ありおな さん プロフィール

  •  
ありおなさん: 海に、とぷん。
ハンドル名ありおな さん
ブログタイトル海に、とぷん。
ブログURLhttp://arionax.blue/
サイト紹介文「泳げない」アラフォー女子が、スキューバダイビングにハマったキセキ。ダメダイバー日記。
自由文泳げない40代半ば女子が、突然海の魅力にとりつかれてしまう。 海の中には、それまでの人生のアレコレなど、どーでも良くなるほど素晴らしい世界が広がっていた。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 315日(平均2.8回/週) - 参加 2013/12/17 10:39

ありおな さんのブログ記事

  • 大瀬崎 大当たりのダイビング飯 その1
  • また今回も満席で入れなかった・・・。そのお店は、ダイバーで人気の貝殻亭。お昼をとっくに過ぎた時間だけれど、予約なしで入るのがそもそも難しいらしい。◇とぼとぼと貝殻亭をあとにする。しばらく車を走らせると、道沿いに洋館風の建物が現れる。あ、今日は営業中だ。入ってみようか。確か前回は、営業時間外で入れなかったんだよなあ・・・◇そしてこのお店が、今回の大瀬崎diveでの大当たりダイビング飯になった。cafe&地魚 [続きを読む]
  • 東伊豆クローズ!暴風雨の中、大瀬崎で潜ってきた。
  • photo by KENJI instagram◇ダイビングを始めた頃から、相方ケンジと「いつか沈船にデートしよう!」と決めていた。東京からすぐ行ける沈船スポットとなるとやはり熱海だが、沈船に行こうと思うと、何かしら予定が入ったり風邪を引いたりして、結局何故か今だに行けないままだ。そして4月中旬の先日も、熱海の沈船&今の時期しか潜れない小曽我洞窟へ!と決めて予定していたのに、なんとその日は熱海は暴風雨で全面クローズ・・・ [続きを読む]
  • ダイビングを継続できるコツは、「変態」であるということ。
  • ダイビングを継続できるコツは、「変態」であるということ。我ながら、大きくでたタイトルだと思う(笑)。◇私は相方ケンジに初めて会った時、「私、変態なんですよね。」と自己紹介をした。そして、「きっと、あなたもそうですよね?」と続けた。目の前のこの男は、間違いなく「変態」だ。そう確信していたからだ。そしてその読みは的中していたから、今がある。◇ここでいう「変態」とは、アングラ的傾向があるというのではなく [続きを読む]
  • セブ島 またお世話になりたい!ダイビングショップ
  • photo by KENJI instagram ◇今回、セブのダイビングで利用させてもらったダイビングショップはここ↓エメラルドグリーンジンベイザメツアーから始まりアイランドツアーに至るまで、二日間まるまるお世話になった。こちらのショップで潜ったポイントは、<1日目>・オスロブ ジンベイポイント ・スミロン サンクチュアリポイント ・ガードハウスポイント<2日目>・ヒルトゥガン島 サウス ・ヒルトゥガン島 ノースやはり透明 [続きを読む]
  • セブ マクタン島・ダイバーのためのホテル Kontiki Marina & OXYGEN その2
  • photo by KENJI instagram◇今回滞在したKontiki Marina コンティキマリーナには、表通りから海に向かって奥まった位置にあった。しかもそのホテルに続く道は舗装されていなく、といっても、日本のそれよりもはるかに悪路で、車に乗っていると思わず苦笑いしてしまうほどだ。雨が降ると巨大な水溜まりができ、通りに出るために歩いただけで、お尻まで泥まみれになった。◇そんなホテルの敷地内に、OXYGEN(酸素)という、フィリピン [続きを読む]
  • セブ島オスロブ ジンベイザメポイントでダイビング!ーその2
  • →セブ島オスロブ ジンベイザメポイントでダイビング!ーその1 の続き海へ飛び込んだ後、潜行ロープをつかみゆっくりと降りていく。あれ?あんまり透明度良くないんだな・・・勝手に「セブ=透明度バツグンの海」をイメージしていたのだが、感覚で8〜10m前後といったところだろう。◇よくよく周りを見渡すと、ゲスト5人に対して同じくらいの数のスタッフが周りを囲むように泳いでいた。そのチームでジンベイザメを目がけて泳 [続きを読む]
  • セブ島オスロブ ジンベイザメポイントでダイビング!ーその1
