.ロシア語 3級 9.タイ語 5級、4級65点、3級29点 10.チェコ語  11.インドネシア語D級、C級40点 12.ベトナム語 準6級 13.フィンランド語 14.ルーマニア語 15.スウェーデン語 [続きを読む]
  • 新生人4歳9ヵ月
  •  新生人4歳9ヵ月  一時は訪問国の数を増やそうとしたり、マスタ^ズ陸上がらみの旅行が多かったりしたが、59ヵ国も行ってしまえば、これからは一度行った国でもまだ行っていない所、特別な思いがある所に行ってみたい。  こうして、4度目の台湾が実現した。3度目に台南(高雄)、今回、台中と東海岸行気が実現した。そして、それ以上にふつうでは体験できないことをいろいろ体験することができた。  4歳9ヵ月、これは大きい。 [続きを読む]
  • 中検まで4週間
  •  中検まで4週間。  むずかしい選択に迫られています。  可能性が低い2級の勉強に時間を割くよりも、3級を確実に合格し、2週間語のチェコ語に時間を残すのがいいのではないか。  ううう、ううう、、。  何か参考になるものを、 してもらえればヒントが得られるかも、、  ↓ [続きを読む]
  • 中検1ヵ月前
  •  中検まであと1ヵ月となった。  2級と3級に申し込んでいるが、3級も絶対確実にというわけにはいかない。当日の出題によっては「不覚」はありうる。  一方、2級はとても奇跡など起こせるべくもないほど豊富な知識を必要とすることもわかってきた。  なにしろ、間もなく終了するECCのコースはこれを終えて4級合格が望めるというもので、次の1年を終えて3級合格。2級はこれから2年間のコースを終えたくらいのところにある。  4 [続きを読む]
  • 暴かれた国家機密――みなさん、知っていましたか。
  •  これまで誰一人として中国語の先生も教えてくれませんでした。  たとえば、伝統、中国語ではチュアントンとなります。  問題は、chuangtong chuanton chuantong chuangtonのうちどれになるのか、日本人には悩ましいところで、 nで終わるのか、ngでおわるのか、容易には判断できませんでした。  ところが、これがまったく例外なく、日本語の漢字の読みで判別できるというのです。   [続きを読む]