コブ滑走訓練所長 さん プロフィール

  •  
コブ滑走訓練所長さん: 木島平コブ滑走訓練所
ハンドル名コブ滑走訓練所長 さん
ブログタイトル木島平コブ滑走訓練所
ブログURLhttp://miyukinodiary.blog52.fc2.com/
サイト紹介文誰も語らないコブ斜面の滑り方を独自の視点で明快指導。来季2019年開催のキャンプ申し込み受付中です。
自由文北信州木島平を活動拠点とするユースホステルオーナーです。
普通のスクールでは絶対に教えてくれない、コブの滑り方、練習の仕方を徹底解説&訓練いたします。1泊2食、2日レッスン(6時間)セット講習17,000円〜開催いたします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2013/12/16 11:36

コブ滑走訓練所長 さんのブログ記事

  • 原則的にコブが出来ずに困っている方が対象です。誤解なきようお願いいたします
  • 参加要項にもお示ししていますが、当訓練所のターゲットはあくまでコブにどう立ち向かっていいのかわからない練習の仕方すらわからないそんな方々が対象です。おそらく、そんな方は一度受講いただければきっと目が覚めたような感覚に襲われると思います。100%とは言わないでも、多くの方がそんな風に感じられます。(何も特別なことはお話してはいないのですが・・・)受講をきっかけに自主練が出来るようになれば、そんな頻繁 [続きを読む]
  • 暫くはゲレンデを潤すほどのまとまった雪はなさそうです(X_x)
  • 一昨日の雪は長野県内にはさほどの恵みとはなりませんでした。新潟中越地方の山間部でそこそこマトマッタ雪となった模様で、お馴染みさん情報ではかぐらでは昨日暫定OPENとか。ですが、今回の冬型も長続きはせず、向こう一週間も甲信越地方にまとまった雪をもたらすほどの強い冬型は期待できそうにもありません。11月30日から12月1日にかけて一時的に弱い冬型の予想です。ですが、長野での最高気温が10度程度では、寒気 [続きを読む]
  • 幻の泡波をのんだくれる会 〜オフシーズンはにっぽん南東端へ
  • 間もなく我が家はオフシーズン。12月3日から、12月18日までの間はお休みをいただきます。そこで出かけます。少しずつ貯めたマイルを使って。最南端は八重山諸島最北端はとりあえず旭川〜網走の線最東端は納沙布岬を目指します。南北を結ぶのは国内最長距離フライトのANA便。国内線なのに、3時間越。八重山の最遠の地は鳩間島北海道の最遠の地はやはり納沙布岬この2点間の距離は約3000km。ヨーロッパ大陸に当てはめ [続きを読む]
  • 是非この方の話を聞いてみたいと思う
  • この業界には名物インストラクターと呼ばれる人があまた存在します。そんな中でもこの方には是非一度お目にかかってみたいと思っています。不調改善トレーナー森脇俊文の「QOL向上委員会」かつて話題沸騰した、これらの新聞記事に対し、自らの地位や立場を顧みることなく(?)正面から解説し、大変話題になったこともありました。 強大な権力をもつ団体ゆえに、多くの人たちが右向け右。この教えが、いわば「推奨」、かつひと [続きを読む]
  • 長野県はリンゴの王様「サンふじ」の収穫真っ最中!
  • 紅葉がほぼ終わり、周囲は「サンフジ」の季節です。毎年「つがる」にはじまり、秋映、シナノスイートと出回る品種が移り変わり最後に「サンフジ」でフィナーレを迎えます。云わずと知れたリンゴの一種ですが、数あるリンゴの中で、この品種だけは特別です。保存の仕方によって来春以降も日持ちするという品種特性もあり、生産量は断トツNo.1.しかし、何よりも味、香り、食感の良さは他の新種の追随を許しません。毎年この時期 [続きを読む]
  • スキー雑誌の解説が何故役に立たないのか?
  • 4−5年前までは熱心にスキー雑誌、いや、「検定スキー雑誌」を買いあさり、技術向上の役に立てるべくあれこれ試行錯誤してきました。しかし最近ではコブ特集が組まれた号以外はなかなか手に取り買い求めるということが少なくなってしまったというのが正直なところです。そもそも読んでもその内容を理解することが非常に困難であるということが前提にあります。基礎スキー雑誌のイケないところは、相当高いレベルの技術を持った人 [続きを読む]
  • 11月15日現在の最新予約状況です
  • 紅葉はほぼ終わりました。昨日は長野県ユースホステル協会主催の研修旅行で、信州二大秘境と称される、下伊那の下栗の里へ一泊旅行。長野県は広く、実に多様性に富んでいるということをあらためて実感した旅でした。遠くにそびえる南アルプス聖岳。さて、本日11月15日現在の、開講から1か月先までの最新の予約状況です。(数字は予約実数、定員は7名様です)*予約の入っていない会期については、プライベート講習も承ります。 [続きを読む]
  • オフトレ@戸隠古道 旅の終わりは新そばで。
  • 先日の日曜日は戸隠古道ハイク。11月最後のあるく行事で、6名様をご案内してきました。もちろスキーのオフトレも兼ねています。8:15頃に木島平を出発、上信越道で信濃町まで走り、そこから戸隠中社まで。まずは中社で参拝し、道中の安全を祈願。次に宝光社へ向かいます。同社殿吉田高校戸隠分校脇を経て古道メインストリートへ出ます。一の鳥居を経て、そこから一気に高度を下げて。。。。芋井軍足芋井地区はりんごの里。急 [続きを読む]
  • 木島平スキー場の刈り払い作業
