masa717h さん プロフィール

  •  
masa717hさん: 野球好き塾講師のブログ
ハンドル名masa717h さん
ブログタイトル野球好き塾講師のブログ
ブログURLhttps://yoyuuha.exblog.jp/
サイト紹介文日々の雑感、ライオンズのこととかTOEICとか塾のことなどを書いています。
自由文不定期ではありますが更新していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/12/17 23:34

masa717h さんのブログ記事

  • 夏期講習中間報告 〜人手足りなくて夏
  • ブログの記事すっかり放置して更新を怠っていましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか。というか、夏期講習まっただ中のこの時期に記事を講師すると予習する時間が取れなかったり睡眠時間がとれなくなるので放置せざるをえなかったというのが正解ですね。以前の記事にて去年は夏期講習の189コマ担当したと書きましたが今年は確実に200コマ超える勢いで授業をし続けてようやく前半が終わったところです。7月の問... [続きを読む]
  • 大切なことは『ドカベン』が全て教えてくれた
  • しばらく更新を放置してしまっていたので、だいぶ時間が経ってしまいましたが秋田書店の週刊少年チャンピオンにて連載されたいた『ドカベン』スーパースターズ編が最終回ということで、今回は『ドカベン』について書いてみたいと思います。出会いは文庫本そもそも僕の世代とは『ドカベン』は少し世代がずれているのですが、僕が『ドカベン』を知るきっかけとなったのは、文庫本です。病気で入院していた兄の退屈しの... [続きを読む]
  • ノート指導について
  • オーナーから講師研修のテーマとしてノート指導をやってほしいというリクエストをもらい、先日それをやったのですが、その資料を作るにあたって過去に自分が作ってきたノートを見返していました。※なお、今日はテーマがノートなので写真をとてもふんだんに使います。あらかじめご了承ください。俺が過去に作成したノートで、最もダメなノートがこれ。これ、代ゼミで浪人していたときの富田先生の最初の構文の授業。と... [続きを読む]
  • ノート指導について
  • オーナーから講師研修のテーマとしてノート指導をやってほしいというリクエストをもらい、先日それをやったのですが、その資料を作るにあたって過去に自分が作ってきたノートを見返していました。※なお、今日はテーマがノートなので写真をとてもふんだんに使います。あらかじめご了承ください。俺が過去に作成したノートで、最もダメなノートがこれ。これ、代ゼミで浪人していたときの富田先生の最初の構文の授業。と... [続きを読む]
  • 転記ができないお天気やさんな子供たち
  • 先週、今週とで塾のメインとなっている近隣の二中学が期末テスト。前回から、定期テスト対策勉強会を土曜日及び日曜日という二日がかりで行うことにしたので、だいぶ余裕をとれるようになった。とはいえ、休みを二週間連続で潰されるため鋼の14連勤である(意訳:しんどい)まあ、それで生徒の点数が少しでも上がるならというものだろう。前回から英語の勉強会のスタイルを大幅に変えた。数学に比べ英語の苦手な子つま... [続きを読む]
  • 検証 英単語特訓の成果はあったのか?
  • 昨年から取り組み始めた試みとして英単語特訓として一定の水準に達するまでひたすら英単語の小テストを繰り返してというのをちょうど昨年の夏期講習から始めました。英検3級合格者には多少優遇してあげようということで、一定のレベルは免除いう形になっています。それで、検証してみるとだいたい授業の中でもその単語テストを小分けにして小テストってやっていたからかなり高い水準に達しています。英語が少し苦手だっ... [続きを読む]
  • 変わりゆく入試と変わりはてた入試にどう立ち向かわせるべきか2
  • さて、しばらく書くのが面倒くさくて放置していた記事の続きです。この記事を書いているときに、早稲田大学の政治経済学部がさっそく2020年の入試改革を見据えて動き出しました。詳しい内容については触れませんが東大や国立の受け皿と化すだけなんじゃないかなーと個人的には思っています。早稲田って今まで多少英語が苦手であっても国語、社会が得意ならワンチャンあるぞ!と思わせてくれた大学ですが、そんなに英語が... [続きを読む]
  • ICT教材の可能性
