コブ滑走訓練所長 さん プロフィール

  •  
コブ滑走訓練所長さん: 木島平コブ滑走訓練所
ハンドル名コブ滑走訓練所長 さん
ブログタイトル木島平コブ滑走訓練所
ブログURLhttp://miyukinodiary.blog52.fc2.com/
サイト紹介文誰も語らないコブの滑り方を独自の視点で明快指導。2018シーズン早割受付中です。
自由文北信州木島平を活動拠点とするユースホステルオーナーです。
普通のスクールでは絶対に教えてくれない、コブの滑り方、練習の仕方を徹底解説&訓練いたします。1泊2食、2日レッスン(6時間)セット講習17,000円〜開催いたします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2013/12/16 11:36

コブ滑走訓練所長 さんのブログ記事

  • いかにして瞬時のズレを生み出すか。これ、かなり重要です
  • 切り替え時の無駄な直進が危険をもたらすこれは私の首尾一貫した、かつ不変かつ不変の理論です。無駄にまっすぐ走るから加速し、手に負えなくなるのです。そのためにはいかにして瞬間的なずれ(除雪抵抗)をもたらすかが重要なのですが、その一つは言うまでもなくストックワークです。まっすぐ進もうとする体を強制的にターンさせるために必要不可欠の手段です。そしてもうひとつ重要なことがあります。それは腕の前後の振りです。 [続きを読む]
  • 木島平スキー場 2017−2018の概要発表です!!
  • 昨日スキー場説明会が宿泊業者向けに開催されました。まずは配布された、この日納品されたばかりというパンフレット。いい感じです(^^)営業概要は以下の通りとなりますが、目新しい部分をかいつまんでお知らせします。期間12月23日(土)〜4月1日(日)リフト第七リフトは運休ではなく廃止。(支柱は現存もすでにもぬけの殻)山頂リフトは、水曜日、土曜日、日曜祝日のみ運転(3月7日まで)*プレミアムチケット100 [続きを読む]
  • リフトが無料となる早割は11月28日を申込み期限とさせて頂きます
  • 富士山麓ではスキー場がオープンし、刻一刻とスキーシーズンが近づいていることを実感する今日この頃。当木島平コブ滑走訓練所にもすでに10組さま以上の早割申込みを頂いています。早割特典として、一日2名様限定でご提供致しております、レッスン日の2日間無料リフト券つきプランのお申し込みは、11月28日を期限とさせて頂きます。春に続き、11月29日からお馴染みゲストと一緒に海外トレッキングに出かけます関係で、約2週間、 [続きを読む]
  • カメムシが大発生すると大雪になる??
  • ここ数日の暖かさでカメムシが勢いを増しています(x〜x)子供の頃住んでいた大阪では、カメムシといえば緑色の体長5〜6mmのヤツ。しかし、信州のカメムシは体調12mmほどの大きな奴。ほんとかどうかわかりませんが、カメムシが乱舞する秋は、その年の冬大雪になるとか。数日前、槍ヶ岳で例年よりもかなり早く初冠雪を記録しました。このまま順調に冬が近づいてくれればいいのですが。。。。。。早くも満席近い日が出てき [続きを読む]
  • ログハウス兼営&ラウンジ拡張
  • ウチに隣接するログハウス2棟。8月に経営権を引き受けまして、現在おもに「AIR B&B」にて貸し出しを行っています。冬の予約もはじめました。こ3連休も実は1棟空いています(^^)DISCOVERY CABIN Mt KOSHAプロジェクトにはまだ続きがあります。それはラウンジ拡張。食堂部分を八畳分北側へ広げて、正面に大窓を設けた上で、全面コンセント付のカウンターテーブルを。ダルマストーブを設置し、レトロな雰囲気を醸しつつ、今ど [続きを読む]
  • コブの滑り方 項目別詳細解説 4
  • コブの滑り方詳細解説続きです。7.すぐにコースアウトしてしまうのは、切り替え後、必要以上に直進してしまっているからである。8.その直進距離を可能な限りゼロにすることがコブ克服のための第一歩である。9.直進させないためには、ターンをし続けている状態をキープすることで常に迎え角を維持することが肝要である。10 それこそがスキー専門用語である「スピードコントロール」、つまり断続的ブレーキの大元となるのである。 [続きを読む]
  • 新機軸
