kii さん プロフィール

  •  
kiiさん: 試撃行
ハンドル名kii さん
ブログタイトル試撃行
ブログURLhttp://yaplog.jp/shigekikou/
サイト紹介文幕末・維新に係る記事。史跡訪問。幕末維新系の時代劇レビュー。最近の事件を歴史に絡て考えてみたり。
自由文高杉晋作と幕末志士を紹介するHP「ぬしと朝寝がしてみたい」のブログです。
http://www.access21-co.jp/sinsaku/top.html
住んでる山口県下関市を拠点に観光や出張などで史跡をまわったり、幕末・維新に係るいろいろな記事を書いたりします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/12/12 13:15

kii さんのブログ記事

  • 福島県いわき市 松ヶ岡公園
  • 松ヶ岡公園はいわき市で最も古い公園で、日露戦争勝利を記念して整備されたようです。ここに安藤信正の銅像がるということで行ってみました。いわき市平周辺(松ヶ岡公園の場所)松ヶ岡公園のある丘陵地は、薬王台と呼ばれ岩城氏の出城があったとされます。岩城氏が去り、磐城平藩の時代になると放置されて、一部の畑と竹林に覆われた山となりました。「天田愚庵像」と「天田愚庵邸」。松ヶ岡公園の駐車場を下りて隣接する松ヶ岡第 [続きを読む]
  • 福島県いわき市 磐城平城跡
  • 仕事で福島県いわき市へ。例の如く、仕事の合間に幕末史跡めぐり。いわき駅北側にある磐城平城跡を訪問しました。いわき駅前から見た磐城平城跡。北口のロータリーから見える小高い丘が、磐城平城の本丸のあった場所です。磐城平藩といえば、老中として公武合体を推進した安藤信正の藩。安藤信正は井伊直弼政権下で老中となり、井伊の暗殺で混乱した幕閣を収拾させることで実権を握り、井伊と対立して失脚していた久世広周を老中首 [続きを読む]
  • 「西郷どん」の話題・・
  • 来年の大河ドラマは、西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」ですが、なんだかあまり話題にのぼらないのはどうしてでしょう??一昨年の「花燃ゆ」では、放送開始前からあれこれと云われていましたよね。もちろん悪い意味での話題が多かったのですが、それでも無いよりは良いような気がします。(結果的に「花燃ゆ」は予想を大きく上回る駄作となりましたが・・・)そういう僕も幕末を舞台とした大河なのだから、「西郷どん」に対して [続きを読む]
  • 「彰義隊」 吉村昭
  • 久々に小説を読もうと図書館に行って借りてみた。何の予備知識も無しに「彰義隊」というタイトルをみて決定。彰義隊についてはまだまだ知らない事が多いので、入門編として小説から入ろうという思惑です。吉村昭という作家の作品は初めてですが、大沢たかお主演で映画にもなった「桜田門外ノ変」の原作者ですので、ちょっと期待して読み始めました。・・・・が、読んでみてびっくり!!彰義隊の小説ではなかった・・・・。「彰義隊 [続きを読む]
  • 愛媛県大洲市 新谷陣屋跡
  • 新谷藩は、大洲藩の支藩。大洲藩2代藩主加藤泰興の弟で、初代藩主加藤貞泰の次男加藤直泰が、泰興より1万石を分知されて成立した藩です。初代貞泰が世嗣を定めないまま死去したため、幕命により長男の泰興がその後継とされましたが、直泰はこれを不服としたために対立。幕府の仲裁により1万石を藩内分して新谷藩を立藩しました。その為、藩内分地ながら幕府より大名と認められています。新谷町周辺(新谷陣屋の場所)新谷陣屋跡 [続きを読む]
