Book Surfer さん プロフィール

  •  
Book Surferさん: 教育失敗学から教育創造学へ(読書編)
ハンドル名Book Surfer さん
ブログタイトル教育失敗学から教育創造学へ(読書編)
ブログURLhttp://book-surfer.blog.jp/
サイト紹介文小学校と中学校に子どもを通わせている親です。読書から得られた発見や視点を中心に書き綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/12/23 09:23

Book Surfer さんのブログ記事

  • 沖縄と北方領土対策がセットだからダメ?〜北方領土の日に
  • 返還交渉 沖縄・北方領土の「光と影」 (PHP新書) [新書]東郷 和彦PHP研究所2017-03-16 また言い間違いか。  昔は「読めない」という担当者もいた。 沖縄政策と北方領土返還対策がセットだからダメなのではないか。 ロシアへの印象が特に悪い。  プーチンさんは,基本的に中国ではなくアメリカを敵と見ているらしい。 北方領土を日本に返還するとどうなるかを考えれば, プーチンさんが返還しない理由もわかる。  それよ [続きを読む]
  • 研究不正は医学ばかりではなかった〜週刊東洋経済
  • 週刊東洋経済 2018年2月10日号 [雑誌](大学が壊れる 疲弊する国立大、捨てられる私大) [雑誌]東洋経済新報社2018-02-05 国立大学の大問題を,ここまで赤裸々に紹介し尽くそうとしているとは。  私にもバラしたいことは山ほどあるが,注目を浴びないことが最大の防護策かもしれないので,黙っておく。 C大の新学部開設に伴う教員の問題などは,書かれた人たちにとっては事情を踏まえると気の毒としかいいようがない。もちろん学 [続きを読む]
  • 日本再興戦略〜「士農工商」が時代の最先端に?
  • 日本再興戦略 (NewsPicks Book) [単行本]落合 陽一幻冬舎2018-01-31 政権に媚びを売る人たちが増えている。  大学人たちは,政権や文科省に尻尾を振ることで,生きるための金を恵んでもらっている。 中学校にまんがを読みに通っていた少年が,大学のセンセイになるのは素晴しい。  こういう国が「再興」するための決め手になるものは何か? 「士農工商」が時代の最先端になっている,という著者の主張にはドキリとさせられ [続きを読む]
  • 小学校教員の働き方改革〜東京都教育委員会
  • この1冊でポイントがわかる 「働き方改革」の教科書 [単行本(ソフトカバー)]河西 知一総合法令出版2017-09-16 「小学校教育の現状と今後の在り方検討委員会」の提言が,昨年12月に出されていることを知りました。この中に,「働き方改革」として3つの提案が示されているのでご紹介します。**********************○ 小学校教員の働き方改革を進めるためには、専科教員等による指導体制を構築することに [続きを読む]
  • 組織に頼る悪〜週刊ダイヤモンド「超」整理日記
  • 週刊ダイヤモンド 2018年 1/27 号 [雑誌] (廃業 or 承継 大量引退時代の最終決断) [雑誌]ダイヤモンド社2018-01-22 日本人は,協調性のある人が高い業績を残せる社会であった。   このことは,組織の利益を優先できる行動が,良い結果を残せることと関係が深いことを示しているのだろうが,それは同時に,良い結果に見せかけるために粉飾してしまう行動に結びつくこともあった。また,組織に依存する人間が増えるようになって [続きを読む]
  • 真面目さ>外向性>精神的安定性>協調性>開放性〜性格スキル
  • 性格スキル 人生を決める5つの能力(祥伝社新書) [新書]鶴 光太郎祥伝社2018-02-02 日経のコラムで読んだ話に興味がわいたので,店頭に並ぶのが待ち遠しい1冊となった。  タイトルの序列は,仕事のパフォーマンスとの平均的な相関係数を示しているということ(アメリカの大学教授が示したもの)である。 いろんなものに興味を持ちやすい人(好奇心が旺盛な人)ほど仕事ができる,というわけでもないことは,「すぐに気が散 [続きを読む]
  • 土壇場でこそ「心の声」を聴け〜武器を磨け
  • 武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』 (SB新書) [Kindle版]佐藤 優SBクリエイティブ2018-01-05 キングダム 38 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle版]原泰久集英社2015-07-17 教育現場には,教師を続けるかどうか迷っている人,授業が上手くできなかったり,子どもとの関係が構築できずに悩んでいる人がたくさんいる。  面と向かって「弱者」と呼ぶことはできないが,教師集団から見れば,「負け組」になりそう [続きを読む]
  • 鋭敏さが求められる仕事〜コンビニ人間
  • コンビニ人間 [単行本]村田 沙耶香文藝春秋2016-07-27 この小説は,「音」を手がかりに様々な状況判断をするコンビニ店員の話から始まる。「音」の描写だけで,その情景がありありと浮かぶ,という日常に溶け込んだ「コンビニ」の特性がよく表わされている。  小説は「目で見たものの詳細な描写」から入るものが多いから,「音」から入るという斬新さに,思わず読むのを中断してしまった。  「自分はどんな音を頼りに仕事をし [続きを読む]
