いわね さん プロフィール

  •  
いわねさん: いわねパルマ教室
ハンドル名いわね さん
ブログタイトルいわねパルマ教室
ブログURLhttp://sa1041wane.blog.jp/
サイト紹介文フラメンコギタリスト−岩根聡によるパルマ教室や演奏活動のご紹介
自由文フラメンコに必要なパルマ(手拍子)について取り上げていきます。踊り・歌・ギターに対する打ち方、ステージを盛り上げる打ち方等、パルマを打ちながらフラメンコに参加していく楽しさを伝えられたら・・・と思います。

また、今後も続けていくギターの演奏活動もこちらで紹介していくつもりでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2013/11/27 07:45

いわね さんのブログ記事

  • 第948回 シギリージャのカウント1
  • 今回のお題では、シギリージャのコンパスに不慣れな初心者を対象にお話しします。シギリージャのコンパスに慣れている人やプロ活動を行っている人にとっては退屈なお話だと思うので…そういう人たちは、後進の指導に役立てていただけたら…と思います。アレグリアスやブレリ... [続きを読む]
  • 第946回 スビーダを極めよう!14
  • <音量に関して>(続き)1〜3コンパス目は通常のスビーダで、4コンパス目は締めです。前回の譜例を参考にして、あなたにとって一番簡単な4コンパスのスビーダを練習しましょう。スビーダでは、テンポや音量を上げます。テンポや音量が上がった時には、簡単なスビーダの... [続きを読む]
  • 第945回 スビーダを極めよう!13
  • <音量に関して>(続き)カウント ⑫ ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪左足   ○ ・ ・ ○ ・ ・ ○ ・ ○ ・ ○ ・右足    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○…ゴルペ  ・…タコンこれは一般的なスビーダのパソですが... [続きを読む]
  • 第944回 スビーダを極めよう!12
  • <音量に関して>(続き)ここまでは、前半のコンパス⑫〜⑤だけを練習してきました。同様に、後半のコンパス⑥〜⑪も練習しましょう。カウント ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪左足   ○ ・ ○ ・ ○ ・ ○ ・ ○ ・ ○ ・右足    ○ ... [続きを読む]
  • 第943回 スビーダを極めよう!11
  • <音量に関して>(続き)どのテンポでも強い音で踊れるようになったら、いよいよ音量を変える練習です。再度テンポを?=60〜80に戻します。今度は8以上の音で踊りはじめ、少しずつ音量を下げていき…1まで落としたら、少しずつ音量を上げていき…10までになるまで上げ... [続きを読む]
  • 第942回 スビーダを極めよう!10
  • <音量に関して>(続き)テンポはとても遅い?=60〜80に設定し、とにかく強い音で練習しましょう。リズムを崩さずにできるようになったら、?=90・100…と少しずつテンポを上げて練習しましょう。ただし、音量は決して8以下にしません。テンポを上げて練習していくと、ど... [続きを読む]
  • 第941回 スビーダを極めよう!9
  • <音量に関して>(続き)前回のリズム譜をじっくり見ましょう。左足は常に表拍、右足は常に裏拍です。メトロノームを普通に鳴らした場合…メトロノームの音と左足は常に重なります。左足だけを見ると…ゴルペ、タコン、タコンで3拍子になっていることがわかるでしょう。こ... [続きを読む]
  • 第940回 スビーダを極めよう!8
  • <音量に関して>(続き)テンポを上手に上げられる踊り手は多くいます。しかし、音量を上手に上げられる踊り手は非常に少ないです。実は、音量を上手に上げる以前の問題で…スビーダで強い音を出せる技術を持っている踊り手が少ないのです。っということで、強い音の出すた... [続きを読む]
  • 第939回 スビーダを極めよう!7
  • <音量に関して>第2話で、「ゴルペやタコンの音が弱い」という問題を指摘しました。多くの踊り手は…プロアマ問わず、テンポを上げることに振り回されています。「テンポを上げなさい!」攻撃が激しい先生もいて(笑)、音量を上げる余裕はないのかもしれません。また、音... [続きを読む]
  • 第938回 スビーダを極めよう!6
  • <テンポに関して>(続き)第2話で、「バックを率いている自覚が弱い」という問題を指摘しました。踊り手がスビーダを上手にできないと…バックが気を利かせて勝手に上げてくれる場合があります(笑)。それに合わせて踊ってしまうと、「指揮者としてバックを率いる」とい... [続きを読む]
  • 第937回 スビーダを極めよう!5
  • <テンポに関して>(続き)一定のテンポで正確に踊れるようになったら、いよいよテンポを変える練習です。しかし…この練習に関しては、「メトロノームを使って正確に!」なんてことが言えないのです。テンポが自動的に変わっていくスビーダ専用メトロノームはありません(... [続きを読む]
  • 第936回 スビーダを極めよう!4
  • <テンポに関して>第2話で、「自分の意思でテンポを上げられない」という問題を指摘しました。自分の意思でテンポを上げるのではなく、習慣的に無意識にテンポが上がっている踊り手が多いのです。スビーダはテンポを上げる箇所ですが…まずは、一定のテンポで正確に踊れる... [続きを読む]
  • 第935回 スビーダを極めよう!3
  • スビーダはテンポや音量を上げる箇所ですが、どんな踊りがそれに該当するのか…思い付かない人もいるかもしれません。また、人それぞれ連想するスビーダが違うかもしれません。12拍子系の一般的なスビーダのパソを下に記します。今回のお題では、4拍子系は省略します。カ... [続きを読む]
  • 第934回 スビーダを極めよう!2
  • スビーダはテンポや音量を上げる箇所のことで、バイレフラメンコにとって極めて重要です。スビーダを行うと曲が非常に盛り上がります。これをキッチリと行うことができれば、説得力のあるフラメンコを見せることができるでしょう。前回、スビーダが上手な踊り手が少ないと言... [続きを読む]
  • 第933回 スビーダを極めよう!1
  • スビーダについては、既に何度かお話ししています。「第264〜271回 スビーダ」と「第300〜305回 スビーダのパルマ」において、言いたいことはほとんど言い尽くしています。しかし、様々なところで踊り伴奏をしていて思うのです。スビーダがうまくいかないことが多いなぁ…... [続きを読む]