  • 愛媛県大洲市 寿永寺&曹渓禅院
  • 八幡浜市の出張を終えて帰路、もう一度大洲市へ。毎回、藩庁と藩主家の墓はセットで考えておりますので、今度は藩主家も訪問しようと勇んで大洲市へ向かいます。また、「いろは丸」購入に関する件で自刃した国嶋六左衛門の墓にも参ってみたいと、まずは寿永寺へ向かいました。「壽永寺」。国嶋六左衛門の自刃は、坂本龍馬のダークな一面として、その英雄的ヒーローに陰を落とします。彼の遺骸は石灰で腐敗処理が施され、いろは丸で [続きを読む]
  • 愛媛県大洲市 大洲城
  • 出張で八幡浜市に宿泊しておりまして、仕事の終了後に、隣の大洲市にある大洲城に行くことにしました。17時に仕事が終わったのですが、カーナビでは30分ということで、なんとか暗くならないうちに行けるだろうと、車を飛ばします。八幡浜から大洲までは、とても長い「夜昼トンネル」を通ります。「夜昼」という名の由来は、近くにある夜昼峠からなのですが、八幡浜―大洲間はその峠を越えなくてはいけない。そのため、古来から [続きを読む]
  • 愛媛県西予市 卯之町2〜開明学校と街並み
  • 卯之町は昔の建物がとても良い状態で保存されています。色んな場所を訪問しましたが、これだけ綺麗な町並みはそうそうありません。卯之町の街並み。さて、二宮敬作翁碑があった雨山公園から開明学校へ向かいます。卯之町周辺(開明学校の場所)開明学校は、明治15年に卯之町に建てられた四国最古の小学校。安政5年より、漢学者左氏珠山が卯之町で私塾を開き、地元の子弟に漢学を教えていましたが、明治2年に宇和島藩校明倫館の [続きを読む]
  • 愛媛県西予市 卯之町1〜二宮敬作関連史跡
  • 卯之町は重要伝統的建造物群保存地区で、古くは伊予西園寺氏の城下町であり、西園寺氏滅亡後は、宇和島藩の在郷町として栄え、宇和島街道の宿場町として発展しました。現在も江戸中期から昭和初期に建てられた建造物が、良好な状態で残されています。ここで蘭学者で医師の二宮敬作が開業しており、シーボルトの娘楠本イネが二宮に医学の基礎を教わりました。卯之町周辺(A二宮敬作先生住居之跡、B高野長英の隠家、C二宮敬作翁碑) [続きを読む]
  • 愛媛県宇和島市吉田町 伊予吉田陣屋
  • 出張で愛媛県八幡浜市へ。残念ながら八幡浜市は幕末史跡が少ないので、周辺の市まで足を伸ばしてみます。何の因果か前回まで仙台藩の記事でしたが、今回も同じく伊達家の伊予吉田藩の陣屋を訪問しました。宇和島市吉田町周辺(吉田陣屋の場所)伊予吉田藩は、正確には吉田藩なのですが、三河にも同名の藩があり、また広島新田藩の陣屋名も吉田陣屋なので、区別するために藩名は、伊予吉田藩、三河吉田藩と呼ばれ、陣屋名も伊予吉田 [続きを読む]
  • 宮城県仙台市 清浄光院~星恂太郎墓所
  • 足の裏の痛さに徒歩での移動を諦め、電車に乗って仙台駅に帰ります。すでに新幹線の時間も迫ってきましたので、今回はここまでとするべきだったのですが、どうしても訪問したい場所がありました。それが清浄光院で、星恂太郎の墓所があります。星恂太郎は額兵隊の隊長なのですが、中学生の時に観た年末時代劇スペシャル「五稜郭」で、額兵隊のリバーシブル軍服を知って、なんとオシャレなんだと感動した覚えがあります。そういうこ [続きを読む]
  • 宮城県仙台市 保春院
  • 伊達家墓所のある大年寺山を下りて保春院は向かいます。「足がいてぇ・・」と独り言を言いながら、45分かけて歩きました。若林区西側周辺(保春院の場所)保春院はJRの高架沿いにあります。「保春院」。伊達政宗の母義姫の十三回忌に、菩提を弔うため創建された寺。寺名は義姫の法名「保春院殿花窓久栄尼大姉」にちなむ。この保春院に玉蟲左太夫の墓があります。玉蟲左太夫は、藩校や昌平黌で学んだ秀才でした。箱館奉行堀利煕に [続きを読む]
