さわこ さん プロフィール

  •  
さわこさん: ほっぺ と ほっぺ
ハンドル名さわこ さん
ブログタイトルほっぺ と ほっぺ
ブログURLhttp://hoppetohoppe.blog.fc2.com/
サイト紹介文アメリカで不妊治療、売春、ドラッグなどの障害を越えて家へきたノッコと風太の養子縁組のお話です。
自由文今は6歳と3歳になった子供達。二人の養子が成立するまでの、それはそれはいろいろな経験を振り返りながら、ゆっくり綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/12/05 04:58

さわこ さんのブログ記事

  • 勉強は、ついていけないものだと諦める
  • * これは、前回の記事の続きです。四人のお子さんを全員東大に合格させたというお母さんを反面教師にして、自分は一体どんな子育てをしていきたいのかを改めて問い直してみた。そして色々考えた結果、以下の三つを試してみることにした。1)ノッコが他の子に追いつくかもしれないという希望はすっぱり捨てる。 「まだ先のことは分からないじゃない。」「まだノッコちゃんは8歳なのに、なにも今からそんな決めつけなくても、、 [続きを読む]
  • 子供を全員東大に入れたお母さん
  • * これは、(だいぶ間が空きましたが)前回の記事の続きです。ノッコを受け入れられない私を、そっくりそのまま受け入れてくれたジョン。彼のやさしさに、その時の私はどれくらい救われたことか。けれどどんなにジョンの言葉で気持ちが楽になっても、だからといって心の問題が解決したという訳ではなく、私の苦悩自体は消えることなくそのままそこに存在していた。それは「自分の娘は頭のいい子であって欲しかった」という思いを捨 [続きを読む]
  • 親の苦悩 一人で解決できない時は
  • * これは、前回の記事の続きです。勉強ができないノッコを自分の子供として受け入れられず、毎日悩んでいた私。(こんな気持ちは早く振りはらわなくちゃいけない)そう焦れば焦るほど、自分はこのままずっとノッコを愛せないんじゃないかという思いが強くなり、あまりに苦しくて食事も喉を通らなくなってしまった。けれどそんな状態になっても、私はジョンに相談する気にはなれなかった。ノッコの勉強のことで、ジョンに愚痴を言 [続きを読む]
  • 勉強が苦手な子を持つ 他のお母さん達はどうしているのか
  • * これは、昨日の記事の続きです。「自分の子供は頭のいい子であって欲しかった。」そう思ってしまう気持ちを、もう無理に否定したりごまかしたりしない。その上で勉強のできないノッコとどうつきあっていったらいいのか。それを真剣に考えてみようと思った私は、まず私と同じような悩みを抱えたお母さんたちのブログを読んでみることにした。「勉強ができない子供」で検索してみると、数え切れないくらい色々なサイトが出てきた [続きを読む]
  • 自分の気持ちをごまかすのをやめてみる
  • *これは昨日の記事の続きです。その日から、私のノッコに対する態度が少しずつ変わっていった。以前は熱心に教えていた勉強も、なんだかやる気が失せてしまったし、ノッコのためによかれと思ってやってきたことも、何だか全てが無駄な事だったように感じてきたのだ。実は以前の面談で先生が私に提案してくださったことは、家ですでにやっていることばかりだった。学校の宿題以外にも、短い読解の問題はよくやっていたし、単語の練 [続きを読む]
  • 勉強ができない子を持つ親の気持ち
  • 去年の10月ごろ、ノッコの担任の先生と二者面談があった。そこでノッコの学校での様子や、勉強についての話を伺った。先生のお話によると、ノッコは学校では何の問題もなく友達と楽しくすごしているようだった。よかった、、。算数も、今のところは何とかついていけてるとのことだった。「でもですね、、。」先生がそう切り出したところで、(ああ、やっぱり読み書きがちょっと遅れてるんだな)と思った。一年生を2回繰り返して [続きを読む]
  • 私たちの育て方の何がいけないのか!?
  • 年が明けた1月4日から子供達の学校が始まった。今、私が一番心配しているのは、「風太大丈夫かな〜」である。というのも、風太は学校で恐らく今一番の問題児だから。去年の8月にキンダーにあがってから、校長先生の呼び出しをもう2回もくらっている。一回目は風太のスクールバス内での行動で、2回目はお友達を叩いたこと。ノッコの癇癪と勉強だけで手いっぱいなんだから、2番目の子ぐらい問題なく育って欲しいと思う私の細や [続きを読む]
  • 子供の癇癪を薬で治すことについて
  • みなさん こんにちは大変ごぶさたしております。そろそろお正月気分も抜けて、仕事や学校気分に切り替え始めた方も多いのではないでしょうか。アメリカは年が明けてから学校が始まるのが早いので、ノッコも風太も今朝元気に学校に行きました。3週間の戦争のような休暇が終わり、急に静かになった自宅で久しぶりにくつろいでいます。私は毎年お正月になるとその一年の抱負を考えるのですが、なぜか3日もするとそれが何だったのか [続きを読む]
  • 明けまして おめでとうございます!
