K-I さん プロフィール

  •  
K-Iさん: 温泉逍遥
ハンドル名K-I さん
ブログタイトル温泉逍遥
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/onsen_shouyou
サイト紹介文思いつきで巡った各地の温泉を写真と共に紹介します。取り上げるのは原則的に源泉掛け流しの温泉です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/12/12 01:32

K-I さんのブログ記事

  • スミスクリークバレー温泉  Smith Creek Valley Hot Springs
  • ※次回更新は12月20日の予定です。険しい道のりほど、目的地へ到達できたときの達成感はひとしおです。今回取り上げるネバダ州のスミスクリークバレー温泉(Smith Creek Valley Hot Springs)は、現地へたどり着くまでかなり迷ってしまいましたが、でもその苦労が報われて余りあるほど大変素晴らしい温泉でした。 ネバダ州中部の田舎町オースティンの西端から分岐する州道722号線に入り、道なりに北西へ車を走らせます。小さな飛 [続きを読む]
  • リースリバーバレー温泉 Reese River Valley Hot Springs
  • 今回取り上げるのもネバダ州のワイルドな温泉です。 前回取り上げたカイル温泉(Kyle Hot Springs)からインターステートハイウェイ"I-80"に戻り、再びこの道を東に向かってを走行します。そしてバトルマウンテンでこの道から外れ、ネバダ州道305号へ入ります。バトルマウンテンから35マイルほど南下すると、放棄されただだっ広い牧場地の右手に、こんもりと盛り上がった小さな丘が見えてきます。これを通り過ぎた辺りで上画像の [続きを読む]
  • カイル温泉 Kyle Hot Springs
  • 前回記事に引き続き、アメリカ・ネバダ州のワイルドな温泉を巡ってまいります。 アメリカの西海岸から東海岸までを結ぶ長距離州間高速道路のI-80をサンフランシスコ方面からソルトレイクシティへ向かって東進し、途中のMillcityで一般道へ下ります。 続いて、ネバダ州道400号を16マイルほど南下すると・・・ 角に緑色の標識が立つ十字路に行き当たります。この標識には"Kyle Hot Springs"の文字が記されているので、その案内に [続きを読む]
  • フィッシュレイクバレー温泉 Fish Lake Valley Hot Springs
  • 今回からアメリカ西部のネバダ州に湧く温泉を取り上げます。果てしなく続く大地に敷かれたひたすら伸びる道路をレンタカーで疾走し、ネバダ州の南西部にあるフィッシュ・レイク・バレーという地域へ向かいます。 そのフィッシュ・レイク・バレーはゴーストタウンで有名らしく、歴史的な景観に興味がある私としても行ってみたい気持ちはあったのですが、今回は時間の関係でその失われた街には立ち寄ることなく、谷の名前の元になっ [続きを読む]
  • 伊東温泉 ホテル緑風園
  •  前回記事の「富戸温泉」から北上して、東伊豆の中心都市である伊東へとやってまいりました。温泉巡りを趣味にするようになってからも、それ以前の温泉に無頓着だった頃も、首都圏で生活する私にとって伊東という街は馴染深く、わが人生でこの駅舎を訪れた回数は数えきれないほどです。さてこの駅から東海バスに乗って、伊東の市街地を進んでゆきます。 市街地の中にある「竹町」というバス停で降り、数分歩くと、今回の目的地で [続きを読む]
  • 対島温泉 富戸温泉
  • 今回、次回と東伊豆の温泉を取り上げます。 まずは富戸駅で伊豆急行の普通電車から降ります。画像に写っている伊豆急8000系電車は、かつて東横線や大井町線で通勤輸送に従事しながら日本経済を下支えしてきた東急電鉄のお下がり。いまでは伊豆半島に移って相模灘の潮風を受けながらのんびり走っています。 駅から脇道に入り、更に狭い路地を進んで海岸へ向かって坂道を下ってゆきます。単なる路地かと思いきや、路傍には「御大礼 [続きを読む]
  • 東鳴子温泉 いさぜん旅館 後編
  • 前回記事の続編です。●大浴場前回記事で取り上げた「鉄鉱泉」と「炭酸泉」がある浴室の隣には「大浴場」と称されるお風呂があります。こちらは時間によって男女を入れ替えており、私の訪問時はチェックインした日が男湯として設定されていましたので、その日の夜に利用させていただきました。阪神グッズだらけの脱衣室を抜けて浴室へ・・・ 浴室そのものは、お隣の「鉄鉱泉」や「炭酸泉」と一体化しており、天井はツライチなので [続きを読む]
  • 東鳴子温泉 いさぜん旅館 前編
  •  東鳴子温泉の有名なお宿「いさぜん旅館」。拙ブログで既に取り上げているものかと思いきや、意外にも未掲載でしたので、今回紹介させていただきます。半年前に一泊しましたので、その時の記録を前編と後編に分けて取り上げます。●客室 お宿には2食付のプランが基本の旅館部と自炊がメインの廉価な湯治部があるのですが、爪で火を灯すような倹約生活を送っている私は、お手軽に宿泊できる湯治棟を利用し、素泊まりで一晩を過ご [続きを読む]
