アン さん プロフィール

  •  
アンさん: 隣家の嫁の激しいSEX
ハンドル名アン さん
ブログタイトル隣家の嫁の激しいSEX
ブログURLhttp://answay.blog.fc2.com/
サイト紹介文ローンで購入したマンションには、私の人生を翻弄するほどの思いもよらぬドラマが待っていました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/12/21 13:06

アン さんのブログ記事

  • 見ず知らずの男性の前に裸で行かなければいけない
  • 私は自分の部屋でご近所のY子さんと二人でピザが届くのを待ちました。私だけが全裸というシチュエーションの中、Y子さんは普通に世間話をしてきたのです。彼女はドSだったんだ。それまで知らなかったご近所の奥さんの本性を知りこれからいつ終わるとも分からない彼女の調教に怯えました。すると、玄関のチャイムが鳴り響き、ピザが届いたのでした。「それじゃあ受け取って来て」Y子さんは私にお金を渡すと、私に全裸のまま玄関 [続きを読む]
  • 私を全裸にしてからピザの注文をしたY子さん
  • 同じフロアに住む主婦のY子さんは私よりも一回りくらい年上の奥さんでした。今朝、あんなことになるまではとても気さくな感じの良い人だと思っていたのです。しかし、そんな彼女が今、スマホに納めた私の全裸姿の画像を見せながら私を調教しようとしているのです。「とりあえず、これから日中家に居る時は裸でいなさい」と言って、その場で私に服を全部脱ぐように命じてきたのです。そして私が全裸になったことを確認すると「それ [続きを読む]
  • 私の調教にやって来たご近所の奥さん
  • 同じフロアに住むご近所の奥さんからようやく見逃してもらった私は、なんとか自分の部屋に戻ることが出来ました。幸いまだ夫は寝ている様子で私はすぐに洗面所で服を着ると、何事もなかったかのように朝食の準備に取り掛かったのです。私が夜中に何をしていたのかを全く知らない夫はいつものように出勤していき、一人になった私は夜中から明け方にかけて起きた出来事を思い出して急に体が興奮してきたのでした。すると、玄関のチャ [続きを読む]
  • もう勘弁してください!
  • 私はマンションの廊下で全裸で両手を頭の後ろで組まされたまま、ご近所の奥さんに散々甚振られました。私がイキそうになると、彼女は手を止め再び胸や股間を弄るということを繰り返したのです。「もう勘弁してください!」私がそう嘆願すると、彼女は手を止めて私に言ったのでした。「それじゃあ、これから私の言う事を何でも聞くなら見逃してあげてもいいわよ」縋るような気持ちで私が頷くと彼女は念のためにということで、私を廊 [続きを読む]
  • マンションの廊下でご近所さんに体を弄ばれました
  • 私の全裸露出を見つけたご近所の奥さんは私を脅かしてきたのです。そして仕方なく彼女の言う通りに私は胸と股間を隠していた両手を下ろして彼女の前に生まれたままの姿を晒したのでした。「大きくて綺麗な胸をしてるわねぇ」彼女はそう言うと、おもむろに私の胸に手を伸ばして揉みしだき始めたのでした。「や、やめてください」しかし、彼女は抵抗しようとする私に両手を頭の後ろで組むように求めてきたのです。さらに彼女の手は私 [続きを読む]
  • ご近所さんに全裸露出を見つかりました
  • 小走りでマンションの廊下を掛けていた私の前に突然現れたご近所の奥さんは、全裸の私を見ると「きゃっー」と黄色い悲鳴を上げたあと私の体をじろじろと見つめるのでした。「あなたそんな恰好でなにしてるのよ」軽蔑の眼差しで全裸の私を見ながらご近所の奥さんは私に迫って来たのです。「ごめんなさい。許して下さい」私は両手で股間と胸を隠しながらただただ頭を下げて、早く部屋に戻ろうとしたのですがご近所の奥さんは道を負債 [続きを読む]
  • 全裸でマンションの廊下を駆け抜けました
  • S子さんの部屋を全裸に小さなタオル一枚だけを持って後にした私は、朝の光で明るく照らし出された廊下を小走りに駆け抜けて、非常階段を上り一つ上のフロアまで辿り着きました。早く戻らないと、夫が起きるだけではなくマンションの住人に見つかる可能性もあったのです。おもいきって走るのよ。覚悟を決めると、非常階段から自分の部屋までマンションの廊下を小走りで駆けて行ったのです。するとちょうど自分の部屋まであと少しと [続きを読む]
  • 裸同然の恰好で親友の部屋を後にしました
  • S子さんが私に貸してくれたタオルはあまりに小さく体のほんの一部しか隠せませんでした。それは私に裸同然の姿で上の階の部屋まで戻りなさいと言っているようなものでした。嘘でしょ、どうしてこんなことするの。親友と思っていたS子さんのあまりの仕打ちに私が潤んだ瞳で彼女を見つめていると「早く戻らないと、誰かに見つかってしまうわよ」と真顔で言うのでした。S子さんは私の事を変態だと思って、嫌いになったのかも知れな [続きを読む]