  • 昨日は暖かな一日でした。いつもの4.5kmコースをランニングしましたが、暑さのあまりに記録は低調。国頭トレイルラン大会まであと一か月となり、さらに調子を上向きにもっていきたいところです。さて今日は晩秋恒例のスキー場刈り払い作業に出てきました。テニスコートのある広場に集合し、軽トラや1トントラックの荷台に乗せられゲレンデを登ります。草刈りはおもに機械の入りにくい隅っこや急斜面。この日は第二リフト横に [続きを読む]
  • これをやれば、コブでブレーキがいかに重要かを体感することができます
  • コブ斜面をいかにして上手に滑るか?世に出回るメディアはあれこれ枝葉末節な振り付け指導にはしりがちですが、その大元となる部分はただひとつ。いかにしてブレーキを掛けるかということに尽きます。ブレーキといえばいいものを、業界人は「スピードコントロール」などという横文字でカッコつけ、最近では「速度制御」なる言葉を作り出し広めようとする関連団体のボンクラぶりは相変わらずであります(^^)著名スキーヤーの中で [続きを読む]
  • スキーヤーさんとオフトレ@信越トレイル
  • 冬シーズン以外ではもっぱら信越トレイルガイドとして足しげく山へ通う私ですが、11月2日〜4日まで、今季最後の山歩きにお供してきました。11月4日は最終日、セクション6。計4名様の内、1名様は冬は足しげくスキー場に通われるとの由。試しに聞いてみました・- スキーされるとのことですが、ホームゲレンデはどちらですか?- 妙高エリアのXXです。- ジャンル的にはいわゆる基礎スキーヤーさんですか??(おそるおそる [続きを読む]
  • 違う人に習うときはくれぐれもご注意ください
  • 自分で滑って楽しむより、むしろ習うことに喜びを感じる人の多い基礎スキーの世界。レジャーでありながら、ここまでイントラに師事し習いたががる人の多いスポーツもなかなかありません。同じ雪上スポーツのスノーボードとは大違いです。しかも未熟な人ばかりでなく、あきらかに上手い人がスクールに入るという現象は、スキーならではの現象であり、スノーボードの世界にはなかなか見られないこといえます。いわゆる「基礎スキー」 [続きを読む]
  • スキーラックの整備
  • 11月に入りました。少しずつ冬支度が進んでいます。まずは薪割。昨秋リニューアルしまして、8畳拡張、大窓のカウンターを設置しました。その区画は床暖房ではないので、ダルマストーブを設置し、その燃料を備蓄しなくてはならないのです。今薪をつくっても、乾燥に時間がかかるので、実際に燃料として使えるのは2109年12月以降。ちなみに今期分はすでに用意が出来ています。そしてスキーラックの調整。恥ずかしながら、当宿はもと [続きを読む]
  • (無題)
  • 11月に入りました。少しずつ冬支度が進んでいます。まずは薪割。昨秋リニューアルしまして、8畳拡張、大窓のカウンターを設置しました。その区画は床暖房ではないので、ダルマストーブを設置し、その燃料を備蓄しなくてはならないのです。今薪をつくっても、乾燥に時間がかかるので、実際に燃料として使えるのは2109年12月以降。ちなみに今期分はすでに用意が出来ています。そしてスキーラックの調整。恥ずかしながら、当宿はもと [続きを読む]
  • 「スキー 上手い 下手」でググると
  • ブログはインスタと違って検索に引っ掛かるのでプロモーションにはうってつけ。ネット界の定説です。かねてより妙な封建主義や、階級主義に首尾一貫して異論を唱える私ですが、スキー 上手い 下手のキーワードで検索すると、ヒット件数60000あまりの中で、この記事が2ページ目に表示されることを発見しました。上手いとか下手とかを安易に口走るスキーヤー2016年の冬に投稿した記事ですが、拍手数は全記事中ナンバーワンの、なん [続きを読む]
  • 10月30日現在の最新予約状況です
  • いよいよ秋が深まってきました。今日野沢温泉に行ったのですが(もちろん温泉入浴のために)、周囲の山はすっかり紅葉が進み、冬の到来が近いことを感じさせてくれました。冬はオージーで賑わう野沢温泉も、グリーンシーズンはひたすらひっそりとしています。比較的同じような温泉場である草津温泉が常に観光客でにぎわう様子とはかなり異質でもあります。さて、開講から1か月先までの最新の予約状況です。(数字は予約実数、定員 [続きを読む]
  • オフトレは山歩き。12月は国頭トレイルランに出場。
  • 特段オフトレというつもりでもないのですが、グリーンシーズンはもっぱら山歩きに精を出すワタクシです。24日には野反湖〜切明を縦断、今日はゲストを米山にご案内してきました。標高1000mにも満たない山ですが、海辺の独立峰として、その姿は際立っています。木島平を8時に出発、国道292から新井、上信越、北陸道を経て柿崎。スタート地点は水野林道登山口です。頂上への道のりは2kmに満たないのですが、標高差は4 [続きを読む]
  • コブにおける進行方向の切り替え
  • 4年ほど前に掲載した記事ですが、多くの皆さんにとって盲点でもありますので、再度図を用いて解説いたします。まずはこれをご覧ください。コブ滑走のスキーの軌道を模式図化したものです。上が谷、下が山です。DVDをじっくり見ていて感じたことがあります。世に出回っているほとんどのコブ解説メディア、そしてコブ指導現場においては画面右下の↑↑↑部分にあたる、ターン中の方法論について述べられています。削る足を突っ張 [続きを読む]