sachiko さん プロフィール

  •  
sachikoさん: ぴあのレッスン日記
ハンドル名sachiko さん
ブログタイトルぴあのレッスン日記
ブログURLhttp://sachi0112.blog.fc2.com/
サイト紹介文コーチングでメンタル面もしっかりサポート。『自分でできる力』を育てるレッスンをしています。
自由文コーチングとティーチング
http://sachi0112.blog.fc2.com/blog-entry-52.html?sp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2013/12/21 11:11

sachiko さんのブログ記事

  • 指づかいを守る人になるために。
  • 指づかいを守るのが面倒に感じることもありますね。楽譜に書いてある指づかいが最適とは限りません。同じ曲でも出版社によって全く違う指づかいが書いてあるくらいですから、ある程度のレベルまできたら自分に合う指づかいを考える必要性が出てきます。だからこそ、やさしい曲を弾いている段階で指づかいを守って弾いておくことが大事になってきます。他教室から移ってきた生徒で、とにかく自分が弾きやすいと思う指で弾く生徒が数 [続きを読む]
  • 悩む代わりにできること。
  • ピアノに関するアドバイスをしているはずなのに、それをご自身の普段の生活や人生に当てはめて話を聞いてくださる大人の生徒さん達。そんな大人の生徒さん達とは時々 "ピアノを弾かないレッスン" をすることがあります。気がかりなことがあったり、お仕事で失敗が続き気分が落ち込んでいる時など、ピアノを弾くことに集中できないこともありますね。私などは逆に、そんな時こそピアノを弾きます。そこに "やる気" は必要なく、ただ [続きを読む]
  • ピアノが弾ける人だけができる音のプレゼント。
  • 本人やご家族が "お誕生日" と聞くと、その場で「ハッピーバースデートゥーユー」をレッスンしています。先週の土曜日、おばあちゃまがお誕生日だと聞いたので、彼女がハッピーバースデートゥーユーを弾いているところを撮影し、その動画をお母さんに送りました。彼女に初めてハッピーバースデートゥーユーのレッスンをしたのが3月の終わり頃。その時は大好きなぬいぐるみのポンちゃんのお誕生日がもうすぐだというので、一緒に音 [続きを読む]
  • 今日の体験レッスン。
  • 今日は小学4年生の女の子が体験レッスンに来てくれました。ギロック作曲「ソナチネ」から第3楽章を聴かせてくれました。第2楽章はゆったりとしたテンポの曲ですが、第3楽章は対照的に速く、前へ前へと進む感じの曲です。途中でついゆっくりしたくなるところがあるのですが、そこを敢えてテンポを落とさずインテンポでディミヌェンドするのが面白いところ。また、左手五度の重音が連続するところでは腕の重さを使って弾く方法や [続きを読む]
  • 「時」を逃さず引力を使ってスイングバイ。
  • 小学校、中学校の1年生になった生徒たち。毎日がとても楽しそうで嬉しく思います。小学校という世界はすごいなと思うんです。1年生になるとグンと成長するお子さんが多いです。なんと言ったらいいか…目の輝きが変わります。きっと刺激がいっぱいなのでしょうね。そのため、この時期から急に理解力が上がってくるお子さんも多いです。理解力がついてくると「できる」が増えます。できることが増えると「できた」をたくさん経験で [続きを読む]
  • 思考は現実になる。
  • 何度も書いていますが、習い始めの子ども達には楽譜通りに弾かせることをしていません。「自由」に弾いてもらっています。が、今日も言われました。これ弾く〜♪レッスン4回目の女の子。そう言って彼女が指差したのは楽譜にある音符。もちろんそこになんて書いてあるかは既に伝えてありますし、毎回お手本も弾いて見せてはいます。ただ、その通りに弾かせることはせず、たとえ全く違う音を弾いても私は構わず隣で曲を弾いていまし [続きを読む]
  • 3歳女の子、今日からレッスンスタートです。
  • 3歳になったばかりの女の子。今日からレッスンスタートです。お母さんと、そしてちょうどお仕事がお休みでいらしたお父さんも一緒にレッスンを見てくださいました。体験レッスンの時に私が弾いた曲をよく覚えてくれていてとっても嬉しかったです。私のレッスンでは、私が弾くピアノに合わせて好きなように弾いてもらうことから始めます。子どもって面白くて、曲の終わりをちゃんとわかるんですよ。両手でシャンシャン♪と弾いてい [続きを読む]
  • 楽譜上は間違っているわけですが…
