Akihi さん プロフィール

  •  
Akihiさん: 天然石とマクラメとアートな日々。Akihi's World
ハンドル名Akihi さん
ブログタイトル天然石とマクラメとアートな日々。Akihi's World
ブログURLhttps://ameblo.jp/akihinet/
サイト紹介文天然石を使ったマクラメアクセサリーを制作しています。たまに画家&グラフィックデザイナー。
自由文マクラメの制作を始めてまだ間もないですが、すっかりその魅力にはまっています。

絵を描くように、自由にデザインしたものを制作してゆけたらいいな、と思ってはいますが、まだまだその道は険しく遠いようです^^;

成長の過程を見守ってくださると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/12/09 01:25

Akihi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ワックスコード色見本
  • 自分用に、ワックスコードの色見本を作りました???ワックスコードは結ぶと色が暗く沈むので、本当なら2枚目の写真のように結んで色見本を作ったほうがいいんですが…20色分ほど作ったところで、全色制覇するのは無理そう、と挫折(^^;)100均のA4ボール紙を使用。5センチ幅に切って、両側を普通の穴あけパンチで半円になるようにカットして、紐を巻き巻き。裏で紐を結んで、両面テープで台紙につけました。同じ色でも購入先によ [続きを読む]
  • 12月のつぶやき。
  • ブログを頻繁に更新するのはちょっとハードルが高かったりするのですが、「発信する」ということに対する苦手(面倒)意識をまずは克服しようと、只今 ツイッターではリハビリ的に気軽に呟いております。主に石や制作のこと以外のめっちゃパーソナルなことばかりなんですが(^^;12月のダイジェストをこちらにも記録としてシェアしてみますちなみに、制作にまつわる呟きはインスタグラムやFacebook、家族のことはFacebookで呟いてお [続きを読む]
  • ラブラドライトをアクセサリーに使うときには発想の転換を★
  • 近いうちにアップする予定のラブラドライトさんたち。これが全て同じ種類の石っていうんだから、その表情の奥深さに参ってしまいます ラブラドライトは、光の当たらない普通の状態では一見地味〜〜な石に見えますが、 様々な角度から光をあててみると、ある角度でとても綺麗に輝いて見える不思議な石です。 ラブラドライトの輝きには、様々な色があります。黄色〜ゴールド〜オレンジ系ブルー〜グリーン系ピンク〜紫系レイン [続きを読む]
  • 心強いアシスタントとのコラボ作品。
  • アイアンタイガーアイのペンダント イエロータイガーアイよりもぐっと渋みと落ち着きのあるアイアンタイガーアイ。その気品を損なわないように、そのオリエンタルな雰囲気を生かすように、ペンダントに仕立てました。このアイアンタイガーアイのネックレスを編んでいるときの長男@小6との会話。10月のイベントに向けて制作をスタートし始めた数日後のこと。 長男「ママ、何個できた?」私「5個〜♪今6個め編んでるとこだよ♪」 [続きを読む]
  • アクセサリー作家四人展とワークショップ
  • こんにちは 滅多に参加しないイベントで、しかも初のワークショップ開催したりしていたのにも拘らず全くブログで告知していなかった私ですが(^-^;Facebookで記事を書いていても、情報の利用(見返し&検索)はし辛く、ほぼ活用出来ない状態なのでこれからまた時々ブログでも記録していこう、と気持ちを新たに再スタートします。というわけで先月になりますが、アクセサリー4人展「こころきらきらひかる」に参加させていただいてい [続きを読む]
  • クリソコラマラカイト
  • 最近入荷したクリソコラ+マラカイト 仕入点検作業中につい、うっとり。 「まるで、宇宙から眺めた地球のような」という言葉で表現されることの多いこの色彩です。やっぱり綺麗だし好き〜 ---------------------------------------------------------------------- 入荷した石達は、全てサイズ、重さを計測して、ラベリングして保管しています。仕入→入荷→点検→計測&ラベリング入荷する石はいつも数も種類もバラバラなので、 [続きを読む]
  • 天然石ルースたちのビフォー&アフター
  • 作るのも好きですが、見るのも大好きな私。作家さんが作られた素敵な作品の、その作品になる前のピュアな裸石の状態って見てみたくありませんか?石と、作家さん、それぞれの個性が響き合うことで生まれるアクセサリーたち。そのアクセサリーたちの、アクセサリーになる前の裸石(ルース)をみることで、石と作家さんとの間に生まれたであろう、秘密の対話のようなものが垣間見えるようで、ワクワクしますまた私は、縁あって販売 [続きを読む]
  • 過去の記事 …