  • うちの母ちゃん。 かの有名なスキーショップ飯山のSキューブ店舗内に今月オープンする女性オンリースポーツクラブ「カーブス」に入会する気マンマンです。ご存知の通り、女性専用のかつ一回30分以内のお気楽フィットネスクラブでして、中高年を主たるターゲットにしたニッチ市場を見事に射止めた話題の施設。運動しているところを男性には見られるのが恥ずかしいとお考えの女性の心理をうまくつかんでいるようです。スキースクー [続きを読む]
  • コブの滑り方 項目別詳細解説 3
  • コブの滑り方項目別詳細解説 第3回です。整地では「プロ」並みなのに、なぜかコブに入った途端別人になる。そんな方は意外に少なくありません。整地ではすべての運動操作を自分のタイミングで、考えながら行っています。カッコよくかつ気持ちよくなる滑りかたをスキーを滑らせながら、試行錯誤しながら探っているものです。前寄りに荷重してみようとか、外脚をしっかり踏んでみようとか、かかと寄りに乗ってみたら意外とスキーが [続きを読む]
  • 指導員検定会第三会場の宿泊施設受け入れ申し込み開始
  • 本日観光協会より通知がありました。======SAJスキー指導員検定会」の開催に伴う参加者受入れ宿募集について 日頃より観光協会の運営にご理解、ご協力を賜り誠にありがとうございます。さて、今年度 木島平スキー場にて「SAJスキー指導員検定会」が開催されることとなりました。この検定会には県内外から250名程の方々が参加されるとの事です。つきましては 下記条件にて受け入れ可能なお宿を募集いたします。お手数をお掛 [続きを読む]
  • コブの滑り方 項目別詳細解説 2
  • コブの滑り方 項目別詳解 その2です。3.コブを滑れるようになるためには、まず「なぜ滑れないのか」の原因の追究が先決である。4.コブは成否の「ストライクゾーン」が狭いゆえに克服が難しい。5.コブが難しい理由は、すべる場所、曲がる場所、ブレーキをかける場所すべてが地形によって完全に制限されている、究極の制限滑降だからである。この3〜5については、普通のスキー技術解説記事やスクールで語られることはほとん [続きを読む]
  • 文字化け対応策
  • ここ数日、立て続けにお問合せ、お申し込みをいただいております。以前から何度かご指摘いただいていました開催日程の「文字化け」。当方のパソコンでも時々同症状が散見されまして、手を打つべく策を練ってまいりましたが、HPビルダーで作成したページそのものに問題があると判断しまして、今般すべての記述を当ブログに統一しましたのでお知らせ申し上げます。お申し込みをお待ちしております。=======2018年予約先取り情 [続きを読む]
  • コブの滑り方 項目別詳細解説 1
  • まもなく10月。用具を買いそろえたり、シーズン券の確定など、そろそろスキーモードにスイッチが入る今日この頃いかがお過ごしですか。先日ご紹介しましたコブの滑り方78箇条について順を追って詳細解説してまいりましょう。1.コブ滑走は4本の手足をフルに活用することで実現される。2.コブ滑走は「ターン」ではなく、結局のところ左右交互のブレーキ(調整)操作でしかない。往々にしてコブ攻略方法については足元操作につ [続きを読む]
  • ★2018年開催要綱【日程】★
  • 共通開催要綱*プライベート講習ご希望の方*1名さまあたり35,000円(2日間の講習代、1泊2食付)→下記開催スケジュールのうち平日に限って承ります。上記に含まれるもの(1泊または2泊宿泊代食事代、2日講習代、保険料込み、リフト代ならびにランチ代別)お泊りなしでの通い受講は原則としてお受けできません。*相部屋プランは前日遅着でのご利用はできません。定員:7名さま講習時間:第一日10:00〜12:00、13:45〜15:45  [続きを読む]
  • ★木島平コブ滑走訓練所とは★
  • 【木島平コブ滑走訓練所とは?】スキーの公認指導員は、普遍的?なスキー理論、殊にターンの仕組みについては頻繁に行われる指導員研修会で多くのことを学びます。しかしその多くは「整地での正しい滑り方」についての理論がほとんどであり、不整地(=コブ)の滑走法指導について学ぶことはなく、個々人の経験のみに頼っているのが現状です。彼らは厳しい実技&学科試験に合格した指導員の肩書きをもつスキーヤーですから、もち [続きを読む]
  • リクエストにお応えしまして急遽企画いたしました
