tato さん プロフィール

  •  
tatoさん: 幼児の通信教育・家庭学習教材比較
ハンドル名tato さん
ブログタイトル幼児の通信教育・家庭学習教材比較
ブログURLhttp://xn--vuqt8a920a4ugf20bblt.com/
サイト紹介文幼児向けの通信教育・英語教材・家庭学習教材などの情報サイトです。
自由文こどもちゃれんじ、Z会、ぷちドラゼミ、ポピっこ、すてっぷなど、楽しく学び子供の成長を助けてくれる通信教育、英語教材、各種教材でご家庭で良い学習環境を!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/12/20 17:04

tato さんのブログ記事

  • 『ポピっこ』の「Kids English」がスタート!
  • <『ポピっこ』の「Kids English」がスタート!>大人気の幼児通信教育『ポピっこ』では、英語教育の需要の高まりにこたえる「ポピー Kids English」が2019年4月より開講します。基本教材と別の学習システムになり、「ポピー Kids English」だけで受講をすることもできるので英語教育に関心がある家庭はチェックをしておきましょう。小学校の英語の授業に対してスムーズに取り組むことができるように土台をつくることを目的にして [続きを読む]
  • 『Z会』の資料請求キャンペーン情報【2019年度コース】
  • <『Z会』の資料請求キャンペーン情報【2019年度コース】>『Z会幼児コース』の2019年度版教材の資料請求のキャンペーン情報。2018年も終わりに近づき、すでに次年度の2019年度版の教材・コースの申し込みが始まっています。しっかりと受講を検討するためにも、まずは資料請求をして教材のシステムや学習の流れ・教具構成など総合的に『Z会』の事を知っておきましょう。資料請求をすることで意欲・表現力・思考力を伸ばす「好奇心 [続きを読む]
  • 満足度が高い『Z会幼児コース』
  • <満足度が高い『Z会幼児コース』>前回(2018年満足度調査の最優秀賞は『こどもちゃれんじ』)の記事内でも紹介しましたが、2018年度の満足度調査「イード・アワード2018」において幼児向け通信教育教材の満足度調査の結果が発表されました。最優秀賞(総合満足度)は『こどもちゃれんじ』が受賞しましたが、部門賞を数多く受賞したのは『Z会幼児コース』。毎年安定して利用者の評価が高い通信教育なので、今回の調査結果の部門賞 [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ』2018年度12月特大号!
  • <『こどもちゃれんじ』2018年度12月特大号!>『こどもちゃれんじ』の12月号は毎年「特大号」となっていて、みんなが大好きなクリスマスBOXでお届けしています。子供へのクリスマスプレゼントとして楽しい学びをしてみてはいかがでしょうか。12月はクリスマスや年度末など季節をとても感じることができる月です。さらに新しい年を迎えるにあたり新しいことをはじめようと考えている家庭も多いと思います。これから先の未来につな [続きを読む]
  • 『ポピっこ』の2018年12月号のテーマ!
  • <『ポピっこ』の2018年12月号のテーマ!>『ポピっこ』の2018年12月号の各コースの取り組み内容など。2018年も最終月となります。平成最後の年として来年の5月には皇太子さまの新天皇即位が決まっており、新しい元号へと移行します。それほど幼児期の子どもたちには実感もないと思いますが、歴史の大きな変化・区切りとなる年になると思うので家族で話をしてみるのもいいと思います。さて、12月号ではみんな大好きな「クリスマス [続きを読む]
  • 親子で楽しく学べる通信教育
  • <親子で楽しく学べる通信教育>幼児期は親子のコミュニケーションをとりながら幼児教育を家庭で進めていくことが基本だと思います。通信教育でも親子で一緒に取り組んでいくことを前提にしている教材がほとんどで、丸つけだけでなく一緒に考えたり体験したりしながら楽しく学んで成長していくことができます。幼児期は親が見本となり生活習慣や言葉などを覚えていきます。楽しい通信教育を一緒に取り組んで、自己肯定感の成長や安 [続きを読む]
  • 考える力を育みたい!通信教育選び
  • <考える力を育みたい!通信教育選び>2020年度から新しい学習指導要領に改訂をされ、少し乱暴な言い方ですが従来の知識や技能の習得だけでなく思考力・表現力・判断力なども含めた幅広い能力を伸ばしていく教育になります。覚えた知識を組み合わせたり考えて活用していく能力、さらには英語も教科化になるので幼児期から英語に触れていきたいと考えている家庭も多いと思います。もちろん幼児期は学習というよりも楽しみながら多様 [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ』の思考力特化コースで伸びる力
  • <『こどもちゃれんじ』の思考力特化コースで伸びる力>『こどもちゃれんじ』の年中向け「すてっぷ」、年長向け「じゃんぷ」では、従来の総合的な取り組みができる「総合コース」と、より深く考える取り組みができる「思考力特化コース」のどちらかを選んで学んでいくことができます。「思考力特化コース」は名前のとおり幼児期から思考力の土台をつくっていく取り組みができるコースで、基本的にはワーク教材や考える遊びができる [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ』12月号で年長さんは国語・算数学習の準備
  • <『こどもちゃれんじ』12月号で年長さんは国語・算数学習の準備>年長さんは小学校入学に備えた入学準備をはじめて、幼児期から児童期への成長をしっかりと通信教育でサポートしていきましょう。各通信教育教材で、年長コースの後半は入学準備をはじめていくカリキュラムが組まれていて、初めて学びに触れる年長さんでも無理なく入学準備をすることができると思います。通信教育の代表的な教材の『こどもちゃれんじ』では、年長コ [続きを読む]
  • 『Z会幼児コース』2018年11月号の教材内容!