  • 皆さま、明けましておめでとうございます。大変ごぶさたしておりますが、さわこ家は変わらず元気にやっております。休暇に入って少しずつ時間はできてきたのですが、いまいち書くペースを取り戻せず記事を書くことができないでいます。(これをスランプと呼ぶのでしょうか?)キンダーガーテンに入った風太が、いきなり送迎バス乗車禁止をくらったり、ノッコの勉強の遅れ&癇癪など、相変わらず書きたい話題は盛りだくさんなので、 [続きを読む]
  • しばらくお休みします
  • いつも 「ほっぺ と ほっぺ」をご訪問いただきありがとうございます。だいぶ更新が遅れているため、「何かあったのですか?」というご心配のコメントまでいただいてしまいました。すみません。おかげさまで私たち家族は、相変わらず元気でやっております。ただ最近私が収入増加を目的とした副業を始めたため、以前より仕事量がぐっと増えてしまいブログの記事を書く時間がなかなか捻出できずにいます。「今日は書くぞー」ときば [続きを読む]
  • 一番辛いのは本人なんだよ
  • *これは前回のお話の続きです。このブログを長く読んでくださってる方は、私がノッコの癇癪や勉強のことで悩んでいる時は、たいてい何か自分を振り返るきっかけが訪れ、それを機に気持ちが前向きになるというパターンをすでにご存知かもしれません。今回もその例外ではなく、「どうしたらいいんだろう」と途方にくれていた私は、あることをきっかけに気持ちの切り替えをすることができました。                  [続きを読む]
  • 子供に「おまえを叩きたい」と言ってもいい
  • *これは昨日の記事の続きです。ノッコの連日の癇癪に悩まされていた私とジョン。そんなある日、ジムに行くと友人のトッドに会った。「最近はどう?」などと言う挨拶を済ませたあと、トッドの息子さん(小4)の様子に話題が移った。彼の息子さんにはADHDがあって、今薬を飲みながら学校に通っている。一時期はかなり大変だったようだけれど、最近野球を始めてから友人が増えて、そのせいか性格が明るくなってきたそうだ。そこで私 [続きを読む]
  • もうどうしたらいいのか、、、。
  • *今日は日本滞在時のお話はお休みです。ノッコがまた最近荒れている。今南部を襲っているハリケーンのような勢いで、家中をかき回す。汚い言葉で私やジョンを罵りながら、色々な物を投げつける。ドアをバンバンと乱暴に開け閉めしたり、ゴミ箱を蹴っ飛ばしたり、学校からもらったプリントをビリビリに破いて教科書を踏みつけたり。その姿は、まるで狂った野獣がジャングルを駆け回っているよう。自分の怒りをどうすることもできな [続きを読む]
  • 父の車を傷つけて、、
  • * これは前回の記事のつづきです。狭い道で前から来た車をよけようとして何かに車をぶつけてしまった私。どうやってこの事を両親に報告しようかと、家までの運転中そのことばかりを考えていた。家に着いて車を停めた私は、降りてからまたさっきのへこみと傷を確認した。そして深いため息をついた。「ただいまー。」そう言って家に入ってから、「お父さん、お母さん、ごめんなさい!」とちょっと大袈裟なくらいに頭を下げた。「ど [続きを読む]
  • あ〜、やってしまった!(2)
  • 皆さん、シリーズの途中なのに更新が遅れてすみません。それでは、前回のお話の続きです。モールを出ると雨が降っていたので、なんとなーく嫌な予感がしてしまった私。アメリカでも雨の日に運転するのはあまり好きじゃない。ひどい夕立の中 高速を走っている最中に、急に運転席側のワイパーが吹っ飛んで突然前が何も見えなくなったという怖い経験もあるので、雨の日は人一倍ナーバスになってしまう。それでも「どうせ一本道で車も [続きを読む]
  • あ〜、やってしまった!