  • S子さんに手錠の鍵を外してもらいました
  • 朝がやって来ると、私は焦りました。このままでは目を覚ました夫が、私がいないことに気づいてしまうのです。早く手錠の鍵を外してもらって家に戻らなくちゃ、そう思っていると、そこにS子さんが帰って来たのです。手には手錠の鍵を持っているようでした。「ごめんなさい。手錠の鍵を見つけたわ」S子さんはそう言うと急いで私の手錠を外してくれたのです。そして、S子さんの部屋をバスタオル一枚巻いただけの恰好で出ようとした [続きを読む]
  • 親友の部屋に全裸で居候
  • 全裸で後ろ手に手錠をされた恰好で階下のS子さんの部屋に隠れさせてもらうことになった私は、それから朝まで素っ裸のまま親友の部屋で過ごす事になりました。S子さんはとりあえず体を隠すための大きめのタオルをくれたのですが、親友の部屋に全裸にタオル一枚でいることが私の羞恥心を刺激したのです。S子さんがマンションの外で失くしたという手錠の鍵を見つけてくれるまで、私はここで全裸のままいなければいけないのです。恥 [続きを読む]
  • 全裸のまま親友の部屋へ行きました
  • 深夜の全裸散歩のミッションを終えた私がマンションの前でS子さんに手錠の鍵を解いてもらおうとお願いすると、彼女は申し訳なさそうな顔で、鍵をなくしてしまったというのです。手錠の鍵は小さくこの暗がりの中では何処に落ちたかを探すのは無理でした。どうしよう・・・。後ろ手に手錠を掛けられている私は剥き出しの秘部や胸を隠す事も出来ずにいるとS子さんはとりあえずそのままの恰好で部屋に戻りましょうと言いだしたのです [続きを読む]
  • 私の手錠を早く外して
  • 全裸で後ろ手に手錠をされたまま歩いているといつもよりも緊張感が漂っていました。もしも誰かにこんな姿を見られてしまったらただの変態と思われるよりも、なにかのプレイだと思われるかもしれない。そして、誰かに追い掛けられたなら、全力で逃げる事もできないのです。唯一の救いはS子さんが少し離れた場所から私についてきて見守ってくれていることでした。何かあった時には必ずS子さんが助けてくれるはず。そう信じながら、 [続きを読む]
  • 手錠をされた深夜の露出散歩
  • 深夜になり、夫が寝静まったのを確認すると私は洗面所で全裸になり、手錠を持ったまま玄関の外へと出ました。S子さんは非常階段の踊り場で私のことを待っていてくれました。私たちは言葉を交わすことなく、深夜のマンションの外に出ると私はそこで初めてS子さんに新たなミッションについて伝えました。これから手錠をして歩かなければいけない事。手錠の鍵はどこかに置いておかなければいけない事。するとS子さんは、手錠の鍵が [続きを読む]
  • 届けられたさらなる恥ずかしいミッション
  • 親友の前で人生最大の恥辱を味わった夜から私はだんだん自分自身の事が分からなくなり始めていました。なぜなら、あの夜の事を思い出す度に体がどうしようもなく熱くなってしまうのです。そして、もっと恥ずかしいミッションがこないかとどこかで願っている自分がいるのでした。そんな数日後、郵便受けを覗くとまた一通の封筒が入っていたのでした。おそるおそる中身を確認してみるとそこには一枚の紙切れと手錠が入っていたのです [続きを読む]
  • 親友にド変態だと思われた夜
  • 今まで私が悩んでいた時に相談に乗ってくれたS子さん。私の事を親身になって助けてくれたS子さん。私たち夫婦の問題について真剣に考えてくれているS子さん。彼女は私にとってかけがえのない親友でした。そんな親友の前で、親友の顔を見ながらオ○ニーしてイってしまった私。その罪悪感を背負いながら私は全裸で深夜のマンションの周りを歩き続けなければなりませんでした。そしてその夜もどうにか誰にも見つからず部屋に戻るこ [続きを読む]
  • 親友の顔を見ながらイッてしまいました
  • 親友の顔を見ながらオ○ニーを続けているうちに私の体はその背徳感からか異常に感じ始めてしまったのです。そしてついに体を激しく震わせてイってしまったのでした。しばらくしてゆっくりと目を開けるとS子さんが厭らしい笑みを浮かべながら私の姿を見つめていました。やだ、どうしよう。私本当に親友の前でイッちゃった。慌てて剥き出しの胸や秘部を隠そうとする私の腕をS子さんは握ると、「さあ早く散歩の続きを行きましょ」と [続きを読む]
  • 親友の顔を見ながらオ○ニーを続けました
