h_msk さん プロフィール

  •  
h_mskさん: 大学コミュニケーターBLOG
ハンドル名h_msk さん
ブログタイトル大学コミュニケーターBLOG
ブログURLhttp://daigaku-commu.blogspot.jp
サイト紹介文“大学コミュニケーター”として活動する花岡正樹が、大学の地域貢献や入試広報の取り組みを紹介します。
自由文大学の面白そうな取り組みを社会に伝える“大学コミュニケーター”として活動する花岡正樹が、大学関連のネタをまとめたブログです。主に大学の地域貢献と入試広報について取り上げています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/12/19 23:24

h_msk さんのブログ記事

  • 非日常から日常へ、生活に役立つ大学というアプローチ(筑波大)
  • 昔の大学のキャンパスは、一般の人が立ち入りにくい雰囲気があったのですが、今はだいぶ入りやすくなりました。それどころか足を運んでもらうために、大学博物館で企画展を開催したり、市民向けのセミナーを開講したり、興味を持ってもらうきっかけをつくるのに力を入れています。今回、見つけた筑波大学の取り組みも、広い意味ではこれらと同じカテゴリに入る取り組みです。でも、視点がちょっと違っていて、こういうアプローチも [続きを読む]
  • マスコミ視点で考える、重宝したい研究者と研究活動(関西大)
  • 研究者のメディアへの取り上げられる方として、最も華々しいのは社会にインパクトを与える新たな研究成果を発表したことによって、というものでしょう。でも、新たな研究を発表しなくても、特定の分野の専門家である研究者は、メディアにとって大切な存在です。とくに、かゆいところに手が届くというか、マスコミが表現したいこととマッチする研究をされている方は、だいぶ重宝されているように思います。以下、大学プレスセンター [続きを読む]
  • RA協議会第4回年次大会のパネルディスカッションに登壇しました!
  • 9月19日に開催されたRA協議会第四回年次大会のプログラムの一つ「URAが担う大学・組織・研究のブランディング」に登壇させてもらいました。大阪大学の岩崎さん司会のもと、京都大学の白井さん、関西大学の舘さんとディスカッションをさせてもらいました。外部から大学(とくに大学広報)を見たときの、お金、発注、人材、体制などのこういう部分を変えたらもっとよくなるのでは……的なことを好き勝手しゃべらせてもらい、とてもす [続きを読む]
  • ナイーブで扱いにくい個人の意見をどう使うか?学生視点の大学評価の落とし穴
  • 何かしらのものやサービスを購入するとき、表と裏ではないですが、オフィシャル情報とユーザー情報の二つの情報をもとに判断するというのが、今のメジャーなやり方なように思います。SNSや口コミ掲示板など、ユーザーからの情報を簡単に手に入れられる環境が整ったことが関係しているのでしょう。この趨勢(?)に乗っかってか、文科省でも学生視点、つまりユーザー視点の情報収集と発信に取り組む動きがあるようです。以下、YAHOO [続きを読む]
  • 昨日の敵は今日の友!? 学生募集で大学間の協力はありえるのか?
  • 今後18歳人口が減り続けていくことを受け、大学ではあの手この手で対策をしようという動きが活発化しています。今回、見つけた「ちば産学官連携プラットフォーム設立」も、まさにこういった動きの一つでしょう。規模感のある取り組みなので、今後の大学業界の行方を占ううえでも無視できないもののように思います。以下、リセマムより。ちば産学官連携プラットフォーム設立、淑徳大学など11校が結集 千葉県内の千葉市や市原市にあ [続きを読む]
  • 伝えたいのは情報よりもロマン!?高校生の憧れに応える説明会
  • 受験生にとって、知りたいことが大学そのものなのであれば、オープンキャンパスは打って付けのイベントです。しかし、学びたい分野がすでにあって、それに適した学部を探しているのであれば、オーキャンだけでは不十分です。学びたい分野を学べる大学をピックアップして、複数を見比べないといけません。では、そもそも漠然とした興味しかなくて、それがどんな学部に落ちるのかがわからないとき、どうやって情報収集するのがいいの [続きを読む]
  • 異質な授業!? 自校教育の役割と魅力を考える
  • 大学の歴史や建学の精神、創設者の生き様などについて伝える教育を、自校教育といい、これに力を入れる大学が一定数あります。正確な数はわからないのですが、それでも体感的にはじわじわと増えてきているように感じます。私が普段から情報収集でお世話になっている大学プレスセンターを見ていると、今週だけで立て続けに4件も自校教育のプレスリリースが載っていました。以下、大学プレスセンターより。【1件目】 京都産業大学の [続きを読む]
  • 意識せずにはいられない!? オーキャン界の銀河系軍団(近大)
  • 近畿大学の取り組みは、これまでにもあれやこれやとたくさん取り上げてきましたが、今回も懲りずに取り上げます。今回、紹介するのは、近大のオープンキャンパス。大学案内や入学式にも通じるところがありますが、この大学がやると、どれもエンタメ性がすごい!受験生がどうやったら振り向くかを、よくよく心得ているような気がします。以下、大学プレスセンターより。仮想通貨を運用した謎解きイベント開催! -- 近畿大学 近畿大 [続きを読む]
  • 脇役が輝く1日で、オーキャンにさらなる深みを(拓殖大)
  • オープンキャンパスで何を伝えるべきか、どう伝えるべきか。ちょうど今がオープンキャンパスの告知ツールをつくる時期ということもあり、大学の職員さんたちとたびたび話しをします。そのなかで、職員さんたちから感じるのは、内容がマンネリ化していて何かを変えたい、というほわっとしたニーズです。実際のところオーキャンにはプログラムとして外せないものが多く、簡単に変えられないからこそ、こういうニーズが出てくるような [続きを読む]
  • 反則タックル事件で、日大がやったことと、これからできること(日本大)
  • ここ最近、連日のようにニュースで、日本大学アメフト部の反則タックル事件の報道がされています。記者会見で司会をした日大の広報職員が、日大ブランドは落ちないとなぜか明言していましたが、大きく落ち込むことは必然です。それどころか、入試広報(受験生向け広報)、大学広報(ブランド広報)ともに、それぞれ理由は違うものの、落ち込んだ信頼を回復させるのには、並大抵な努力では難しいのではないかと思います。以下、YAHO [続きを読む]
  • 大学経営にも影響する!? 大学は保護者の熱量にどう向き合うか(関西大)
  • 内定先企業が就活生の親に就職の承諾を得る「オヤカク」などに象徴されるように、昔に比べて学生が親から受ける影響は大きくなっています。これは学生が親を頼るにようになったから、というのもあるかもしれませんが、それよりも子どもに興味をもつ(干渉したがる)親が増えてきたからというのが原因として大きいように思います。そして、この親たちの興味や心配にどう応えるかは、大学にとって腕の見せどころです。以前、近畿大学 [続きを読む]