黒魔術&白魔術 さん プロフィール

  •  
黒魔術&白魔術さん: 黒魔術&白魔術
ハンドル名黒魔術&白魔術 さん
ブログタイトル黒魔術&白魔術
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/aska2213-aska/
サイト紹介文魔術、悪魔、占い、呪い、世の中の不器用な生き方の人を応援する。
自由文世の中の不器用な生き方の人を応援する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/12/05 21:53

黒魔術&白魔術 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 悪魔召喚の魔術儀式は時代により鍵穴は何千種類とある。
  • 悪魔召喚の魔術の儀式作法は何千種もの鍵穴がある。それにより、魔術師はその鍵穴を一致させる事に日々研磨続けている。それは、何千年も続く歴史書の資料や代々受け継いだ儀式などを参考に、模索をし、鍵穴に遭う鍵を探し、時には失敗を繰り返しながら、悪魔召喚の成功と完成を目指している。悪魔召喚となるキーワードは、やはり、穢れ知らなき処女の聖血である。これは儀式において大切でもある。パンドラの扉を開ける鍵は、恨み [続きを読む]
  • 終末予言について
  • 終末予言について書いてみた。よく、終末予言の事を聞かれることがある。大概の人は、聖書や色々な書物にも記させれているのご存知と思うが、果たして人類の最後はどうなるのか?気になる事でもある。人は何処から来て、何処に行くのかと誰も思う、人生の哲学的疑問と肩を並べるぐらい、多くの人の興味のある話題とも言える。魔術的に、未来予想は比較的、簡単で特別な力を必要としない。唯、人々を煽ることを避ける意味で、むやみ [続きを読む]
  • 時間の速さに翻弄される。生まれ月の生命力
  • 1月生まれ。2週間は多難な時期でもあるので気をつける。噂や誹謗中傷の嵐である。耐えるしかない.言い訳せずに謝れば良いものを、謝らずに時間任せで逃げようとしても、後でその負債は跳ね返ってくる。恋愛関係のもつれ。仕事関係のもつれ。友人関係のもつれ。あんまり芳しくない、御金周りは良いと言える。新たな出会い。色は前と同じで黄赤緑一つ加えて。数字は3148に惹かれる。キーワード  絶望から希望 夢 御金凶 南 [続きを読む]
  • 占いとは予測ー予想ー予報でなくインスピレーションから始まる
  • 占いは、予測感ー予想ー予言と言う構造と思われがちであるが、確かにそれは、1部のベテランの占い師に見受けられる傾向でもあり、それが当たる確率も高いのも事実である。しかし、その結果の対応策の判断で間違いを犯す事も事実である。占いはインスピレーション。つまり悪魔の掲示の導きによる閃きである。それが一番大切で、悪戯に経験則で判断しての予言は、ベテラン占い師・魔術師が陥りやすい過ちとも言える。経験則で判断す [続きを読む]
  • なりきる(生まれ月の占い)
  • なりきると言う言葉がある。全ての事柄は、それらになりきることで、本物になる。自分がある理想な人に憧れたなら、その人になりきることを勧める。例えば好きなタレントや俳優が居れば徹底して、その人になりきること。しぐさや言葉づかい何でもいいからその人になりきることで、それが悪であろうが善であろうが、似せる相手が成功しているなら、似せた本人も成功者となる。何故?そのことに触れたのかと言うと。人生は右も左も分 [続きを読む]
  • 誕生月の同じ人で最初は仲は良いが後は悪くなる
  • 誕生月の同じ人で最初は仲は良いが後は悪くなる。生まれ月の同じ人は、最初は同じ月なので気が合うかと言えば、一時期は合うが、大外仲たがいが待っているそれも仲たがいすると激しい憎悪と変貌する。友人、恋人などは、案外誕生月を気にするもので、誕生月が同じだと「私」も「俺」もと、共感するのも早いが分かれるのも早い。同じ誕生月の人と出会ったらその日から気を付けて付き合う。前から言うが私は6月生まれで、ナルシスト [続きを読む]
  • 自民党、安倍総理のゆくへ
  • 私も6月生まれである。この前のブログは何も考えずに書いてみたが、偶々、新聞やテレビなど観ていると、森友学園の事が話題になっている。私は普段から自分の考えが他に、支配されないように、テレビ・新聞・ネットなどは殆ど目にしない。偶々観たテレビで、話題の中心である安倍総理の婦人。昭恵婦人について色々騒がれているので、調べて見ると、婦人の誕生月が6月で、この前書いた6月生まれの人の、性格や周囲の人間との接触 [続きを読む]
  • 悪魔の存在
  • 悪魔は存在するかと言えば100%存在します。悪魔は、通常の日常生活にも現れます。魔が差したと言われる様に、ある日、真面目で比較的穏やかな人間が、突然狂ったように変貌する事があります。狂ったように、路上を歩いていて無関係な人々を襲う、通り魔犯や、日常生活で話をしているのに、イキナリ狂ったように罵詈雑言、ある日、血まみれになった手を見て唖然とする人間など、様々な人間が魔が差したように、狂気ににふれる。 [続きを読む]
  • お金にまつわる話し
  • 北島三郎の息子次男の孤独死のニュース。最近のニュースで気になる事が、大御所と言われる演歌歌手北島三郎の、息子の孤独死について悪魔学からとらえると、名声と富を築き、馬主としても名馬を輩出させ、単純に馬の賞金でけでも30億円以上稼いでいると言われる。そんな資産家の子供が、孤独死と言うのも惨めとしか言えない。普通に恵まれているのかと思うが、そうでも無いとも言える。矢張り親が稼いだ御金は、次男と言う立場上 [続きを読む]
  • キリスト教の神父・牧師・信者・宣教師の仮面
  • 日本ではキリスト教と言うと、大部分の人が良いイメージを持っていると思う。それは聖書に書いてる、キリストの教えにあるのかも知れない、つまり、聖書の中にある山上の垂訓の影響かも知れない、山上の垂訓とは、キリスト教信者の戒めごとでもあり、マタイ章に掲載された事柄である。人に優しく、人に仕え、柔和で怒らない等のくだりだと思う。なおかつ敵を愛するなどから、勝手に、温厚・親切・献身的などと、素晴らしい人間像を [続きを読む]
  • 魔術は儀式が大切
  • 魔術は儀式が大切である。見えない世界と現実社会を共有するのに、儀式が大切である。儀式により見えない世界と、見える世界とを結ぶ、日常生活とは異なる、一定の形式、作法に従って行う行為。魔術の儀式もキリスト教や神道などの、宗教関係と同じように厳格に厳かに行われる。他と特に異なっているのは、魔術の儀式の場合必ずと言うほど、性行為が伴う。性行為も1対1でなく、儀式参加者の中の選ばれし人たちの、名誉ある行為と [続きを読む]
  • 名誉毀損
  • 世の中で悪いやつというのは、善人のふりして、仲間のようなふりして、何時のまにか側にいる。案外、顔を真っ赤にしているので、純情そうなで朴訥人間に見えるが、性格が至って残酷な外道である。そんなのが近くにいれば、あんたの人生は最悪片輪である。結構何処にも生息し... [続きを読む]
  • 過去の記事 …