  • 川渡温泉 板垣旅館 2017年再訪(新館)
  •  前回記事の中山平温泉から東へ進んで、私が大好きな川渡温泉へとやってまいりました。この日は温泉街のメインストリートからちょっと奥へ入ったところにある「板垣旅館」を訪い、日帰り入浴で新館のお風呂に入らせていただきました。なお、以前拙者ブログでは旧館のお風呂を取り上げています(当時の記事はこちら)敷地内の左手に新館、右手に旧館が並んでいるのですが、まずは旧館へ。 以前の記事でも紹介しましたが、旧館玄関 [続きを読む]
  • 中山平温泉 菊地旅館
  • 本年(2017年)10月から連続してアメリカ西海岸の温泉を取り上げてまいりましたが、拙ブログの読者の皆様にとって海外の温泉はあまりご興味が無いようですので、今回からしばらくは日本の温泉に戻り、また間をあけてアメリカの温泉を取り上げるつもりでおります。今回はみちのくの中山平温泉です。 中山平温泉の旅館分布は、国道47号沿いと、国道から陸羽東線の線路に寄り添う形でに南側へぐるっと迂回する細い道沿いの2エリアに [続きを読む]
  • アメリカの目次
  • 2017.11.27作成当ブログで記事にしてきたアメリカの温泉を一覧にしました。州別に分けています。●カリフォルニア州シカモア・ミネラルスプリングス・リゾート Sycamore Mineral Springs resort 前編(客室のお風呂) 後編パソロブレス市 フランクリン温泉 Franklin Hot Springsパソロブレス市 リバーオークス温泉 River Oaks Hot Springsサンタバーバラ郡 ガヴィオタ温泉 Gaviota Hot Springsテコパ温泉 Tecopa Hot Spr [続きを読む]
  • バックアイ温泉 Backeye Hot Springs 後編(下の湯)
  • 前回記事の続編です。バックアイ温泉には2つの天然露天風呂があります。前回記事では斜面の上に設けられた露天風呂「上の湯」をご紹介しましたが、今回取り上げるのは、川面のそばにある「下の湯」です。眺めの良い斜面上の露天風呂「上の湯」に入りながら目下を流れる渓流を見つめていると・・・斜面と川が接するところに茶色い石灰華ドームがせり出ており、その表面からゆらゆらと湯気が上がっていることに気づきました。そこで [続きを読む]
  • バックアイ温泉 Backeye Hot Springs 前編(上の湯)
  • ブリッジポートの街から西へ向かった山の中に"Backeye Hot Springs"という面白そうな野湯があるという情報を得たので、行ってみることにしました。 ブリッジポート市街地の西端にあるGS(シェル石油)の角を南へ曲がり、"Twin Lakes Rord"という通りを道なりに進んでゆきます。草をはむ牛たちを尻目に牧場の真ん中を突き抜け山の麓へ。 市街地から7.1マイル走ると、右手に"Backeye Road"という道が分かれますので、この道へ入り [続きを読む]
  • トラバーチン温泉 Travertine Hot Springs
  • カリフォルニア州中部のモノ郡ブリッジポート(Bridge Port)という街には、アウトドア愛好家の間でとても有名な野湯があるらしいので、どんな温泉に出会えるのか、実際に行ってみることにしました。 今回目指す温泉の名前はトラバーチン温泉(Travertine Hot Springs)。デジタル大辞泉によれば、トラバーチンとは「大理石の一種。緻密な縞状構造をもつ。湧泉や地下水の炭酸カルシウムが沈殿してできる」と説明されており、漢字だけ [続きを読む]
  • ファレス温泉 Fales Hot Springs
  •  シエラネバダ山脈の東を南北に貫くUS395号線を、ブリッジポートの街から約15マイルほど北西に進むと、かつてお客さんで賑わったであろう古い温泉施設の廃墟が、通りに面して立っています。とはいえ看板などはないため、予めその場所を知らないと気付かずに通り過ぎてしまうでしょう。 この温泉の名前は"Fales Hot Springs"といい、19世紀に開発されて以来、温泉リゾート施設として人々から愛されてきましたが、1952年にガス爆発 [続きを読む]
  • ベントン温泉 Benton Hot Springs B&B 後編(温泉露天風呂)
  • "Benton Hot Springs B&B"の敷地内には、宿泊客なら自由に(夜通しで)入浴できる温泉の露天風呂が複数用意されています。 宿泊棟の裏手にあるバーベキュー用テラスや、その下で静かに水を湛える池を横に見ながら、奥の方へ進んでゆくと・・・ 露天風呂ゾーンに出ました。まず出迎えてくれるのが、この小さなバスタブ。私が見た限りではおそらくこのホテル内で最小のものと思われます。小さいと言っても2人は余裕で入れるキャパ [続きを読む]
