けいじ さん プロフィール

  •  
けいじさん: うつ病改善コーチが教える栄養でうつを改善する方法
ハンドル名けいじ さん
ブログタイトルうつ病改善コーチが教える栄養でうつを改善する方法
ブログURLhttps://ameblo.jp/keiji5075/
サイト紹介文約6年のうつ病の闘病経験からみなさんにお役に立てる情報をお届けしたいと考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/11/28 19:34

けいじ さんのブログ記事

  • 対人恐怖症から仕事うつになった時の対処法の紹介 
  • 対人恐怖症は学生の頃になってしまった場合は、学生を卒業して社会で働きだした時に仕事にも直結しやすくなり仕事うつになりやすくなります。しかし若い頃は対人恐怖症と気づかないことも多いですので、なるべく早く自分のことを客観的に見つめることが必要となります。 対人恐怖症 最初は自分で気づきにくい?人の視線が怖かったり、なんとなく人と話すのが怖い、コミュニケーションがあまり円滑でないという場合は対人恐怖症に [続きを読む]
  • この本で救われた!うつ病の家族の接し方の本の紹介
  • 今回はうつ病の時の家族の接し方のオススメの本を紹介したいと思います。自分がうつ病で苦しんでいた時期やある程度改善してから読んでいた本を幾つか紹介したいと思います。 いろんなケースがあることを知ると視野が広がります。 一つ目の書籍はこちらです。うつの治し方―治療、家族の接し方、ケアの仕方から再発防止までこの本はうつ病の改善の仕方を分かりやすく説明した誰でも読めそうな本で、特にうつ病で苦しんでいる本人 [続きを読む]
  • セロトアルファの効果を発揮させるにはいつ飲むのが良いの?
  • うつ病の症状等から過剰なストレスなどが原因でうまく眠れない時は、セロトアルファというサプリメントを利用して問題の解消をするという方法もオススメできます。セロトアルファとはどんなもの?このセロトアルファという製品は日本酒を作るときの麹の働きを利用したもので、昔からある日本の技術を応用した商品です。人間が眠れなくなる原因としてはストレスがありますが、ストレスが強くなるとそれが脳に刺激を与えます。 自律 [続きを読む]
  • うつ病を自力で克服するための3つの方法とは!
  • うつ病を自力で克服することは可能なんでしょうか? とてもじゃないけど無理!と思われるかもしれませんが、貴方はいかがでしょうか? 自力でうつ病の克服は可能?私自身も本当にうつ病の克服に向けて色んな事を試してきました。体感で気分の改善があった方法としては、昼間はなるべく散歩などで体を動かすようにして体を適度に疲れさせて睡眠の質を改善したり、少し気分がいつもより落ちていると感じたら、自力での克服に向けて [続きを読む]
  • うつ病を運動で克服する方法!!こんな簡単な事で解決!
  • うつ病の状態があまりにも重い時には運動など到底無理ですが、うつ病がある程度の克服を実感してきたら、少しずつ簡単に出来る運動などを取り入れていくことがうつ病の克服に有効です。 特に、よく言われているのがリズム運動という運動がうつ病の克服に体感できるという研究結果があります。リズム運動というのは一定の同じ感覚で筋肉を動かしていく動きのことです。 運動だけに限ったことではなくて食事をするときに口を動かす [続きを読む]
  • 家族がうつ病になるのは遺伝も関係あるの?
  • うつ病って遺伝するの??うつ病は遺伝するのかと心配になる方もいらっしゃるかもしれません。 うつ病は最近までは遺伝しないというふうに言われていたようですが、ここ近年の研究でうつ病は遺伝する確率があるという研究結果が発表されたようです。 家族の遺伝子の中に、うつ病の原因になる遺伝子があって、その遺伝子をつないでしまう事で余計に、家族がうつ病を発症してしまう確率が高まってしまうという説です。 ただ、うつ病 [続きを読む]
  • 仕事うつになるのは対人恐怖症が原因かも!その症状と解決法とは?
  • うつ病を患ってしまうのには様々な原因がありますが、仕事のストレスによることでうつ病の病状が起きてしまう仕事うつの場合、職場の殺伐とした人間関係や仕事の量が多すぎるなど重責などによって患ってしまうことがあります。 しかし、なかにはそういった原因ではなく、対人恐怖症が原因である場合があるのです。 対人恐怖症とは具体的にどんな感じなの?対人恐怖症は、自分の言動や振る舞いが相手に良くない印象を与えてしまう [続きを読む]
  • うつ病を克服した家族に話を聞いてみて気づいた意外な共通することとは?
