永田工房 さん プロフィール

  •  
永田工房さん: 焼き物と盆栽
ハンドル名永田工房 さん
ブログタイトル焼き物と盆栽
ブログURLhttp://marutanbonsai.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文京都の陶工が盆栽鉢の製作を頼まれて参考に見に行った雅風展、そこは日本の元祖オタク世界でした。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/12/04 06:04

永田工房 さんのブログ記事

  • 台風に折られたような樹
  • 山間部の我が家ではすでに2度ほど霜が降り室入れの準備やスタッドレスタイヤへの履き替え水道管の凍結防止など冬に備えて最後の作業もお天気待ちのスタンバイ状態そして「大観展」のお買い物はこの樹 曲がりくねってない所とパンパンに張った健康そうな根に惹かれてついつい手が出てしまいました、ここ数年は上陸する台風の為に町内の山林の多くがこの樹の様に引き裂かれ倒されました台風という自然災害が身近では無い世界の [続きを読む]
  • あの真柏がこうなった
  • 2年前に買った頭の飛び出した真柏を先ずは頭を抑え込んで形が整ったと思っていたら どうも真柏という樹は動き回るようでまるで大蛇がのたうち回っているような形を何とかすべく園の先生からもアドバイスを頂き遂にバッサリと・・・・・・ 殆どこの樹に一日機嫌よく遊ばせてもらいましたほったらかしの時間も大切ですしかしブログ書くようになって画像も残す様になりお蔭で昭和の時代には無かった新しい世界を少しだけ楽しま [続きを読む]
  • 斜幹の真柏の変遷
  • 3年前に我が家に来た時の斜幹の真柏色々試せる真柏の面白さに気付くと同時に早いテンポで変わる樹形に 人気の理由があるように思いますそして「大観展」のチケットも手元に届いたし盆栽鑑賞の秋楽しみの多い京都です [続きを読む]
  • パン窯を補修する
  • 耐用年数かそろそろアーチ部分の焼きレンガが割れ 始め嫁さんからは少しパン窯の容量を増やしてほしいとの声に耐え切れず昼からパン窯の屋根を落としレンガを一段積み上げて改めてアーチを作りました 子供と二人でもらい集めたレンガで今回も0円パン窯でスタート夕方にはレンガも仮置きまで済ましました しかしこれだけ使い込んで頂くと作り甲斐もあります [続きを読む]
  • 検討外れの会話にチョットチョット
  • 今日は夕暮れからカメムシが乱舞この季節こいつはどこからともなく侵入する厄介者とても画像でアップする気にもなれない洗濯物にはもちろん久しぶりの青空に布団も干したいところだが布団にあの匂いは辛い先日取引先の問屋さんから鉢を預からして欲しいとのメール聞けば中国向けのネット販売を行うみたい盆栽鉢もサイト入れておこうと思ったようだが盆栽の知識はまったくゼロだがそれでも売れ様な物は何となくわかるみたいで後 [続きを読む]
  • 久しぶりの夜間の窯詰め
  • 昨日は久しぶりの残業です正確に言えば無制限一本勝負の窯詰め本日中に窯詰めを終わらせて今日焚かなければ納期に間に合わないというぎりぎりの状態まあ今回も何とかなるでしょうが何ともならないのが引き出物の仕事で式の当日には絶対に会場に届けないと飛んでも無い事になる以前にはミスが重なり何とか収めた物の心労で体調不良を起こした経験もある引き出物の仕事は晴れの日の大切な記念の品以前ホテルの料理人さんも結婚式 [続きを読む]
  • もうすぐ「清水焼の郷まつり」
  • 今月の20〜22日に京都の山科で行われる陶器市です殆どの出展者が若い時に京都の窯元さんで仕事を覚えた方々です昔は問屋さんから数の仕事貰い窯を立てて後は好きな物を作るのが主流でしたがしかし近年は大きな窯元さんは企業規模の縮小で若い人の就職先は無くなり問屋さんも元気も無く構造不況の市内の焼き物業界でしたがそこに近年降って沸いた海外からの観光客の波、余りの多さにこれも何時まで続くか考えますが地元の業 [続きを読む]
  • 北の針葉樹は違うと感じた
  • 先月、遠い所に出かけられるのも今のうちと思い思い切って酒田のクラフトフェアーに出展しました以前に日本海フェリーから見た東北地方の沿岸の風景は新潟を越えた辺りから急に植物の密度が濃くなったように感じたのですが今回もその感触は健在で確かに針葉樹の勢いを感じました酒田からの帰路には羽黒山にお参りして この他にも酒田市内は見どころ一杯で刺激一杯の5日間でした [続きを読む]
  • 黒松をこっそりと植え替え
