育人 さん プロフィール

  •  
育人さん: 伸る相談事業
ハンドル名育人 さん
ブログタイトル伸る相談事業
ブログURLhttp://19jin.blogspot.com/
サイト紹介文専門家の方を対象とした相談を聴いています。 知識や本の要約、感想から共感を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/12/18 15:27

育人 さんのブログ記事

  • 仕事に求めるものとはなにか
  •  人生80年といわれています。年金の支給額も最近5年後押しになり、余計に働く人々が増えている状況です。そうした働く時間が多い人生の中で、仕事の役割として何を大事にすれば心穏やかに生きることが出来るでしょうか、ここでは何を大事にして仕事人としてどう生きていけばよいかといったことを書きたいと思います。人生80年 人生80年といわれています。明治や戦後のころと比べ医療技術が高まっていて、こと日本に住んでいる人 [続きを読む]
  • 商売を勝負と考えている奴はアホ
  •  ニュースを見ていると毎日毎日大きな会社が不祥事を繰り返し、場合によっては新聞などの報道機関に報道されること無く今日も多くの企業がつぶれています。そうしたつぶれてゆく企業の中で、特に商売において勘違いしているところは無いか、考える必要があります。その例をここでは記し、同じ轍を踏まないようにするにはどうするか、商売において必要なことは何で、それを達成するためには何が必要かといったことを書きます。かつ [続きを読む]
  • 不誠実な人とは付き合う価値がない
  •  世の中には非常に多くの「不誠実なことを良しとする」人が居ます。不誠実な人同士が騙しあって文句を言い合う分には心地が好い部分があるのかもしれません。しかし世の中には「誠実なことを良しとする」人も居て、そうした人にとっては不誠実なことを良しとする人は非常に厄介な存在です。なぜなら約束を平気で守られなかったり、それを破るにしても謝られることなく悲しい思いをするからです。これは私は問題だと思っています。 [続きを読む]
  • 隠居として投資家の役割
  •  僕は「実生活で潔く隠居できるような人、あるいは若者に次世代の受け渡しの出来るような環境」を作りたいです。 なぜなら皆自分の能力の限界があり、そしてその限界は年々広がり、自分の実力以上のことをできる(特に若い)人については応援する行為をすることが重要なのかもしれないと考えるからです。 近年ではインターネットが盛況で現場第一線で頑張っておられる方の情報は簡単に手に入ります。僕以外の第一線で頑張ってく [続きを読む]
  • 他人の行動を促すには自分がリスクを負う
  •  経営など他人を巻き込んで行動するには自分がリスクを負う必要があります。リスクを負えない行動は相手を納得せしめるだけのアイデアや考えが浮かんでくることはない気がしています。確かにリスクを負う事自体が怖かったり、そこまでの義理はないと考えられることもあるかもしれません。しかし自分のリスクを負えないと相手に「良さ」は伝わりません。そこでここでは相手に紹介する場合においてリスクを負う大切さ、必要性、リス [続きを読む]
  • 他人に奢る良い効果 その2
  •  前回は他人に奢る効果を書きました。今回はさらに先、おごり続けるとどうなるか、すなわち「一回のおごりで副次的に得られる効果」と、「連続的に奢ることで得られる効果」とを書きます。今回のことから一回だけでなく複数回奢り続けることで一人でも多くの方がより多くの方に連鎖し、どんどん幸せになる可能性が増えます。そこでここでは奢ることでそれぞれ得られる効果を書きました。一回の奢りで副次的に得られる効果精神的に [続きを読む]
  • 不誠実は不幸の一歩
  •  いいことばかり言って何もしない人、言っていることとしていることとに矛盾のある人、そのような自分や他人の心に素直に向き合えない「不誠実」な人は世の中たくさんいます。そのような人はそのような人で自分が満足なら問題ない部分はあるでしょうし、ほうっておいてくれと思われる言われるならばあえて無理してこちらの考えになってくれと思っていることはありません。しかしその不誠実さを持っていると、口先だけでしかいいこ [続きを読む]
  • 「人を動かす」には「いう」より「する」
  •  大学教授や著名な有名人など、世には「偉い人」が多いです。彼らの中には確かに「聞こえはいいこと」を多く言うし、「もっともらしい意見」や戯言を言う人が居ます。そうした人は実践していない人にとっては自身の体現者であると同一視したり、あるいは評論家をヒーローと思われることはあると思います。 しかし実際に工数や金を出して行動している実践者は評論家よりは何倍も、何十倍もあるいは何百倍も評価されるものであると [続きを読む]