  • 宮城県仙台市 茂ヶ崎 伊達家墓所
  • 仙台駅から仙台城、瑞鳳殿を革靴で歩いた後、次は茂ヶ崎(大年寺山)の伊達家墓地に向かいます。すでに足の裏に違和感を覚え、マメが出来ているのだろうと感じつつ、それでも頑張って歩きます。途中のコンビニでコーヒーを買って休憩しますが、立っているだけで足の裏が痛いので、なんだかもったいない気がして歩き始める始末・・。太白区茂ヶ崎周辺(伊達家墓所の場所)。茂ヶ崎(大年寺山)には、4代以降の伊達家代々の墓所があ [続きを読む]
  • 宮城県仙台市 瑞鳳殿
  • 仙台城を徒歩(しかも革靴)で登った後、伊達政宗の霊廟である瑞鳳殿に向かいました。瑞鳳殿のある経ケ峯へは、地図上で仙台城より直線で1kmもないあたり。しかしながら道はなく、大きく迂回しなければなりません。経ケ峯周辺(瑞鳳殿の場所)。この瑞鳳殿を訪れた目的は、もちろん伊達政宗の墓所に参る事もありますが、戊辰戦争・西南戦争の戦死者を慰霊する2つの石碑と、瑞鳳寺墓地にある薩摩藩士の墓がある為です。仙台城か [続きを読む]
  • 宮城県仙台市 仙台城
  • 仕事の研修で仙台へ行きました。研修を終えて仙台駅で解散。帰路は東京まで行っての飛行機です。出来るだけ帰りの便を遅らせて、仙台市の史跡を訪問しました。仙台駅から仙台城まで歩いて40分位。少し大変ですが行けない事も無い。仕事帰りなので革靴でしたが、なかなか来ることが出来ないので、頑張って行く事にします。「大橋」。仙台駅から青葉通りをまっすぐ西へ進むと、広瀬川に架かる「大橋」に着きます。仙台城と城下を結 [続きを読む]
  • 第2回 晋作文化祭 無声映画[坂本龍馬」特別上映!
  • 去年の12月に第1回が行われた「晋作文化祭」というイベントが、今年も第2回が行われるということで行ってみました。前回の様子はこちら。今回は坂本龍馬没後150年記念ということで、昭和2年制作の坂東妻三郎主演映画「坂本龍馬」が上映されました。前回上映された「狼煙は上海に揚る」と同様に主演は坂東妻三郎。当時、坂本龍馬を知らない人々が増えているのを憂いた青年達の情熱が、スターであった阪妻らの心を掴んで実現 [続きを読む]
  • 「ちるらん」を読んだら晋作はGODだった・・・
  • 「ちるらん 新撰組鎮魂歌」を読んだ。といっても、14〜18巻だけ。出張での宿泊先にあった漫画本を寝る前に読むだけなので、全部読んでたら寝れなくなって、次の日の仕事に支障が出るので・・。土方歳三が主人公の新撰組マンガなんですが、気にはなりつつ機会が無かった為、今回読んだのが初です。物語は少年マンガらしくスピーディーに展開し、土方ら隊士達が超人的な技を駆使して戦うタイプのストーリー。もちろんこんな説明 [続きを読む]
  • 周南市安田 宍戸家郷校徳修館
  • 岩国~三丘と周って、さあ高速で帰ろうと熊毛ICへ向かう途中、「徳修館」の看板を見つけたので寄ってみました。熊毛IC周辺(徳修館の場所)「徳修館」。21代当主宍戸就年が、士民教育振興のために創立した郷校です。23代当主宍戸元礼は、明倫館に模して聖廟を新築。この聖廟が現在残っている徳修館です。当初は他に講堂、習礼場など、大小10棟の建物があり、総敷地面積は1500?に及んだとされます。徳修館に似合わないハ [続きを読む]
  • 周南市小松原 貞昌寺〜宍戸家墓所