  • 自分の経験でもありますが、見た目は特に変化がないのに、やる気が無く見えたり、眠れないことを何度も訴えたりする家族がいるなら、それはうつ病を患っている可能性があります。 自分自身も表面上は普通に見えたりするのでサボっている風に見られて辛い思いをしましたね。 家族がうつ病になったら短期間の落ち込みで済んで元通り元気になるなら一時的な気分の落ち込みでしかありませんが、2週間以上苦しむ状態が続くなら、うつ病 [続きを読む]
  • 私自身のうつ病を克服するまでの体験談
  • うつ病を克服するまでの体験談今回は自分自身のうつ病から克服するまでの体験談をそのまま出来るだけ伝えてみようと思います。文章を書くプロではないのでなかなか正確に伝えることは難しいですが、どなたかのお役にたてば幸いだと思い情報提供をしようと思います。 現在は自動車関係の仕事をしながら20代の時のうつ病の経験から健康そのものに関する勉強を続けています。平成13年の23歳の時に普段と変わらないはずのある朝 [続きを読む]
  • 自信がないこともうつ病を患う元だった!確実に克服する方法とは?
  • うつ病に対してどのようなイメージを持っていらっしゃいますか? なかなか治らずとても困難がつきまとうもの、何をして良いか分からずエスカレートすれば自殺してしまうもの或いは言葉を選んで喋らないとトラブルの元になる。 色んな考え方があり全員に100%理解してもらうことは不可能だとは思いますが具体的にどんなしんどさがあるのか少しでも伝われば嬉しく思います。 うつ病を患うとどうなる??うつ病を患ってしまうと、何 [続きを読む]
  • うつ病の症状の時はどんな病院を選べば良いの?
  • うつ病の症状かもと思ったら相談だけでも病院へ!落ち込んだ気持ちからいつまでも抜けきれないのはひょっとしてその症状は、うつ病かもしれません。しんどいのにまだ自分は大丈夫だと放置してしまうと、症状がより悪くなってしまうことがあるので、相談だけでも病院へ行ってみることがとても大事です。 他のことにも言えますが、悪いことがエスカレートするとそれだけ元に戻るには時間がかかり大変な目をすることになります。なる [続きを読む]
  • うつ病で入院するなら個室の方が良いの?メリットとデメリットは?
  • 近年、うつ病を発症する人が増えています。自宅療法でも可能ですが、症状が重い、なかなか良くならない場合は入院して治療を受けた方が効果的な場合もあります。 ただその時に気になるのが大部屋と個室のどちらを選んだ方が良いかという点で、メリットとデメリットを知っておくと今後の役に立ちます。 個室でのメリットとは?うつ病に限らず病気で入院する時に気になるのは周囲の目線、他人の存在です。特に精神面にダメージを受 [続きを読む]
  • うつ病からの頭痛を克服する方法は?
  • うつ病を患っている方が感じやすい頭痛は、過剰なストレスが蓄積したことによる緊張型頭痛が多いと言われています。緊張型頭痛を抱えている方を調べてみると首、肩が凝りやすくなかなか治りにくいこととうつ病との関係が明らかになりつつあるようです。 克服するためにはどんなことに気をつけたら良いのでしょうか? そもそもどういうきっかけで頭痛が起きるの?頭痛がどういう時に起きるかというと、脳内にある痛みを感じた時に [続きを読む]
  • その症状!仮面うつ病かも??チェックする方法はこちら
  • うつ病が増加の一途をたどっているこの殺伐とした現代ですが、うつ病の苦しさに対して正確な理解者はまだまだ多くはなくうつ病のことを病気と認めず怠けているだけだとか気合でどうにでもなると考える人もまだまだ多いですが、うつ病は医学的に認められた病気です。 今、自分がどんな状態なのか、どんな点に注意してチェックしたら良いでしょうか? 仮面うつ病に関しては知識を持っている人は少なく、何のことだかさっぱりという [続きを読む]
  • プチうつは冬だと余計になりやすいの?季節は関係してるの?
  • 仕事を休職したり学校に通学する事が出来ない程、重度なうつ病ではないものの、以前よりも落ち込みやすくなったり気だるさや疲労感を抱きやすくなったという場合はプチうつを発症していることを疑った方が良いかもしれません。 プチうつとは具体的にどんな症状?生まれつきナイーブな性格な方はもちろんですが、自他共に認める程元気に過ごしている方も何らかの出来事が引き金となり、まるで人が変わったように意気消沈してしまう [続きを読む]
  • その自覚ある症状はうつ病かも!
  • うつ病の自覚する症状うつ病の自覚できる症状は強いゆううつな気分とともに、意欲が出ない、考えがまとまらないといった精神的な自覚できる症状と、眠れない、疲れやすいなどの体に現れる自覚できる症状が長く続き、日常生活に支障が出てしまう病気です。うつ病は脳内にあるセロトニンという心のバランスを保つ作用のある物質の働きが減ってしまうことが原因と言われています。年々患者数が増加している病気で、日本人の15人に1人 [続きを読む]
  • うつ病の恋人はこんな言葉をかけてほしい!克服を早める言葉とは?