  • 私大入試異常難化の原因〜難化拡大へ向けて
  • 週刊ダイヤモンド 17年12/30・18年1/6 新年合併特大号 [雑誌] (総予測2018) [雑誌]ダイヤモンド社2017-12-25 2017年の大学入試で起こった異常な私大の難化の原因は,入学定員の厳格化にあったようだ。  一定基準よりも多くの学生を入学させると,国は補助金を出さないというペナルティを科すことができる。18年はその基準がさらに厳しくなるという。 最難関・難関私立大での合格者の絞り込みは,中堅大学の倍率や難度を急上昇 [続きを読む]
  • 歴史をダイナミックにながめる〜集中講義!ギリシア・ローマ
  • 集中講義! ギリシア・ローマ (ちくま新書) [新書]桜井 万里子 本村凌二筑摩書房2017-12-06  歴史総合・入試問題例:ギリシアと接触して以後のローマ史を,「ギリシアとローマの対立」として描いてみることにします。このレポートのプロットを組み立てなさい。また,同じようなプロットで描ける日本の歴史を,Aと接触して以後の日本史というタイトルに続いて400字以内で書きなさい。そのときに,ローマと日本の共通点と相違点 [続きを読む]
  • 歴史は繰り返す。しかし,歴史に学ばぬ者は〜世界史講義
  • 現代を読み解くための「世界史」講義 [単行本]神野 正史日経BP社2016-12-07>同じ状況で同じ過ちを繰り返す(チャーチル) 歴史を「失敗」に置き換えても同じことが言えるでしょう。 日本が南部仏印進駐に踏み切ったとき,アメリカによる石油の前面輸出禁止の判断は下されないはずだという楽観的な推測を持っていました。 アメリカの方では,大統領や国務省が,日本の暴発を恐れて,石油の輸出禁止はやめておくという方針をとっ [続きを読む]
  • 「は,はは,ははは」を大切に〜天に星 地に花
  • 天に星 地に花 [単行本]帚木 蓬生集英社2014-08-05 最近,感動できる本がないなあ,と嘆いている人には,こちらの本をご紹介したい。  舞台は江戸時代中頃の久留米藩領井上村。農村を襲う飢饉や疫病,領主による搾取から百姓を守るために身を尽くす家老,大庄屋,庄屋,神主,医師。彼らを支える女性たち。 「思いやり」「慈愛」に満ちた人と人とのふれあいに浸かりたい人にとって,最適な本である。 医師や教師,政治家を志 [続きを読む]
  • 多様性に欠ける国の暗い未来〜ザ・チーム
  • ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解く [単行本]齋藤ウィリアム浩幸(さいとう・ウィリアム・ひろゆき)日経BP社2012-10-04 日本にはチームがない。  著者はこれが日本の「根本問題」だという。  >何かを解決する,何かを生み出すための組織ではなく,与えられたこと,決められたことを間違いなく処理するための組織,何かを守るための組織になっている  日本にチームが存在したのは,いつの時代だったのだろう。  なぜ, [続きを読む]
  • もの言えぬ時代のもの言えぬ国
  • もの言えぬ時代 戦争・アメリカ・共謀罪 (朝日新書) [新書]内田樹朝日新聞出版2017-10-13 核禁止条約に日本は( 1 )の立場だが,北朝鮮は( 2 )の立場である。  (  )1,2にあてはまる反対の意味の言葉をそれぞれ書きなさい。 入試問題に出せる勇気がある学校はあるだろうか。  ノーベル平和賞を受賞する核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の記者会見があった。 日本に対してどういう言葉が発せられたと [続きを読む]
  • 絵に描いた餅〜オックスフォードからの警鐘
  • オックスフォードからの警鐘 - グローバル化時代の大学論 (中公新書ラクレ) [新書]苅谷 剛彦中央公論新社2017-07-06 時間が大切な大学の先生が,わざわざこんな本を出す理由はどこにあるのか。 グローバル化時代への日本の対応を考える政策立案者の発想が時代遅れであることを,世間に知ってもらうためなのかもしれない。 すべて政策が水の泡になるのがわかっていても実行しようとする理由は,省の権限を守るためだけであること [続きを読む]
  • 磯田道史が語っていたリーダー像〜司馬遼太郎・リーダーの条件
  • 司馬遼太郎 リーダーの条件 (文春新書) [新書]磯田 道史文藝春秋2009-11-19 司馬遼太郎という小説家のおかけで,現代の日本で「有名人」になれたのが坂本龍馬である。 そこが歴史家たちの気に入らない点でもあるのだろう。高校の教科書から,坂本龍馬を消そうとしている人たちがいる。磯田道史さんも「(竜馬は)脇役であって主役(=西郷隆盛と大久保利通)ではないという史実は動かせない」と語っており,「虚像を廃す」という [続きを読む]
  • ネガティブ・ケイパビリティ〜答えの出ない事態に耐える力
  • ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書) [単行本]帚木蓬生朝日新聞出版2017-04-10 帚木さんは開業医でありながら,文筆活動も続けているエネルギッシュな方である。  源氏物語を読んだことがある人なら,ペンネームが何に由来しているかおわかりになるだろう。   医師(精神科医)の帚木さんにとって,「ネガティブ・ケイパビリティ」という言葉との出会いが,その後の職業活動を続けていく上で [続きを読む]