どろろ さん プロフィール

  •  
どろろさん: ペンキ屋さんの徒然日記
ハンドル名どろろ さん
ブログタイトルペンキ屋さんの徒然日記
ブログURLhttp://ouchinomihariban.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文お仕事を通して感じたことを書いてみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/12/22 15:43

どろろ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お盆も過ぎて師走へ向けて
  • まだ4ヶ月ほど残っていますが、 今年は順調にお仕事を進めることが出来ています。 年内の受注はセーブしながら、年明けに向けての準備をやりたいと考えております。 今は、基本的にお仕事は一人でやっております。 よほど緊急でない限り、応援を入れての作業はやらないように考えています。 一般住宅の塗り替えは晴天時で2週間ほどを要します。 施主様にはその旨の了承を受注時に頂いてから作業をしております。 見積書 [続きを読む]
  • 酷暑、お疲れ様です
  • 今年は例年以上に暑い日が続きます。 外でのお仕事に水分補給は欠かせません。 時間の区切りでの休憩は、夏場は止めたほうが良いかと思います。 それは、個人によって体調が違うため、酷暑では特に水分の補給を要する為です。 塩分も必要とか、スポーツ飲料の取りすぎはダメとか言われていますが、 水分を体に取ることは必要です。 体調と日差しを考えて作業を進めることが、結果的に工期短縮での完成となります。 酷暑 [続きを読む]
  • 働き方改革について
  • 近年、少子化となり高齢者が増え、働き方についての改革が提唱されています。 物価上昇が原因なのか、働く人手が少なくなってきたからなのか分かりませんが、 人件費を増やす試みがなされています。  かといって、商品の値段が上がることはありませんし、生産者からの異議も聞こえてきません。  給金が増えることは歓迎されることですが、人件費を増やすために何かを抑えなくてはなりません。 商品には保険?のようなも [続きを読む]
  • 適正は常識と違うかも知れません
  • 時間の経過に伴って、物事への考え方も変化しています。 情報化時代と言われて、どれほどの時間が過ぎたでしょうか? にも係わらず、最近ではオレオレ詐欺や儲け話で騙される人が跡を絶ちません。 仕事は生活必需の金銭獲得の為の堅実な手段です。 自分の程度を知らないまま、高望みをして自己破産など、今では箔の一つと捉われつつあります。 騙す人と騙される人の共通点は、見解。 勘違いはトラブルの元凶です。 トラ [続きを読む]
  • 何年持つか
  • 仮に、健康診断で影のようなものが発見されたとします。 精密検査をする。 医者から結果を聞く。 「ガン」宣告。 あとどのくらい・・生きられるか? 助かるのか・・? 自分の事は、優先順位は第一です。 また別の病院へ行ってみることもあるかと思います。 塗装の場合。 「出来るだけ安くて長持ちさせたい」 「何年くらい持つか」 ガン治療に要する医療費、値引きを考えられるでしょうか。 医者の診断がおかしいと、 [続きを読む]
  • 塗料と塗装
  • スマホからの情報収集が当たり前となり、とても便利になりましたが、 比例して増えているのが詐欺事件。 騙す人と騙される人の関係には共通点があります。 同じ目的を達成させるためには、前向きか後ろ向きの考えが必ずあります。 捉え方、視点を変えたとき、問題解決の糸口が発見されます。 塗料と塗装の違いは分かっていても、 塗料店と塗装店の違いが良く分からない人もおられます。 材料と技術。 どちらも欠けると [続きを読む]
  • 塀の塗装の落とし穴
  • 塀と言っても、いろいろな種類があります。 垣根と言われるものから、侵入や脱出を遮る塀まで。 現在で言う一般的な塀は、ブロックやアルミ・鉄柵などです。 塗装で問題が起こりやすいのは、ブロックやコンクリートを使った塀です。 塗料が剥がれたり、たん瘤のように膨れ、指で押すと水が出てきます。 塗料と素地(下地)の密着不良が原因ですが、  さらなる密着不良の原因が塀の場合には考えられます。 湿気による密着 [続きを読む]
  • 塗装あれこれ
  • 塗装業と関わって、40年ほどになりました。 紆余曲折・・順風満帆とは行かないまでも、何とか稼業を続けることが出来ております。 景気に左右されるとは言え、すべては想定内の出来事だと思っています。 塗装の基礎知識から応用。 失敗を重ねて、経験を積んできました。 家庭があったからこそのがんばりもあったと思います。 さて、お付き合いして頂いている社長さんも高齢となり、 子供さんに手が掛からなくなったり [続きを読む]
  • 創業記念日
  • 昨日は、当店の創業記念日でした。 昭和42年4月8日に、仕事を始めたと父親の手帳に書いてありました。 昭和の高度成長期にもかかわらず、父親が勤めていた映画館は不景気となりました。 東京オリンピックによるテレビ普及により、花形産業だった映画興行が不況となったのです。 給料支給が滞る様になり、生活が困窮。 建築ブームに乗る形での脱サラでした。 資金もなし、人材もなし、おまけに 塗装に関する知識なしでの [続きを読む]
  • スレート屋根の防水塗装
  • 古くなったスレート屋根(小波)から 降雨時に水滴が落ちるとの事。   上がって見たら、表面劣化も激しく、所々にひびを確認。 一般での塗装は難しいと考え、防水材の塗布を検討しました。    高圧洗浄を掛けると、劣化表面がボロボロになるため、マジックロンを使ってのケレン。 その後、ブロアーを使っての清掃をしました。 隣の敷地が空き地だったので、助かりました。   防水専用のプライマーは、ぶた毛の刷毛と [続きを読む]
  • 壁に絵を描く
  • 子供がお世話になった、幼稚園。 道路から見える外壁がとても気になって、塗装を行いました。 今回は、イラストを描くということで、了解を頂きました。        道路からの眺め・・・何か地味だったで、イラストを描きました。  足場を掛けて・・  窓を活かして、客車のように描きました。  窓のない所は、ディーゼル車のつもりで [続きを読む]
  • 塗装の適正価格
  • 新年は早いものです。 一年ぶりの更新です・・。 昨年もがんばって、お仕事させて頂きました。 至らなかった点が多々ありました。 喜んで頂くことを第一にやっております。 最近、良く目にするのが「塗装の適正価格」という言葉です。 適正とは、常識ということでしょうか。 適正、又は常識を前後する言葉に、付加価値というものがあります。 許容範囲。「まぁ・・これでいいんじゃないの」という受け入れです。 これ [続きを読む]
  • 過去の記事 …