  • <『Z会幼児コース』2018年11月号の教材内容!>秋も深まり大分過ごしやすくなってきました。『Z会幼児コース』の8月号では、各コースごとに年間のカリキュラムに基づいた学習をすることができ、その中に秋をテーマにした題材や学習などが盛り込まれています。秋を感じながら楽しく体験学習をしたり、年長さんでは小学校に向けた準備など年齢に応じた成長ができる取り組み。深まる秋を学びの秋にしてみましょう。2018年8月号の注目 [続きを読む]
  • 『ポピっこ』の2018年11月号のテーマ!
  • <『ポピっこ』の2018年11月号のテーマ!>『ポピっこ』の2018年11月号の各コースの取り組み内容など。秋も深まり徐々に年度末に向けて季節は移り変わる11月。季節や日本の伝統などを感じながら学ぶことができる『ポピっこ』は、秋の遊びを充実させてくれる内容。「勉強をしてみたい!」「色々な事を知りたい!」という子供の意欲にもしっかりと答えてくれる教材。月々980円の受講費で無理のない楽しい学びをはじめてみましょう。 [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ ほっぷ』の「かくちからぐんぐんプログラム」
  • <『こどもちゃれんじ ほっぷ』の「かくちからぐんぐんプログラム」>3歳・3歳の年少年代に対応している『こどもちゃれんじ ほっぷ』では、「かくちからぐんぐんプログラム」で書く力や書きたい気持ちをぐんぐん伸ばしていきます。基本的には「ひらがなの読み」が中心となる年少さんの年代ですが、段々と「書きたい!」という気持ちを育てながら次のステップに進んでいくための取り組みをすることができるプログラム。正しく文字を [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ ぽけっと』(1歳〜2歳)の「知育プログラム」
  • <『こどもちゃれんじ ぽけっと』(1歳〜2歳)の「知育プログラム」>1歳・2歳の年代に対応している『こどもちゃれんじ ぽけっと』では、2018年度の後半期間を利用して「知育プログラム」に取り組んでいきます。言葉の種類が増える年代だからこそ考える力の土台をしっかりと作っていくことを目的にしたプログラムで、自分の目で見て、自分で体験をして楽しい取り組みのなかから成長の芽をしっかりと育てていくことができます。幼児 [続きを読む]
  • 9月の記念日
  • <9月の記念日>9月は長月(ながつき)とも呼ばれます。季節は秋。気温も下がって過ごしやすくなる季節で「運動の秋」「読書の秋」「勉強の秋」「食欲の秋」など様々な呼称があり、何かを新しくはじめたり積極的に行動をしやすい月です。9月の記念日一覧9月の記念日などを紹介したいと思います。9月は様々な記念日が制定されています。主なものを厳選して紹介。1日防災の日、キウイの日、杭の日16日競馬の日、マッチの日2日宝くじ [続きを読む]
  • 『Z会』年長コースの教材別の学習のねらい
  • <『Z会』年長コースの教材別の学習のねらい>園生活では一番お兄さん・お姉さんになり、次年度はいよいよ小学校に入学を控える年長さん。『Z会幼児コース』の年長さん向けコースでは、小学校入学を見据えて幼児期の成長と学びの土台などをつくっていくことができる内容になっています。年長コースの基本となる教材は下記の3教材。・ぺあぜっと&ぺあぜっとi体験学習型教材で毎月10回程度、1回あたり約10分〜60分の学習分量。・か [続きを読む]
  • 『Z会』年中コースの教材別の学習のねらい
  • <『Z会』年中コースの教材別の学習のねらい>グングンと好奇心が伸びていく年中さん。『Z会幼児コース』の年中さん向けのコースでも好奇心を大切にしたワクワクする学びをすることができます。年中コースの基本となる教材は下記の3教材。・ぺあぜっと&ぺあぜっとi体験学習型教材で毎月8回程度、1回あたり約10分〜60分の学習分量。・かんがえるちからワークワーク教材で毎月30回、1回あたり約5分〜10分の学習分量。・ぺあぜっと [続きを読む]
  • 『Z会』年少コースの教材別の学習のねらい
