小石のコロ さん プロフィール

  •  
小石のコロさん: ミ?ナに恋をして
ハンドル名小石のコロ さん
ブログタイトルミ?ナに恋をして
ブログURLhttps://ameblo.jp/satobotaru/
サイト紹介文好きなこと、好きなもの
自由文個性と熱意
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/12/05 13:14

小石のコロ さんのブログ記事

  • 昨日、今日とは 
  • おそらく、人魂、たましい、お化け屋敷お墓の中を浮遊する青白い光、不気味な感じ生前の思いが化けて出るにゅうっと手が出る、わしずかみ首の根っこを捕まえるお墓の中の悲鳴は怖い震えが止まらん、眠るまで 中国の主義主張「唐心」「シナかぶれ」そんなものに、染まった奴を極力排除、阻止するために生まれてきた言葉が「やまとだましい」 「やまとだましい」という言葉の意味について サッカー女子「なでしこジャパン」や野球「 [続きを読む]
  • 固い漢字がいやらしい
  • バックナンバー2013-11-25 とっつきにくい、苦手な分野もっと優しく丁寧にわかりやすく、スラスラと受け入れてもらえるようにしたいそれが中々むつかしい いきなりバッサリ、斬り捨て御免これだけは覚えて欲しい万葉仮名の意味最大の特徴は、漢字の「一字・一音」を徹底し、「?音符記号」のような仮名を創造したことです。一字一字の漢字の意味は全くなくて、言葉を「音読み」にして読ませたそうです。 日本人の「知恵」で、漢字 [続きを読む]
  • 「かゆ」と「あめ」を覚えて欲しい
  • バックナンバー2013-11-24 根っこの話だ、古臭い覚えて損する、ことじゃない腐った根っこを、掘り起こせきっと、なにかを感ずるはずだ「かゆ」と「あめ」を覚えて欲しい 漢字・漢文を「どう読ませたか」 「粥」を「加由」と読めとある。 (かゆ) 「糖」を「阿米」と読めとある。 (あめ) 「大豆餅」を「万米毛知比」と読めとある。(まめもちい まめもち) 「煎餅」を「伊利毛知比」と読めとある。(いりもちい ※せ [続きを読む]
  • 裏山に響く、銃声一発
  • ありがとうの一言いえぬ 自分の負い目を認めたくない こんなもんだろ、俺って奴は上下関係、関係ないしもちろん、左右、どっちつかずどうでもよくなる、面倒くさい考えたくない、こまいこと やっぱり人は閉じこもる我を忘れることはないひたすら、己の心に従うだけだ自分の気持ち、それひとつさめた感じ、冷たい感じ ストレス発散、怒鳴り散らすわめいてみたり、どついたりたまには、ちゃぶ台ひっくり返すわがまま、うぬぼれ、 [続きを読む]
  • もう、いいかい
  • 雨が、しとしと降っているおしとやかで、いい感じ 生きながらえる、命の限りできるなら安楽死許されるなら尊厳死おそらく誰もが、望んでるうすうす感じて、わかっていること楽に逝きたい、眠るように 自分の意志で死を選ぶいくらか元気で、丈夫なうちにわかり合える、そのうちにすうっと消えて、ふうっと無くなるこの世の名残、最後の願い自分で自分を、看取ってあげる 命ある限り、限りがあるそれにピリオド、終止符を打つ疲れ果 [続きを読む]
  • 現地時間
  • バックナンバー2013-11-21 今日も天気、気持ちいいそのまま、ずっと天まで続けこのまま、ずっと幸せになれちんたら、リズム、マイリズムせっせと働く、蜂になれそれが幸せの意味になる 現地時間だ田舎の時間 あなたの「はかおれ」は何時ですか。 あなたの「よあがり」は何時になりますか。 「はかおれ」の「はか」は「はかりの計」と書き 稲を植えたり刈ったり、また、茅を刈ったりするときの範囲や、仕事量(ノルマ)のことを [続きを読む]
  • しがみつく
  • 日本語、ほんと、むつかしいさっぱりわからん、訳わかんないどういう意味だ、わからない「袖」の意味がわからない 「袖にされました未練たらたらの婆に用はないと」 「袖にされる」お断り「袖にする」キャンセル、ドタキャン「たもとを分かつ」お別れ、離別 「袖振る」ことが愛なのに どういう意味だ、わからない袖の意味がわからない「袖にされる」が、おろそかになる「袖にする」が、ないがしろにする 「袖にされる」「袖にする [続きを読む]
  • 身の上相談