  • 先週は祝日でレッスンがお休みでしたので二週間ぶりのレッスン。ひとりでよく練習してきた小学2年生女の子。ピアノの椅子に座るなり「これできたー!」と楽譜を広げ、得意げに聴かせてくれました。が…8分音符が続いている曲なのですが、それを全て付点音符で弾いていたため、なんだかとてもウキウキした雰囲気の曲に。笑確かに楽譜上は間違っているわけですが…こんな感じも楽しそうでいいね〜♪思わずそう言いました。笑本心で [続きを読む]
  • 雨上がりって美しいですね。
  • 雨上がりって美しいですね。門を入ってすぐ左手にある木は「スモークツリー」です。今は小さな黄色い花が咲いています。この後モクモクふわふわになりますのでお楽しみに。その奥にはブラックベリーの花が咲き始めています。この花、可愛くて大好きです。??レッスンのお申し込み・お問い合わせ・体験レッスンのお申し込みはこちらのアドレスまでお願いします。sachikopiano0112@gmail.com??いけはたピアノ教室ホームページはこ [続きを読む]
  • 今日の体験レッスン。
  • 今日は時間に余裕があったので、お二人の体験レッスンをお受けできました。最初のお子さんは3歳になったばかりの女の子。赤い長靴を履いて雨の中を来てくれました。初めての場所、初めての先生。はじめの数分はちょっと恥ずかしかったよね。人見知りなので、とお母さん。いえいえ全然大丈夫。すぐに慣れてたくさんピアノを弾いてくれました。いちばん低い音を弾いて…オバケみた〜い!いちばん高い音を弾いて…かわいい〜一緒にピ [続きを読む]
  • こんな時、お子さんにどんな声をかけますか?
  • 発表会後 一週間のお休みをいただき今日からレッスンスタートです。発表会どうでしたか?◯◯ちゃんにとってどんな発表会だった?はじめてステージで弾いてみてどうでしたか?私の感想は弾いた直後の舞台袖や終演後に伝えているので、一週間経ったレッスンではまずはこんな質問から。楽しかったーー!と言う生徒。緊張したーー!と言う生徒。お母さんがこう言ってた。と言う生徒。あそこのフレーズが弾けなくて悔しかった。と言う [続きを読む]
  • 発表会、お聴きくださりありがとうございました。
  • 雨と強風の予報だった本日、いけはたピアノ教室の発表会でした。ここ数日、たくさんの方から「日曜日は雨ですね〜」と言われるたび「私、本番の日は雨は降らないのできっと大丈夫ですよ!」と答えていました。とはいえ、今朝起きると本当にひどい風と雨。それでもみんながホールに向かう頃にはきっと晴れる!と信じていました。私が出かける少し前、雨も風もピタッと止み、陽まで差してきました。ラッキー過ぎるほどにラッキーな今 [続きを読む]
  • "禁止"の代わりはこれ!
  • 発表会当日のようにお辞儀をしてピアノを弾くという練習をしています。が、弾きながらグランドピアノのアクションを覗く子が数名。グランドピアノは譜面台の位置が高いので、小さいお子さんはアップライトピアノでレッスンをしています。グランドピアノのアクションは習いはじめの時に見てもらっていますが、改めて覗いてみたら…下から次々とハンマーが上がってきたり、弦の上の黒いストッパーはピコピコ上下するし、不思議で楽し [続きを読む]
  • 効果抜群!"弾いているつもりになる"イメージトレーニング。
  • レッスン4回目の小学1年生男の子。「それ、そっちの、ちゃんとしたの弾いてみる。」待ってましたよ、この言葉^ ^レッスンを始めたばかりの子ども達に、私のレッスンでは「弾いているつもりになる」をたくさん経験してもらっています。まぁこれを「めちゃくちゃに弾いている」とも言いますが…笑次はこれ〜!これも〜!と生徒のリクエストに応えているとほぼ楽譜1冊弾いてしまう、ということもよくあります。もちろん楽譜通りにな [続きを読む]
  • "感覚"というものは自分で掴むしかありません。
  • ピアノを弾く時、椅子の座り方がとても大事になります。床に足がつかない年齢のお子さんは足台を使い、足台に足の裏を付けて座ります。でもこの "足の裏をつける" が難しいお子さんが多いです。椅子の脚に自分の足を絡ませたり、つま先立ちになったり、左右の足を交差させたり。足を下ろしていても、弾いているうちに足台から両足が浮いてしまうお子さんも多いです。そうなると体の変なところに力が入ってしまうんですね。足をリラ [続きを読む]
  • 親子連弾のレッスンは"弾く"以外の練習をしていただいています。
