エンペラー さん プロフィール

  •  
エンペラーさん: 安田隆夫 エンペラーへの道
ハンドル名エンペラー さん
ブログタイトル安田隆夫 エンペラーへの道
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hiro_hiro_osa_0702
サイト紹介文ドン・キホーテ創業者 安田隆夫氏から学ぶオンリーワンの経営術と哲学。
自由文経営者としてのドン・キホーテ代表取締役の安田隆夫氏のこれまで歩んできた歴史を追いながら、自ら起業を目指す著者が役に立つと感じるコンテンツを掲載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2013/12/04 10:46

エンペラー さんのブログ記事

  • 安田隆夫|事業家の必須才能、方向感覚とは?(1)
  • 猪突猛進型は、起業には不向きだ。 事業化に求められる必須の才能とは一体どんなものだろう。私は前回のブログで自分の意思を明確にし、決断をスピーディーにすることであると思うという持論を展開した。これは間違いなく必要な要素だろう。決断をしない経営者なのだから要素としてあることは間違いない。ただ、必須の才能かどうかというと少しわからなくなってしまう。今回はこの点について記載をする。 『前項で方向感覚こそが起 [続きを読む]
  • 安田隆夫|事業家には特殊な才能が必要か?(2)
  • 誠意・努力・意欲にセンスと学習能力 前回のブログではビジネスを成功に導くためには何が必要なのか、そういう話を展開してきた。実際に安田氏はビジネスを成功に導くためには当たり前のように努力をし、その上で持った才能を発揮することが必要であると話をしている。今回のブログではこの才能という点についてさらに詳しく記載をしたいと思う。 『事業の場合、スポーツと比べて、自分のスタイルやキャラクターや能力に合わせたビ [続きを読む]
  • 安田隆夫|事業家には特殊な才能が必要か?(1)
  • 誠意・努力・意欲にセンスと学習能力 事業家に何が必要なのだろうか。こういうことを一度は考えたことがないだろうか。私はかつて事業家や経営者、言い方は違うが何かを自分一人で行い、実業を作る人間には何が必要なのか徹底して考えたことがある。ただ、ずっと机の上で考えていても何も出てこなかった。もしかすると行動を起こす勇気が一番大切なのかもしれないと思っている。この点について安田氏はどう考えているのだろうか。 [続きを読む]
  • 安田隆夫|一所懸命だが、成果が上がらない。(2)
  • 意固地にならずに本当の目標を見ろ。 一所懸命仕事をするが、成果が上がらないということは社会人になってわかることだが、往々にして存在している。頑張っている方向性が違ってしまうと、そのやっている仕事は成果からは程遠いところを目指していることになり、本来得ようとしている成果に結びつくことはない。単純に努力が実るという世界ではないのが実業の世界である。ただ、そうはいっても従業員からすれば頑張っている姿勢を [続きを読む]
  • 安田隆夫|一所懸命だが、成果が上がらない。(1)
  • 意固地にならずに本当の目標を見ろ。 社会人になって仕事をしていく上で必ずといっていいほど直面する課題がある。それは一生懸命に仕事をするのだが、成果が上がってこないということだろう。これは、一度はビジネスをしている人なら誰でも経験をすることだと私は思っている。もちろん、こんな課題に直面しないで仕事がうまく回る人もいるだろう。しかしながら、どこかでこの課題に直面し、この課題を乗り越えて新しいスキルを身 [続きを読む]
  • 安田隆夫|事業がじり貧。打開策どう探る?(2)
  • 相手の立場で考え原因を解明せよ。 前回のブログでは、事業がじり貧になった場合はすぐにでもそのじり貧になっている原因の追究をすべきであると言う話をしてきた。実際に事業になんの問題があるのかが判明すれば解決のしようがある。原因を追求したことによって社会的にニーズがないなどの結論が出た場合は徹底をすることや、新規の何かしらを投入するなどの根本的な解決が求められる。今回のブログでは前回に引き続き、このじり [続きを読む]
  • 安田隆夫|事業がじり貧。打開策どう探る?(1)
  • 相手の立場で考え原因を解明せよ。 自分の事業がじり貧になってしまったらどうするだろうか。実際にじり貧になったら相当な焦りが襲ってくるのは間違いない。今後の未来をどのように捉えて良いか、暗雲が立ち込め、嫌な気分になることだろう。しかしながら、そのような状況下においても打開策を何とかして打ち出さなければならない。では、一体どのようにしてこの打開策を出せば良いのだろうか。その点について紹介をしたいと思う [続きを読む]
  • 安田隆夫|ビジネスを成功させる発想法とは?(2)