  • ご存知の通り、来年2月23日(金)〜25日(日)の日程でSAJ指導員検定会が木島平にて行われます(第3会場)。この1か月ほどで、指導員検定を受験されるという方からいくつかご相談をお受けしました。ズバリ準指導員は持っているが、コブがとても苦手お察ししますに、単に苦手と謙遜されているのではなく、単刀直入「抉れたコブでの連続ターンができない」のではないかと思われます。周知のとおり、かつてSAJは、珍妙理論と名高い「 [続きを読む]
  • 必携(^^)★コブ斜面の滑り方
  • 久しぶりの投稿となってしまいました。早いもので九月も中旬に入り、スキーシーズンインを待ちわびる今日この頃です。夏の暑い盛りにあってもスキー雑誌では毎号どこかにコブ特集が挿入されており、あらゆるコブ滑走テクニック論が語られます。しかしながら「全くできない人」に対してのノウハウがあまりにも語られなさ過ぎの印象はぬぐえません。ずらす方法は腐るほど語られるのに、ターンする方法についての解説があまりに少なす [続きを読む]
  • 2018年2月 木島平は指導員検定会第三会場
  • すでに発表の通り、木島平スキー場は2018年シーズン開催の指導員検定会第三会場に指定されています。もちろん実技検定の鬼門(?)である不整地小回りもわが木島平スキー場のあのコブ斜面が使用されます。ハッキリ申しまして、木島平のコブはよそのスキー場よりも斜度が緩いんです。なので、私がいつも口酸っぱく申し上げていますコブ滑走の超基本かつ超大原則を徹底的鍛錬すれば完走→合格75pointへの道が見えてきます。コブ [続きを読む]
  • 旧態然とした指導の合理性について 
  • ブラック企業にならんで、最近はブラック部活なる言葉が暗躍するようになりました。サラリーマンでさえ週休二日が定着する昨今にあって、年間休日わずか数日という、考えてみれば実に恐ろしい世界が日常的に繰り返されています。運動部は休みがないのが当たり前という、これは一種の洗脳行動ではないかとも思われます。特に団体競技において、日本人特有の横並び主義がそれをますます助長しているとも考えます。自主性云々、主体性 [続きを読む]
  • シニア検定を設けてはどうかという意見
  • 私がSNSにて主宰する「コブが苦手なスキーヤーを救う会」。今年4月には300名だったのが、早くも900名に達しようかという勢いです。真夏なのに、どこかにコブ克服のためにどうすればいいのか、悶々と日々を送っていらっしゃる方も少なくないのかもしれませんネ。つい先日こんな投稿がありました。(原文ママ)=== バッジテストには、ジュニアと一般があります。 私は来年、70歳なる高齢者です、20代、30代、40代の方と一緒に受 [続きを読む]
  • 永遠のテーマかもしれませんが。。。。
  • 拙者が主宰するコブが苦手なスキーヤーを救う会。メンバー数がついに800に到達です。最近では多くの方の書き込みにあふれていまして、コブが出来ずに困る方に救いの手を差し伸べる方が続々登場しています。つい先日の書き込みをご紹介しましょう。===しつもんです。凄く基本的なことがわからなくなりました。コブ斜面の滑り方は、整地の滑り方とは別のテクニックなのでしょうか?整地ではズルドンなんていいませんし、ズレな [続きを読む]
  • トップを下げろと言われてもね〜
  • 月山から戻って4日。おかげさまで今回もなかなかイイ講習が出来ました。ハッキリ言ってこの時期の月山は有名人によるコブレッスンが半数以上を占めています。雑誌で見たあのひと。技術選でXX位だったあのスキーヤー。有名スキースクールの主宰者。そんな中に交じって、普段通りの中村流スペシャルを展開させていただいたわけですが、やはり重要なのはストックワークと逆ひねり姿勢といえるのではないでしょうか?今回ご参加の方 [続きを読む]
  • 月山はベストアウェー
  • 昨年につづきやって来ました月山。しかも今回は二回シリーズ。第一回初日はまさに月山日和。月山=ガス山と称されるほど濃霧率が高いようですが、今日は実に快適でありました。木島平以外では、白馬五竜、戸狩温泉、熊の湯、野沢温泉と出張講習会を重ねてきましたが、ロケーションは言うまでもなく、斜度構成、コブ形状ともにベリーベストと断言出来ます。選び放題の無数のライン、適度な斜度はレベルに合わせた選択が可能。抉れ過 [続きを読む]