  • 雑用は抜群に美味しい仕事である。
  •  四月に多くの学生が社会人として会社に入社し、5月のGWを終えてようやく本格的に仕事をしはじめようという頃だと思います。そうした状況において新入社員にとって一番問題となるのが、仕事の内容として「雑用」をさせられていることに対する不満です。この「雑用への不満問題」を乗り越えられると、その後の社会人生活がばら色のように楽しくなっていきます。そこでここでは仕事について雑用の意味と、それをどう気持ちを切り替 [続きを読む]
  • 規則・法律・教義は使ってなんぼ
  •  マルチ商法や新興宗教など何かしらの「信仰」を元に、信者の資産を吐き出させ組織存続に当てたり、経営者や上位階級の人が有利になるよう働きかけることはあります。 それ自体は悪いことではありませんし、信者の方もそうした行為をすることで満足するなら、それはそれでまったく問題のないことだと言えるでしょう。クローズドな世界でわいわいすることは会社の中や学校サークルの中でも結構ありますし、そうしたことのあること [続きを読む]
  • 飲み会食事会で「奢る」と言って奢ると得
  •  サービスを無料で提供して情報を得るグーグルという企業があります。グーグルのサイトだけでなくユーチューブのサイトも同じように、無料で動画を視聴できたりアップロードできます。無料でそうした高性能のサービスを利用できる分にはラッキーと思えます。しかし「ただほど高いものはない」ということわざのあるように、無料でサービスを得ることで個人情報といった大事なものを失ってしまう可能性のあることは認識しておいたほ [続きを読む]
  • 自分の言ったことくらいは守ろうぜ
  •  今日もまた約束をして守られずに待ちぼうけを食らった私です。別にこのまま騙され続けても悪いことではないと思っています。しかしこれが続くと悲しいです。このような悲しいことが続かないように今回はそうした「自分で言ったことを守ったほうが良いであろうこと」を書きます。これを読んでくれるあなたが自分の言ったことを守ることで私はそれを後押しします。 よく他の人と約束をしますが、その中でも特に自分の言った事は守 [続きを読む]
  • 自分を強く見せたがることとそれへの対処
  •  自分もそうなのかもしれませんが、身近にも多く強く見せたがる人が居ます。そのような方はそのような方で自分の中にとどめておいていただければそれに越したことはないのですが、多くの場合他の人にもそれを押し付けてしまい嫌な気持ちになりがちです。私はこれは問題だと思っています。そこでここではそのような自分を強く見せるような人に対して何を理解してもらったらよいか、もしくは自分が強く見せようとしている場合にとっ [続きを読む]
  • 免許更新と精神疾患
  •  先日、免許の更新に行ってきました。そこで、なかなか精神疾患の理解についてなされていないことに疑問を持ちました。間違ったことを間違ったまま公の目にさらすとさらに悪い方策を打ち出しかねません。これは問題だと思っています。そこで特に今回はここでは精神疾患に関する免許証の取り消しについて書きます。 てんかんはかつて栃木県の事故や京都市四条通の事故などを通してマスコミに報道され、運転する際に危険な病気であ [続きを読む]
  • 企画案・こんなことがしたい
  •  私は精神保健福祉士として活動していますが、より人の生きることを考えてゆきたいと考えています。私も人間で、いずれは死んでしまうので私は死ぬ前に多くの人に考えを残してゆきたいです。あるいは生きている間に一人でも多くの方に打ち込める夢や生きる希望を持って欲しいと考えます。なのでその手段としてソーシャルワーク、勉強会、講演会を企画したいと考えています。目的 私が勉強会を企画するのは具体的には転職や就職を [続きを読む]
  • 新宿平日夜開催 自分が満足する「得意なこと」発見講座
  •  2018年2月19日に新宿平日夜開催 自分が満足する「得意なこと」発見講座を開催する予定です。自分の得意なことが見出せずに満足していず、自問自答している若者やご年配の方を対象に、会話を通して得意を見出す発見講座を開催したいと考えています。 背景と目的  自分の得意を考える機会は改まって考えてみると少ないです。一方社会では、これまでより、より自分の得意なところや強いところが求められてきています。 そうした [続きを読む]
  • 言葉と行動に責任を持つ方策