  • 主語を相手に置きそこから出発せよ。 ビジネスを成功させる秘訣として、主語を相手に転換することが重要であるという話は前回のブログでもしてきた。実際に、自分よがりなビジネスをするよりも相手にとってどんなメリットが見出せるのかを検討した方がお客様の満足度が上がり、自分のサービスや商品を贔屓してもらいやすいことは間違いない。だからこそ、ビジネスを成功させるためには主語の転換が必要となる。今回のブログではこ [続きを読む]
  • 安田隆夫|ビジネスを成功させる発想法とは?(1)
  • 主語を相手に置きそこから出発せよ。 ビジネスを開始した時には、なんとしてでも成功をさせたいと思うのが普通だろう。これは起業をしているとか、していないとかではなく、誰だって自分が携わっているビジネスを成功させ、成果をあげたいと願っているのではないだろうか。ただ、実際には誰もが仕事で成果をあげられるとは限らない。もちろん成果をあげることができない人もいるし、成果をあげ続けることができる人もいる。それが [続きを読む]
  • 安田隆夫|起業の心構えはどうあるべきか?(2)
  • 孤立無援の長期戦。戦う覚悟で挑戦。 前回のブログでは企業の心構えについて話を展開してきた。実際に企業には資金やビジネスアイディアなどが必要になることは当たり前だが、起業をする覚悟というものが求められるという話を前回はした。今回のブログではさらにその続きについて紹介をしたいと思う。 『起業には相当の覚悟が要求される。事業をするということは、不都合はすべて経営者であるあなたにのしかかってくるということで [続きを読む]
  • 安田隆夫|起業の心構えはどうあるべきか?(1)
  • 孤立無援の長期戦。戦う覚悟で挑戦。 多くの若者にとって見れば起業というのは憧れの選択なのかもしれない。私が大学生の頃は起業をしている社会人は格好が良かったし、自分でも起業をしてやりたい仕事、世界を変えるような仕事がしたいと本気で思っていた。ただ、そこに中身はなく漠然とした大きな気持ちだけがあったのは事実である。では実際に、起業をするにあたっての心構えというものはあるのだろうか。その点について安田氏 [続きを読む]
  • 安田隆夫|起業で出資を得るポイントは?(2)
  • 事業実績の有無で評価基準は異なる。 前回のブログでは、起業をする際に出資という選択肢を考えているのであれば、出資を受けるためのポイントは何であるかを説明してきた。そのポイントの一つは実績であり、実績がない場合はあなたの人となりをみて人間力を考慮し判断するしかない、という話をしてきた。今回のブログでは前回に引き続きこの出資のポイントについて話を展開したいと思う。 『とは言え、本人は自分の情熱を伝える努 [続きを読む]
  • 安田隆夫|起業で出資を得るポイントは?(1)
  • 事業実績の有無で評価基準は異なる。 自分で会社を始めようとした場合に、誰もが自己資金で会社を始められれば良いのだが、みんながみんなそのような自己資金を持ち合わせているとは限らない。では、自己資金がない人はどうするのかというと、出資を募る、もしくは銀行などから借り入れをするという行為になる。今回のブログではこの出資を得るという点についてどのようなポイントがあるのか、その点について記載をしたいと思う。 [続きを読む]
  • 安田隆夫|起業家志望だが、不可欠な資質は?(2)
  • 夢を持ち続ける力。夢なくして不可能。 前回のブログでは起業家にとって必要な資質について触れてきた。実際に多くのことを経営者は求められる。それは企業として売り上げを創出するための営業力であり、経営を確固たるものにするためのディフェンス力つまり組織構築力であり、わかりやすく自分の思いを伝搬するためのコミュニケーション能力、このように多くの内容が求められる。ただ、起業をして一人で頑張っていくのにもっとも [続きを読む]
  • 安田隆夫|起業家志望だが、不可欠な資質は?(1)
  • 夢を持ち続ける力。夢なくして不可能。 起業をしたいと考えているが、何が必要なのだろうかとあれこれと考えてしまう人もいるだろう。特に若い人にとってみれば知識もまだないので、何を持っていなければいけないのか、その思考をすることすらできないでいる人もいる。今回のブログでは何が必要な資質なのか。そういった点について紹介をしたいと思う。 『起業を志す直接の動機は人によってさまざまだ。リストラされた、金が欲しい [続きを読む]
  • 安田隆夫|独立・起業して金儲けしたい・・・。(2)
  • 金が欲しいのなら会社で出世をめざせ。 前回のブログでお金が欲しいのであれば起業をするのではなく、会社の中で出世を目指した方が近道であるという話をしてきた。起業には大きなリスクが伴うし、仮に成功したとしても大きな責任を抱えることになるからだ。その責任のために実は自由にお金は利用できず、ある程度制約がかかってしまう。そうなるのが目に見えているからこそ、自由に使えるお金を確実に増やしていくという意味では [続きを読む]
  • 安田隆夫|独立・起業して金儲けしたい・・・。(1)