  • 先日ネットサーフィンをしたところ、たまたま見つけたCO慶応先生のこの動画流石に中学生が内閣の歴代総理大臣を全て覚える必要はないけれども、この動画総理大臣の写真をきちんと掲載しているので、結構今後の指導で使えるなあと思っています。夏期講習の社会とった子に関しては、この動画見せてあげようと思います。ちなみに昨年吉田松陰が写真で出題されたときに思ったのは、そういえば資料や写真に関する問題を... [続きを読む]
  • きちんと指導できている実感
  • 先日、高2生のハカセ君が英語100点でしたといって答案を持ってきてくれた。この子は、高校に入学してから本当に伸びたと思う。それも2科目総じて英語表現100点コミュニケーション英語98点(ミスは発音の問題だけ)という結果で、もう完全に学校の英語は無双状態。ただ、指導をしているのは相変わらず『コンプリート総合英語』である。基本文法のページは1週終えたので、2週目はエクササイズの実践問題を解かせて... [続きを読む]
  • 変わりゆく入試と変わり果てた入試にどう立ち向かわせるべきか1
  • 埼玉県の高校入試では、上位20校が学校選択問題を導入し、初年度は英語の平均点が70点を超えたことを受け、問題の難易度の大幅に上げて昨年度の試験を実施した。春から、穴が空くくらいに問題を見てきたけど、どうもこの問題に先にあるのは、『4技能』という言葉をテーマにした大学入試改革…。5月から、英語を指導することなったSさん。ちなみに、未来感半端ない『ジーニアス総合英語』の使い方(スマホを使う... [続きを読む]
  • 大学入試の現実
  • 朝日新聞の記事よりコピペ首都圏や関西で最近、浪人生が増えている。大手予備校の浪人生コースでは、 久しぶりに入学制限したところもある。大きな原因になっているのは、 大規模私立大が入学定員を厳格に管理し、合格者数を絞り込んでいることだ。 地方の大学へ学生を誘導しようと文部科学省が進めている政策の結果だが、 思わぬ副作用が受験生を苦しめている。  「過去問を解いた時は合格点が取れていたの... [続きを読む]
  • インパクトのある教え方
  • 先週ぐらいから、教えている中三生たちには形式主語の単元の導入に入った。形式主語について生徒に理解させたい項目は2つ。1英語では頭でっかちの主語を嫌うため、後ろにほんとうの主語があることを確認させること。2もう1つはfor○○という目的格が挿入される場合は「○○にとって」という訳ではなく「○○が〜する」という主語→述語の形で訳すように徹底させる。この説明で最近、昨年まで引き合いに出して... [続きを読む]
  • 夏期講習 ヒーローインタビュー
  • アナウンサー:「えー放送席、放送席。今日のヒーローは昨年の夏期講習期間にて、80分授業×189コマという最多授業を全て見事に成立させた野球好き塾講師さんにおこし頂きました。」(以下、ア表記)野球好き塾講師「恐縮っす」(以下、野表記)ア:「今年も夏期講習期間が近づいてきましたが、体調はいかがですか?」野:「そーですね、まあまあだと思います。意味もなく英語で言うならso-so‐です。... [続きを読む]
  • 指導案巧みに大改造! 劇的 ビフォアーアフター
  • 3月某日 埼玉在住野球好き塾講師さん(32)は、人知れず悩みを抱えていました。その悩みとは…『これほど難化してしまった埼玉県立学校選択問題の英語。…来年度の生徒にどう立ち向かわせるべきか。昨年と同じ指導では、また足元を救われる可能性だってある。年間で何をどこまで彼らに落とし込むべきなのか…』早い話、来年度も大ピンチなのです。9回裏の時点で盤石だったクローザーがまさかの同点ホームラ... [続きを読む]
  • 自己分析って大切だよね
  • 以前中2のある子が書いてくれた以前の定期テストの振り返りの文章。 今回は国語が五教科の中で最も良い点数をとれた。しかし、いつも一番よい点数をとるのが英語だったが今回は最も悪い点数となってしまった。なぜ、英語が最も悪い点数をとったのだろう。原因は2つある。一つ目は教科書を読んだか読んでなかったかの違いではないかと考えている。国語はほぼ毎日読んでいたのに対して、英語は全く読んでいなかった。... [続きを読む]
  • 暗記と音読が軽視されている
  • 個別指導の授業のスタートは生徒が入会してくるタイミングで始めることにしているので、稀に容赦なく次の日は英語の定期テストだというのに初回授業一回目なんていうことがあった。というか、そのパターンが今までに3回ぐらいあった。明日までに何をするかというところで、即効性のある指導を考えると当然試験範囲の単元の『例文暗記』ということになる。「それじゃあ、明日までにここに書いてある例文をちゃんと... [続きを読む]
  • 今年の西武どうしちゃったの?