  • <『Z会』年少コースの教材別の学習のねらい>年少さんからはじまる『Z会』の通信教育講座。幼児期から確かな方針で来年・再来年、さらには将来につながる取り組みをしていくことができる教材で、継続して一貫性のある教育方針のもと制作されている教材は受講者の評価・満足度ともに高くなっています。年少コースの基本となる教材は下記の3教材。・ぺあぜっと&ぺあぜっとi体験学習型教材で毎月4回程度、1回あたり約10分〜30分の [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ ぷち』で伸ばす6つの力
  • <『こどもちゃれんじ ぷち』で伸ばす6つの力>『こどもちゃれんじ ぷち』は1歳・2歳に対応したコース。毎日のように成長を感じる年代ですので、日々の生活の中で成長の種をまいていきましょう。体いっぱいを使って運動をしたり、生活面においても一人でできることが徐々に増えてきますので、楽しくコミュニケーションを取りながら褒めて成長を促していきましょう。できることがあれば積極的にやらせたり、ときには我慢をさせるこ [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ じゃんぷ』で伸ばす6つの力
  • <『こどもちゃれんじ じゃんぷ』で伸ばす6つの力>『こどもちゃれんじ じゃんぷ』は5歳・6歳の年長さんに対応したコース。園生活では最年長ですので社会性や自立心など幼児期から児童期への橋渡しをしていきましょう。年長さんは自信を伸ばしていきたい年代でもあります。「できた!」「わかった!」を積み重ねて自信を身につけてさらなる成長を!『こどもちゃれんじ』では、多様な教具と目的が内包されている厳選教材で自信を身 [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ すてっぷ』で伸ばす5つの力
  • <『こどもちゃれんじ すてっぷ』で伸ばす5つの力>『こどもちゃれんじ すてっぷ』は4歳・5歳の年中さんに対応したコース。好奇心や興味の幅がとても広がって、これからさらに伸びるための土台をつくっていきたい年代です。社会性も園生活などを通して成長をしていくことで、相手の気持ちを考えた言動や行動、自分の気持ちを文章で伝えることができるようになってきます。さらにお勉強に対する興味も伸びるので、「ひらがな」「す [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ ほっぷ』で伸ばす5つの力
  • <『こどもちゃれんじ ほっぷ』で伸ばす5つの力>『こどもちゃれんじ ほっぷ』は3歳・3歳の年少さんに対応したコース。園生活がスタートする子供も多く、社会性も伸びていく年代です。お友達との関わりの中で様々な能力が成長するだけでなく、好奇心もグングン伸びて「ひらがな」「かず」等への興味も出てきます。言語の発達も一段と進むので、自分の気持ちや思いなどを相手に伝えたり、喜怒哀楽を言葉で表現ができるようになって [続きを読む]
  • 『こどもちゃれんじ ぽけっと』で伸ばす5つの力
  • <『こどもちゃれんじ ぽけっと』で伸ばす5つの力>『こどもちゃれんじ ぽけっと』は2歳・3歳に対応したコース。この年代向けの通信教育はそれほど多くないので、年少さんになるまえから学びをスタートさせていきたい家庭におすすめ。情操面も身体面もすくすく育っている年代で、自分でできることを段々と増やして自信を身につけていきましょう。いつでも「しまじろう」が一緒。ときにお友達として、ときにライバルとして、ときに [続きを読む]
  • 『ポピっこ』の2018年9月号のテーマ!
  • <『ポピっこ』の2018年9月号のテーマ!>『ポピっこ』の2018年9月号の各コースの取り組み内容など。季節は夏から秋へと移り変わる9月。日本の四季のなかでも「○○の秋」というような季節を表す言葉が多いですね。『ポピっこ』では、各コースごとに季節を感じながら成長を促すことができる内容になっており、9月号でも秋をテーマにした題材がたくさん。月々980円の受講費で学びやすい教材なので、幼児教育のファーストステップに [続きを読む]
  • 『ぷちドラゼミ』の体験談(2018年)
  • <『ぷちドラゼミ』の体験談(2018年)>ドラえもんと一緒に学ぶことができる『ぷちドラゼミ』。知育面や幅広い力をバランスよく育成する「ちえ」の領域の育成にも力を入れている教材で、小学校につながる学びの土台をつくっていくことを目的にしています。いつでも「ドラえもん」が一緒にいてくれるので、より身近に学びを感じながら秘密道具のような副教材なども活用した楽しい学びを進めていくことができると思います。体験談『 [続きを読む]