  • バックナンバー2013-11-19 外は雪混じりの雨がしとしと降っています寒いです雪国で育った割に寒いのは苦手です薪スト−ブが友達ですあったかいです 今日は動物、獣の話「たくらんけ」という言葉について 方言 この「たくらんけ」とは「たくら者」が当地域の方言として「たくらんけ」に訛った言葉らしい。「たくら者」とは「たくらだ」(田蔵田)という獣のことを言う「たくらだ」とは、うつけもの、ばか者のことを意味している 麝 [続きを読む]
  • 踊る阿保ならいいが
  • バックナンバー2013-11-18 今日も方言ザックリ講座どうか、よろしくお付き合い願います 「ほじなし」の次は「あぽなし」という言葉ですあなたにとって「アポなし」という響きから想像できる言葉は、おそらく「アポイントメント」という言葉でしょう残念ながら、おらほの言葉の試験では、不正解となりますここは田舎秋田県、英語圏ではありませんほんとに残念で、なりません 正解は、ほんとの阿呆、阿呆臭い人をけなし、卑しめた言 [続きを読む]
  • 欲しいものはなんですか
  • バックナンバー2013-11-20 今日は、どんよりと垂れ込んだ空模様うんざり気分だ、しょうがない人の気持ちも天候に左右されやすいのが、自然の成行き、当然なことに違いないだから、今日は一日「暗い気分」になるのだろうあなたに申し訳ない気もするが、ご勘弁 方言「ほじなし」の「ほじ」を売っていたお店のお話です 野放図という言葉を連想していただければ、よろしいかと存じます締りがなくて、だらしない自分のことです 漢字で書 [続きを読む]
  • 一目あいたい雪女
  • 今日は彼岸、彼岸入り日めくり暦に書いてある忘れちまった、なんだっけ「天明の飢饉」そうじゃない思い出せない、言葉がでないようやく、ぼんやり、かすかな気配「天地明察」江戸時代昔の話だ、暦の話 今日も、うっすら汗をかく やっぱり、そうか、そうなんだ今まで、どうして気づかないお前にぴったり、お似合いだお前の性格、そのものだ「日和見主義だ」だらしない日よりは、たよりだ、お天道様の気分次第で、どうにでもなる こ [続きを読む]
  • ちょっぴりセンチ
  • ちょっぴりセンチ 稲妻光る雷様だ「へそをとられる、へそ隠せ」地震雷火事親父怖いものに違いない 腹の底からとどろく音がゴロゴロ転がる、お腹に響くだから、おへそが好物になる子供のおへそが狙われる だから、おそらく雷様に「へそをとられる、へそ隠せ」なおさら、真夜中、寝床の中だ怖くて怖くてしょうがない親のユーモア、トラウマになる 稲妻光る雷様だ「へそをとられる、へそ隠せ」 大人になっても、忘れていないピカッと [続きを読む]
  • 子供の領分、なし崩し
  • 子供の領分、なし崩し夢を砕く、希望を奪うとんでもないこと平気でやってる娑婆は、やっぱり、シャバダバダ 今日も書く気恥をかく 田舎の常識、方言学者「お前馬鹿か、死んじまえ」頭にくること、いっぱいあるカチンと来たら、すぐ出る言葉上下関係、はっきりしてる若輩者の出る幕はない逆らって、言い応えもってのほかだ、番外だ 「この宝物、くたばっちまえ」これが都会じゃ、非常識お高く留まって、「めぐさい面して」つっかえ [続きを読む]
  • ビョヨヨン
  • 台風一過、青空のぞく雲が急いで、流れてるいきなり、虹が現れて瞬く間に消えちまった ビョヨヨン残念、無念でならない 身に沁みついた言葉馴染んだ言葉俺の気持ちだ、今の俺「落ちぶれた、夕陽になる」沈む夕日、落日燃ゆ見栄えはいいが、頼りないしがみついてる、もがいてる水におぼれてる感じかな TVで見て聞いたこといちいち、気がかり、引っかかる「置いてきぼりになってる感じ」「忘れられたくない、この思い」やっぱり、俺 [続きを読む]
  • 気楽にそして、にこやかに
  • 気楽にそして、にこやかに今日もちょっと汗をかくどんよりしてるが、気持ちいい おごる者久しからずお前は、ゴミだ、そう思えまずは、自分の頭の上の灰を取っ払えそして、自分の気持ちを整理整頓することだ おそらくお前は、鼻紙ていどトイレにある便所紙情けないが、そんなものいくらか世の中の為になってるそれぐらいで、ちょうどいい どんよりしてても、気持ちいいその感じを忘れるななおさら、晴れた青い空すっきりするぜ、気 [続きを読む]
  • 寅の声
  • 俺の気持ち、わかっちゃいないお前なんかに、わかってたまるかいやいや、兄ちゃん、そうじゃない人の気持ちを、馬鹿にしちゃいけない人はみんな、人の人情、義理人情そんなものにすがって生きてるフーテンの寅の声がする男はつらいよ、寅次郎 「いつか来た道、また帰る道」今時、なんどき、帰る途中にいるらしい子供に帰る、その途中昔のことが、気にかかる 小学生の思い出話だ読書感想文を書いたこと「マッチ売りの少女」に出会っ [続きを読む]