  •  自分の言葉を責任を持つことは重要です。さもないと所属組織をつぶしてしまうだけでなく、場合によっては相手を混乱させてしまいます。これは問題です。そこでここでは言葉の責任を持つ重要性とそれを得るための方策を示したいと思います。言行不一致の現状 高度経済成長期のようにすべてが成長路線ならば、自分や相手がどうであっても結局はうまく行くようにできました。例え言葉に責任を持たなくても、言行不一致であっても、 [続きを読む]
  • 察してほしい文化からの成長方法
  •  言わなくてもわかってくれ、察しろ、などといった言葉があります。こうした言葉が交わされる文化はわびさびを味わう意味では素晴らしい文化だったのかもしれません。しかしそれが相手との関係を悪いものにしているものだとしたら問題です。そこでここでは察してほしい文化や言わなくてもわかってくれという文化について異様であることを示すと同時に、それを打開するためにはどうするか考えます。察する文化はわびさびの文化 か [続きを読む]
  • 福祉作業所指導員という仕事
  • 福祉作業所の指導員という仕事があります。この仕事はイメージしにくいかも知れません。ですのでここではどんな仕事か。何が必要かといったことを書きました。どんな仕事をするか 登録している利用者さんと一緒に作業をしながら、その人に何が向いているか、あるいは何が向いていないかを一歩下がった視点で見極めます。  作業の内容は場所によってまちまちですが、畑作業をしたりミシンや針仕事を用いて手工芸を行ったり、ある [続きを読む]
  • 目的と目標を見出す方法
  •  ソーシャルワーカーと言った支援者を含め、仕事の上司なども基本的には裏方の役目です。ですから主役になることなく相手をいかに支えるか、いかに目的を持ってもらうかといったことが重要になります。そこでここではそうした他者を支援する場合に必要とされる目的と目標を見出すための方法を書きました。現状から見いだせる目的と目標 目的を持つには現状を適切に把握することが大事です。日本の言葉には石の上にも三年という言 [続きを読む]
  • なぜ生き方や考え方を考えるか
  •  生き方や考え方を考える必要はないのでしょうか、私はあると思います。現状の不満があるのなら、そしてこれから人口減少によって人あまりの時代が到達することから、今後よりいっそう生き方や考え方を詰める必要があるように思います。そこでここでは生き方や考えることによって何ができ、そうするためにはどうすればよいか、といったことを書きました。生き方や考えを考えることは無駄か 私は生きることを考えることは必要だ [続きを読む]
  • 池袋 高専自慢会を開催予定です。
  •  2018年1月14日の午前午後に東京都豊島区池袋で元高専生・現役高専生・高専関係者による自慢会を開催する予定です。 高専生は特異で高い能力を持ちながら、なかなかそのよさをアピールする場がありません。ですので今回その特異や強みをアピールする会を定期的に開くことで、自分の強さを認識するだけでなく、他人の強さを認識できます。そして社会の多くの課題の克服の達成をすることを目的とします。 いきなり開催しても活発 [続きを読む]
  • 限られた状況をどう生き生かすか
  •  日本という国に生まれてきたり、毎日雨風をしのげることが当然、みなと同じような服を切れるのが当たり前...と思っていたりする。自分で仕事が選べたりすると思うこともある。確かにそのように考えることは、自分に自信を持つ意味で重要なのかもしれない。しかし、どんなに自分が努力しても対処しきれない、「天命に任せる」といったことはある。ここではそうした思うがままにならないことがあることを知り、どう生かすかを記し [続きを読む]
  • 接客業の明日はジリ貧だ
  •  多くの仕事の中で興味深い職業に接客業があります。これは営業などとは違ったお仕事です。そこでここでは接客業と営業とでどこがどのように違うかを示し、特に私が勤めていたビジネスホテルについて説明し接客業を続けていってジリ貧にならないためにどのような考えを持ったらよいかを書きます。根本的な考え:パイの大きさ<パイの分配率 接客業の場合は多くのお客様に「来店していただくこと」が大事です。営業と違ってお客様 [続きを読む]
  • 言い方は内容よりも重要なことがある
  •  凄く素晴らしいことを言っている人がおります。しかしどんなすばらしいことでも言い方ひとつで伝わったり伝わらなかったりもします。それでは意味がありません。それは問題です。そこでここでは言い方についてどのように考えたらよいかひとつの可能性を示します。 内容は良いが言い方のきつい人 人は自分がされてきたことをしてしまうといった再生産は良くなされます。(たとえば貧困の再生産)言い方についてもそれが言えるこ [続きを読む]