  • 我が家の菜園には昨年から元気の無かった黒松が横たわっております地植えにでもすれば持ち直すかと思いましたがそれもなりませんでした思い起こしても赤松・黒松と何本も枯らしてしまいましたこの樹はだけはと思っていたのですが・・・・・・そして他にも一本調子を落としていた黒松を季節が違いますが思い切って駄鉢に植え替えを行いました 結果は何とか今年の芽切りを行った新芽も順調に生育して先ずは一安心酒田でのクラフ [続きを読む]
  • 真柏、妄想の時間が楽しい
  • 先日、能勢で行われた展示会での買い物は凝りもせずに真柏でしたこの形なら長方の鉢に収まりそうです以前に園の大先生頂いた一言は、先ずはこれもしばらくは触らずに妄想を膨らましとりあえずは肥培して時を待ての一言ですがしかし毎朝枝を振り回しては楽しい時間です [続きを読む]
  • 素材真柏を2年半掛けると
  • この真柏も素材で購入してから 一年後にはこの様になり 何もせずに水遣りと肥培でさらに一年半後にはこの様になりさてここから踏み込んでどの様に作れるかはたまた持ち崩すかですがしかしこの樹形ではどのような形の鉢が似合うのか出来れば長方鉢に収めたいがさて [続きを読む]
  • 陶器市から今まで
  • 事の起こりは夏の五条坂取引先の問屋さんから9月のの見本市に新商品をと頼まれて安請け合いしたのが運の尽きいつもの年なら陶器市の終わった後は帰省する嫁さんと別れて一人でボ〜と過ごすのがここ数年のパターンでしたが今年は休む間もなく酷暑の中サンプルの製作に掛かることになり暑さの中少し頑張りました問屋さん頑張ったんやからしっかり売って来てや [続きを読む]
  • 盆栽とカエル
  • 庭にカエルが居ても家の土間にサワガニが迷い込んでも何の驚きもない我が家ですがこの盆栽カエルは思わずカメラに収めました真柏の居心地は如何でしょうか旨く餌にあり付けると良いのですが先日、来月の23〜24日酒田の松山公園で行われるクラフトフェアーのDMとチラシが届きました事務局から告知での協力をお願いされて少し書き込ましていただきますお暇なら如何でしょうか [続きを読む]
  • 能勢の盆栽園
  • いつもお世話になっております能勢の盆栽園での展示会のお知らせですまだまだ残暑の残るこの時期ですがここは大阪のてっぺん能勢町下界の暑さとは少し違うようです盆栽の鑑賞シーズンの先駆けにお越しください [続きを読む]
  • 2017五条坂始末記
  • 5号台風は会期短縮以外は大きな影響はなく通り過ぎ留守中の盆栽も時折の猛烈な夕立のお蔭で葉を落とすことなく無事に夏の苦行は終了しました今年もネットでの鉢の海外販売の女性やら地元の高校時代の同級生のお越しでそれなりの刺激は御座いました地元FMの番組に出演したクラブの後輩が昔話で風邪をひいて部活の休みを願い出たら先輩から「走ったら治る」と一言で却下された話を聞いた時には思わず「おっしゃる通り」しかし [続きを読む]
  • 近づく5号台風
  • 台風の加減か今日も朝から強烈な暑さ6日は明日から始まる五条坂の陶器市の設営の日ですが台風の接近に早々に私はギブアップほとぼりのさめる9日辺りから参加しようかと思っていますしかし遠くからの遠征の業者の皆さんは簡単に引き下がれないし悩む処かと察しますが事務局は暴風警報が出た時点で中止とするらしいですがそこから片付け始めても悲惨な結果目になりそうだし此処はおとなしく我が家で嵐の通り過ぎるのを待ちとしま [続きを読む]
  • 五条坂陶器市〜酒田へ
  • もうすぐ五条坂の陶器市今年の暑さは如何なものか地元だから出店するが何故に全国から焼き物やがこの夏の京都に来られるのか理解に苦しむ処ですが、まあ皆さん体調崩さぬようにお越しやすそして私の関心は夏の五条を乗り切って9月の山形の酒田で行われるクラフトフェアーの出展今まで此処までの遠出は経験は無くどうなるやら長い道中をどこまで楽しんで来られるか・・・・出羽三山・羽黒山もいいなあ [続きを読む]
  • 「早起きは三文の得」
  • 昨年からの課題の屋根瓦の補修をようやく完了して心置きなく次の仕事に掛かれますこの季節は朝早い目覚めの時間に水遣りを終わってから見入る盆栽の楽しさは一日の始まりを喜んで迎えられる至福の時間「早起きは三文の得」か [続きを読む]
  • 消毒も必要だ
  • 、樹の消毒を言えば12月の消毒ぐらいで殆どやったことなど無かったけどやはりやらねばならぬ時があるようで気付けばケヤキの鉢であちこちに枝枯れを発見、特に箒のケヤキなどは致命的でやはり転ばぬ先の杖で手遅れにならぬ内に消毒は必要かと [続きを読む]