  • S子さんは優しく微笑んでいましたが言っていることは完全に鬼でした。親友の私をどこまで辱めれば気が済むのお願い、私の気持ちを分かって。そう言いたかったのですが、すでに体がかなり火照っていた私は、彼女に言われるまま、目を開けてS子さんの顔を見ながらオ○ニーを続けたのです。深夜のマンションの駐輪場の壁に素っ裸でもたれながら親友の顔を見てオ○ニーする、それはまさにこの上ない羞恥地獄でした。それでもなぜか私 [続きを読む]
  • 早くイカなきゃ
  • 私は仕方なく駐輪場の壁に背を持たれ掛けS子さんの方を向いてオ○ニーを再開しました。右手で胸を揉みしだき、左手で秘部を弄ったのです。野外でこんなことするだけでも恥ずかしいのにまして親友の目の前でこんなことするなんて私は羞恥のあまり気を失いそうになりました。早くイカなきゃこの羞恥地獄は終わらなかったので私は目を閉じながら、一心不乱に自分の体を責め続けたのです。すると、それを目の前で見ていたS子さんから [続きを読む]
  • あなたのイクところ、せっかくだから見せて
  • 私は親友の前であまりに卑猥ないミッションを実行する屈辱を忘れるかのように一心不乱に秘部を弄り続けました。そして、体の奥から熱くなってきて、自分でも恥ずかしいくらいに感じ始めていた時でした。「どうせならこっち向いてやったら」とS子さんの声が聞こえたのです。えっ、どういうこと?私は思わず手を止めて彼女の方に振りかえるとS子さんは優しく微笑みながら「あなたのイクところ、せっかくだから見せて」と言ったので [続きを読む]
  • きっと私の事を変態だと思ってるんだわ
  • 駐輪場の壁に片手をついて、腰をすこし後ろに突き出した恰好で、私がもう片方の手で秘部を弄り始めると、S子さんの「きゃっ」という小さな悲鳴が聞こえました。お願い、見ないで・・・。心の中でそう叫んでみても、彼女は私の野外オ○ニーを間近で見ているのは紛れもない事実でした。いくら何者かに脅かされているとはいえあまりに恥ずかしい指令を実行するなんてきっと私の事を変態だと思ってるんだわ。私は淡い絶望感を抱きなが [続きを読む]
  • 親友の前でオ○ニーをはじめました
  • マンションの非常階段の踊り場でS子さんと合流すると、S子さんに見守られながら彼女に先導されて、素っ裸の私はマンションの外に出ました。彼女がいてくれるおかげで、どれだけ安心できるか私には彼女の親友としての優しさがとても嬉しかったのです。それでも今夜は、そんな優しい親友のことを裏切らなくてはいけないのです。マンションの外に出て、マンションの周りを半分ほど露出散歩して駐輪場の近くに来た頃でした。私はつい [続きを読む]
  • あまりに恥ずかしいミッション
  • その夜、私はいつも以上に脚を震わせながら玄関の外へと出ました。勿論、何も身に付けず素っ裸でした。廊下をゆっくりと進み、非常階段に続く扉を開けると階段をゆっくりと降りていきました。このあと、私が実行しなければならない事はあまりにも卑猥なことなのでした。何も知らない親友の前で、しかも野外でオ○ニーしなければいけないのです。階下へ降りると、いつものようにS子さんが待っていてくれました。私が何者かに脅かさ [続きを読む]
  • 外でオ○ニーしなければいけないなんて
  • S子さんに見守られながら、深夜の露出散歩をして数日が経った頃でした。いつものように郵便受けに入っていた『指令』と書かれた紙に、また新たな羞恥の内容が加わっていたのです。それは、深夜に素っ裸でマンションの周りを散歩している途中で、立ったままオ○ニーをするようにというものでした。そんなことできるわけないじゃない・・・。そのあまりに卑猥な内容に私は体が震えました。ただでさえ、親友のS子さんに素っ裸で歩く [続きを読む]
  • S子さんに見守られながら素っ裸で散歩
  • それから定期的に郵便受けに『指令』と書かれた紙が入るようになり、私は毎晩のように露出散歩をさせられていたのです。そしてそれはさらにエスカレートしていき夜中に部屋を出る時から下着さえも身に付けてはいけない素っ裸で歩いていくことになったのでした。ただ、いつもS子さんが遠くから見ていてくれて誰かが来そうになったりしたらすぐに助けてくれるのでした。私は親友に露出散歩を観察される恥ずかしさと同時に私の事を見 [続きを読む]
  • S子さんに露出を勧められました
  • S子さんに優しい声で「あなた露出狂の趣味でもあるの?」と問われた私は、もう黙ってはいられなくなり「違うの。私好きであんなことしてたわけじゃないの」とこれまでの経緯について全てS子さんに話したのです。するとS子さんは最初はにわかには信じられないといった様子だったのですが、私の真剣さが伝わったのか「分かったわ。あなたのことを信じる。それじゃあ、一緒に犯人を探しましょ」と励ましてくれたのです。そしてS子 [続きを読む]