  • クワガタ
  • 俺の気持ち、わかっちゃいないお前なんかに、わかってたまるかいやいや、兄ちゃん、そうじゃない人の気持ちを、馬鹿にしちゃいけない人はみんな、人の人情、義理人情そんなものにすがって生きてるフーテンの寅の声がする男はつらいよ、寅次郎 「いつか来た道、また帰る道」今時、なんどき、帰る途中にいるらしい子供に帰る、その途中昔のことが、気にかかる 小学生の思い出話だ読書感想文を書いたこと「マッチ売りの少女」に出会っ [続きを読む]
  • 言葉にできない、この気持ち
  • 言葉にできない、この気持ち目をはらして、涙にくれる 言葉にならないことが、いっぱいある某病院の遺族外来 一人残され、傷ついた「悲しみ」と「後悔」を聞いてあげる、うなずいてただ、黙って聞いてあげる 言葉にできない、その気持ち言葉にならない、心の叫びフラフラふらつき、さまよい歩くそんなものに優しく寄り添う初めて聞く言葉だ、遺族外来 人生で一番つらい、お別れの後ショック、ストレス、泥まみれ「がんばれ」の一言 [続きを読む]
  • 俺の気持ち
  • 俺の気持ちを受け取ってくれ今日も暮れる、日が暮れるチンタラ、もたもた、何やってんだ無様な格好、お前らしいぜ腰が曲がった、バランス悪いそれでも、やっぱり今日より明日を夢見てるきっと、いいこと何かある胸をワクワク躍らせながらしがみついてる、夢見てる どっかり腰をおろす、木の根っこそよぐ風に、はらはら踊る木の葉を見てて、そう思う「葉っぱの気持ちも知らないくせに」情けない奴だと思わぬかもっと気配り、細やか [続きを読む]
  • お化粧しなきゃ
  • お化粧しなきゃ「輝いてなきゃダメだ」生まれてきた分、恩返しそれが、あなたのおつとめ義務だ 励ましの言葉だと、ありがたく受け取ってくれる、あなたが好きだ 今日も天気、秋の空この同じ空のもと太陽まぶしい、輝いている [続きを読む]
  • いやな顔だ
  • 人はみんな「毎日、自分と向き合い必死で生きてる」素敵な言葉だ、共感できる 毎日が、日曜日そんな俺にも、よくわかる せっせと、あくせく働いてあしたの鋭気、鋭い気力あしたの英気、優れた才能そんなものを、コツコツ積み上げそれぞれ、みんな、頑張っている だが、しかし窮屈なんだ、我慢しながら居心地悪い、ブツブツしながら作り笑いで、笑顔が上手 だからこそ、好きになる抱きしめたいほど、同感できるあっさり、バッサリ斬 [続きを読む]
  • 意味などあるまい
  • 意味などあるまい、ある訳がない ただ、ぼうっとしてる、うつろな感じタバコくゆらし、黙ったまんま生きていることすら、わからない暇を余して、持て余すおいしい空気、いっぱい吸って深呼吸しながら、ため息交じりただ、なんとなく、それとなくぽっかり浮かぶ、お空の雲をただ、ぼんやり眺めてる ゆっくり、くつろぐ、空っぽになるそれが一番、幸せになれる素敵なことだと、そう思う あなたの知らない世界が、そこにある 無意味な [続きを読む]
  • おまんまのこと
  • いきなり方言「うみゃぐにゃ、ちらして」嫌な顔まずくなる、夕ご飯しかめっ面した、にぶい表情「旨くない、面して」が共通語その場の雰囲気、ぶち壊す苦虫食べてつぶした食感、たまらない 「野に咲く、野の花」きれいだねそんなことを考えていたら いきなりなんだ、「一から出直せ」最初が肝心、やり直せ 「想定外は、想定内だ」うすうす感じてわかっていたこと頭の隅っこに、あったこと 頭がパニック、課題が三つ事務処理能力、ダ [続きを読む]
  • ようやく輝く
  • 夕べの地震はなんだった今日も天気、気持ちいい鼻歌交じりだ、枯れすすき ひと事、よそ事、知らんぷり心ここにあらざれば聞こえない奴には聞こえない聞こえてる奴には聞こえてるひたひたと押し寄せる廃れてゆく、さびれてくそんな音がカントリーロード 夢も希望もないみたいお先真っ暗、真っ黒けそれは、俺の本音の話不平不満の裏返し 不平不満が生きてる証拠哀れな奴だが、しょうがない今日より明日を夢見てる欲張りなんだ、欲深 [続きを読む]
  • 太陽のフレア
  • 今日の空も青い空いつもとちょっと違う感じ平和な国だと、そう思うつくづく思う、平和なんだ今さら、なおさら、そう思う 「週4ダメなら、週8にすりゃいい」自分の思いを、さりげなくなんて、おおらか、ほほえましくなるうっちゃり技が、功を奏すみんなニコニコ笑顔になれる なんかおかしい、地球の回転太陽のフレア、不倫で自爆世の中、女と男だけ永遠のテーマがそこにある 「週4ダメなら、週8にすりゃいい」ばっさり、そして [続きを読む]