  • 金が欲しいのなら会社で出世をめざせ。 独立をしてお金を儲けたいと思う人は数多くいるだろう。しかしながら、ドン・キホーテの安田氏はお金が欲しいのであれば会社で出世を目指すべきであると言っている。これは一体どういうことなのだろうか。私としても、お金を作るのであれば起業をして、その会社に多くの売り上げを創出し、自分の給与を高く設定すれば良いのではないかと思う。しかし安田氏は、そうではなく社内で出世をする [続きを読む]
  • 安田隆夫|夢や志に反して、現実はセコく小心。(2)
  • 下手な反省せずに自信の強気一筋だ。 前回のブログで、夢や志は高く持った方が良いということについて触れてきた。しかしながら、多くの人にとって現実はその目標とする場所から遠く位置しており、大きなギャップが存在していることについても合わせて紹介してきた。そんな時はこの状況に悩んでいても仕方がない。もっといえば悩む時間があるのであれば、行動すべきであると思う。今回のブログでは前回に引き続きこの点について紹 [続きを読む]
  • 安田隆夫|夢や志に反して、現実はセコく小心。(1)
  • 下手な反省せずに自信の強気一筋だ。 夢や志を高く持つことは重要であると私は思っている。低い志を持ってしまうと、仕事を遂行していく上で成長するイメージを低く設定してしまい、ビジネスマンとしての未来が普通になってしまう。どうせ働くのであれば、高いイメージをもち、その高いイメージに向かってどのように働いていくのか、どのように行動していくのかというのは非常に重要なことだ。高い目標の設定をして行動をして欲し [続きを読む]
  • 安田隆夫|定年退職で肩書き、権限なく寂しい・・・。(2)
  • 肩書き未練の発想が大間違いだ。 前回のブログで肩書きのある中小企業と、雇用条件の良い大手企業を比較し、どちらに行くのかを迷っている人もいるという話を展開してきた。そしてそれと同時に肩書きにこだわっていることがとても理解できないし、そんなところにこだわるべきではないということも記載をしてきた。実際に安田氏自体も肩書きにこだわるのではなく、自己実現ができるか、仕事が楽しいかどうかで仕事を選択すべきであ [続きを読む]
  • 安田隆夫|定年退職で肩書き、権限なく寂しい・・・。(1)
  • 肩書き未練の発想が大間違いだ。 人は時々肩書きに囚われてしまう。肩書きにこだわっている人は、何でそんなに肩書きにこだわっているのか私には理解が出来ない。もっと言うと肩書きにこだわることなどくだらないとすら思っている。と言うのは、自分がやりたいことを進めていく上でどうしても肩書きが必要だ。その肩書きがないと自分のやりたいことができないと言うのであれば、肩書きを求めるべきだろう。それは自己実現と関係す [続きを読む]
  • 安田隆夫|出世競争に遅れた自分が情けない(2)
  • めげるな、悩むな。巻き返しは可能だ。 前回のブログでは、出世競争に遅れたときにどのように捉えるべきなのかについて話を展開してきた。実際に出世競争は遅れたとしても巻き返しは可能であるし、今現在の努力をしない限り長いビジネス人生において巻き返しをするということは不可能である。悩まずに目の前にある課題を一つ一つクリアしていくことが望ましい。そういう努力なしに巻き返しはやはり不可能なのだ。今ある課題のクリ [続きを読む]
  • 安田隆夫|出世競争に遅れた自分が情けない(1)
  • めげるな、悩むな。巻き返しは可能だ。 社会に出て組織に属することになると、ほとんどの人が同期という同じ年に入社した人たちと自分を比べる環境が手に入る。最初は皆が同じようなスピードで成長していったとしても、年月が経てば立つほどそのビジネススキルに差が出てきてしまう。そういったことから、出世競争が行われ自分と他人との間に差が出来始めてしまう。自分が先に出世している場合はいいだろう。ただ、同期や自分より [続きを読む]
  • 安田隆夫|優れた事業企画のポイントとは?(2)
  • コストとリスクの計算の有無にある。 事業を企画する際に優れていると思わせることができるポイントはあるのだろうか。これは明確に存在している。それはコストとリスク計算がしっかりと出来ているかどうかということになるのだが、思いの外この点をしっかりと詰めてこない人が多い。そのようにコストとリスク計算がしっかりとしていないので、事業アイディアの域を出ることが出来ず、いつまで経っても企画が企画のままになってし [続きを読む]
  • 安田隆夫|優れた事業企画のポイントとは?(1)
  • コストとリスクの計算の有無にある。 私が経営者だったら、どのような事業企画が上がってきたら喜ぶだろうか、そしてどのような企画を持ってくる人が優秀だと認識するのだろうか。そういったことを考えてみた。結論としては、やはり現実に企画を行う時に調べなくてはならないことが大筋で理解でき、メリットもデメリットも係数も揃っている状態で本番さながらに発表してくる人がいると優秀だと思わざるを得ない。楽しそうだから、 [続きを読む]