  • * これは今年の六月に日本に帰った時のお話です。私の実家は非常に辺鄙なところにある。家の窓を開けると目の前に広がるのは畑ばかり。唯一あるコンビニまでも歩いて15分ぐらいかかるし、一番近いスーパーまでも車でないと行けない。こんな不便な所なので、4年前に帰国した際は自分が日本で車を運転できないことをひどく後悔した。車がないと自分で好きな時に買い物に行けないし、子供達を公園に連れて行くこともできない。結 [続きを読む]
  • ノッコが羨ましい
  • *今日はちょっと日本滞在のお話はお休みです。昨日ノッコがお夕飯の後に、「これ分かんなーい」と言って算数の宿題を持って来た。見ると時計の読み方の練習だった。「いいよ、じゃあ教えてあげるよ。」そういって私はノッコの横に座った。そして「これは〜時」、「これは〜時」という練習しているうちに、以前買った時計のおもちゃのことを思い出したので、それを使って時計の1、2、3が5分、10分であることも説明した。けれ [続きを読む]
  • 日本一時帰国:母との衝突の解決策
  • 父と母がコンビニに出かけて行ったあと、私はキッチンで洗い物を始めた。そして冷蔵庫にあるものでサラダを作った。そうやって一人で忙しくしていると、少しずつ気持ちが落ち着いてきた。それから15分ぐらいして父と母が帰ってきた。「わざわざ買いに行ってくれてありがとう」そう言ってご飯を受け取り、それをレンジで温めた。「子供達、こんなの食べるかなと思って、、、。」そう言って母はお惣菜やおやつを袋から取り出した。 [続きを読む]
  • 日本一時帰国:溜まっていた気持ちを母に吐き出す
  • * これは、昨日の記事の続きです。私は父の車の中で、今夜のお夕飯をどうしようかと考えていた。前回帰国した時、私たちの滞在中てっきり母が料理をしてくれるものだと思っていたのに、母はほとんど料理をしてくれなかったという経験があるので、今回の帰国では母に料理をしてもらうことは一切期待せず、毎日自分で子供達の分も両親の分も用意するようにしていた。それでも一度だけ子供達をプールに連れて行って遅くなってしまっ [続きを読む]
  • 日本一時帰国: 母との一回目の衝突
  • 私と母が最初に大きな喧嘩をしたのは、私たちが友達家族と上野動物園に行った時のことだった(父と母はお留守番)。けれどそれに至るまでの経緯を話す前に、まず動物園での様子を先に書かせてください。日本に着いてから2週目の日曜日、私は学生の頃の友人(スーちゃん)と子供を連れて会うことになっていた。スーちゃんとはかれこれ30年の付き合いになる。と言っても私がアメリカに移ってからスーちゃんとの連絡が少なくなり、次 [続きを読む]
  • 期待は禁物
  • * これは6月に日本に一時帰国した時のお話です。ノッコの小学校は朝8時ごろ教室に入り、風太の幼稚園は9時からだったので、ノッコの初日はまずノッコの教室に風太を連れて行ってから幼稚園に寄ることにした。2階に上ると、教室ではたくさんの子供達がおしゃべりしたり、机に座って何かを書いたりしていた。私たちが入って行くと、数人の女の子と男の子が「新しい子だー」「アメリカ人の子だー」と言って走ってきた。けれどノ [続きを読む]
  • 日本の小学校、初日
  • 日本に着いてから一週間目の月曜日は、ノッコの登校日第一日目だった。以前このブログで、ノッコを日本の小学校に通わせる際に一年生に入れた方がいいのか、二年生に入れた方がいいのかすごく悩んだことを書いた。当時は知り合いのアドバイスを受けたり、ノッコの意向を聞いたり、自分なりに色々考え、最終的にはノッコを二年生に入れることに決めた。日本語の読み書きが弱いノッコが2年生に入ったら授業にはついて行けないかもし [続きを読む]
  • どんなママも、みんなラッキーだよ
  • 日本に着いた最初の週の日曜日に、甥の中学校の運動会に行ってきた。姪(高校生)と甥(中学生)は同じ私立の学校に通っていたので、その日は姪も学校に来ていた。甥達の学校に行ってみて最初に驚いたのは、その学校があまりにきれいなことだった。その数日前にノッコの小学校に挨拶に行ったのだけれど、建物もかなり古くて所々痛んでいたし、中庭も雑草でぼうぼうだった。けれど甥達の学校は建物が眩しいくらい新しく、校庭もしっ [続きを読む]
  • ハネムーン時期が終わったあとは、、
  • 日本に着いてから5日目。父は相変わらず子供達にとてもやさしかったけれど、母と子供達のハネムーン時期は終わってしまったようで、最初の頃は手放しに「かわいくて仕方がない」と言っていた母が、だんだん「うるさい」とか「落ち着きがない」などの批判的な言葉を口にすることが多くなってきた。まあそうなるだろうなと思っていたので、それは想定内だったのだけれど。その週の土曜日は子供達の学校用品をモールに買いに行き、そ [続きを読む]
  • ノッコの小学校への挨拶
  • これは昨日の記事の続きです。風太の幼稚園初日だった金曜日は、ノッコの小学校挨拶にも行くことになっていた。なので午後は風太を両親にみてもらい、私とノッコは3時ごろノッコの小学校へ向かった。以前も書いたように、風太の幼稚園とノッコの小学校は同じ建物内にあるので、その日私がその建物に行くのはそれが3回目だった。校庭に面している職員室のドアをノックすると、一人の先生が「玄関から入って廊下側のドアからお入り [続きを読む]