  • 今回、三泊四日でセブ島にダイビング旅行をしてきたのだけど、そのメインはやはり、オスロブでのジンベイザメウオッチだ。私たちにとっては、初めてのセブ!美ら海水族館にも行ったことのない私は、初のジンベイザメとのご対面に、期待が膨らむ。宿泊はマクタン島内。送迎車のピックアップは、なんと朝4時半前だった。早すぎる…◇迎えに来たのは、12人位乗れるTOYOTAのバンだった。この車に長時間乗るため、乗り心地が非常に気に [続きを読む]
  • セブ島オスロブ ジンベイザメポイントでダイビング!ーその1
  • 今回、三泊四日でセブ島にダイビング旅行をしてきたのだけど、そのメインはやはり、オスロブでのジンベイザメウオッチだ。私たちにとっては、初めてのセブ!美ら海水族館にも行ったことのない私は、初のジンベイザメとのご対面に、期待が膨らむ。宿泊はマクタン島内。送迎車のピックアップは、なんと朝4時半前だった。早すぎる…◇迎えに来たのは、12人位乗れるTOYOTAのバンだった。この車に長時間乗るため、乗り心地が非常に気に [続きを読む]
  • ダイビングの功績 ー 取り柄がなくてもいいじゃないか。
  • 一応私は、建築業界の営業マンの端くれである。工事現場に出入りし、完全に男性に混じり仕事をしている。経験が豊富とは言えない、愛想がいい訳でもない女の私が生き残っていくには、やはり知識で勝負したいところだが、付け焼き刃の知識で太刀打ちできるほど、建築の世界は甘くない。それでも自ら追い込む癖なのか、見えない楯を目の前に置いているつもりで敢えて厳しい世界に身を置いてしまっている。 今に限らず、今までの人生 [続きを読む]
  • 沖縄 宙に浮いたダイビングフラッグ その1
  • 北海道出身の私は、日本の最南端の県である沖縄に、人よりも相当強い憧れを抱いていたのだと思う。ライセンスを取得してから、機会があれば沖縄の海にすぐにでも潜りたいと思っていた。そしてアドバンス(AOW)取得したのをきっかけに、相方ケンジと沖縄の海を潜ってみよう!と盛り上がり、予約した。やったーー!! ついに沖縄!・ところが。沖縄旅行が数週間後にせまったある日、相方ケンジが、なんと仕事中足の指を骨折するとい [続きを読む]
  • 沖縄 宙に浮いたダイビングフラッグ その1
  • 北海道出身の私は、日本の最南端の県である沖縄に、人よりも相当強い憧れを抱いていたのだと思う。ライセンスを取得してから、機会があれば沖縄の海にすぐにでも潜りたいと思っていた。そしてアドバンス(AOW)取得したのをきっかけに、相方ケンジと沖縄の海を潜ってみよう!と盛り上がり、予約した。やったーー!! ついに沖縄!・ところが。沖縄旅行が数週間後にせまったある日、相方ケンジが、なんと仕事中足の指を骨折するとい [続きを読む]
  • 東伊豆のおすすめダイビング飯 ー その1
  • ダイビングそしてログ付けが終了し、さて帰ろうという時、相方ケンジが決まってインストラクターさんに聞くことがある。「この辺にオススメのご飯屋さん、ないですか?」現地の方オススメの、東伊豆でのダイビングの帰り道に立寄ったお店の記録を3つほどあげてみる。・味くらべ 網代の地魚を堪能できる、国道沿いにある人気店。生け簀からでてくる新鮮なお魚の定食、料理がメイン。周りを見てると大きな桜海老のかき揚げを注文して [続きを読む]
  • Divemateを使ってみた。ー ドイツ製デジタルログブック
  • ダイビング系の小物に目がない相方ケンジが、最近嬉々としていじっているヒット商品ははこれ。Divemate Fusion IRというドイツ製のデジタルログブック。このUSBメモリみたいな本体の赤外線インターフェースでダイブコンピューターを読み取り、スマホやPCで専用アプリでのデジタルログブックとして記録するアクセサリーだ。デジタルデータのいいところは、一緒に写真も登録できるから、ビジュアル的にも楽しめる。ちなみに私が使 [続きを読む]
  • Divemateを使ってみた。ー ドイツ製デジタルログブック
  • ダイビング系の小物に目がない相方ケンジが、最近嬉々としていじっているヒット商品ははこれ。Divemate Fusion IRというドイツ製のデジタルログブック。このUSBメモリみたいな本体の赤外線インターフェースでダイブコンピューターを読み取り、スマホやPCで専用アプリでのデジタルログブックとして記録するアクセサリーだ。デジタルデータのいいところは、一緒に写真も登録できるから、ビジュアル的にも楽しめる。ちなみに私が使 [続きを読む]