  • ベントン温泉 Benton Hot Springs B&B 前編(宿の様子)
  • 拙ブログでは前回記事まで、カリフォルニア州ヨセミテ東部のロングバレーカルデラの内部に点在するワイルドな露天風呂や地熱地帯を取り上げてまいりましたが、入浴可能な温泉はいずれも手作りのバスタブが設けられているだけですから、その場で宿泊したり食事を楽しむようなことはできません。温泉に入りながら宿泊できるホテルはないものかと周辺を調べていたら、カルデラからちょっと離れたベントンという小さな街に温泉のお風呂 [続きを読む]
  • ロングバレーカルデラ温泉群 Hot Creek Geothermal Area
  • 引き続きカルフォルニア州ヨセミテ東部のロングバレーカルデラ内に点在する温泉を取り上げます。前回記事までで紹介したカルデラ内の各温泉は、入浴に適した温度がその前後の温度帯で湧出していましたが、今回記事で取り上げる"Hot Creek Geothermal Area"(以下ホットクリーク)は、エリアと称されているように源泉地帯の範囲が広く、しかも非常に高温の状態で湧出しているため、現在は温泉への立入が禁止されています。従いまし [続きを読む]
  • ロングバレーカルデラ温泉群 Little Hot Creek Hot Spring
  • カリフォルニア州ヨセミテ東部に点在するロングバレーカルデラ内のワイルドな温泉巡りはまだまだ続きます。今回訪ねるのは"Little Hot Creek Hot Spring"という温泉です。未舗装路ながらも幅が広くて走りやすいオーウェンズ・リバー・ロードを北上し・・・ 途中で左折して、車1台しか通れない悪路を西へ進みます。非常にバンピーなこの道は、所々で抉れたりぬかるんだりしているため、これから目指す温泉に行くならば、車高が高い [続きを読む]
  • ロングバレーカルデラ温泉群 Hilltop Hot Spring (Pulky's Pool)
  • 引き続き、カリフォルニア州ヨセミテの東側に位置するロングバレーカルデラの、小さくてプリミティヴな温泉を巡ります。 前回記事までで紹介した同カルデラ内の各温泉にアクセスする広い未舗装路から、一旦舗装路である"Benton Crossing Road"へ出て、ベントン方面へ北東に進み、ゆるやかな坂を下ります。すると、まもなく左手(西側)に未舗装の路地が分岐するので、その路地に入ります。 ダート路を800フィートほど進むと駐車 [続きを読む]
  • ロングバレーカルデラ温泉群 Crab Cooker Hot Spring
  • 前回記事の"Shepherd Hot Spring"の近くには"Crab Cooker Hot Spring"という別の温泉があるらしいので、歩いてそこまで行ってみることにしました。カニを料理しちゃう温泉なのでしょうか。 "Shepherd Hot Spring"の近くで水を湛える小さな湖の畔を、南東に向かって歩いてゆくと・・・やがて別の路地の突き当たりに行き着きました。前回記事のシェパード温泉同様、ここも突き当たりがロータリー状の駐車スペースになっているので、 [続きを読む]
  • ロングバレーカルデラ温泉群 Shepherd Hot Spring
  • 前回記事の"The Rock Tub"から一旦広いダート路に戻り、更に北上して別の温泉を目指します。 その広いダート路は、途中でいくつも枝道が分かれているのですが、道しるべがないため、その先に何があるか見当がつきません。私は事前にネットで目指す場所の目星をつけておき、スマホのGPSを頼りにして行動することにしました。スマホが指し示す通りに細いダート路へと入ってゆきます。やや悪路であり、多少凸凹していますが、路面が [続きを読む]
  • ロングバレーカルデラ温泉群 The Rock Tub
  • ユネスコの世界遺産(自然遺産)であるヨセミテ国立公園の東側には、ウィンタースポーツで有名なマンモスレイクという高原の観光地がありますが、そのマンモスレイク付近に広が盆地状の地形は、太古の時代の火山活動によって形成されたカルデラ(ロングバレーカルデラ)であり、いまでも随所で地熱活動が見られます。天然温泉の湧出はその典型例。カルデラの内部ではあちこちで温泉が湧いており、その多くは、有志の方によってハン [続きを読む]
  • キーオ温泉 温泉の川  Keough Hot Ditch
  •  カリフォルニア州中部の小さな街ビショップ(Bishop)は、四方を山に囲まれた高原の街でもありますが、その南方に位置するキーオ温泉(Keough Hot Springs)では温泉が川をなして流れており、ワイルドな野湯が楽しめるらしいので、車で行ってみることにしました。ビショップの中心部からハイウェイ395号線を8マイルほど南下すると、路傍でキーオ温泉の存在を示す看板が立っている箇所があるので、その下の角を曲がって西へ進みます。 [続きを読む]