  • めっきり書いていなかった西武に対しての記事ですが、今年の西武の打線を見ていると10年前の勢いを思いださせるものがありますね。もう、残っているのは栗山と中村だけで、隔世の感が『そして誰もいなくなった」感が否めないのだけれど、点差のついた試合をひっくり返すという勢いに関しては、似ているものを感じるなあ。僕は日本のプロ野球は大好きですが、メジャーリーグは大嫌いです。多分、その理由は日... [続きを読む]
  • 春の魔術+決意したこと
  • 先週の土曜日にて、春期講習が修了しました。受験直前の空気やオーラでピリピリする冬期とは違い、まだ比較的余裕のあり、また学校の授業が止まっている春の間に何をするか(又はさせるか)は大変重要です。国語の増加授業はやらないことにしているので、自分は主に英語のみを指導しました。で、めっちゃ得意って子には先取りをガンガンやらせ、まずまずな子にはしっかり復習をさせ、めっちゃ苦手…がんばってるのに定期テス... [続きを読む]
  • 授業は疑いを持って聞け!
  • 中2、中1の英語を指導していると、たいてい多くの子がやらかすのがI often go to library.みたいな文章が出たときに、ある程度できる子であっても、「私はしばしば図書館に行く」などという和訳を何の疑問もなしに平気でやらかしてしまうこと。おそらく学校の先生も許容してしまうし、誰も疑問に思わないのだろうなあ。辞書に載っている和訳はあえて言うなら冷凍食品のようなものである... [続きを読む]
  • 授業は疑いを持って聞け!
  • 中2、中1の英語を指導していると、たいてい多くの子がやらかすのがI often go to library.みたいな文章が出たときに、ある程度できる子であっても、「私はしばしば図書館に行く」などという和訳を何の疑問もなしに平気でやらかしてしまうこと。おそらく学校の先生も許容してしまうし、誰も疑問に思わないのだろうなあ。辞書に載っている和訳はあえて言うなら冷凍食品のようなものである... [続きを読む]
  • 授業は疑いを持って聞け!
  • 中2、中1の英語を指導していると、たいてい多くの子がやらかすのがI often go to library.みたいな文章が出たときに、ある程度できる子であっても、「私はしばしば図書館に行く」などという和訳を何の疑問もなしに平気でやらかしてしまうこと。おそらく学校の先生も許容してしまうし、誰も疑問に思わないのだろうなあ。辞書に載っている和訳はあえて言うなら冷凍食品のようなものである... [続きを読む]
  • 留学生塾講師!?
  • 「今度また、新しい講師の英語のロールプレイをお願いしたいのだけどね…」4月は人の流れの激しい季節です。うちの塾では、塾講師になるためのステップとして1次でオーナーと面接及び指導科目の筆記試験が必須となっています。そしてオーナーの面接の印象が悪くなく、学力的によほど低くない限りは採用という流れになっています。2次のステップとしては、講師どうしで、ロールプレイをやることになっています。そこで... [続きを読む]
  • 勉強のABCとは当たり前のことをバカみたいになってちゃんとやること
  • 春期講習が始まりました。この時期は塾探しをしている子達が多く、多くの指導者が英語なり、数学なりに対して『一連の正しい勉強の仕方』を示したり、教えたりするような期間ではないでしょうか。中学生なんかを指導していると、今まで我流でやってきたような子たちは、どこか半人前なところがある。指導者側からしたら、そんなの『当たり前のこと』と思われるかもしれないが、その当たり前が彼ら、彼女らにはできていな... [続きを読む]
  • 全ての試験は文を読むことから始まる(AI読みと修辞法)
  • 3月に受けた北辰の結果が返ってきました。昨年の子たちが異様なまでによくできた子たちが多かったですが、今年は従来と同じぐらいのできですね。社会に関しても偏差値40にも満たない子が数人いて、なかなかにまずい状況。昨年も社会が大の苦手だったH君に、集団授業と、夏休みの個別スパルタ特訓で大いに鍛え、夏休み明けの北辰でなんとか偏差値50を超えるレベルにもっていきました。ところで、このH君、英語・国... [続きを読む]
  • 永遠に発展途上
  • 昨日で4期生の進学先がすべて確定しました。残念ながら、今年もまた塾生の全員が合格とはならず、特に自分が担当している生徒の1人が不合格となってしまいました。『負けに不思議の負けなし』の格言通り、結局は最後まで模試の成績が志望校への基準に届かず、「どうしても受けたいというのであればチャレンジしてみなさい」という形でのチャレンジ受験であったため、ある意味この子は厳しいだろうという覚悟はしていました... [続きを読む]