  • 長州藩筆頭家老宍戸家は、毛利元就の中国制覇を助け、毛利家一門衆として吉川・小早川に次ぐ待遇を受けていました。毛利家の防長減封後もこれに従い、代々家老を努めています。吉川家は関が原以降の確執から、藩内での発言力を失い、小早川家は豊臣政権下で独立した為(後に断絶。別家が吉敷毛利)、宍戸家は必然的に一門筆頭となったわけです。はじめ佐波郡右田を所領としていましたが、16代当主宍戸就尚の時代に熊毛郡三丘に知 [続きを読む]
  • 岩国市 岩国護国神社
  • 岩国護国神社は、戊辰戦争で戦死した岩国藩士22名を祀るため、岩国藩主吉川経幹が関所山に建立した関所山招魂場がはじまり。その後、諸隊の脱退騒動の鎮圧で戦死した岩国藩士5名も祀られます。招魂場の運営は岩国藩が行っていましたが、廃藩置県によって吉川家が岩国藩知事を免じられた為、関所山招魂場は山口県に寄付されて、山口県庁の管理となり、関所山官祭招魂社となりました。以降、日清日露などの諸事変の戦没者が祀られ [続きを読む]
  • 岩国市周東町 通化寺〜遊撃軍の本陣
  • 遊撃軍(遊撃隊)は来島又兵衛が組織した諸隊のひとつで、禁門の変では総督の来島が戦死するほどの奮戦を見せています。来島の戦死後は、石川小五郎が指揮をとって功山寺挙兵にも参加。大田絵堂の戦いの後に高杉晋作が総督となっています。・・とはいっても正式に藩から任命されたわけではなく、事実上の総督であったのだと思います。都濃郡須々万村にあった本営を、対幕戦に備えてこの通化寺に移したのは、慶応3年の事です。通化 [続きを読む]
  • 岩国市 洞泉寺〜吉川家墓所
  • 岩国領主吉川家墓所は、藩庁跡の吉香公園の西側にあります。この吉川家墓所なんですが、菩提寺である洞泉寺の境内のようですが、洞泉寺と吉川家墓所の間に永興寺という寺があり、そこの境内と勘違いしてしまいそうです。吉香公園西側付近(吉川家墓所の場所)「洞泉寺」。室町時代中期の武将吉川経信が、新庄大朝に創建した洞仙寺を、毛利家の防長移封に伴い、吉川家が岩国領主となった際に同地移転。寺名を洞泉寺に改めました。「 [続きを読む]
  • 岩国市 岩国城
  • 下関市の住んでいる僕からすれば、岩国市はすごく遠くに感じられます。県内じゃん。と思われるでしょうが、下関―岩国は高速で2時間強。ちょっとした旅行になってしまうわけですが、頭では同じ山口県内というのがあるので、旅行とも言いにくい。40km先の広島ならば旅行って感じなんですけどね。たぶん岩国市の人もそんな感じなんじゃないかと思うのです。と、まあ近くて遠い岩国市なんですけれど、今回行ってきました。「錦帯 [続きを読む]
  • 萩市 萩キリシタン殉教者記念公園
  • 慶応3年、長崎の浦上村で農民達が仏式の葬儀を拒否した事により、隠れキリシタンがいることが発覚。長崎奉行所に、代表として町年寄高木仙右衛門が呼び出されます。問いただされた高木は、隠しもせずキリシタンであると表明。高木はそのまま帰されますが、幕府は密偵を使って信徒を調査し、高木をはじめ浦上村の信徒が一斉に捕えられました。俗にいう「浦上四番崩れ」です。幕府が倒れ新政府が発足しますが、新政府でもキリスト教 [続きを読む]
  • 兵庫県姫路市 姫路城
  • 姫路藩の藩庁である姫路城は、「国宝」であり「ユネスコ世界文化遺産」でもある日本を代表する城です。国宝は良いとして、ロビー活動によって決定される世界遺産については、僕はとっても胡散臭いなと常々思っているのですが、世界遺産に登録されることで、外国人観光客が増える訳ですので、悪い事ではないとは思います。まあ姫路城に関しては、本当に世界的価値のあるものであることは間違いないでしょう。日本の城や陣屋の多くが [続きを読む]