  • うつ病を患っている恋人がいる場合どのように対応するのが早い克服につながるのでしょうか?恋人がうつ病になったら恋人がうつ病になったら人がうつ病の症状を患っている時は辛くて仕方ない時には、外出することすら面倒になったり、服装、髪型なども気にしなくなってしまったり、ご飯を食べることさえ苦しすぎて困難な場合があります。 恋人として何か力になりたくて「気分転換に小旅行でも行ってみない?」と声をかけたくなると [続きを読む]
  • うつ病を克服するために抑えてる感情をカウンセラーさんへ吐きだして!
  • うつ病を患っていてなるべく早期に克服するためにカウンセラーに話を聞いてもらうことも気分、悩みを緩和するのにオススメです。 うつ病の早い克服に向けてうつ病を患っている方はただ単に怠けてめんどくさくて何もしないのではなくて、何かやりたいことをやりたくても何も出来なくとても辛い状態なのです。 うつ病は病気だから病院の薬で治療して克服するものだとも言えますが、うつ病を克服する上で治療よりもうつ病の人に必要 [続きを読む]
  • 沢山あるうつ病の薬の種類とその効果とは?
  • うつ病と言うと心の病だと思われがちで、薬を服用することに抵抗や無意味さを感じる人も少なくはありません。 しかし不具合が起きているのは心を司るといわれている脳なので、脳の神経伝達系に不具合が生じている状態であるというのが真実です。 脳の不具合を気合や根性でどうこうするというのは不可能なことです。 うつ病の薬には沢山の種類がありますが具体的な効果とはどのようなものでしょうか? うつ病は脳に過剰なまでの負 [続きを読む]
  • 武田鉄矢が体験したうつ病の症状とは?そして克服出来た方法とは?
  • 現代社会はストレス社会ともいわれており、年々うつ病を発症する人が増加し続けており、2013年には、地域医療の基本方針となる医療計画に盛り込むべき疾病として指定されてきた癌、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病の4大疾病に、精神疾患が加えられ、5大疾病とされました。 武田鉄矢さんもうつ病を経験されていたそれほどまでに、現在ではうつ病などの精神疾患に苦しんでいる人々が多く見られるようになっているということです [続きを読む]
  • 老人性うつ病 と認知症の違いとは??
  • うつ病は若年世代でも患ってしまうことが多い病気ですが、症状としては気分の変化・判断力の低下・記憶力の低下といったものが見られます。 老人性うつ病を発症した場合、これらの症状は認知症におけるものと重なってしまう為に、何れに拠るものかの判断を明確にする必要があります。 必要な処置やアプローチが大きく異なり、治療開始後にどのような経過をたどっていくかという点も大きく異なります。故に間違った判断のまま治療を [続きを読む]
  • うつ病からの自律神経失調症を克服する3つのポイントとは?
  • うつ病と自律神経失調症 繋がりがなさそうに見えて実は大いに関係があるんですね。自分自身も経験しましたが、ただでさえうつ病の症状で苦しんでいるところへ自律神経失調の症状も重なってとんでもなく辛い思いをしました。 これは本当にある日突然、きたので本当にショックでした。今以上に何故こんなに苦しまないといけないのかと本当に辛かったです。 自律神経失調症の方が辛さが上回っていたくらいで克服するまでは本当に大 [続きを読む]
  • うつ病は休職する期間はどれくらい必要なの?
  • 今日はうつ病で休職するのに必要な期間を自分の体験談も加えて色々気づいたこととか書いてみたいと思います。長い期間を休職する時の過ごし方ですが、休職に抵抗ある方がとても多いと思いますが、自分の健康が最優先なのでできれば期間が長い短い問わず休職して身体を大事にして欲しいと思います。 うつ病改善コーチの渡部 啓二と申します。うつ病は現代病になりつつありこの変化が激しい時代、殺伐な人間関係やハイテクなコンピ [続きを読む]
  • うつ病を克服して恋人と復縁するためにたったこれだけの大事なこととは??
  • 大好きな恋人の様子が最近なんだか、おかしいと思っていたら、実はうつ病を患ってしまっていた。なんとか支え克服へ向けて協力してあげて復縁したいけど接し方をどうして良いのか分からない方も沢山いらっしゃると思います。 まずはうつ病がどのようなものか理解を!うつ病というと気分の低下がまずは続くところから始まることが多いですが、睡眠の質が悪くて寝付けなかったり、夜中に目が覚めたり今まであった食欲が落ちたり、性 [続きを読む]