  • 発表会での「親子連弾」の練習のため、お父さんお母さんがレッスンに来てくださっています。私の前で弾くのは緊張しますよね〜そんなわけで、いろいろと楽しいハプニングが起こっています。でもこれ、本番ではなく私の前でやっておくことにとても意味があります。緊張するとこんなことが起こるんだ、ということを知っていれば前もって対処ができますからね。楽譜を見て弾く親御さんには、楽譜を譜面台に置く練習をしていただいてい [続きを読む]
  • 「緊張して弾く」を練習しておく。
  • 生徒たち、明日が発表会でもいいくらいの仕上がりぐあいで当日が待ち遠しいです。でも実はまだまだこれからやることがあるんです。弾けてからでないとできないことです。本番で自分の力が出せないのはとても悔しいものです。当日が「特別な日」では緊張して当たり前。なので、普段から「緊張して弾く練習」をしておきます。さぁ、ここはホールです!400個椅子が並んでいてお客さまもた〜くさん。知っている人もいれば知らない人も [続きを読む]
  • お誕生日に演奏のプレゼントを。
  • ちょうど今日、レッスンの日が7歳のお誕生日だった女の子。まだレッスンで扱っていなかった「ハッピーバースデートゥーユー」をぜひ自分のために弾いてほしいと思い急遽レッスン。あ〜なんかわかってきた!もう少しで覚えられそう!うん!もうわかった!大丈夫!何度も何度も弾いて覚えました。そして、私からも演奏のプレゼントを。ギロック作曲「ハッピーバースデートゥーユー」アルペジオがたくさんの美しい作品で、左右の手を [続きを読む]
  • 今日の体験レッスン
  • 今日は4月から幼稚園年長さんになる男の子が体験レッスンに来てくれました。初めての場所、初めて会う先生。ドキドキしちゃうね。おしゃべりする代わりに、た〜くさんピアノを弾いてくれました。弾いている間はず〜っとニコニコ。音楽は話をしなくても通じ合えるから素敵ですね。幼稚園で先生がピアノを弾く姿をいつも見ていて、自分も弾いてみたいと思っていたそうです。でも幼稚園のピアノは触らせてもらえない。そうですよね。 [続きを読む]
  • 技術で鳴らしている音ではない"音"
  • 1台のピアノを100人の人が弾いたら100通りの音色があります。まだまだ両手もままならない生徒が右手だけで奏でるメロディーにキュン?とすることがあるんです。技術的にはまだまだこれからのお子さん。そんな彼女が奏でる音が、心震えるような音なのです。そこからわかることは彼女の音は技術で鳴らしているものではないということ。ピアノに限らず楽器というものは本当に正直で、弾く人の性格やその時の心の状態が全て音となりま [続きを読む]
  • できないことをできるようにするよりも大事なこと。
  • できることが増えてくると楽しいですね。1年、2年と待った甲斐があったなぁ〜と、最近嬉しく思うことが何度もありました。子どもって、何か新しいことに出会った時、無意識のうちに自分はそれを「できる or できない」で瞬時に判断しています。そこから「やってみる」を選択する子もいれば 「できない(と思う)ことはやらない」という選択をする子も。できるフリをしてしまう子。笑ったり、ふざけたり、他の話をしたり、眠い〜 [続きを読む]
  • ふざけて全音符をいつまでも伸ばしていたら…
  • 全音符は4拍。なのですけどね…ふざけていつまでも伸ばしていた男の子。あっ!そうだ!音が無くなるんだった!終わりまで聴いてみる!以前「減衰音」を聴くことをしたのですが、それをちゃんと覚えていたのですね。全音符を4つ伸ばすことも大事ですが、こんな時は「減衰音」を聴くレッスンに速攻チェンジ。一緒に音が聴こえなくなるまで耳を澄まして音を聴きました。その間 10数秒。静かに、身動きもせず、じっと音を聴いてい [続きを読む]
  • レッスン室のお花。
  • ただいまレッスン室のお花はチューリップです。「ブラッシングレディ」という品種です。大きさに驚いて買ってきました。楽譜と比べるとこんな感じ。丈は70cm以上。そこからさらに伸びています。茎が太くて、逞しいチューリップ。花も大きく、黄色とサーモンピンクがとても素敵です。一昨日、こんな写真を撮りました。それで恥ずかしくなってしまったのでしょうか、昨日、今日とずっと閉じています。レッスン室は暖かいのでチュー [続きを読む]
  • 今日の体験レッスン。
  • 今日は5歳の女の子が体験レッスンに来てくれました。初めての習い事。初めての本物のピアノ。お子さんのそんな大事な瞬間に立ちあえるなんて。なんて幸せな仕事なんでしょ(^ ^)体験レッスンでは特に持ち物は必要ありませんが、もしお家で弾いている楽譜などがおありでしたらお持ちくださいとお伝えしています。お家では絵本に付いたおもちゃのピアノをよく弾いているとのことで、そのピアノを大事そうに抱えて持ってきてくれました [続きを読む]